名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

松本望の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松本望のプロフィール

松本望、まつもと・のぞむ。音響メーカーのパイオニア創業者。日本で初めてダイナミックスピーカー・パイオニアを作った人物。関西学院中学部中退。明治38年生まれ。革新的な製品を多数生み出し日本の電機・音響メーカーを牽引した人物

松本望の名言 一覧

まったくの新製品なのだから、売れなくて当たり前だ。あわてるな!
【覚書き|レーザーディスクを発売した当時、売れ行き不振が続き弱気になっていた社長を激励した言葉。】


社員の中には知恵がある人間がたくさんいる。そういう人たちから自由さ、創造の喜びを奪ってはいけない。無鉄砲なくらいのチャレンジをさせなくては企業の若さは保てない。


松本望の経歴・略歴

松本望、まつもと・のぞむ。音響メーカーのパイオニア創業者。日本で初めてダイナミックスピーカー・パイオニアを作った人物。関西学院中学部中退。明治38年生まれ。革新的な製品を多数生み出し日本の電機・音響メーカーを牽引した人物

他の記事も読んでみる

次原悦子

まったく新しいサービスで、日本にまだ市場がなく、認知度が低いものを売り出すときは、先行して話題の種をまいておくことも大切です。


大塚万紀子

その人に期待している役割をしっかり言語化して伝えることも大切です。「課長」「部長」といった役職の名称ではなく、仕事の内容や職責の幅に可能性を感じる人が、今後男女問わず増えていくでしょう。登用を打診する経営側の戦略が肝要です。今、女性活躍が目標として掲げられているのは、男性にはない、女性ならではのアイデアや能力をイノベーションにつなげ、企業の成長や社会への貢献をもたらすためです。単にジェンダーの問題としてではなく、日本の企業が活力を取り戻すための経営戦略としてとらえるべき課題なのです。


蔵田理

何かを「相手に伝える」ということは、自分が理解していることをそのまま伝えることとは全然違います。「四の五の言うな」という言葉には、「ああだこうだと理屈を言うな」という意味のほかに「一度に多くを言っても覚えられない」というニュアンスもあります。人間が一度に覚えられることはせいぜい3つ程度です。


笹宏行

いかに仕組みを整えても、心が入っていないとダメです。どんなに完璧なガバナンス(企業統治)体制を構築しても、組織的に嘘をつけばそれが通ってしまうこともあります。だからこそ、経営の執行にあたる人間は潔癖すぎるくらいの倫理観を持たなくてはいけません。


茂木啓三郎

人として守るべき道徳は本なり、財は末なり。この本末を忘れてはならない。


宗雪雅幸

よく「売れないモノを売るのが販売力だ」と言う人がいますが、暴論ですよ。いい商品、お客の琴線に触れる商品があれば、販売部隊は燃えるんです。売りたくて飢えている人種なんですから。そしていい商品とは、決して世間で売れている商品に似たものではありません。独創的なものでしょう。


岩田松雄

日産の後、私はコンサルティング会社や世界的飲料メーカーに勤務していますが、やはり生産管理や営業での現場経験が生きました。コンサル会社や外資系企業には私より頭のいい人材がたくさんいます。でも、彼らには「工場の経費を1円削るのがどれほど苦しいか、クルマ1台を売るのがどれほど大変か」なんて話はできません。社内でもクライアント先でも、現場の話は興味を持って聞いてもらえました。そういう意味で、必死でやりきったこと、そのとき得た経験は、異なるフィールドでも通用する。そんな原理原則を、身をもって学んできたと思っています。


横田雅俊

将来買ってくれる可能性のある人すべてを見込み客ととらえて、アプローチ対象にすべきだ。顧客とは仕事を発注してくれる人という固定概念を取り払い、顧客というものを広くとらえる。それがターゲティングの第一歩になる。


ジェイ・エイブラハム

サバイバルのためには、とにかくやるしかない。


羽鳥成一郎

指示待ち社員に戦略的思考を身につけさせるために、私は消費者目線に立つことの大切さを説きました。たとえばドラッグストアの利用客の8割は女性なのに、パッケージは地味なものばかり。「製薬会社は中身を磨けばいい」という考え方が支配的でした。そこで、マーケティング本部を新設し、異業種の女性を何人も送り込みました。


柴山政行

起業した目的のひとつが「撤退を経験する」だった。もちろん、開業にあたって、そんな狙いについては誰にも話していない。「失敗を前提にするなんて」と猛反発されるのがオチだからだ。
【覚書き|会計事務所開設前に経営実務を学ぶためたい焼き屋を起業した理由について語った言葉】


小坂敬

食事をする時、同じ店に通う人もいますが、私は行ったことのない店に行くタイプです。もちろん、がっかりすることもありますが、それでも良いと思っています。次は行かなければ良いわけで、それよりも、未知の経験をしたいと思っています。