名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

松方弘樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松方弘樹のプロフィール

松方弘樹、まつかた・ひろき。日本の俳優、映画プロデューサー。東京市出身。『十七歳の逆襲・暴力をぶっ潰せ』でデビュー。ヤクザ映画の主演スターとして活躍。日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。

松方弘樹の名言 一覧

若いうちはなんでもやって、引き出しをいっぱいつくっておけ。


重要なのは、好きなこと、ときめくことを探っていくこと。それは趣味だけじゃなく、仕事もね。人間、自分の職業にときめかなかったら、長続きしませんから。


仲間っていうのは、甘え合うつながりじゃない。刺激し合う関係なんだよ。


僕はこれまで4本の映画をプロデュースしてますけど、俳優だけでは得られなかったものがたくさんあった。


やっぱり一歩踏み出すときは、度胸が大事。ビビったら道は広がらないですよ。


小難しい理屈をこねていないで動き回るべき。男としての確立、自分が大地を踏みしめる場所を探せばいい。


当たり前の努力を自力でやったヤツの周りには、生き様に見合ったいい仲間が何人か現れる。困ったときは手を差し伸べてくれて、ときにはキツいことも言ってくれるような。


大切なのはときめきがあるってことだよ。そうすると、人間、フットワークがすごく軽くなる。体が動き出すんだよ。なにをしていても、駆けつけたいわけだから。


僕は俳優業を徐々に好きになり、気がついたら50年。やっぱり、好きになったことが続ける原動力になったと思う。


俺は勝っている、負けている。そう思うのは当たり前。それが人間。負けていると思ったら頑張ればいい。勝っていると思ったら、「よし、もっと離してやろう」と突っ走ればいい。


釣りの最中は、「無」ですね。無心。魚のことしか考えていない。他のことは一切ナシ、雑念もないです。眼下の敵のことしか考えてないですから。


多くの人と接する仕事の反動なのか、ハンティングにゴルフ、釣り……。趣味に関しては、自然の中でひとりになれるものを選んできた気がします。


自分で蒔いた種ですが、2度も離婚もしてますし、よそで子供も作ってますし。普通はくたばってますよ。それでもしぶとく生きていられるのは、ステキな仲間が手を差し伸べてくれたから。


天職というのはどの人にもあるはずで、40代に入るまでに探ること。そして、ときめく生き方に早くたどり着いたヤツが、その後の人生で自分を確立することができる。


世の中、格差はあるんですよ。仲良くお手々つないでゴールとはいかない。人間は社会に出たら、絶対に競争にさらされる。でもね、だからこそ人間同士のコミュニケーションが大事になる。


人とのつきあいで、大切なことのひとつは、人の悪口を言わないこと。もちろん、頭の中で思うことはありますよ。でも、それは飲み込んでしまう。だってね、僕の前で誰かの悪口を言った男は、必ず他のどこかで今度は松方弘樹の陰口を叩くはず。本人は否定しても、周りからは「そういう男だ」と見られてしまう。それは男として最低。


手柄を独り占めしないことが大切。配当にしても金が残ったときに「次回作用に……」とは考えない。そのお金はみなさんがいたから初めてできたわけで、僕がいたからではない。だったら、還元しないとね。握り金玉(何もしない)で懐に入れてしまったら、次はない。1回完結で、使っちゃう。


幸い赤字が出たのは『せんせい』の8千万円だけで他の3本は当たってる。だから、出資してくれた人には2割、3割の配当を付けて返すことができています。2千万円借りた人には2600万円を返し、5千万円なら6千万円。すると、周囲は「松方に話を持っていったら、なにか起きるかもしれん」と見てくれる。そう期待してもらえるだけでも、人とのつながりは広く深くなっていくでしょう。


趣味でも仕事でも遊びでも、30代というのは何事もやったほうがいい。自分でブレーキかけることはないよ。なぜなら、勝手に絞られてきますから。たとえば、僕はもう30の倍以上の年齢になっています。自然とあれもこれも……とはできなくなってくる。結果、趣味の面で究極、ひとつ残ったのが釣りだったわけ。


松方弘樹の経歴・略歴

松方弘樹、まつかた・ひろき。日本の俳優、映画プロデューサー。東京市出身。『十七歳の逆襲・暴力をぶっ潰せ』でデビュー。ヤクザ映画の主演スターとして活躍。日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。

