名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

松平康隆の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松平康隆のプロフィール

松平康隆、まつだいら・やすたか。日本のバレーボール監督。ミュンヘン五輪で男子バレーボール日本代表チームを指揮し金メダルを獲得した。バレーボール競技発祥の地、米マサチューセッツにあるバレーボール殿堂に外国人としてただ一人選ばれた。

松平康隆の名言 一覧

選手に認めてもらうための努力を積み重ねたことが、選手の理解を得る足がかりになった。


人間、それぞれの得手、不得手があるものである。その得意とするものに自信を持ち続け、不得手なものに対するコンプレックスを払拭できたものだけが、熾烈な勝負、人生のレースに勝ち残れる。


社長の立場に拠り所を求めたとき、社員は一様にそっぽを向き始めることになる。


私は意識して世界一という言葉を使った。男なら、期待が大きければ大きいほどやりがいを感じるものだからだ。
【覚書き:松平監督は選手に対し事あるごとに世界一という言葉を使った】


背は低く、酒も飲めない、欠点の多い私に対して、選手が一目も二目もおいてくれ、最後までついてきてくれた理由。それは、私が世界のバレーボールを日本のどの選手よりもよく知っていたし、それなりの勉強もした。その結果、世界のバレーボールに関する現状と、将来の予測、人脈まで誰よりも知悉(ちしつ)しているという自負を持っていたからである。


私のミュンヘン時代の部下は、選手、コーチ、トレーナーとも私の持っていない、尊敬できるものを持っていた。しかし、私はコンプレックスを感じたことは微塵もなかった。なぜなら、私は彼らの知らないことを知り、できないことをできるように努力したからである。この努力をしないで、「俺は監督だから」というところに拠り所を求めたら、すべてが終わりになる。


指導者とは教える人間ではありません。教えるのはある段階までのこと。指導者がもっとも心がけなければならないのは、生みだすことのできる人間に育ててやることです。教わったことが全部できたというだけでは大したことはありません。教わったものを土台にし、栄養にして自分自身の独特な何かを生みだすことができてはじめて一人前になるんです。


松平康隆の経歴・略歴

松平康隆、まつだいら・やすたか。日本のバレーボール監督。ミュンヘン五輪で男子バレーボール日本代表チームを指揮し金メダルを獲得した。バレーボール競技発祥の地、米マサチューセッツにあるバレーボール殿堂に外国人としてただ一人選ばれた。

他の記事も読んでみる

枡野俊明

最近は「以心伝心」という言葉もあまり使われなくなりました。心を以て、心に伝える。もともとは禅語で、言葉を介さなくても、思っていることが相手に伝わり、お互いに理解し合えるという意味です。本当に親しい人とは、会話しなくても気持ちが通じ合える、わかり合えると思いたいのが人間です。少なくとも家族の間ではそうありたいと誰もが願うはずです。しかし家族でも、一足飛びに以心伝心の関係になるのは難しいことです。親子でもそうですし、もともと違う環境で育った夫婦はなおさらです。だから、日々の会話が大切なのです。


棚橋弘至

つらいことがあったら、まずはその現実と全力で向き合うこと。すべてを受け入れてこそ、力強く立ち上がれる。


芳賀繁

ミスに対して「注意しろ」としか言わない人はダメ。もし言うなら、実効性のある有効な対策まで言わないと。


水野雅義

全国各地の工場に行き、責任のある立場の社員と夕食をともにするということを、各工場で年に一度ずつ必ず実行しています。どこか行かない工場があると問題になるので、29カ所全部です。ある程度社歴の長い社員は、「変なことを言ったら怒られる」という考えが先に立ってしまうようですが、若い人は発想が柔軟で、委縮もしていないので、面白いアイデアがボンと出てくる。ですから、そういう機会を設けるのは意味があることだと思っています。


鬼頭政人

日本の詰め込み型の学習には賛否両論ありますが、決められた時間に決められた回答を導き出すスキルは、仕事を効率よく進める上でも重要。


森下一喜

二番煎じも必勝法の一つですから否定はしませんが、それをしている限り、絶対に一番手にはなれません。


堀場厚

基本的に、我々が買収して傘下に入った海外の企業は、先方から堀場グループに入りたいと申し出てきたところばかりです。いわゆる、敵対的買収を仕掛けたことはありません。元々、取引関係にあった会社が、我々のフィロソフィーに惚れ込んで、「堀場グループの中でオペレーションしたい」と言ってくれるのです。「おもしろおかしく」は、英語で「Joy & Fun」と訳していますが、おそらくこの精神に共感してくれているものと思います。


前澤友作

悩んだ時には人の話に耳を傾ければいい。


マイケル・ゲルブ

数年前、ヒラリー・クリントンは、エレノア・ルーズベルトと想像上の会話をするということで新聞にからかわれていた。しかし、空想の中で自分のお手本となる人物と話をすることは、ひらめきや自分と異なる視点を得るための昔ながらの効果的な方法だ。


古森重隆

私がよく話すのは、経営トップは「真剣の勝負」で、ナンバー2以下は「竹刀の勝負」だということである。ナンバー2以下は、大将が最後に勝負を決めてくれるとどこかで思っているかもしれない。しかし大将は、自分が負けたら会社は負けである。真剣勝負では、負けイコール死を意味し、失敗から学ぶ余裕すらない。そういう大事なときに、失敗は絶対に許されない。だから勝つ方法を必死に考える。その真剣さが違うのだ。


荒井正昭

営業現場で活動する社員には徹底したお客様目線が求められます。特に不動産仲介の現場では、知識や経験以上に、お客様のために一生懸命汗をかけるかどうかが成果に直結します。だからこそ、正直に頑張る人材は広く受け入れ、どの社員にも平等に成長の機会を与えます。


松岡昇

英語が使えるようになる9つの習慣

  1. ルーティーンな学習を月刊の英語学習誌で維持する(飽きのこない月刊誌などコア教材を決めて学習を習慣化する)。
  2. 音声はプレイヤーに入れて持ち歩く(隙間の時間は常に聞いて耳を慣らす)。
  3. 毎日ショートトークを2、3回(今日の予定や今日あったことなどを短く英語で話してみる)。
  4. 週末はインターネットTVを見る(ニュース番組などを見て英語学習と現実との接点を見つける)。
  5. 月2回はディクテーションを行う(聞いて書き取るディクテーションを行い、そのエラーから自分の弱点をチェックする)。
  6. 2ヶ月に1冊は洋書を読む(語彙を1000語程度に絞った洋書もある。映画のDVDに親しむのも効果的)。
  7. 3ヶ月に一度は他の学習者と交流する(セミナーや学習会に参加しモチベーションをキープする)。
  8. 年に一度は英語技能試験を受ける(TOEICなどで目標を定め、結果で学習の進捗状況を評価する)。
  9. 以上の学習を手帳やノートに記録し管理する(日、週、月単ぐらいで1000時間目標を管理する)。