松沢卓二の名言

松沢卓二のプロフィール

松沢卓二、まつざわ・たくじ。富士銀行会長。東京大学法学部卒業後、富士銀行へ入社。人事課長、本店営業部次長、総務部長、常務、副頭取を経て、頭取、会長。金融業界で強い発言力を持っていた。金融界のナポレオンと愛された人物

松沢卓二の名言 一覧

経営者は自らがトップの座にすわったとき、得手不得手を離れて、いかに会社の状況を客観的に把握できるかだ。
【覚書き:富士銀行頭取時代の発言。経営トップは自分の専門分野・得意分野から離れて会社全体の状況をしっかりと見極めろという趣旨の発言】


史記に「千人の諾々(だくだく)は、一士の諤々(がくがく)に如かず」とあります。ハイハイと意に従うだけの人間が千人いても何の益にもならないが、たった一人でも思う存分に戒めてくれるものがいれば道を誤らず、自分のためになるという意味です。ビジネスマンとしてトップに立つ人間が心しなければならないことではありますが、実際には耳に快いことを言う者ばかり近づけてしまうのが人の常です。


いま日米経済摩擦の中で、日本の許認可行政が非関税障壁としてやり玉にあげられているのも、明治以来、日本企業が受けている多くの規制上のゆがみが指摘されているのだと思えます。21世紀に向けて、日本が国際社会の仲間入りを本当に果たしたいと願うならば、こうした「はじめに許認可ありき」といった規制体質を打破していかなくてはならないだろう。


「天は自らを助くるものを助く」他人に頼らず、独立独行で奮闘努力する者を、天は助けて幸運をもたらすという意味ですが、若い時から私はこの言葉が好きで、座右の銘としてきました。大学卒業以来、金融畑一筋に歩み続けて40有余年を経ましたが、私がビジネスマンとして常に守ってきたことは、人間の生き方も経済の原則も「自己責任」が重要だという点です。


経済大国となった現在の日本で、日本的な特殊事情を強調することはとうてい許されないことであり、日本の国益にも反することになりかねない。ある程度の力を備えた日本の金融界はいまこそ国内の旧態依然たる金融風土を改革し、自己責任の原則、自由企業の原則を確立しなくてはならない。日本経済の中核的分野である金融界は率先垂範しなくてはいけないだろう。


アメリカと日本では独占禁止法に対する経済界の考え方がまるっきり反対になっている。アメリカでは自由企業の原則を守るために、独禁法は存在するものであり、これが経済界の自由かつダイナミックな活動を保証していると理解されている。一方日本では自由企業の活動を拘束するものとして、独禁法を目の上のたんこぶ視している節がある。


自分で責任をとれぬ人間は、往々にして権力の庇護の中に逃げようとします。自由経済社会のもとにある日本の企業の中にも、ともすれば独立独行の気概を失って、政府におんぶしようという風の見えるのは誠に歯がゆいことです。だいたい、日本のビジネス風土を見ると「はじめに許認可ありき」というのが実態であって、アメリカのように「はじめにビジネスありき」というのとはだいぶ趣を異にしています。こういう状況の下では、容易に自己責任の原則は確立されないし、真の自由企業の概念は成立しない。


松沢卓二の経歴・略歴

松沢卓二、まつざわ・たくじ。富士銀行会長。東京大学法学部卒業後、富士銀行へ入社。人事課長、本店営業部次長、総務部長、常務、副頭取を経て、頭取、会長。金融業界で強い発言力を持っていた。金融界のナポレオンと愛された人物

他の記事も読んでみる

井上達彦

過去に失敗経験を積んだ企業、それも大きな失敗を経験したところほど、ほかの企業の失敗からよく学べる一方で、逆に失敗経験の少ない組織ほど、ほかの組織の成功や失敗から効果的に学習できない。