他の記事も読んでみる

宿澤広朗

『私はサラリーマンが嫌だ』という人は多い。その理由は疲れる割に自分の存在感が薄いことだろう。サラリーマンの醍醐味は『組織の長として自分の思うように組織を動かせる』事に尽きる。それを経験せずにサラリーマンを論ずることはできない。なんでストレスがあるかというと、負けてしまうから、仕事がうまくいかないからである。で、勝つためには、相当緻密に考えて、情報を集めて、戦略を伝達して実行させる必要が出てくる。


齋藤知久(斎藤知久)

普通の会社はライバルの真似をする。勝つ会社はライバルに先んじる。勝つためには、ライバルよりも一歩先に行って、差別化戦略を取らなければいけない。


鈴木亜久里

チーム運営は人間関係に尽きますね。ドライバー、サプライヤー、メーカーなど、F1チームは、人とのつながりのなかで運営していくものだから、人間関係を良好に保っておくことが何よりも大切です。それは、僕自身が現役のドライバーだったときに身にしみて感じたことでもあります。


児島惠美子

薬剤師国家試験の予備校を立ち上げたのは、私自身が国家試験に失敗したから。まさに人生のターニングポイントでした。合格するだろうと勝手ながら思っていたので、相当なショックでした。ただ、本当につらかったのはその後です。実はすでに薬局の内定をもらっており、1年間、働きながら勉強を続けたのですが、資格を持たない私にできる仕事は限られています。常に「針のむしろ」状態です。友人たちも気を使って誰も声をかけてくれず、それがまた私にはつらいことでした。翌年、無事に合格するも、「こんな思いを誰にもさせたくない!」と、薬局を辞めて教育の世界へ入りました。


太田光

何が一番人類の価値観を変えたかと考えると、書物でいえば聖書以上のベストセラーってないですもんね。完全に思い上がりなんですけど、何かを表現する以上は聖書より売れる本をつくりたい(笑)。そんなこと、とても無理なのはわかっているんだけど、目標はそこに置かないとつまらないんですよ。


ダニエル・ピンク

働く喜びを実感できる秘訣とは、「仕事の中に、心から楽しめることを見つけること」「自分の強みを見つけてそれを活かすこと」「日々の成長や進歩を確認すること」「新しいことを始めて、人間関係を広げること」そして「社会に貢献するといった大きな志を抱くこと」。この5つが、これからの時代のビジネスパーソンにとって幸福のカギとなると思います。


山田昇(ヤマダ電機)

うちもリーディングカンパニーの一つだと思いますが、リーディングカンパニーは雇用の面でも税金の面でもいろいろな社会貢献をしています。そういう姿を見て、業界全体が待遇改善・労働環境の改善を行うわけです。だからこそ、我々自身がしっかりしていないといけない。


五郎丸歩

日本人が持つ根気強さに、外国出身者のプライドが加わった。その相乗効果で、日本代表は強くなった。


田原総一朗

世の中は、正解のない問題の方が圧倒的に多い。正解のない問題にどう対処するのか。さらにいうと、自分でどうやって問題を見つけるのか。そこに焦点を当てる教育をして欲しい。


水口和彦

短期的な仕事にばかり集中すると、長期的なプロジェクトに致命的な遅れが生じてしまう危険性がある。それを防ぐためにも、13週間(3カ月)分先までの予定を書き出して整理しておきましょう。


テリー伊藤

仕事場を出たら、人生、優柔不断くらいがちょうどいい。人生において大したことじゃなかったら、たいていの決断は「あなた任せ」でいいんですよ。自分の趣味趣向、思考回路と違った店や物と出会えるから。日常レベルで自分の意志を貫き続けると、結果的に保守的な生き方になっていく。


村尾隆介

僕は、ブランドづくりで一番大切なものは究極的にはマナーだと思うんですね。広義の意味でです。ここで言うマナーっていうのは、その人が持つ「雰囲気」です。単純にポジティブマインドっていうような浅いものではなくて。一緒にいると、なんか楽しそうだなと思えるような雰囲気って、服装とか、持ち物よりも、遥かに大切だと思います。ブランディングは「ブランド物を持つ」ということではなくて。姿勢一つ、話し方一つ、身振り手振りで印象が作られる。それが結局、会社が持っている空気にもつながります。いわば「会社のマナー」です。これが今、すごく大切です。