名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

松方弘樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松方弘樹のプロフィール

松方弘樹、まつかた・ひろき。日本の俳優、映画プロデューサー。東京市出身。『十七歳の逆襲・暴力をぶっ潰せ』でデビュー。ヤクザ映画の主演スターとして活躍。日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。

松方弘樹の名言 一覧

若いうちはなんでもやって、引き出しをいっぱいつくっておけ。


重要なのは、好きなこと、ときめくことを探っていくこと。それは趣味だけじゃなく、仕事もね。人間、自分の職業にときめかなかったら、長続きしませんから。


仲間っていうのは、甘え合うつながりじゃない。刺激し合う関係なんだよ。


僕はこれまで4本の映画をプロデュースしてますけど、俳優だけでは得られなかったものがたくさんあった。


やっぱり一歩踏み出すときは、度胸が大事。ビビったら道は広がらないですよ。


小難しい理屈をこねていないで動き回るべき。男としての確立、自分が大地を踏みしめる場所を探せばいい。


当たり前の努力を自力でやったヤツの周りには、生き様に見合ったいい仲間が何人か現れる。困ったときは手を差し伸べてくれて、ときにはキツいことも言ってくれるような。


大切なのはときめきがあるってことだよ。そうすると、人間、フットワークがすごく軽くなる。体が動き出すんだよ。なにをしていても、駆けつけたいわけだから。


僕は俳優業を徐々に好きになり、気がついたら50年。やっぱり、好きになったことが続ける原動力になったと思う。


俺は勝っている、負けている。そう思うのは当たり前。それが人間。負けていると思ったら頑張ればいい。勝っていると思ったら、「よし、もっと離してやろう」と突っ走ればいい。


釣りの最中は、「無」ですね。無心。魚のことしか考えていない。他のことは一切ナシ、雑念もないです。眼下の敵のことしか考えてないですから。


多くの人と接する仕事の反動なのか、ハンティングにゴルフ、釣り……。趣味に関しては、自然の中でひとりになれるものを選んできた気がします。


自分で蒔いた種ですが、2度も離婚もしてますし、よそで子供も作ってますし。普通はくたばってますよ。それでもしぶとく生きていられるのは、ステキな仲間が手を差し伸べてくれたから。


天職というのはどの人にもあるはずで、40代に入るまでに探ること。そして、ときめく生き方に早くたどり着いたヤツが、その後の人生で自分を確立することができる。


世の中、格差はあるんですよ。仲良くお手々つないでゴールとはいかない。人間は社会に出たら、絶対に競争にさらされる。でもね、だからこそ人間同士のコミュニケーションが大事になる。


人とのつきあいで、大切なことのひとつは、人の悪口を言わないこと。もちろん、頭の中で思うことはありますよ。でも、それは飲み込んでしまう。だってね、僕の前で誰かの悪口を言った男は、必ず他のどこかで今度は松方弘樹の陰口を叩くはず。本人は否定しても、周りからは「そういう男だ」と見られてしまう。それは男として最低。


手柄を独り占めしないことが大切。配当にしても金が残ったときに「次回作用に……」とは考えない。そのお金はみなさんがいたから初めてできたわけで、僕がいたからではない。だったら、還元しないとね。握り金玉(何もしない)で懐に入れてしまったら、次はない。1回完結で、使っちゃう。


幸い赤字が出たのは『せんせい』の8千万円だけで他の3本は当たってる。だから、出資してくれた人には2割、3割の配当を付けて返すことができています。2千万円借りた人には2600万円を返し、5千万円なら6千万円。すると、周囲は「松方に話を持っていったら、なにか起きるかもしれん」と見てくれる。そう期待してもらえるだけでも、人とのつながりは広く深くなっていくでしょう。


趣味でも仕事でも遊びでも、30代というのは何事もやったほうがいい。自分でブレーキかけることはないよ。なぜなら、勝手に絞られてきますから。たとえば、僕はもう30の倍以上の年齢になっています。自然とあれもこれも……とはできなくなってくる。結果、趣味の面で究極、ひとつ残ったのが釣りだったわけ。


松方弘樹の経歴・略歴

松方弘樹、まつかた・ひろき。日本の俳優、映画プロデューサー。東京市出身。『十七歳の逆襲・暴力をぶっ潰せ』でデビュー。ヤクザ映画の主演スターとして活躍。日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。

他の記事も読んでみる

高田明(ジャパネットたかた)

社長が替わって休暇制度などが変わっています。世の中が日々変わっているのですから、会社の有り様も変わっていきます。いろんなことに影響されて世の中は変わっていくのですから、それにトップが変化対応できなかったら企業は生き残れません。それは簡単なことではないですが、トップになる人の課題ですね。


加藤栄(経営者)

成功の秘訣は、とにかくよく働くこと。それと、紹介者に対して、絶対に迷惑をかけないこと。これを信念としてやってきました。


渡邊剛

ドイツでは、ストイックな環境にいられたこともよかったですね。お金もない。言葉は話せない。残念ながら彼女もいなかった。周囲に享楽的なものが何もなくて、手術が終わって夜に自分の部屋に戻ると「今日、教授はこんなふうに糸を返していたな」なんて、その日の作業を忘れないようにノートにつけていた。


田中靖浩

「数字に強くならなきゃ。まずは簿記かな」。そういって、簿記の勉強から手をつける若手営業マンを多くみかけます。しかし、簿記で学ぶことができるのは、帳簿のつけ方が中心です。勉強しても損はないのですが、営業マンにとっては、それほど活用できる場面は多くありません。そもそも、営業マンに必要な数字力は、「ビジネスシーンの数字をイメージできること」「自分の仕事を数値化できること」のふたつです。簿記を習う前に、このふたつの力を身につけるべきでしよう。


宮田幸雄

できるだけ部品は共通化し、調達先も絞る。そうやって生産効率を高めていく。


北村正志

私がよく社員に言うのは、「まだ死の砂漠は越えてないぞ。水と食料がある間にとにかくがんばろう」ということです。水と食料とは、増収増益のことです。増収増益の状態とは、改革と投資がまだできるという事なのです。投資も改革も、実行する費用がなくなれば続けられません。


伊集院静

苦しいこと、せつないこと、つらいことを経験していなかったら、申し訳ないけど一人前になりませんよ。


三浦善司

海外赴任を終えてからの17年間分の手帳はすべて会社の自室に保管し、いつでも見られるようにしています。気になることがあればすぐに読み返して、「過去の自分」と「今の自分」との差を比較しています。


鈴木貴博(コンサルタント)

私は1週間分の全チャンネルの全番組が録画できるレコーダーで話題の番組は欠かさず見ています。重要な経済情報をおさらいするには「ワールドビジネスサテライト」が最適。電子書籍も端末に1万冊以上買ってあります。


ハワード・ストリンガー

私はソニーに入るまで、ソニー製品は絶対壊れないと思っていた。それは、私が買ったソニー製品が壊れたことがなかったから。


香山リカ(精神科医)

精神科医やカウンセラーがよく使う手ですが、否定も肯定もしない相槌で相手にしゃべらせて、相手をかわすという方法もあります。たとえば、「なるほどね」や「そういう考えもあるんですね」といった曖昧な相槌でその場をうまく収めてしまうわけです。


ニーチェ

病気であることは教訓に富んでいる。健康であることよりも教えるところが多い。