名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

松平康隆の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松平康隆のプロフィール

松平康隆、まつだいら・やすたか。日本のバレーボール監督。ミュンヘン五輪で男子バレーボール日本代表チームを指揮し金メダルを獲得した。バレーボール競技発祥の地、米マサチューセッツにあるバレーボール殿堂に外国人としてただ一人選ばれた。

松平康隆の名言 一覧

選手に認めてもらうための努力を積み重ねたことが、選手の理解を得る足がかりになった。


人間、それぞれの得手、不得手があるものである。その得意とするものに自信を持ち続け、不得手なものに対するコンプレックスを払拭できたものだけが、熾烈な勝負、人生のレースに勝ち残れる。


社長の立場に拠り所を求めたとき、社員は一様にそっぽを向き始めることになる。


私は意識して世界一という言葉を使った。男なら、期待が大きければ大きいほどやりがいを感じるものだからだ。
【覚書き:松平監督は選手に対し事あるごとに世界一という言葉を使った】


背は低く、酒も飲めない、欠点の多い私に対して、選手が一目も二目もおいてくれ、最後までついてきてくれた理由。それは、私が世界のバレーボールを日本のどの選手よりもよく知っていたし、それなりの勉強もした。その結果、世界のバレーボールに関する現状と、将来の予測、人脈まで誰よりも知悉(ちしつ)しているという自負を持っていたからである。


私のミュンヘン時代の部下は、選手、コーチ、トレーナーとも私の持っていない、尊敬できるものを持っていた。しかし、私はコンプレックスを感じたことは微塵もなかった。なぜなら、私は彼らの知らないことを知り、できないことをできるように努力したからである。この努力をしないで、「俺は監督だから」というところに拠り所を求めたら、すべてが終わりになる。


指導者とは教える人間ではありません。教えるのはある段階までのこと。指導者がもっとも心がけなければならないのは、生みだすことのできる人間に育ててやることです。教わったことが全部できたというだけでは大したことはありません。教わったものを土台にし、栄養にして自分自身の独特な何かを生みだすことができてはじめて一人前になるんです。


松平康隆の経歴・略歴

松平康隆、まつだいら・やすたか。日本のバレーボール監督。ミュンヘン五輪で男子バレーボール日本代表チームを指揮し金メダルを獲得した。バレーボール競技発祥の地、米マサチューセッツにあるバレーボール殿堂に外国人としてただ一人選ばれた。

他の記事も読んでみる

松井道夫

突き詰めて考え続けないと、本質的な答えは得られない。


亀田啓一郎

手本となる人を真似るには、個々の言動ではなく、言動の背後にある「意図・狙い」に着目することが重要だ。たとえば、上司の協力を取りつけるのがうまい先輩がいるとしよう。その人は、「結論は……」「その理由は……」などと、簡潔で分かりやすい話し方をする。確かに、この言動を真似れば要点を押さえた話し方にはなる。しかし、これだけでは上司の協力を取りつけるやり方を真似たことにはならない。ロールモデルとなる人の意図や狙いに着目することで、真似るべきポイントが見えてくる。


前野隆司

お金は周囲との比較で満足を得る「地位財」であり、地位財がもたらす幸福は長続きしないことがわかっています。一方、友人との絆は他人との相対比較と関係なしに幸福が得られる「非地位財」で、それによって感じる幸福は持続しやすい。長い目で見れば、友人関係を重視するほうが幸せをキープしやすい可能性もある。


大武健一郎

戦後の日本は平和な時代が長く続き、変化ということには鈍感になってしまった気がします。これから先は何が起こるかわかりません。そのためにも経営者は戦略眼を養い、財務感覚を磨いていかなければなりません。


高倉豊

じつはお客の声もあてにできない。たとえば新商品についてフォーカスグル-プにインタビューを行っても、聞こえてくるのは「もっと安くしてほしい」といった月並みな意見ばかりだ。「○○の機能が欲しい」など、もう少し突っ込んだ声を拾えることもあるが、消費者が自分で意識しているレベルのニーズは他社も容易に把握できるため、差別化にはつながりにくい。


カルロス・ゴーン

チームを結成して上手くいかなかったら、別チームを編成すればいいだけです。上手く能力を発揮できない人がいれば、他の人に交代させる。試して結果を確認し、適応し、変える。この繰り返しで、才能を見いだすのです。


孫正義

僕は21世紀とは、物質的豊かさ以上に知的豊かさを求める時代だと思っています。それによって人々はより幸せになれると信じています。


堀之内九一郎

「信頼は、まず結果を出してから得られるもの」と勘違いされがちですが正解は逆。信頼される行動をとるから結果がついてくる。「結果→信頼」ではなく「信頼される行動→結果」。この順番をちゃんと理解すれば、まず、信頼に応える行動を何よりも優先できるはず。


坪田信貴

自分を知らない人は、PDCAの「P」で時間をムダにしがちです。独学か、コーチをつけるべきか、読んで覚えるか、映像や音声で聴くべきか、自分に適した学び方をある程度イメージしなければ、数限りなくある方法に片っ端から手をつけ、どれも合わずに途方に暮れることにもなりかねません。


香山リカ(精神科医)

精神科医は悩みの原因を掘り下げる仕事と思われがちなんですが、すべてのことに原因があるわけじゃないでしょう。親とうまくいかない人が「どうしてこんな母親のもとに生まれたんだろう」と考えてもきりがないですか。だったら、割り切って家を離れて一人暮らしをするとかね。そうやって現実的に対応していくのが、精神医療のカウンセリングの中でも主流になってきています。


中井政嗣

創業当時、お好み焼をかっこ悪いと思う自分も改めた。「社長の私がかっこ悪いと思う会社に勤めている社員は、もっとかっこ悪いではないか……。よし、千房を『かっこいい会社』にしてやる」と。


古森重隆

失敗の原因を自分以外に求めていては成長するはずがない。