名言DB

9412 人 / 110637 名言

松本紹圭の名言

twitter Facebook はてブ

松本紹圭のプロフィール

松本紹圭、まつもと・しょうけい。浄土真宗本願寺派光明寺僧侶。北海道出身。東京大学文学部哲学科卒業後、仏教界へ進む。超宗派仏教徒のウェブサイト「彼岸寺」を設立。お寺の音楽会「誰そ彼」、寺院内カフェ「神谷町オープンテラス」など仏教を親しみやすくする活動を行った。南インドのIndian School of BusinessでMBA取得。著書に『おぼうさん、はじめました。』『こころの静寂を手に入れる37の方法』『お坊さん革命』『お坊さんが教えるこころが整う掃除の本』『脱「臆病」入門』ほか。

松本紹圭の名言 一覧

お釈迦様は、道を歩む上で最も大切なのは良い仲間を持つことであると説かれています。とかく結果が求められる世の中ですが、「何をやるか」だけでなく「誰とやるか」も大事にしたいですね。


他人と比較などしなくても、人はありのままで、本当にかけがえのない生命を生きています。


奥底にある不安や恐れを、真のリーダーと呼ばれる人は必ず乗り越えています。


自分が善人であることに執着すると、だんだんとがんじがらめになり自分の殻を打ち破れなくなります。


他人の人生を生きるのをやめて、ありのままの自分をそのままの自分として引き受けていく。そうすることによってはじめて自分の人生を生きられるのです。


自己愛や自分への執着心の強さは、自分と他人を隔てる壁を厚くしているようなもの。壁を高くして安心を得ようとしたはずなのに、高くするほど孤独に陥ってしまいます。


リーダーシップは社員間の競争の中で開発されるものではなく、根本的な人格形成や広い視野、長い時間軸でものを見る力を鍛錬していかねばなりません。


現代のような知識社会では、企業の未来を切り拓く価値を生み出す源泉は、やはり人にあります。管理型のマネジメントでは企業のブレークスルーとなるような価値を創出することはできません。企業としても一人一人のリーダーシップを開発していく必要があります。


不安や恐れで自分にしがみついている人は、会社組織を自分の確かさを強固にするための装置にしてしまう。しかし、その延長線上で殻を破るような大きな仕事に踏み出すことはできません。


仏教が大事にしている思想の中に「縁起(えんぎ)」というものがあります。「縁起がいい、悪い」というふうに使われることもありますが、本当の意味は「すべてのものは、それそのものとしてあるのではなく、他のすべてのものと相依って成り立っている」ということです。


仏教には「縁起」という言葉があります。すべての物事は深く関係し合いながら、相依って成り立っているという意味です。散らかった机の持ち主は、頭の中も散らかっている場合が多い。逆に、机を整理することで頭の中を整理することも可能。


本当のリーダーは「私」などにとらわれてはいません。その虚構性に気付き、あるがままに見ること。「私」が消えるとどうなるか。その人はもはや「私」のために働くことはなく、同時に、「私」でないもののために働くこともないでしょう。まず社員を幸せにしてから後で自分も幸せになるといった、後先の問題でもありません。そこにあるのはいわば「無私のリーダーシップ」。自利と利他が同時に円満する世界です。


宗教はしばしば、人を「縛るもの」と誤解されますが、本来は人間の価値観や行動を縛るものではなく、社会を覆いつくす外的に与えられたシステムや基準によって意識・無意識的に縛られてしまっている人間が、心の自由を取り戻すためのものです。自由という言葉は「自らに由る」と書きます。つまり、自由=あらゆる依存から解放され、自己を生きること。本来の宗教とは、多くの人が知らぬ間に入信してしまっている「私教」や「お金教」などから自由になり、本来の自己を生きるための知識と実践の集合です。


人間の迷いは、思考が作り上げたフィクションの世界をリアルと認識してしまうことから生まれます。そうすると、他者を前にしながら、相手の外見・肩書・ステータスなどのラベルにとらわれて、真の意味でその人と出会うことができません。そして、他者と並列に置いた「私」の存在の卓越性を示そうと、無意味な勝負を始めます。優れたリーダーとしての「私」を示そうとして、かえって真のリーダーシップから遠ざかってしまう。これは、能力の高い人ほど陥りやすい罠です。


ビジネススクールなど象徴的ですが、現代は自己のアイデンティティを確立しよう、強いリーダーとして芯を持とうなどと「個」が強調されますね。しかし、果たして人の中に「芯」などあるのでしょうか。人は縁次第でいかようにも変わります。自己を深く見つめていくと、そこにあるのは変化することのない芯ではなく、玉ねぎみたいに、剥いて、剥いて、結局何もなかったという有り様です。「私」という存在は関係性の中で仮に成り立っているだけで、気づいてみれば「私」なんてものはどこにもなかった。その事実を知ることが「縁起」を知るということです。


