名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

松本淳志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松本淳志のプロフィール

松本淳志、まつもと・あつし。日本の経営者。「メディアリンク」社長。東京都出身。

松本淳志の名言 一覧

エンジニアが成長へのモチベーションとして根底に持つべきものは、お客様に喜んでもらいたいという誠実な想い。


理念を追求していく上で、昨日までと同じことをやっていても決して感動は生まれない。


システムは、使うのも人であり、作るのも人。誰がどのように使うのかという、人のことを一番に考える誠実さが不可欠。


一流の人がいてこそ、一流の仕事ができる。だからといって、すでに一流の人に頼るのではなく、一流の人材に育てることを考えています。


顧客ニーズを満たす技術力が必要。システムを作って対価をいただく以上、そこに技術力がなければ不誠実になる。だからこそ当社では常に、技術力の向上に徹底的に注力している。


コストパフォーマンスや使いやすさも重要ですが、お客様のために誠実に対応しなければ意味がない。


会社規模を目標にするのではなく、関わるすべての人たちに、感動とHAPPYを与え続けるような会社にしたい。


エンジニア自身が作ったものが誰のためにもならなければ、単なる自己満足。自分が作ったシステムが動いた瞬間は確かに嬉しいものですが、本当の喜びはそれを使った人が価値を感じ、「ありがとう」と言ってくれた時。


求めるのは、やはり誠実である人材です。そして何か1つでもいいから、キラリとしたものがある人ですね。技術に限らず、人柄や笑顔でもいい。何かの光る長所を持っていれば、それを活かせる仕事が必ずあります。


新たなプロダクトを通じて、今後も社会からいっそう必要とされる存在になっていくことが当社のビジョン。自分たちが何を提供できるかを考えながら、社会を豊かにしていくことにこれからも邁進したい。


人が生涯で得ることができる報酬の総額は、その人が生涯で提供したサービスの「質×量」で決まると私は考えています。そのため、「もらう」先行ではなく、「与えること」から考える。自らが提供する技術やサービスの質と量を高めていけば、報酬や対価は後から自然と返ってきます。


当社がお客様から支持されているのは「誠実さ」にこだわり抜いていることだと思います。私たちの企業理念は、「関わるすべての人たちに、感動とハッピーを与え続けること」です。それはシステムという無機質な物を提供するだけでは実現できないもので、誠実さにこだわる思いが欠かせないのです。


大学を卒業して大手SI企業に就職し、コールセンターシステムの専門的なノウハウを学びました。一方で、仕事の満足感はなかなか得られませんでした。顧客の要望に応えたくても、大企業の枠組みの中で様々な制約があり、対応できないことが多かったからです。特に欠けていたのは柔軟性とスピードでした。たとえば「できるだけ早く欲しい」というお客様の要望に応えて1日で作ったシステムが、社内の稟議や審査でお客様に届くのが1か月後といったことは日常茶飯事。これではとてもお客様のニーズを満たすことはできないと感じました。


請負開発の仕事をしているだけでは駄目で、自社開発の製品を持ってそれでライバルと戦うしかないと思いました。コールセンターシステムでは、当時の主流は海外のメーカーでしたが、高い割には使い勝手も良くない。そこにメードインジャパンの自社製品を開発したらお客様も増えていきました。


松本淳志の経歴・略歴

松本淳志、まつもと・あつし。日本の経営者。「メディアリンク」社長。東京都出身。

他の記事も読んでみる

新井田傳

我々は24店舗を除き、すべて直営店です。その24店舗も福島・郡山に最初にお店を出したあと、フランチャイズの依頼を受けて始めたお店で、初期のころにお付き合いのあるところ以外でフランチャイズを募集することは早い段階でやめました。フランチャイズは虚業であって実業だとは思いません。人材を増やさなくても店舗数は増やせるんですから。


宮坂学

私は長く悩むタイプではありません。悩むくらいなら、即、行動に移す。周囲からは体育会系のノリだとよく言われます。


松本茂

肝心なのは文脈の中で単語や会話表現を覚えることです。そのために一番いいのは外国のTVドラマや映画。原作を読んでから映画を観たり、映画を観てから原作を読んだりするのもオススメです。日本のアニメの英語字幕を読むのも単語力アップにつながります。映画やTVドラマは、レベルが高すぎるという方には、ドラマ形式の映像付き英語教材がオススメです。会話している人同士の関係、話をしている状況や内容、顔の表情などといった情報を踏まえながら単語や会話表現をインプットすると、正しく理解でき、忘れにくくなります。


二宮雅也

リスク管理の高度化や内部統制を厳格化するのは当然ですが、そのうえで、お客様目線の徹底という基本に立ち返る必要があると感じています。保険業界はもともと規制業種でしたから、マーケティングやお客様ニーズの把握などは不得手なほうです。しかし今後は、お客様の信頼を得てはじめて成長を語れるのだということを肝に銘じていきたいと思います。


野村萬斎(二世)

知りたくないことまで知ってしまえる人間が、一番知りたい自分の過去だけは知るすべがないっていうのは、恐ろしく皮肉な話です。でも、世の中、そうした不条理に満ちているのも確かですね。

【覚え書き|出演した映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』について】


熊谷正寿

インターネットは最大の情報収集ツールのひとつですが、時間浪費の罠にはまりやすく、質の低い情報もたくさんあることに注意が必要です。


酒巻久

どんなものでも、できない理由はたくさんあります。でもそれでは仕事は前に進みません。


加賀見俊夫

準社員がディズニーの基本理念を共有すれば、中長期にわたって活躍しますし、結果として顧客満足度や企業価値の底上げに結びつきます。


土井英司

良書に出合うためには、ちょっとしたコツがあるのです。まずは「プロフィール」。専門分野や職務経歴をチェックすることで、この本の内容は読むに値するものかどうかを判断することができます。もう一つは、「本と著者との利害関係」です。著者にとって、出版するメリットがそれほどなさそうな本ほど、本音で書かれていることが多い。逆に、売名行為もしくは自分の仕事の宣伝効果を狙った本は、疑ってかかったほうがいいでしょう。


ダライ・ラマ14世

非常に複雑な現実のありようというものを正しく把握しようと思ったら、ひとつの角度からだけその問題をとらえてはいけません。全体的な視野、様々な角度から問題に光を当てる必要があります。


内藤明人(内藤進)

海外進出で大切にしてきたことがあります。それは自分のことのように相手のことを思う「ユーイズム」という考え方です。「出資した日本側からトップを派遣するのは当然」と考えたら、現地の社員には「低賃金を搾取しにきた」などと思われ、信用されないでしょう。だから現地法人のトップには、必ず現地出身者を起用しています。


伊東豊雄

耐震偽装事件が起こったのも、技術の問題というより、モラルの問題だと思います。自分たちがやっている仕事が、すごく誇りが持てるものであれば、あのようなことは絶対起こるはずはない。