名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

松本謙一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松本謙一のプロフィール

松本謙一、まつもと・けんいち。日本の経営者。サクラ精機会長。慶應義塾大学経済学部卒業後、家業のサクラ精機に入社。17代目として同社の経営を行った。サクラグループ(サクラ精機(株)、サクラファインテックUSAインク、サクラファインテックヨーロッパBV、サクラファインテックジャパン他)代表取締役。日本医科器械学会理事。日本医療機器関係団体協議会副会長。日本医療産業同友会代表幹事。中華人民共和国衛生部中日友好医院管理顧問他。旭日中授章授章。

松本謙一の名言 一覧

逆境にへこたれない忍耐力と前向きな気持ちがあれば、光明が見えてきます。


企業が変わるとき、人材も入れ替わります。現在の大久保和夫社長は、顕微鏡から撤退して血液関連の事業へ進出するにあたって、中途採用しました。企業というのは、外部から定期的に人を入れていないと停滞します。その意味でも、新しい事業を開拓することはプラスに働きます。


大企業は優秀な新卒を大量採用してきましたが、中堅以下の企業にはそんな余裕はありません。しかし、大企業も結局は採用した人材を生かし切れずにリストラしています。採用された方も、入社後に幻滅して自主的に退社する人が増えています。優秀な人材は大企業へ行ってしまうと嘆く中堅企業の経営者がいますが、それは違います。大企業を辞めた優秀な人材が結構いるのです。


厳しい中から何とか生きる道を探す「なにクソ精神」こそ、私は企業の経営者にとって最も重要だと思っています。当社が顕微鏡から撤退せざるを得なくなったとき、その代替として進出したのが血液の分析装置でした。現在では当社の柱の事業のひとつに成長した事業です。当時もし、顕微鏡という古い事業にしがみついていたら、この分野への進出が遅れたことは間違いありません。


父が早く亡くなり、36歳で社長に就任した私にまず襲ってきたのが、祖父の生み出してきた顕微鏡製造事業から撤退するという苦渋の決断でした。


経営者というのは、逆境でも投げ出さず、生きる道を求めてとにかく耐えることなのだ、と自分に言い聞かせました。変な話ですが、私は小さいときから体があまり強くなく、小学校ではいじめに悩んだ経験があります。それが幸いだったのかもしれません。耐えることには他の人より慣れていたのでしょう。なにクソと、厳しさに耐えながらも生きる道を模索しました。


サクラ精機は、たとえば標本用の使い捨てメスなど、医療関連器具や検査装置では世界でトップシェアを持っている製品がいくつかあります。いわゆるニッチ製品ばかりですが、利益率の高い製品です。小さくても収益力のある企業でいられるのは、逆境に耐えてきたからだと信じています。


優れた経営者というと、強力なリーダーシップやカリスマ性があるのが当然のように言われますが、本当に必要条件でしょうか。たぶん、大企業はそうなのでしょう。中堅以下の企業が、堅実に経営して利益を出し続けていくことに関して言えば、強いリーダーシップより、逆境に耐えられる力の方が大切な気がします。


松本謙一の経歴・略歴

松本謙一、まつもと・けんいち。日本の経営者。サクラ精機会長。慶應義塾大学経済学部卒業後、家業のサクラ精機に入社。17代目として同社の経営を行った。サクラグループ(サクラ精機(株)、サクラファインテックUSAインク、サクラファインテックヨーロッパBV、サクラファインテックジャパン他)代表取締役。日本医科器械学会理事。日本医療機器関係団体協議会副会長。日本医療産業同友会代表幹事。中華人民共和国衛生部中日友好医院管理顧問他。旭日中授章授章。

他の記事も読んでみる

目床明彦

現在の社会では、健康面に不安を抱えている方が非常に多く、健康に対する価値はどんどん上がっています。当社は、平均寿命ではなく健康寿命を延ばすにはどうすればいいのか。そして、みんなが本当に健康で元気に過ごすために何ができるのか、ということを常に考えてきました。


後藤忠治

本人にはより一層の努力が求められますが、努力をするための環境づくりは我々経営トップの役割。


アラン(哲学者)

悲観主義は気分によるものであり、楽観主義は意志によるものである。


松下幸之助

経営者に最も大切なことは、正しい自己評価と、その経営理念がどこに置かれているかということだ。その理念が、何が正しいかという人生観に立ち、かつ世界観さらには自然の摂理から芽生えてこなくてはならない。


遠藤功

現場が何とかすると考えている経営者は無責任だ。まずは経営者は原点に返って現場に興味を持ち、現場を知ることが大切だ。


大西慎也

次は全国展開だと、隣県の大型モールへ出店を決定。しかし販促費や駐車場代の分担金など予想外の出費や、隣県とはいえ食文化や味の好みの違いに苦労し、さらにリーマンショックで景気が冷え込み、わずか9カ月で撤退を余儀なくされました。これまで父が言っていた「数字を見ると怖いから見ない」を私も地で行っていたのですが、これを機に改めて経営の勉強をし始め、各店の店長にも明かしてなかった全てのデータを見せました。水道代や光熱費の経費、仕入れ業者の見直しなど、新規出店の拡大路線から舵を切り、赤字店舗をなくすことから行いました。


陰山英男

世間が与えてくれた現状に満足し、周囲の人も「そのままの自分でいいんだよ」といってくれる。それは心地よいかもしれませんが、本当に幸せなことでしょうか。私は教え子たちに、「時代にだまされる生き方をするな」と伝えてきました。それはつまり、「他人の価値観で生きるな」ということでもあります。


坪田信貴

ビジネスマンのみならず、日本人は総じて勉強嫌いです。その最たる要因は一律化された教育システム。典型例が「漢字の書き取り」です。覚えの悪い子はいくら時間をかけてもなかなか覚えられない一方、早い子供は同じ漢字を延々と書くことにすっかり退屈してしまいます。個人差を無視して同じ方法をとらせることで、すべての子供がストレスを抱くのです。


志賀俊之

企業はイノベーションで、あるいは付加価値を高めることで競争しなきゃ絶対にダメ。


福嶋康博

私は後継者を選ぶ時に社外からの採用を一切考えませんでした。社外の人材は知り尽くしていないなどの点で、外れの確率が高いと思います。


南部靖之

社会人として数十年間培ってきたものを生かして、ベンチャー企業を興すという働き方があってもいいと思います。中高年の多くは、アントレプレナーとしての才能を十分持っています。自分の裁量でビジネスを手掛けるというのは、大変魅力的ですよ。


赤羽雄二

身近にいる仮説思考の達人の話を聞くことも勉強になります。常に他の人より一歩、二歩先を考えて仕事をうまく行っている人は周りに必ずいますから、どのように仮説を立てているのかを聞いてみる。そうすれば、仮説思考の本質をより理解できるはずです。