松平康隆の名言

松平康隆のプロフィール

松平康隆、まつだいら・やすたか。日本のバレーボール監督。ミュンヘン五輪で男子バレーボール日本代表チームを指揮し金メダルを獲得した。バレーボール競技発祥の地、米マサチューセッツにあるバレーボール殿堂に外国人としてただ一人選ばれた。

松平康隆の名言 一覧

選手に認めてもらうための努力を積み重ねたことが、選手の理解を得る足がかりになった。


人間、それぞれの得手、不得手があるものである。その得意とするものに自信を持ち続け、不得手なものに対するコンプレックスを払拭できたものだけが、熾烈な勝負、人生のレースに勝ち残れる。


社長の立場に拠り所を求めたとき、社員は一様にそっぽを向き始めることになる。


私は意識して世界一という言葉を使った。男なら、期待が大きければ大きいほどやりがいを感じるものだからだ。
【覚書き:松平監督は選手に対し事あるごとに世界一という言葉を使った】


背は低く、酒も飲めない、欠点の多い私に対して、選手が一目も二目もおいてくれ、最後までついてきてくれた理由。それは、私が世界のバレーボールを日本のどの選手よりもよく知っていたし、それなりの勉強もした。その結果、世界のバレーボールに関する現状と、将来の予測、人脈まで誰よりも知悉(ちしつ)しているという自負を持っていたからである。


私のミュンヘン時代の部下は、選手、コーチ、トレーナーとも私の持っていない、尊敬できるものを持っていた。しかし、私はコンプレックスを感じたことは微塵もなかった。なぜなら、私は彼らの知らないことを知り、できないことをできるように努力したからである。この努力をしないで、「俺は監督だから」というところに拠り所を求めたら、すべてが終わりになる。


指導者とは教える人間ではありません。教えるのはある段階までのこと。指導者がもっとも心がけなければならないのは、生みだすことのできる人間に育ててやることです。教わったことが全部できたというだけでは大したことはありません。教わったものを土台にし、栄養にして自分自身の独特な何かを生みだすことができてはじめて一人前になるんです。


松平康隆の経歴・略歴

松平康隆、まつだいら・やすたか。日本のバレーボール監督。ミュンヘン五輪で男子バレーボール日本代表チームを指揮し金メダルを獲得した。バレーボール競技発祥の地、米マサチューセッツにあるバレーボール殿堂に外国人としてただ一人選ばれた。

他の記事も読んでみる

コリン・パウエル

人間というのは、承認と励ましを必要とする。毎晩、私の執務室を掃除してくれる人は、大統領や将軍、政府閣僚と同じ人間である。だから私は「ありがとう」と一声かける。それだけのことをしていると思うからだ。自分のことを単なる掃除人だなどと思ってほしくない。彼らがいなければ私は自分の仕事を全うできない。国務省全体が彼らの肩にかかっていると言っても過言ではない。


宋文洲

投資は大事なことです。中国人はみんな投資をしています。でも、私がそういうと「お金が無いから難しい」と言い訳をする人がいる。そういう人は投資を誤解しているんですね。お金を使った投資だけが、投資ではありません。自分の労力、時間、気持ち……など全部投資できるんですよ。たとえば、田舎の実家から名産の果物が届いたとします。私なら自分は食べないで、皆に配るよ。それも自分にとって大事な人間に配る。将来、自分の商売を助けてくれる人。ノウハウを教えてくれる人。自分を引っ張って出世させてくれる人。そういう人々に配ります。これが投資の発想です。お金だけじゃない。時間、労力、気持ち、自分が大事にしているもの全部を投入して、将来大きくなるために使うことが投資なんです。


梅田望夫

不向きな仕事にひたすら耐える働き方をしている人は、たとえ朝から晩まで仕事に打ち込める環境にあっても、集中し続けることが難しい。そうすると、仕事が好きでたまらなく、四六時中没頭している人には、絶対にかなわない。21世紀の仕事というのは、どれだけ没頭できるか、その度合いで勝負が決まるのではないでしょうか。


