名言DB

9419 人 / 110788 名言

松本望の名言

twitter Facebook はてブ

松本望のプロフィール

松本望、まつもと・のぞむ。音響メーカーのパイオニア創業者。日本で初めてダイナミックスピーカー・パイオニアを作った人物。関西学院中学部中退。明治38年生まれ。革新的な製品を多数生み出し日本の電機・音響メーカーを牽引した人物

松本望の名言 一覧

まったくの新製品なのだから、売れなくて当たり前だ。あわてるな!
【覚書き|レーザーディスクを発売した当時、売れ行き不振が続き弱気になっていた社長を激励した言葉。】


社員の中には知恵がある人間がたくさんいる。そういう人たちから自由さ、創造の喜びを奪ってはいけない。無鉄砲なくらいのチャレンジをさせなくては企業の若さは保てない。


松本望の経歴・略歴

松本望、まつもと・のぞむ。音響メーカーのパイオニア創業者。日本で初めてダイナミックスピーカー・パイオニアを作った人物。関西学院中学部中退。明治38年生まれ。革新的な製品を多数生み出し日本の電機・音響メーカーを牽引した人物

他の記事も読んでみる

心屋仁之助

僕は51歳からピアノを始めて、その8か月後に日本武道館で開催されたコンサートで、4曲もピアノの弾き語りをしました。昔からピアノが弾けたらいいなと思っていたのですが、「いやいや今さら」とずっと自分で否定してしまっていたんですね。だけど、ある日「ピアノをやろう」と思い立ち、翌日には電子ピアノを買いました。それから毎日弾いたんです。もちろん、最初は思うように弾けません。でもそれが楽しい。そして毎日弾いていると、少しずつ思うように弾けるようになる。それがまた、さらに楽しい。武道館で披露する前に、小さなライブハウスで何度か人前で弾きました。たくさんミスをして恥をかいて、「よーし、今度こそ!」とさらに練習しました。ピアノが楽しいから、多少大変なことがあっても、ずっと続けているのです。


村上恭豊

今の若い人たちは、ガーデニングにある種のファッション性や憧れを感じているようですよ。しかし意外と肥料を使ってくれませんね。「植物には水をやるの?」と聞くような水準の人もいるくらいですから。ましてや肥料のことなどといった感じはありますね。ですから、私どもはセミナーとか園芸教室などを積極的に開いて、園芸知識のレベル向上に努めています。マーケティング戦略としては、今後初心者をお客としてどう囲い込んでいくかですね。新たなうまい仕掛けをつくらなくてはいけません。


守屋洋

いまは孫子の時代と違って、巷に情報があふれている。出版物、インターネットなどを駆使すれば、居ながらにしてかなりの情報を手に入れることもできる。しかし、それで十分なのかといえば、決してそうではない。世の中にあふれているのは、じつはどうでもいいような情報が多いのである。いざというとき役に立つ貴重な情報を入手するためには、現代といえども、それなりの手間暇をかけなければならない。


大島武(学者)

人づき合いで大切なのは、ほどよい距離感を保つこと。親和葛藤理論といって、人は自分がちょうどいいと思う距離よりも相手が近づいてくると不快に感じるし、逆に遠いと、よそよそしく感じる。つまり、相手が心地よいと思う距離感がわからずに、近づきすぎたり、口出しすると迷惑がられ、逆に双方にとってベストとなる、つかず離れずの距離を保てる人が好かれる。


ウィリアム・A・コーエン

「組織が正しいことをしている」「自分が正しいことをしている」という感覚は、非常に大きな力になる。それは周囲にも伝播する。


本田宗一郎

日本一になるなどと思うな。世界一になるんだ。
【覚書き|ホンダが東京に進出したとき社員に向かって言った言葉】


桑畑英紀

「いったい何のための報連相なのか」。これを取り違えると、報連相は「上司のためにやらされるもの」でしかなくなります。報連相の意義は、管理だけでなく、部下の士気を上げ、成長を促すという視点からとらえる必要があります。報告があがったら問題や課題を一緒に話し合って解決策を探る。それによって部下に「自分では気づいていないことを考えさせてもらったな、相談して良かった」という納得感を与えることが大事です。


高山泰仁

旅行をすることで、自国以外の文化に対する理解が深まり、新たに出会った人との交流が生まれます。海外旅行の仕事を手掛けることで国際交流の発展と世界平和に少しでも貢献したいと思っています。


大隅良典

私は「役に立つ」という言葉がとっても社会をだめにしていると思っています。数年後に事業化できることと同義語になっていることに問題がある。本当に役に立つことは10年後、あるいは100年後かもしれない。社会が将来を見据えて、科学を一つの文化として認めてくれるような社会にならないかなあと強く願っています。


南壮一郎

ブレずに理念を語ること。これは、実績がなくてもできます。「ビズリーチ」の場合は、ブラックボックス化している転職市場を可視化することで、企業には採用力を、求職者には自立したキャリアデザインの選択肢を与えたいという明確なビジョンがあります。私は会社の代表としてこのビジョンを発信し続けています。「このコンセプトはいいね!」「それは面白そうだね!」と思ってもらえれば、いろいろな人が集まってきて、ビジョンを実行できる土台が揃ってくるのだと思います。