松成博茂の名言

松成博茂のプロフィール

松成博茂、まつなり・ひろしげ。日本の経営者。川崎汽船社長。

松成博茂の名言 一覧

どんなに優秀な集団でも、みんなが勝手なほうを向いていては持てる能力の半分も活かせない。明記すべきはチームワークである。


松成博茂の経歴・略歴

松成博茂、まつなり・ひろしげ。日本の経営者。川崎汽船社長。

他の記事も読んでみる

ミヒャエル・エンデ

浮浪者の少女モモに話を聞いてもらっていると、バカな人にも急にまともな考えが浮かんできます。モモがそういう考えを引き出すようなことを言ったり、質問したり、というわけではないのです。彼女はただじっと座って、話を注意深く聞いているだけです。その大きい黒い目は、相手をじっと見つめています。すると相手には自分のどこにそんなものが潜んでいたのかと驚くような考えがすうっと浮かび上がってきます。


重吉勉

不動産投資では、物件選びと同じくらい賃貸管理会社選びが大切。何十年もつきあう相手ですから、信用のおける会社を選ばなくてはなりません。


隈研吾

コンペの時間は様々ですが、最短だと15分ということもあります。僕らは、15分で自分の伝えたいことを話す訓練をしているから、困ることはないですね。


岩渕拓也

特に海外市場におけるインテリジェンス活動を重要視しており、国際カンファレンスへの出席やキーパーソンへの面会に行くことを積極的に推進しています。もちろん、せっかく世界1周をするのであれば、しっかりと目的を持って準備し、社員全体に還元できるような知見を持って帰ってくることが求められます。


池森賢二

1970年代にアメリカでセブンイレブンなどのチェーン店か伸びていることを知り、共同仕入れで取引品の原価を下げ、店舗に商品を供給すれば儲かると思ったのです。人たちとはじめたのですが、今振り返れば「船頭多くして船山に上る」、先導者が多すぎてまとまりがつかないという状態でした。

【覚え書き|ファンケルを創業する前にやっていた事業について】


北条早雲

夕方になったならば、六ツ時(午後六時)には門をぴったりと閉ざしてしまって、人が出入りをする場合だけ開くようにさせるがよい。そのようにさせなくては、やがては必ず何かの悪事がひき起こってくるものである。


川野幸夫

後継者づくりで一番大切なのは妻だと思う。つまりどんな女性を選ぶかというところから始まるのだ。やはり子供はいつも一緒にいる母親から考え方や生活態度の影響を受ける。会社を継げる子供が育てば、母の手柄が大きいということだろう。


田村潤

「ダメだったら元に戻せばいい」じつはそんな意識を持っていたことも、時短が成功した大きな要因だと考えています。「絶対に失敗が許されない」などとはしごを完全にはずしてしまうと、言ったこちらにも不安感と悲壮感がにじむはず。それは周囲に伝わってネガティブな空気に繋がります。しかし、失敗しても「ま、いっか」という気持ちで取り組み、また量販店部門の部門長にだけは、「最悪戻せば……」と共有していたので、だからこそ本気で、思い切り改革に取り組めたのだと思います。「玉砕覚悟」の作戦は危ういし、失敗します。


大田義実

数は追求しない。収益を重視し、得意なゾーンで戦う。


長堀慶太

協和銀行に6年いたのですが、非常に勉強になりました。バランスシートや損益計算書といったものを基礎から叩き込まれましたからね。他には資金繰りや与信といった企業の見方ですね。経営者として基本的な必要条件は大体銀行で学びました。


家本賢太郎

部下の仕事の成果だけを見るのではなく、仕事のやり方に変化があるかを見るということが重要です。モチベーションがあれば、常に「どう改善しようか?」と考えるものですし、そうなると、仕事の仕方がコロコロ変わるのが普通です。変化が止まって、前の月と同じことをやっているとき、悩んでいるか、意欲が下がっている可能性が高いですね。


平井一夫

過去についてどうこう言っても意味がありません。現在、掲げている人員削減やポートフォリオの見直しなどには痛みが伴いますし、様々な意見が社内には存在します。要はやり抜くしかないのです。


高谷康久

自前の技術にはこだわらず、顧客サービスをより充実させるため、常にアンテナを立てて可能性を探っています。


長内厚

アップルにせよデルにせよ、デジタル化によって技術だけでは差がつかなくなった中で、技術以外の価値を求めていく方向にシフトしていったわけです。ここでポイントとなるのが「効果」と「効率」です。アップルが追求したのは効果であり、デルが追求したのは効率です。この二つの方向性は根本的に両立せず、トレードオフの関係にあります。経営戦略を考えるうえでは、両社のように、自分たちが今、追求すべきなのは効果なのか、効率なのかをしっかりと見定める必要があります。


マーク・ザッカーバーグ

僕がフェイスブックをつくったのは、会社をつくるためではありません。「世界をよりオープンで、皆がつながり合える場所にする」という使命を果たすためです。


ページの先頭へ