松本紹圭の経歴・略歴

松本紹圭、まつもと・しょうけい。浄土真宗本願寺派光明寺僧侶。北海道出身。東京大学文学部哲学科卒業後、仏教界へ進む。超宗派仏教徒のウェブサイト「彼岸寺」を設立。お寺の音楽会「誰そ彼」、寺院内カフェ「神谷町オープンテラス」など仏教を親しみやすくする活動を行った。南インドのIndian School of BusinessでMBA取得。著書に『おぼうさん、はじめました。』『こころの静寂を手に入れる37の方法』『お坊さん革命』『お坊さんが教えるこころが整う掃除の本』『脱「臆病」入門』ほか。

他の記事も読んでみる

和田秀樹

一度自分で決めたことをやめるのが恥ずかしいと思う人がいるかもしれません。しかし、計画を修正することは決して恥ではありません。むしろ、当初の予定に固執して、最終的に間に合わず、全体の予定を狂わせるほうがよほど恥ずかしい行為です。


井村雅代

「まだ時間はある」とか、「あとで頑張ればなんとかなる」などと考えたら、100%目標を達成することはできません。「なにがなんでもやる」と決めて、できるまでやり続ける。一日でも早く帳尻が合うように、それまでの何倍も練習しなければならない。


熊谷正寿

創業期から「仕事相手に感謝の気持ちを持ち、思いやりの気持ちを届ける姿勢」を徹底することを心がけてきました。そうした姿勢が評価され、ピンチに直面した時に支援の手を差し伸べてくださった方もたくさんいた。


佐野陽光

先輩経営者の話や本を読んでも社員数150人というのはひとつの壁だと思っています。そこに至るまでにきちんとした文化づくりができるかどうかがその後成長できるか大きく左右するでしょう。


本田健

「自分にしかできない仕事をする」を言い換えれば、自分が本当にやりたいこと、大好きなことを仕事にするということ。大好きなことは自分の才能が一番発揮できる(最も大きい付加価値を生み出すことができる)ことであり、その結果、愛情を込めた丁寧な仕事になり、評価が高まり、回り回って収入にも結びつく。これはサラリーマンでも自営業でも同じだと思う。


三木谷浩史

僕の定義するプロフェッショナルは、それでお金を稼いでいるかどうかよりも、それにどれだけ自分の心血を注ぎこんでいるかでプロフェッショナルかどうかが決まると僕は思っている。すべてのビジネスマンは、プロフェッショナルを目指すべきだ。それはビジネスで成功するための秘訣であり、仕事を楽しみに変えるための秘訣でもある。


橋本和良

整理整頓ができない人に、品質のいいものはつくれません。また、見えないところまできれいにするという気持ちがあって初めて、本当に優れた製品をつくれるようになるのです。


川原泉

(右手を骨折して)日常生活、面白いように何もできなくて。でも人間の適応力ってすごいですね。工夫次第で左手だけで何とかなるものです。ただ、毎朝必ず歯磨き粉の蓋がコロコロ転がる。あれイラッとします(笑)。


永守重信

世の中の人気企業ランキングを意識してはいけません。ハードワーキングなこと、嫌なところも全て話しています。それでもこの会社に入りたいという人だけ集める。ベクトルの合う人を探すことが大切です。


松村不二夫

製造の末端で働く一人ひとりの能力を高めて生産性を向上するためには、どんな教育をすればいいかと考えてきました。全員が長嶋茂雄のようなスーパースターにはなれない。しかし、普通の人でも平均点はとれる。60点以上をとれる社員がたくさんいたほうが、会社は強くなれる。


鳥原隆志

部下に渡すとき丸投げにしないことが大切です。「ゴールを明示する」「責任は自分が取る」「トラブルの際は支援する」「報告を受ける」という4点を守れば、丸投げにはなりません。部下も心強く、自分も安心して任せられます。


小宮一慶

私は多くの経営者と接していますが、やはり長期的に会社や組織を繁栄させている人は自分の考え方がしっかりしている。つまり、正しい生き方を持っている。私の言葉でいえば人物力のある人なのです。


山田満(経営者)

弱音を吐いてはいられない。自らやるしかありません。誰かを頼っても仕方ない、実行あるのみ。


辻芳樹

私が一番に取り組みたいのは、未来を担える料理人をしっかりと育てる試みです。今このときに求められる人材を育てるのではなく、未来予想図を描きながら料理人を育てるのです。


遠藤功

持って生まれた才能で、ユニークなアイデアを次々に生み出す人も稀にはいる。しかし、多くの凡人は日頃の鍛錬なしにはナレッジワーカー(知識労働者)にはなりえない。その第一歩は、感じる力、すなわち「感知力」を磨くことである。ナレッジワーカーとは新たな知恵やアイデアを生み出すことができる人材のことである。そして、知恵やアイデアの源泉は、人間の持つ感じる力である。