名言DB

9412 人 / 110637 名言

松本秀男(ほめる達人)の名言

twitter Facebook はてブ

松本秀男(ほめる達人)のプロフィール

松本秀男、まつもと・ひでお。「日本ほめる達人協会」専務理事。東京都出身。国学院大学文学部卒業後、芸能マネージャー、ガソリンスタンド経営、完全歩合給保険セールスマンなどを経て「日本ほめる達人協会」専務理事。著書に『ほめる人ほど、なぜ出世が早い?』。

松本秀男(ほめる達人)の名言 一覧

褒めるという行為は「言葉をラッピングし、きれいにリボンをかけて相手にプレゼントする」ようなもの。上司から褒めてもらったら、お返し(褒め返し)をするのが当然。


上司から学ぶものがあれば、スゴイと思った気持ちを素直に言葉に出して伝えよう。それで上司が前向きな気持ちになってくれたら、より多くのノウハウを積極的に伝授してくれるようになる。自分自身にもメリットが大きい。


部下がなかなか成果を出せず、自信を失っている時は、仕事の「プロセス」や「行動」を褒めて、成長の起爆剤にしてもらおう。「資料作成のために丁寧にリサーチした」といった小さなことでもいい。表に見えにくいものであればあるほど、「上司(リーダー)はそんなところまできちんと見てくれているのか」と、褒めてもらった側の感動も大きくなるはずだ。


相手の仕事のレベルやスキルが、自分が考える「100点」に達していなくても、「60点だったのが70点に上がった」のであれば立派な進歩。その裏には必ず努力があるはずだ。相手が少しでも成長していると感じたら、手放しで「努力を」褒めてあげよう。自分を基準に考えてしまうと相手の成長は見えにくい。いかに相手の立場で考えられるかがポイントだ。


同期が先に出世した場合、自分の中にある嫉妬心や焦燥感に蓋をすると逆効果。「くやしいけど、おまえすごいな」など、褒め言葉とセットにして、本人に向けて前向きに吐き出そう。自分の中の複雑な感情を整理しやすくなり、素直に相手を認められるので、相手から様々なことを学べるようになる。


松本秀男(ほめる達人)の経歴・略歴

松本秀男、まつもと・ひでお。「日本ほめる達人協会」専務理事。東京都出身。国学院大学文学部卒業後、芸能マネージャー、ガソリンスタンド経営、完全歩合給保険セールスマンなどを経て「日本ほめる達人協会」専務理事。著書に『ほめる人ほど、なぜ出世が早い?』。

他の記事も読んでみる

荒井邦彦

なぜ起業しないかというと、失敗したときのペナルティが大きいからです。しかも、うまく行ったときのご褒美も少ない。だったらやらない方がいいとなってしまう。そこで私はベンチャーのイグジットを増やしましょうと。日本の場合、ベンチャー企業のイグジットはIPOが8割ですが、アメリカはM&Aが8割です。IPOはハードルが高いですが、M&Aであればマーケットを相手にするわけではなく、特定の1つの企業と話をしてまとめればいいので、ハードルは低い。ですから、例えば会社を興して2~3年経営し、5億円で会社が売れましたという人が続出するようになれば、皆のやる気が起きるのではないでしょうか。私たちはそういうイグジットマーケットを広げていくことが日本の経済の成長につながると思っています。


本多静六

いくら稼いでも節約しなければ駄目。それはちょうどザルに水を盛るかのようなものだ。またいくら節約しても、節約を通り越して吝嗇にすらしても、働かなければ駄目。それはちょうど徳利の中の水を守るかのようなもので、ついには腐って臭気を発するばかりだ。


加藤芳夫(アートディレクター)

喉が渇くというのは人間の自然な、生理的な欲求です。そんなときに、「この水にはこんな成分が含まれている」などという蘊蓄(うんちく)は消費者に響きません。「サントリー天然水」は機能面を強調しすぎず、自然を感じさせるようなものにデザインしました。山のイラストをラベルに描いているのもそのためです。イメージを補足するための言葉として、「天然水」という3文字を選びました。今でこそ天然水という言葉は一般的に使われていますが、それまでは「名水」という表現しかなかったのです。1991年の発売時から、名称もデザインも少しずつリニューアルを重ねているのですが、天然水という言葉は一貫して使い続けています。


泉谷直木

時代の流れは「安全」「安心」「安価」という“3つのA”から、「信用、信頼」「親近感、好き」「新価値、新提案」という“3つのS”に少しずつ変わっている。


石井てる美

行動を起こしたことで、「人生このままでいいのだろうか?」という一生考えそうな疑問が解消しました。芸能界はマッキンゼーとは違うシビアな世界ですが、打たれ弱かった自分が克服できた気がします。現在は、いま死んでも後悔しないぐらい充実しています。


岩切章太郎

新事務所が出来上がったところで、創立10周年の記念祝賀会を開催した。そして同時に10周年記念として、市内5銭均一を実施することにした。初めは記念配当をしようとかいろいろ意見があったが、私は株主には十分ながら配当を出している。従業員にも賞与が出してある。利益配当をしていないのはお客様だけだから、この機会にお客様に記念配当という意味で値下げをした。


立石義雄

会社が健康体に戻るには、組織や事業の構造改革も必要ですが、まずは社員の意識改革が欠かせません。中でも、顧客に最も近いところにいる管理職、つまり課長の意識改革は重要です。課長にしっかりと仕事をしてもらい、部長以上がそれをサポートする。私はそれを「課長経営」と呼んでいました。組織図にすると、顧客が最も上に来る逆ピラミッド型になります。


村上太一

日本人は幸せ軸をおカネじゃない方向に持っていかないと救われないと思います。


坂本孝

人は誰でも「俺が、俺が」になりがち。人より余計にお金が欲しいし、いい服を着ていい車に乗りたい。だけど、社長業には「周りの人を第一に考えなきゃいけない」という鉄則があります。そこに気付いて、「ああ、そうだよな。運命共同体の社員も自分と一緒に満足して幸せにならなきゃいけない」と思えるかどうかが肝要なんです。


樋口武男

私の人格形成に大きく影響したのは祖母です。祖母は3つのことを教えてくれましたが、特に叩き込まれたのが「嘘とごまかしはダメ」だということです。あと2つの教えは「人に迷惑をかけるな」「戦ったら、必ず勝て」ということです。今でも、祖母の教えは私の心棒(しんぼう)です。


佐々木常夫

「自分はもっと評価されてもいいはずだ!」と会社に憤る前に、自分を冷静に見つめ直しましょう。あなたの実力に比べて、「自己評価が異様に高い」可能性はありませんか? 2つのギャップが大きい人は、「会社の評価」を理不尽だと考えます。


大野直竹

視野を広く長くし、同時に今日のことも考えて現場に目をこらす。そうすれば、部下の報告に隠れている真実も見えてくるし、指導者は必ず鍛えられていく。


小池利和

優れた試作品は社内で話題になり、自然と使われるようになる。開発者が思いもしなかった使い方が意見として寄せられることで、ヒット商品になった例もあります。


増田宗昭

「無我夢中」であることを大切にして下さい。夢があれば自分のエゴをコントロールできるのです。企業家になるのならば、夢は大きくなければなりません。


富野由悠季

日本人はコツコツと真面目に働いているんです。そのなかで抜きんでようと思ったら、両隣の奴よりもっとコツコツやるしかないじゃないですか。