松村厚久の名言

松村厚久のプロフィール

松村厚久、まつむら・あつひさ。日本の経営者。「ダイヤモンドダイニング」創業者。高知県出身。日本大学理工学部卒業後、日拓エンタープライズに入社。その後独立し、大学時代から興味を持っていた飲食業に参入。東京を中心に多業態のレストランを展開した。

松村厚久の名言 一覧

遊びの中に仕事があり、仕事の中に遊びがある。


自由に発想してこそ、唯一無二の面白い店を作ることができる。


私が社員を育てているわけではありません。立場が彼らを育ててくれます。未経験者に店長を任せると、試行錯誤しながらだんだん店長らしくなっていく。


日々学ぼうという意識で仕事に向き合っている人ほど、一気に成長する。


私の人生にピークはない。ゴールもありません。今、新事業を仕込んで社内組織もどんどん変えています。


社員には本気で遊んでほしい。遊びの中に仕事があるし、仕事の中に遊びがあるんです。


人間一人は微力ですから、皆で力を合わせないと会社は大きくできません。そう考えた私は、昔から権限委譲、悪く言えば「投げっぱなし」でやってきました。


何事も死ぬほど本気で、全力で。


お客様に驚きと楽しみを。


とにかく一度来てもらうには、名前をキャッチーにして、顧客に興味を持ってもらわないといけない。


うちは個店主義だから、立地や店の設計にあった店舗を作れる。パッケージ化された業態では難しいところにも出店ができる。


トップは自然体が一番です。ただ、トップとして決断力は重要です。人生の分かれ道になるような大きな決断を何度もしなくてはいけませんから。


異業種の経営者の方と幅広くお付き合いさせていただいています。1200名が集う起業家交流会の理事を務めていまして、いつもいい刺激をもらっています。


決断力を高めるには経験や情報を自分にインプットすることが大切です。他社が何をやっているのかを調べるのはもちろん、読書するのも旅に出るのも、すべてが決断するための財産となります。


Facebookなどのツールを生かす一方で、アナログなコミュニケーションも大切にしています。そのいい例が、年賀状です。知り合って時間の浅い人でも、年賀状は「新年のごあいさつ」という大義名分のもと、不審がられずに受け取ってもらえます。何より「わざわざ出してくれたんだ」と思うとうれしいじゃないですか。そこからまた新しいつながりが生まれたりします。


大事なことは、タブーを作らないこと。たとえ素晴らしいアイデアがあっても、最初からオペレーションや流通のことを考えてしまうと、現実に縛られてつまらない店になってしまう。


大事なことは、いったん仕事を任せたら、任せきること。失敗してもいいから任せ切ることで、社員は成長していきます。ただし、責任は社長にあります。問題が起きれば助け船を出し、いざとなればすべての責任を負うのは、社長としての私の仕事です。


社員をスピーディに動かす秘訣は、仕事を任せること。私から社員に店のコンセプトを伝えたら、そのあとどう実現するかは社員に任せます。要所要所での判断は私がしますが、細かな指示はいっさいしません。


店が成功するかどうかの基準は明確です。オープンから2か月目で単月黒字にできるかどうか、という数字。この基準をクリアできなければ、すぐに業態変更をしてリニューアルします。


クリエイティブは目から。飲食店を訪れたときも、内装やメニューを注意して見る。街中の看板のデザインや、電車内の中吊り広告にも意識を向けます。昔から本や映画が好きで、映画は少なくとも週に一度は観ています。本や映画のストーリーや世界観が店作りのヒントになるのです。


店舗ごとに業態を変えるのはコストがかかって非効率に思えるかもしれませんが、業態を変えることで、当社の店舗を複数、近い場所に出店してもお客様を食い合わないので、逆に効率がいいのです。


個店主義を採用する会社はほとんどありません。各店舗異なる食材を使う分、配送コストが上がり、管理の手間もかかるからです。でも、大変さは覚悟の上。飲食店の食材の7割はどこも同じなので、うちも7割は全店で同じものを仕入れ、残り3割で差別化し、効率化を図っています。


店づくりで必要なのはいろんなことに興味を持つこと。映画を観たり、旅行していい景色を見たり、あるいは女性誌を読みまくるとか何でもいいんです。とにかくマニアになるくらい、いろんな経験をすると、それが店づくりに生きてくる。


