名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

松本侑子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松本侑子のプロフィール

松本侑子、まつもと・ゆうこ。日本の小説家、エッセイスト、翻訳家。島根県出身。筑波大学第一学群社会学類政治学専攻卒業。テレビ朝日お天気キャスターなどを経て『巨食症の明けない夜明け』でデビュー。すばる文学賞、新田次郎文学賞を受賞。日本ペンクラブ理事を務めた。

松本侑子の名言 一覧

知りたい、調べたいと思ったら、すぐ行動します。情熱が冷めないうちに動くのがポイントです。


会社の席で手に入る情報だけで考えていたら限界があると思うんです。たとえばiPhoneに関する事業を考える時は、図書館の蔵書を検索するサイトで「iPhone」をキーワードに調べてみてください。新刊、雑誌、洋書など、膨大な関連書がヒットします。気になる本を置いている図書館に行き、本をめくっているだけで、アイデアの種を拾うことができるでしょう。


読むべき本を効率的に探すために、「ブルームバーグ・ビジネスウィーク」「ファスト・カンパニー」といったビジネス誌のウェブサイトにアップされた書評記事をチェックします。信頼できる友人からお薦め本を教えてもらうこともありますが、普段読んでいる雑誌がその役割を十分務めてくれています。洋書は構成がしっかりしているので、英語でも意外に読みやすい。電子書籍なら思い立った時すぐにでも買えるし、私もiPadで洋書を月2、3冊は読んでいます。


松本侑子の経歴・略歴

松本侑子、まつもと・ゆうこ。日本の小説家、エッセイスト、翻訳家。島根県出身。筑波大学第一学群社会学類政治学専攻卒業。テレビ朝日お天気キャスターなどを経て『巨食症の明けない夜明け』でデビュー。すばる文学賞、新田次郎文学賞を受賞。日本ペンクラブ理事を務めた。

他の記事も読んでみる

西口尚宏

ビジネスとは、顧客の課題を発見し、試行錯誤しながらその解決策をコンセプト化し、実現手段をビジネスモデルとして構築する。そこに社内外からファイナンスをつけてそれを実行するというのが一連の流れ。


藤田寛之

よりすごいステージと、より強くうまい選手を間近で見ることによって、新たに自分がこうなりたいという像を思い描き始めることができた。それが急成長につながった。


伴蒿蹊

他人へ対しては無理をせよ、勘定さえよければよし、自分は正直に主人へ奉公をせよということは道理ならず。一筋なるものなり。主人のためにとて他人へ非道をする人は、また我が身の為にとて主人へ非道をすべし。よくよく心得て申しつけらるくし。


木村博史

交渉では相手の話を聞き、相手を知ると同時に、自分自身の特徴や良さ、欠けている点をしっかり把握することが大切。自分自身を知るツールとして私が作ったのが20項目からなるアイデアシートです。これを埋めることで自然に自分自身の売りや足りない点が分かります。


三浦雄一郎

父から学んだことは、年齢に関係なく、好きなことに熱中する姿ですね。白寿(99歳)でモンブランを滑ったあと、ホテルの部屋に戻ってシャワーを浴びてベッドにドンと腰かけて「いやあ、わしゃ今生の別れのつもりだった」と言うんです。要するに死んでもいい覚悟でやったと。その言葉を鮮明に覚えています。


宿澤広朗

仕事とラグビーはオンとオフの関係。ラグビーから学んだのは情報、戦略、戦術の重要性だ。誰かの真似ではなくて、オリジナルの戦略である事も大切。大胆に決めるという事は、一方では何かを捨てなくてはいけない。あれもこれもと求めないで、一方を思い切って捨てるくらい大胆でないと戦えない。それが本当の戦略。


斎藤広達

日頃から意識してトレーニングしていると、怪しげな仮説から筋の良い仮説まで、次から次へとポンポンとひらめくようになる。重要なのは、最初から正解を出そうとしないこと。トンデモ仮説でもいいから、まずは一つでも多くの初期仮説をひねりだそう。なぜなら、その間、間違いなく脳は動いている。過去の経験や記憶を脳の奥底から引っ張り出し、それらを組み合わせて一つのロジックを構築する。この作業を繰り返すことは、思考力を鍛えるだけでなく、自分の頭で考えることの楽しさ、醍醐味も教えてくれる。


岸田一郎

37歳で、雑誌『Begin』の創刊編集長になったんですが、当時、世界文化社は女性誌が主力の出版社でした。したがって、男性誌に商品の情報を提供してくれるクライアントとのネットワークもなかったんです。こうした後発の雑誌が地位を確立するためには、やはり自分たちの価値を高めるしかないわけです。『Begin』が商品を紹介すれば、記事を読んだ読者の少なからぬ人が、実際にその商品を購入する。さらにヒット商品になるところまで結びつける。雑誌の質を高めて、こうした結果にコンスタントに結び付けていけば、クライアントも「あの雑誌ならば」ということで、情報をいち早く提供してくれるようになるのです。


石田宏樹

中学生の時は、絵が得意な友人、音楽ができる友人を集めてゲームをつくってパソコン雑誌に投稿したこともあります。その時に、一人だと不可能なことも、組織だと可能性が広がることを学びました。


小山薫堂

それより楽しさ優先で、とにかく先に進んでみる。すると、見えなかった解決策が、ふと見えてきたりする。


天野篤

自分がすがすがしく、この場を打破するには勝つしかない。だから、現在は手術という試合において勝利を目指す。患者さんがよくなるということを勝利という価値観に結びつける。これが大学時代のテニスで得られた教訓ですね。


迫本淳一

好調でもまだ油断はできません。今の松竹には「定番」がありませんから、新しい年になるとゼロスタートです。お客様からのご要望も多いのですが、『男はつらいよ』、『釣りバカ日誌』のようなシリーズが作れるようになってくれば本格的な基調になってくると思います。今、それを仕込んでいるところです。