秦建日子

大抵、皆、どこかしらちょっとダメじゃないかと思うんです。「ダメだから愛しい」というふうにならないと、生きることはつらい。


徳重徹

経済の「新陳代謝」を起こす意味でも、ベンチャーは国のために必要。


松本大

より大きな成果を上げるためには、周囲の協力が欠かせません。私は人脈を広げるために、お金を相当つぎ込みました。


小宮隆太郎

日本人に、自分と少しでも意見が違うと敵のように思ってしまう傾向があるのはなぜでしょう。互いに意見を言い、それをよく聞き、不明点をはっきりさせる。そして相互理解に達する。このことが、最も大事だと思います。


上田準二

会社とは同じ船に乗って、同じ方向を目指している仲間の集まりであり、その意味ではまさに「ファミリー」です。だとしたら、相手を否定するよりも、できるだけ職場を盛り上げて楽しくやらねば損だと思います。


荒川詔四

タイの工場ではバーツ下落に備えて過剰なほどの為替による損失に備えた対策をうちました。金利が高かった当時、そこまでのリスク回避をする会社もなかったため「さすがブリヂストンさんは石橋をたたいても渡りませんね」と日系の他社から笑われたほどです。しかしその後のアジア通貨危機でもほとんど損失を被らなかったのです。


大山健太郎

僕は採用基準に、はっきりと順番をつけています。一に人柄、二に意欲、三に能力です。おわかりだと思いますが、これ、世の一般企業と逆です。


迫俊亮

とにかく日本流の教育体制や授業というものが好きになれなかったんです。だから単純に「日本じゃなく外国でなら」という気持ちになり、「だったら英語は話せるようにならなければ」と考え、英会話スクールに通うようになりました。そして、これが1つの転機になりました。語学というのは反復練習をすれば、誰でもそれなりに上手くなるもの。それまでまったく勉強をしていなかっただけに、私はここで「上達して、成長する喜び」というものを生まれて初めて経験したんです。「英語は面白い」と思い、夢中で勉強しました。そうして留学志向というのも強くなり、アメリカの大学に入ることを心に決めたんです。渡米してからも、素晴らしい先生との出会いなどが重なったおかげで、勉強することの楽しさを次々に味わいました。


岡本太郎

人生に挑み、本当に生きるには、瞬間瞬間に新しく生まれ変わって運命をひらくのだ。それには心身ともに無一物、無条件でなければならない。捨てれば捨てるほど、いのちは分厚く、純粋に膨らんでくる。いままでの自分なんか蹴トバシてやる。そのつもりで、ちょうどいい。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

因果を学ぶために経済史は大事なものです。ありのままを見るということが大切ですね。歴史というのは、ともすればきれいごとの理屈で見てしまいますから。


城島健司

「城島さんのサイン通りに投げます」では意味がない。彼らの色を消したくないし、サインに首を振ることで、投げるピッチャーにも責任が出てきますからね。


北野武(ビートたけし)

他の映画監督が使っているような、言葉は悪いけれど、見え透いたテクニックを使うのがどうにも照れくさい。漫才とかコントで、わかりきったオチは言いたくないというのと同じ話だ。水戸黄門の印籠(いんろう)みたいに、観客100人が100人とも「さあ印籠が出るぞ」ってわかっているところで、ちゃんと印籠を出してやるというのも、ひとつのテクニックなのはわかる。けれど、俺はそういうことがしたくて映画を撮っているわけじゃない。そういうことは他の人でもできる。
印籠の代わりに、陰嚢(いんのう)を出したらどうなるだろう?とか。……それじゃ、駄洒落か。そういう下らないことばっかり考えてしまう。


坂本光司

自分たちの会社は、何のために存在しているのか。一度真剣に考えてみてほしい。一言でいえば、それは社員やその家族、またそのほか関係する人たちを幸せにするためではないでしょうか。この思いがないと、どんな制度や仕組みをつくってもうまくいかないだろうと私は思います。


天坊昭彦

出光の人材育成は、徹底した現場主義です。現場で、大変な苦労をするからこそ人は育つのです。そうした経験を積み重ねるうちに、自然に出光の理念を体得していきます。


ページの先頭へ