松本徹三の名言

松本徹三のプロフィール

松本徹三、まつもと・てつぞう。日本の経営者。「クアルコムジャパン」社長・会長。京都大学法学部卒業後、伊藤忠商事に入社。伊藤忠米国法人上級副社長兼エレクトロニクス部長、伊藤忠東京本社通信事業部長、マルチメディア事業部長、宇宙情報部門長代行、コンサルティング会社ジャパンリンク設立、クアルコムジャパンを社長・会長、米クアルコム上級副社長、ボーダフォン日本法人副社長、ソフトバンクモバイル副社長などを務めた。

松本徹三の名言 一覧

単に技術が分かるだけではダメ。根源論を深く突き詰めるような姿勢が不可欠。それができないと、プリンシプル(原理原則)が定まらない。


何か新しいことに挑戦すれば、当然リスクを伴いますから、場合によってはまた窮地に陥ることがあるかもしれません。しかし、「ビジネスのプロ」としての誇りを持ち続けている限りは、最後には必ず結果を出せると信じています。


リスクと正しく向き合うスキルを身につけたおかげで、乾坤一擲の勝負に際しても、大きな失敗を犯さずにキャリアを重ねることができました。


ほかの人が既にやっていたり、他人でもできそうだったりする仕事には意味がないと思っています。70歳を超えたいまでも、仕事への情熱は失われていません。


職を失った場合に備え、日々の生活費をいくらに抑えられるか計算したこともあります。最悪時の覚悟を固めることは、失敗への恐怖心を和らげ、新しい挑戦を続けることにも役立ちます。


どんなに慎重になったとしても、ビジネスの世界において失敗のリスクをゼロにすることはできません。


いまだに思い出すのもつらい、どん底の経験でしたが、この失敗を契機に、私の仕事に対する考え方は大きく変わりました。それまでの私はどちらかというと情熱任せに突っ走る傾向がありましたが、一転して常に最悪のケースを想定し、リスクを厳しく管理することを心がけました。
【覚書き|伊藤忠商事社員時代、ニューヨーク駐在をしていた頃の失敗について振り返っての発言】


AIは作り方次第で「悪魔」にもなり得る。だから正しく恐れればいい。恐れは問題を解決するためにあるんですから。ただ、恐れだけで終わってしまえば意味はない。AIによってどのような世界を実現したいのか。そのために、みんなで何をするかを考えた力がよほど建設的でしょう。目的や目指す世界がはっきりとしていないから、議論が混沌とし、漠然とした不安感だけが蔓延するのです。


違和感があるからと言って、科学の進歩を否定するのは正しい姿勢とは思えません。仮に、ストップをかけるために開発を世界的に禁止しても、どこかの同や企業が、必ず隠れて開発を続けます。国際協調性に欠けた独裁国がAI先進国になってしまう可能性だってある。その方がずっと怖い。であれば、明るい未来につなげるためのルール作りをみんなで議論していった方がいい。


AIは悪魔にも神にもなる可能性を秘めています。シンギュラリティは(人間と同等以上の知能・知性を有する)汎用型の誕生が前提となるわけですが、今はまだ、実現のメドは立っていない状況です。ただ、100年先になるかもしれませんが、シンギュラリティは必ず訪れるでしょう。論理的には、実現可能なのですから。その日に向けて、我々にとって最も大切なのは、どのようなAIを作り上げていくかをしっかり議論していくことです。併せて必要なのが、その前段階における変化に対しての準備です。


松本徹三の経歴・略歴

松本徹三、まつもと・てつぞう。日本の経営者。「クアルコムジャパン」社長・会長。京都大学法学部卒業後、伊藤忠商事に入社。伊藤忠米国法人上級副社長兼エレクトロニクス部長、伊藤忠東京本社通信事業部長、マルチメディア事業部長、宇宙情報部門長代行、コンサルティング会社ジャパンリンク設立、クアルコムジャパンを社長・会長、米クアルコム上級副社長、ボーダフォン日本法人副社長、ソフトバンクモバイル副社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