一部上場企業の社長という立場のため、間違ったことをしたり失敗をやらかしても、普段は叱ってくれる人がいません。それをしてくれるのは唯一、西山(知義レックス・ホールディングス)会長だけです。仕事面で教わったこともいいですが、気持ちの引き締め役としてもその存在は誰にも代えがたいです。


松村厚久の経歴・略歴

松村厚久、まつむら・あつひさ。日本の経営者。「ダイヤモンドダイニング」創業者。高知県出身。日本大学理工学部卒業後、日拓エンタープライズに入社。その後独立し、大学時代から興味を持っていた飲食業に参入。東京を中心に多業態のレストランを展開した。

他の記事も読んでみる

義家弘介(ヤンキー先生)

やりたいことが見つからない子供に、私は必ず「いま、君にできることは何?」と聞くことにしています。するとほとんどの子が、「何もできない」と答えます。私はそれに「それはそうだよ。だから学んでるんだろ」と語りかけます。できないで終わるのではなく、できることをどう増やしていくのかが重要です。その先に見えてくるのが職業で、その原点にあるのがどう生きていきたいかという夢なんだと思います。


安田隆夫

「嘘をつかない」「信頼を裏切らない」。この2点を昔から大事にしてきました。人間関係の輪は広いように見えて、意外と狭い。「その場しのぎの嘘」や「人の悪口」を言わないのは、ビジネスパーソンとして最低限心がけるべきことです。


浅野忠信

つらい道と楽な道がある場合、やはりつらいほうを選んだ方が、よっぽど面白いものができるということを学んだのは、とても大きいですね。
【覚書き|映画『劔岳 点の記』の主役を演じたことを振り返っての発言】


荒井寿光

後になって失敗が明らかになると、自分は責任を取ればいいのですが、やはり多くの人に迷惑をかけてしまう。常にこのことを念頭に置いて現場の声に耳を傾けました。


八尋俊邦

成功するサラリーマンの条件は、「ネアカ、のびのび、へこたれず」です。


石黒和義

大切なことは、個々人のライフプラン、自分の生きがいや生き方をどう考えていくか。そうした時に当然、健康というのは一つの要素として入ってくるわけですね。そういう全体を俯瞰したような考え方でもって、自分がどう生きるんだと考えていくことで、自分事として初めて考えていけるようになると思うんです。


ジェイ・エイブラハム

試合相手を知らずにテニスの試合に出たりしないように、市場で何が起きているかテストしない、改善しないでは結果が得られるわけがない。


塩原研治

私は不器用なタイプなのですけど、時計の修理においてはそれもひとつの個性と捉えて、直観でパッと仕事を進めるのではなく、あらゆる方法を試してから最善の方法を見つけるという手順を追求することにしたんです。


セザール・リッツ

顧客に求められたら決してNOと言ってはいけない。相手が月を欲しがったとしてもだ。


ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)

夢を持ってほしい。大小は関係ない。心を込めて仕事をする時、人は幸せを感じられるから。もったいない生き方はしないでほしい。


梅原猛

煩悩を断つのは大変だ。でも、逆に煩悩を断ってしまうと、エネルギーがなくなってくる。煩悩はいい意味で利用することが大切。


木村宏

ズボラな面も多分にある私も、大型の投資案件に関して決定するような戦闘モードに入ると、生活がガラリと変わる。睡眠時間は2から3時間に激減する。頭が回転し始めて弾みがつくと止まらない。


マット・ウィリアムズ(バスケットボール)

子供たちと全力で向き合うためには、いつもエネルギーを満タンにしておかねばならない。だから私は、たばこも酒も一切やりません。元から好きじゃないんですけれどね(笑)。


佐藤公平

善人ぶりたいわけではないが、地域の一員として認めてもらうため、各店舗の店長の判断で、従業員を地域の清掃活動や、花火大会の手伝いなどに参加させています。


阿部修平

現金をたくさん持っている会社の場合、ほかに使うところがなければ配当で払いだすのは良い選択だと思います。しかし、1日しか株を持たずに配当を要求し、受け取った瞬間に売ると、その会社は抜け殻になってしまう。株主の権利を主張して、配当を全部払い出させ、次の瞬間には株主でなくなってしまう。我々はそういう一回限りのビジネスはしません。


ページの先頭へ