名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

松成博茂の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松成博茂のプロフィール

松成博茂、まつなり・ひろしげ。日本の経営者。川崎汽船社長。

松成博茂の名言 一覧

どんなに優秀な集団でも、みんなが勝手なほうを向いていては持てる能力の半分も活かせない。明記すべきはチームワークである。


松成博茂の経歴・略歴

松成博茂、まつなり・ひろしげ。日本の経営者。川崎汽船社長。

他の記事も読んでみる

心屋仁之助

自信は実際の能力や美点と直結するわけではありません。自信のある人は自分の短所をさほど気にしませんし、自信のない人はどんな長所があってもそれを認めようとしません。その見え方が、自信の有無を分けるのです。


ビル・ゲイツ

いまでもお金そのものには興味がない。仕事と莫大な富と、どちらを選ぶと聞かれたら、仕事を選ぶ。銀行の口座にある巨万の富よりも、何千人という才能あるチームを率いるスリルの方が断然面白いからね。


下村朱美

人事部は千名を超える応募者に対し、何度も面接を重ねます。入社式で彼ら、彼女らが入場してくると間違いなくうちの社員の顔をしています。数回の面接や、内定式を経て、内定者研修やイベントを重ね、人社する時には、すでにミス・パリ・グループの社員の顔になっているのです。


武田双雲

「だからこそ、できること」。これは魔法の言葉。「実績がないからこそ、できること」とか、なんでも「だからこそ、できること」を振り掛けると、ムリなくポジティブになれる。全部がプラスに見えてくる。可能性が響いてくる。


恵俊彰

「20代も終わりだな」という時期に岸谷五朗くんと二人でTBSのラジオをやっていたんですけど、ゲストに来ていただいた藤井フミヤさんが「いやぁ、最高の20代だったよ」と言うのを聞いてね。番組が終わったあと、二人で顔を見合わせながら、「いいなぁ。絶対、このセリフ言ってみたいよね」って。20代は悲惨で(笑)、お互いにそんなことを言えるような状態じゃなかったですから、「30代に入ったら「いやぁ、最高の30代だったよ」って言えるようにしような」って。五朗は30歳を目前に、映画『月はどっちに出ている』でいろんな映画賞を総なめにしたじゃないですか。そこから、それこそ最高の30代を送ることになったけど、僕のほうは全然駄目で。いわゆるバラエティ番組にコンビ(ホンジャマカ)で出てても、うまく笑いを取れなかったというか、納得がいくようなパフォーマンスができなかったんです。「最高!」どころか、まだ自分たちの先行きすら見えない。「これからは、それぞれピンで勝負してみようか」というのが40代の入り口ごろだったんです。


上原美優

1日の終わりにノートをつけます。「誰がなんと言おうと今日の仕事は完璧だった」と思える日以外、ほぼ毎日書いています。その内容は、番組で言いたくても言えずに後悔した言葉とか、反省して悩んだ結果、考えたこととか。そして番組の本番前、トイレの中でノートを読み、集中力を高めるのに役立てています。とくに書き始めた当初のノートは、「今日は駄目だったけどいつか自分の描く夢を大きくしたい」という強い思いが書かれていて、私にとって最も大事なものの一つになっています。


奈良雅弘

出来事の意味を明らかにする思考、すなわち「解釈」もまた、感情の発生に関わっている。私たちが何かを評価するときには、出来事そのものでなく、いったんその「意味」を明らかにし、そのうえで「いい悪い」を評価することが多い。つまり、解釈し、見出した意味が「いい悪い」という評価につながると、感情が発生するのだ。


小宮一慶

投資信託はあくまでも「自分では買えない、買いにくい金融商品を使っての運用代行」と考えるべきものです。良い投信と悪い投信の見分け方は、あくまでも運用実績で判断すべきです。ポートフォリオを作るうえで組み込む必要のある種類の投信を選んで、それらの運用実績を調べます。過去三年間くらいを見ればいいでしょう。


中畑清

同じ苦労を経験すると、一体感が生まれる。簡単に「絆が大事だ」というけれど、絆は楽しいことばかりをしていても生まれない。


佐々木常夫

上司を信頼していれば、怒鳴られたって部下はついてくる。信頼関係があれば、何をどう言われようが心に響く。叱るも怒鳴るも大差ない。要は、言葉より「誰に」言われたかの方が大事。


茂木友三郎

異文化に順応するのではなく、適応することが必要だ。適応性は順応性と違う。順応性というのは、一応適応はするが、元に戻らなくなってしまうことを指す。たとえば、アメリカに住んだらアメリカ人になってしまうということだ。適応性とは相手が変われば、それに応じて自分も柔軟に適応できる能力のことである。アメリカに住めばアメリカの文化に、ヨーロッパに行けばヨーロッパの文化に適応できる人でなくてはならない。


渡邊剛

小さい頃から母親にいつも「何でも一所懸命にやるんだよ」と呪文のように繰り返し言われていたことの延長線上で、今の仕事をしているような気がします。