名言DB

9419 人 / 110788 名言

松平康隆の名言

twitter Facebook はてブ

松平康隆のプロフィール

松平康隆、まつだいら・やすたか。日本のバレーボール監督。ミュンヘン五輪で男子バレーボール日本代表チームを指揮し金メダルを獲得した。バレーボール競技発祥の地、米マサチューセッツにあるバレーボール殿堂に外国人としてただ一人選ばれた。

松平康隆の名言 一覧

選手に認めてもらうための努力を積み重ねたことが、選手の理解を得る足がかりになった。


人間、それぞれの得手、不得手があるものである。その得意とするものに自信を持ち続け、不得手なものに対するコンプレックスを払拭できたものだけが、熾烈な勝負、人生のレースに勝ち残れる。


社長の立場に拠り所を求めたとき、社員は一様にそっぽを向き始めることになる。


私は意識して世界一という言葉を使った。男なら、期待が大きければ大きいほどやりがいを感じるものだからだ。
【覚書き:松平監督は選手に対し事あるごとに世界一という言葉を使った】


背は低く、酒も飲めない、欠点の多い私に対して、選手が一目も二目もおいてくれ、最後までついてきてくれた理由。それは、私が世界のバレーボールを日本のどの選手よりもよく知っていたし、それなりの勉強もした。その結果、世界のバレーボールに関する現状と、将来の予測、人脈まで誰よりも知悉(ちしつ)しているという自負を持っていたからである。


私のミュンヘン時代の部下は、選手、コーチ、トレーナーとも私の持っていない、尊敬できるものを持っていた。しかし、私はコンプレックスを感じたことは微塵もなかった。なぜなら、私は彼らの知らないことを知り、できないことをできるように努力したからである。この努力をしないで、「俺は監督だから」というところに拠り所を求めたら、すべてが終わりになる。


指導者とは教える人間ではありません。教えるのはある段階までのこと。指導者がもっとも心がけなければならないのは、生みだすことのできる人間に育ててやることです。教わったことが全部できたというだけでは大したことはありません。教わったものを土台にし、栄養にして自分自身の独特な何かを生みだすことができてはじめて一人前になるんです。


松平康隆の経歴・略歴

松平康隆、まつだいら・やすたか。日本のバレーボール監督。ミュンヘン五輪で男子バレーボール日本代表チームを指揮し金メダルを獲得した。バレーボール競技発祥の地、米マサチューセッツにあるバレーボール殿堂に外国人としてただ一人選ばれた。

他の記事も読んでみる

スティーブン・コヴィー

私たちの人格は、繰り返される習慣の結果として育成されるものである。習慣によって無意識のうちに生活のパターンが決められ、人格が育成され、そして生活そのものが効果的あるいは非効果的なものになってしまう。


村田恒夫

お客さまへのサービスや提供価値を創造していくために、全員が同じ思い、目的を共有していくことが重要。


松﨑正年(松崎正年)

掲げた目標にはこだわっていく。とくに大切なのは営業利益だ。過年度に利益率8%は最低限実現したい。


孫正義

ゼロから新しいものを作り上げるのは本当に大変です。やり遂げるには、困難に立ち向かう力が必要となるでしょう。そして、「想いを伝えたい」という強い気持ちが大事です。


福沢諭吉

学問に志す者は、学ばなくてはなりません。信じるべきか疑うべきか思い惑っているのではなく、まず学んでみることです。たくさんの書物を読み、たくさんの現実に接して、冷静に事物を見抜いて真実を求めるならば、信と疑の違いがはっきり見えてくるでしょう。昨日信じたものが今日の疑念となり、今日疑ったものが明日は氷解するということもありましょう。学問を志す者は、努力をしなければならないのです。


松澤昭(工学博士)

東工大でも博士課程の学生には3カ月のインターンシップを義務づけています。私の研究室は留学生が多いということもありますが、インターンシップは自分のステップアップにとってとても重要なので、できるだけ海外の先端的な企業に行くように勧めています。


大前研一

他人の見方を覚えるのではなく、自分の頭に思考の脈絡を持って取り入れることだ。そのとき、そのときに自分の考えを加えて、棚の情報を整理する。そうすることで、ものごとに対する見方がどんどん変わってくるし、広がっていく。情報の感度も絶対に高まる。さらに、情報は使うこと。アウトプットすることでその情報は批判され、咀嚼され、さらに磨かれていく。


三谷宏治

「何が一番大切なのか」がわかる形をしっかり作り、例外を認めず実行していくことが、価値観の伝達には大切です。


斎藤工

なんていうんですかね……、僕は、テレビと映画の違いというのは「平面」と「奥行き」の違いのような気がしているんです。


襟川陽一(シブサワ・コウ)

経営者、そしてゲーム作家の立場から「よかったなあ」と思うことがひとつあります。それは、ひたすら未知なるものに挑戦できたことです。