松本秀男(ほめる達人)の名言

松本秀男(ほめる達人)のプロフィール

松本秀男、まつもと・ひでお。「日本ほめる達人協会」専務理事。東京都出身。国学院大学文学部卒業後、芸能マネージャー、ガソリンスタンド経営、完全歩合給保険セールスマンなどを経て「日本ほめる達人協会」専務理事。著書に『ほめる人ほど、なぜ出世が早い?』。

松本秀男(ほめる達人)の名言 一覧

褒めるという行為は「言葉をラッピングし、きれいにリボンをかけて相手にプレゼントする」ようなもの。上司から褒めてもらったら、お返し(褒め返し)をするのが当然。

松本秀男の名言|褒めてもらったら、お返し(褒め返し)をするのが当然

上司から学ぶものがあれば、スゴイと思った気持ちを素直に言葉に出して伝えよう。それで上司が前向きな気持ちになってくれたら、より多くのノウハウを積極的に伝授してくれるようになる。自分自身にもメリットが大きい。

松本秀男の名言|スゴイと思った気持ちを素直に言葉に出して伝えよう

部下がなかなか成果を出せず、自信を失っている時は、仕事の「プロセス」や「行動」を褒めて、成長の起爆剤にしてもらおう。「資料作成のために丁寧にリサーチした」といった小さなことでもいい。表に見えにくいものであればあるほど、「上司(リーダー)はそんなところまできちんと見てくれているのか」と、褒めてもらった側の感動も大きくなるはずだ。

松本秀男の名言|仕事の「プロセス」や「行動」を褒めて、成長の起爆剤にしてもらおう

相手の仕事のレベルやスキルが、自分が考える「100点」に達していなくても、「60点だったのが70点に上がった」のであれば立派な進歩。その裏には必ず努力があるはずだ。相手が少しでも成長していると感じたら、手放しで「努力を」褒めてあげよう。自分を基準に考えてしまうと相手の成長は見えにくい。いかに相手の立場で考えられるかがポイントだ。

松本秀男の名言|いかに相手の立場で考えられるかがポイント

同期が先に出世した場合、自分の中にある嫉妬心や焦燥感に蓋をすると逆効果。「くやしいけど、おまえすごいな」など、褒め言葉とセットにして、本人に向けて前向きに吐き出そう。自分の中の複雑な感情を整理しやすくなり、素直に相手を認められるので、相手から様々なことを学べるようになる。

松本秀男の名言|自分の中にある嫉妬心や焦燥感に蓋をすると逆効果

松本秀男(ほめる達人)の経歴・略歴

松本秀男、まつもと・ひでお。「日本ほめる達人協会」専務理事。東京都出身。国学院大学文学部卒業後、芸能マネージャー、ガソリンスタンド経営、完全歩合給保険セールスマンなどを経て「日本ほめる達人協会」専務理事。著書に『ほめる人ほど、なぜ出世が早い?』。

ページの先頭へ