松永義正の名言

松永義正のプロフィール

松永義正、まつなが・よしまさ。日本の経営者。早稲田大学卒業後、富士川電力に入社。合併により日本軽金属に移籍。同社で社長・会長を務めた経営者。

松永義正の名言 一覧

本心から部下を信頼して仕事を任せてきた。
【覚書き:銀座本社ビルの売却、生産品目削減など厳しい事業合理化を実施し、合理化をなし遂げた時を振り返っての発言】


松永義正の経歴・略歴

松永義正、まつなが・よしまさ。日本の経営者。早稲田大学卒業後、富士川電力に入社。合併により日本軽金属に移籍。同社で社長・会長を務めた経営者。

他の記事も読んでみる

寺島進

人とのつながり財産にしていれば、ツラいときに声をかけてくれる人がいると思いますよ。自分のペースだけでやろうとしても難しい。サラリーマンはとくにそうでしょう。オレ流は通じない世界。協調性がなければいい結果も出せないと思う。役者もみんなにパワーをもらうときがありますよ。大体、映画にしろ、ドラマにしろ1人で作ってるわけじゃないからね。周りの共演者に助けられてるって感じます。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

多くの人がいまの仕事に直結する資格を取りたがる傾向にありますが、いますぐ必要ではないスキルこそ、余裕があるうちに身につけておいたほうがいいですね。たとえば、仕事で突然、必要になるスキルもある。あるいは、資格の有無が人事の決め手になるケースもあります。人との差別化のためにも、資格は早めに取得しておきましょう。


深田晶恵

未来とは、日々、一歩一歩進んでいった先にあるもの。老後は明日やってくるわけではないのだから、まずは現状をベースに目標を設定し、年金制度の変化をウオッチしながら、できることを少しずつやっていくことこそ大切。不安ばかりを口にして思考停止するのは、もうやめておこう。


佐々木則夫(経営者)

携帯電話で社内のメールはすべて見られるようになっています。電話は感情を伝えるのに効果的な手段ですが、ファクト(事実)を誤解なく伝えるという点ではメールに軍配が上がります。また、メールなら指示内容や回答がすべて残ります。それらを並べると、相手が何を考えているのかという方向性が見えてきて、さらに「ここに置き忘れてきたリスクがあるのではないか」とか、「本当はいいチャンスがあるのではないか」と考えを深めていけるのです。


夏野剛

自分を表現するには好きなことをするのが一番いい。無理をするのではなくて、自分をそのまま出していく。それが個性になる。


織田大蔵

事業家は政治家などになるものではない。政治家を使う立場になることだ。


小暮真久

自分も幸せじゃないと、人を幸せにすることなんてできない。


石井久(立花証券社長)

一夜で大成功を成した相場師たちは何年か後には転変の波に流されていきました。それはなぜかというと「奢り」です。相場という一種の「虚」の世界で積み上げた富を、虚のままで浪費してしまったためです。株で一発当てたという人は、悲しいかなその金の活かし方を知りません。お大尽のごとくふるまって使い果たすか、その後の勝負で敗退するかのいずれかです。


奥田碩

現在日本は第二の敗戦を迎えたといわれていますが、それならば経営者が本当にその責任をとったらいいのではないか。戦後、公職追放と言う形で多くの経営者がパージ(追放)を受けました。それによって経営陣が若返り、30代、40代の経営者が生まれて戦後の経済を支えていったのです。第二の公職追放をとまでは言いませんが、自ら取るべき責任をうやむやにしたまま、新しい経営体制を築くことには無理がある。


菊間千乃

順境に甘んじないこと、逆境に潰れないことは、いずれもこの先の自分を作り上げていくことにつながります。


鈴木貴子(経営者)

当社の社員は会社と仲間が好きで、自分たちの企業文化や理念に誇りを持っている。それはとても素晴らしいこと。それに対して、私から社員の皆へ感謝の言葉をてらいなく口に出して伝える。これがとても大事。


小飼雅道

企業は黒字の時ほど危ない。右肩上がりに利益を求めすぎてはいけない。


川崎秀一

そもそも成長戦略というのは政治が決めてやることではありません。今こそ民間人が当事者意識を持って行動していくべき時。


寺門ジモン

イケメンじゃないし、面白くないし……才能はゼロだけど、好きなことを「コツコツやる」ことは誰にも負けない自信があるよ。みんなも好きなことをみつけようよ。


森田俊作

たくさんの書類を1つのシートにまとめる習慣を続けるようになってからは、書類を眺めているだけでは分からない隠れた経営課題に気づいたり、問題解決につながるヒントを見つけたりできるようになりました。自分の「手」を使うことが、整理するのに大切。誰かに整理してもらっても、頭に入らず、「見落とし」が必ず出ます。一方、自分で手を動かして整理したことは、きちんと頭に入る。


ページの先頭へ