小林佳雄

私はこれまで40年近く、四六時中経営のことを考えてきて、条件反射的に「ここしかない」というタイミングが分かる時がある。皆さんに説明するのは難しいですけどね。


林野宏

最近、20世紀に成功した企業が苦境にあえいでいます。簡単にいえば、成功を支えた組織と、それを構成する人の能力が陳腐化しているということ。典型的な例が家電業界ですが、実際はあらゆる業界に共通していえることで、現時点で陳腐化が表面化していなくても、それは競争相手も似た状況だから目立たないだけ。競争のグローバル化が進むにつれて露わになってきますよ。


岩田聡

幅広いお客様へのアプローチを本気で追い求める会社は少ないので、当社はその行動の結果、世の中で特殊な存在になれました。事実、世界中の数多くの国で、幅広い年齢層の人たちが任天堂のことをご存知で、実際に製品を体験してくださった方も多いのですが、それは我々がターゲットを狭めずに、できるだけ多くの人たちにアプローチする努力を続けてきた結果ではないかと思っています。


長谷川房生

産業革命以降、社会は大きな変化を繰り返し、その都度新たな時代に突入しています。生き残るためには、時代に対応しなければならない。


上西京一郎

特に逆風はありませんが、ここで勘違いしないように、お客様の求めているものをきちんと汲み取り、パークの価値を高めることが重要。


石黒和義

本当に優秀な経営者というのはやはり人を大切にする経営を実践している。


天毛伸一

経営戦略として考えたのは、小さいお金を継続的に集めること。1社から100万円もらうというやり方だと、その1社に切られたら終わりです。それよりも、1万円を100社からもらうほうがいい。かつ、継続的にお金が入ってくるモデルを確立すれば、雇用は安定します。月額のメール配信システムというモデルを選んだのは、そんな狙いもありました。


村上アシシ

お金は所詮、お金。自分の身体が動く若いうちにいろんな経験をしたほうが絶対に意義がある。よくバイタリティがあるね、と言われますけど、私からするとみんなもやればいいのにと思ってしまう。自分の場合は、サッカー観戦に勝るものはないので、サッカー観戦を選んでいますけど、それは他の趣味でも何でもいい。自分が好きなことをとことん追求する人生のほうが絶対楽しくないですか?


星野佳路

もし個人が目標を持つなら、自分もこういう人になりたいと思えるお手本を身近に見つけ、その人に近づくにはどうしたらいいかを考える方が、現実的で意味のあることではないでしょうか。


イーロン・マスク

私は悲観主義者ではなく、未来に関して楽観的です。終末論が好きなわけでもありません。しかし歴史は、技術が波のように進歩したり、後退したりすることを示唆している。歴史上の多くの文明はそのような経験を繰り返してきました。そうならないことを願いますが、技術の後退が起きる前に火星に基地を作ることは重要だと思います。


渡邉英彦

いまは、美味しいというだけで売れる時代ではありません。まちおこしの相談で各地に行くと、「来てみて食べればわかるはず」ってみんな言うけれど、それじゃ駄目なんですよ。だって、「行ってみて食べなきゃわからない」わけですから。まず、「行って食べてみよう」と思ってもらうような話題を提供することが必要なんです。初めにうまいものありきではありません。うまい話ありきです。


江上治

マネープランはライフプランがあって初めて決められるもの。


山本昌(山本昌広)

地道なことを、休まず、変えずに続けることが、力をつけるための最善策である。


松本大

理路整然とまではいかなくても、話の趣旨を伝えることができれば、英語のコミュニケーションは案外できる。そのためにはまず、カタカナ英語でもいいから、文法などの基本的な「型」をマスターしておくことが大事。


栗原幹雄

ひらめきとは何かを考えてみると、私の場合、過去に経験したり伝聞したりしたことの断片の連鎖反応に、「こうだったらいいな」という妄想が加わって生まれているような気がします。


ページの先頭へ