矢部輝夫

人を動かすためには「あの人のためなら」と思わせる信頼関係が必要。


永守重信

タバコは吸わないし、40代のころに飲酒もやめた。観光にも美食にも縁がない。正直にいうと日々の激務の中で「こんな人生でいいのか?」と自問することもなくはない。だが、一代でこれだけの規模へ会社を引っ張り上げるには、個人的な楽しみを封じてでも、必死に働きつづける必要があったのだ。


松井忠三

泥臭く血にまみれても物事を達成していくくらいの実行力が企業では求められる。


浜口友一

ときに現場に顔を出して、プロジェクトメンバーの労をねぎらうことが必要です。社長に声をかけられたら現場の士気は高まります。担当役員や副社長では不十分です。それほど社員にとって社長の存在は大きいものです。


松井忠三

当社のマニュアルの各項目の最初には、「何のためにその作業を行うのか」、作業の意味・目的が書かれています。つまり、「何を実現するか」という仕事の軸を持つためのものなのです。作業の意味を理解すれば、問題点や改善点も発見できるようになります。そして問題の本質がどこにあるのかを考えることにつながるのです。


柴山政行

40人のクラスで上から8位の成績を目指せと言われたら、頑張れば何とか達成できると考える人は多いでしょう。では、2位以内を目標にと言われたら?ハードルは高そうです。上位2割が8割の利益を稼ぐ「8対2の法則」は有名ですが、私がプロフェッショナルとして認めるのはさらに厳選した人です。40人中8位以内といえば上位2割。2位以内はその8人の上位2割に匹敵します。つまり、40人中上位2人になるには、8対2の法則を二回くぐり抜けなければなりません。


クルト・ボック

自分にとって最良のものを確保しようというのはエゴです。提携の協力関係を通じて、それぞれが何を得られるのかを分かり合うことが大切です。必要以上のものを求めないという姿勢がベストではないでしょうか。


海老一宏

中高年の転職市場では「書類さえも通らない」という声をよく聞きます。その多くは、案件ごとに書き換えていないのが原因。応募するのがどんな会社で何を求めているのかにより、書類は調整する必要があるのです。


柳川範之

ファミリービジネスは長期的な視点で経営がしやすいという特徴があります。事業の持続性が目的の一つになっていることが多く、経営者としての任期も長くできます。そのため、短期的な利益だけでなく、20年後や30年後を見据えた長期的な投資を可能にします。ファミリービジネスでも上場企業の場合には、ファミリー以外の株主に対する責任が出てきますが、それでも、短期的な利益を犠牲にしてでも長期的な利益を追いやすい傾向があります。一般的な上場企業の場合、経営者の任期が2~3年のケースが少なくありません。さらに、四半期ごとに業績が評価されるため、農期的な視点に立った経営はなかなか難しいでしょう。


細谷功

上司と部下の間で、お互いの期待値と方向性を確認するという習慣を持つようにすれば、日常的な仕事の無駄も切り捨てることができるでしょう。


及川光博

これだけ俳優の仕事が忙しくなると、さすがに「自分がもうひとりいたらな……」と思うこともありますが、僕の場合、成功したいというより「後悔したくない」という気持ちのほうが強くて。走れるうちは、自分の力で走っておきたいんです。


仙頭宣幸

清掃の仕事って免許があるわけじゃないので、やろうと思えば誰でもできる。「うちで修業して独立すればいい」と言ってくれた知り合いの清掃会社で4~5か月働いて独立しました。清掃に必要な道具はホームセンターで買いそろえました。大きな買い物は移動に使う車だけ。当初はホームクリーニングを中心にしていましたが、大変だったのはやはり営業。チラシをつくって不動産屋さんに置いてもらったり、めぼしいところに電話営業したり。最初はまったく依頼が来なかったので、手元にあったCDやレコードを売って切り盛りしていました。


ページの先頭へ