松本淳志の名言

松本淳志のプロフィール

松本淳志、まつもと・あつし。日本の経営者。「メディアリンク」社長。東京都出身。

松本淳志の名言 一覧

エンジニアが成長へのモチベーションとして根底に持つべきものは、お客様に喜んでもらいたいという誠実な想い。


理念を追求していく上で、昨日までと同じことをやっていても決して感動は生まれない。


システムは、使うのも人であり、作るのも人。誰がどのように使うのかという、人のことを一番に考える誠実さが不可欠。


一流の人がいてこそ、一流の仕事ができる。だからといって、すでに一流の人に頼るのではなく、一流の人材に育てることを考えています。


顧客ニーズを満たす技術力が必要。システムを作って対価をいただく以上、そこに技術力がなければ不誠実になる。だからこそ当社では常に、技術力の向上に徹底的に注力している。


コストパフォーマンスや使いやすさも重要ですが、お客様のために誠実に対応しなければ意味がない。


会社規模を目標にするのではなく、関わるすべての人たちに、感動とHAPPYを与え続けるような会社にしたい。


エンジニア自身が作ったものが誰のためにもならなければ、単なる自己満足。自分が作ったシステムが動いた瞬間は確かに嬉しいものですが、本当の喜びはそれを使った人が価値を感じ、「ありがとう」と言ってくれた時。


求めるのは、やはり誠実である人材です。そして何か1つでもいいから、キラリとしたものがある人ですね。技術に限らず、人柄や笑顔でもいい。何かの光る長所を持っていれば、それを活かせる仕事が必ずあります。


新たなプロダクトを通じて、今後も社会からいっそう必要とされる存在になっていくことが当社のビジョン。自分たちが何を提供できるかを考えながら、社会を豊かにしていくことにこれからも邁進したい。


人が生涯で得ることができる報酬の総額は、その人が生涯で提供したサービスの「質×量」で決まると私は考えています。そのため、「もらう」先行ではなく、「与えること」から考える。自らが提供する技術やサービスの質と量を高めていけば、報酬や対価は後から自然と返ってきます。


当社がお客様から支持されているのは「誠実さ」にこだわり抜いていることだと思います。私たちの企業理念は、「関わるすべての人たちに、感動とハッピーを与え続けること」です。それはシステムという無機質な物を提供するだけでは実現できないもので、誠実さにこだわる思いが欠かせないのです。


大学を卒業して大手SI企業に就職し、コールセンターシステムの専門的なノウハウを学びました。一方で、仕事の満足感はなかなか得られませんでした。顧客の要望に応えたくても、大企業の枠組みの中で様々な制約があり、対応できないことが多かったからです。特に欠けていたのは柔軟性とスピードでした。たとえば「できるだけ早く欲しい」というお客様の要望に応えて1日で作ったシステムが、社内の稟議や審査でお客様に届くのが1か月後といったことは日常茶飯事。これではとてもお客様のニーズを満たすことはできないと感じました。


請負開発の仕事をしているだけでは駄目で、自社開発の製品を持ってそれでライバルと戦うしかないと思いました。コールセンターシステムでは、当時の主流は海外のメーカーでしたが、高い割には使い勝手も良くない。そこにメードインジャパンの自社製品を開発したらお客様も増えていきました。


松本淳志の経歴・略歴

松本淳志、まつもと・あつし。日本の経営者。「メディアリンク」社長。東京都出身。

他の記事も読んでみる

世耕石弘

電車広告を変えたところ、マスコミはすぐに反応しました。どの大学も同じような広告を出す中、近大だけが一風変わった広告を出したので、「何が起こったのか?」とニュースにしてくれました。その後に打った広告も新聞に取り上げられ、「近大はひと味違うぞ」というイメージを、世間にジワジワと広げていきました。


藤原洋

私の経験からすると、学者は面白いですが、企業家はもっと面白い。企業家は実社会と深く関わるため、社会に対する影響力を持てます。そこが企業家の面白さです。


勝間和代

改革は、常にゼロベースから考えないと目標を見失いがち。


宮田真里子(経営者)

何度も挫けそうになりました。しかし、人生起こること全てに意味があるのではないでしょうか。そのときは辛く悲しい出来事でも、必ず自分に働きかける何かがあり、その後の人生の原動力になっていく。私はそう信じています。


迫本淳一

ネットの時代は作品と消費者が直結しています。我々は強いコンテンツを作ることに基軸を置き、それを様々なウィンドウで展開しています。今後はさらに他社と連携した作品づくりを考えていきたい。


弘兼憲史

情報収集の仕方は変われど、今も昔もビジネスパーソンにとって、「情報」は武器の1つになることは変わらない。


森雅彦

動物の冬ごもりと一緒で、企業も脂肪を蓄えておかなければいけないときがあります。企業で脂肪にあたるのが株主資本率で、当社は昨秋以降、株主資本比率を高めて今年3月時点で78%です。他の業界に比べて株主資本率が高い工作機械業界の中でも高い水準です。市場が再び水準に戻ったとき、10%の営業利益が出る体制を整えています。


塚越寛

数字を追うことは、あくまでも手段であって、企業が進むべき道ではない。


吉田たかよし

楽観的な人と、悲観的な人を比較すると、幸福度はもちろん、営業の販売実績などもはるかに楽観的な人のほうが高いというデータがあります。


堺美保

ロングセラーになる商品は必ずユニークです。


佐々木典士

僕はズボラな性格なので、片づけの仕組みを作ってそれを維持するのは無理です。モノを減らしてしまうことが、整理整頓の最大の近道だと思います。


林真理子

私には15歳になる娘がいますが、歌舞伎やミュージカルなどにどんどん連れていっています。でも、娘がそれをすぐにおもしろいと思うわけではないんですね。『レ・ミゼラブル』を観た後で、彼女はこう言いました。「なに、この、綺麗事!」それでいいんです。まだ、わからなくてもいい。けれど、本物を観せてあげれば、それは必ず残る。そんなふうに思ってきれいにお金を使うことについては、他人様にとやかく言われたくない。むしろ、いまの大人たちは、子供や若い人たちに本物を教えるためにお金を使うということをしなさすぎるとも思います。


岡野喜太郎

銀行家が注意しなければならぬことは経費の節約である。私の銀行では小さなことから、伝票の一枚一枚にまで、それをつくったときの年月日と数量と単価が刷り込んであり、その一枚の経費がいくらにつくかということが、今日入った行員にも頭にしみこむようにしてあり、行員がメモなどに使うことを固く禁じている。


高崎充弘

情報が整理整頓されたノートと、自分との間でキャッチボールを繰り返すことが、アイデアを生み出すうえでは大切。当時は何も感じなかったメモ内容が、3年後に読み返したら宝の山だった、ということも珍しくない。


松井道夫

社長の仕事は考えること、瞑想することだというのが私の持論です。社長がやるべきことは、きわめて哲学的なことです。部下が持ってきた選択肢からどれかに決めるのが社長の仕事だという人もいると思いますが、私は全然違うと思います。


ページの先頭へ