名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

松本淳志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松本淳志のプロフィール

松本淳志、まつもと・あつし。日本の経営者。「メディアリンク」社長。東京都出身。

松本淳志の名言 一覧

エンジニアが成長へのモチベーションとして根底に持つべきものは、お客様に喜んでもらいたいという誠実な想い。


理念を追求していく上で、昨日までと同じことをやっていても決して感動は生まれない。


システムは、使うのも人であり、作るのも人。誰がどのように使うのかという、人のことを一番に考える誠実さが不可欠。


一流の人がいてこそ、一流の仕事ができる。だからといって、すでに一流の人に頼るのではなく、一流の人材に育てることを考えています。


顧客ニーズを満たす技術力が必要。システムを作って対価をいただく以上、そこに技術力がなければ不誠実になる。だからこそ当社では常に、技術力の向上に徹底的に注力している。


コストパフォーマンスや使いやすさも重要ですが、お客様のために誠実に対応しなければ意味がない。


会社規模を目標にするのではなく、関わるすべての人たちに、感動とHAPPYを与え続けるような会社にしたい。


エンジニア自身が作ったものが誰のためにもならなければ、単なる自己満足。自分が作ったシステムが動いた瞬間は確かに嬉しいものですが、本当の喜びはそれを使った人が価値を感じ、「ありがとう」と言ってくれた時。


求めるのは、やはり誠実である人材です。そして何か1つでもいいから、キラリとしたものがある人ですね。技術に限らず、人柄や笑顔でもいい。何かの光る長所を持っていれば、それを活かせる仕事が必ずあります。


新たなプロダクトを通じて、今後も社会からいっそう必要とされる存在になっていくことが当社のビジョン。自分たちが何を提供できるかを考えながら、社会を豊かにしていくことにこれからも邁進したい。


人が生涯で得ることができる報酬の総額は、その人が生涯で提供したサービスの「質×量」で決まると私は考えています。そのため、「もらう」先行ではなく、「与えること」から考える。自らが提供する技術やサービスの質と量を高めていけば、報酬や対価は後から自然と返ってきます。


当社がお客様から支持されているのは「誠実さ」にこだわり抜いていることだと思います。私たちの企業理念は、「関わるすべての人たちに、感動とハッピーを与え続けること」です。それはシステムという無機質な物を提供するだけでは実現できないもので、誠実さにこだわる思いが欠かせないのです。


大学を卒業して大手SI企業に就職し、コールセンターシステムの専門的なノウハウを学びました。一方で、仕事の満足感はなかなか得られませんでした。顧客の要望に応えたくても、大企業の枠組みの中で様々な制約があり、対応できないことが多かったからです。特に欠けていたのは柔軟性とスピードでした。たとえば「できるだけ早く欲しい」というお客様の要望に応えて1日で作ったシステムが、社内の稟議や審査でお客様に届くのが1か月後といったことは日常茶飯事。これではとてもお客様のニーズを満たすことはできないと感じました。


請負開発の仕事をしているだけでは駄目で、自社開発の製品を持ってそれでライバルと戦うしかないと思いました。コールセンターシステムでは、当時の主流は海外のメーカーでしたが、高い割には使い勝手も良くない。そこにメードインジャパンの自社製品を開発したらお客様も増えていきました。


松本淳志の経歴・略歴

松本淳志、まつもと・あつし。日本の経営者。「メディアリンク」社長。東京都出身。

他の記事も読んでみる

櫻田謙悟(桜田謙悟)

成長は必要です。成長とは何かということを端的に言えば、お客様の数が増えることです。


前田新造

60%即決主義を地でいくには、このビジネスは成功するという信念を強く持っている必要があります。その確信を得るためには、とりもなおさず、時代潮流の本質をしっかりつかまえておく必要があります。イプサの売上が当初伸び悩んでいたにも関わらず、私が長い目で見て欲しいと経営陣に訴え続けることができたのは、カウンセリングによってお客様ごとにレシピをつくるイプサの販売方式は必ず成功すると、絶対的な確信があったからです。


さいとうたかを

自分が勝手に休むというのができないのが仕事ですから、やれる限りは頑張ります。この年になっても。


池井戸潤

バブルのご時勢に乗って欲を出してしまった人は、大損しています。逆に今も健在なのは、ギャンブルしなかった人たちです。投資で言えば、まずは増やすことより減らさないことに力を入れることでしょう。年収が増えないから、運用で増やそうと考える人もいるでしょう。でも「入りが増えなければ出を抑える」のも運用のうちです。


荒井邦彦

しっかりした社員教育を行い、しっかりした仕事をする循環を作ることが何より大事。


泉谷直木

陸上競技のリレーと同じで、経営を渡す方も受け取る方もフルスピードであることが大事。渡すタイミングがわかるのは信頼関係があってこそ。後任に「青天の霹靂」などと言われるようなトップ交代をしてはいけない。


おちまさと

会食などで相手が楽しかったと感じるのは、じつはその人自身が気持ちよくしゃべったときです。それには聞き上手に徹しているだけでは駄目です。「あなたの話を本当に聞いていますよ」という信号を送ることがとても大事です。接待の上手い人って、自分が面白い話をするわけじゃないんです。


中村芝翫・8代目

大事なのは「ときめき」そのものではなくプロセス。「ときめきに至るまで」をうまく組み立てていけたら、芝居だけでなく、人生も面白くなるのかもしれません。


蜂谷二郎

(上場によって)取引金融機関を含めて変わりつつある感があります。採用面でも人材の獲得が厳しいと言われている昨今においても、上場が決まる前から比較的良い人材に入社していただいています。その意味でも、上場後の採用がこれから楽しみです。


牧野正幸

外科医が数多くの執刀経験を積んで名医への道を歩むように、ビジネスの世界でも大小様々な問題を解決しながら成長するしかない。


田中義信(田中誠文堂)

現在、私たちはとても大きなチャンスの時代にいると思います。やる気にさえなれば、日本はもとより世界という舞台で活躍できるでしょう。


水木しげる

他人の思惑などに振り回されず、自分のやりたいように生きる。外の世界にいちいち対応せず、自分の世界の流儀でやればいい。