名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

松平定知(アナウンサー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松平定知(アナウンサー)のプロフィール

松平定知、まつだいら・さだとも。日本のアナウンサー。東京都出身。早稲田大学商学部卒業後、NHKに入局。高知放送局を経て、東京アナウンス室に異動。ニュース番組を担当。また『NHK紅白歌合戦』『その時歴史が動いた』など数多くの人気番組でキャスターを務めた。そのほか、京都造形芸術大学芸術学部通信教育部教授を務めた。著書に『負けずにキザですが』『心を豊かにする言葉術』『幕末維新を本当に動かした10人』『歴史を本当に動かした戦国武将』ほか。

松平定知(アナウンサー)の名言 一覧

藤堂高虎は10人の主君に仕えています。彼には築城術というコーポレート・アイデンティティがあった。誰だって自分のことを必要とするだろうという自信があったのでしょう。


松平定知(アナウンサー)の経歴・略歴

松平定知、まつだいら・さだとも。日本のアナウンサー。東京都出身。早稲田大学商学部卒業後、NHKに入局。高知放送局を経て、東京アナウンス室に異動。ニュース番組を担当。また『NHK紅白歌合戦』『その時歴史が動いた』など数多くの人気番組でキャスターを務めた。そのほか、京都造形芸術大学芸術学部通信教育部教授を務めた。著書に『負けずにキザですが』『心を豊かにする言葉術』『幕末維新を本当に動かした10人』『歴史を本当に動かした戦国武将』ほか。

他の記事も読んでみる

西浦三郎

現在、銀座の地価は上がっています。でも、これからは、銀座だからといってそれほど上がらないでしょうし、場所によっては下がるところもあると思います。重要なのは、これからの不動産は面ではなく点で考えるということです。たとえば表通りに面していても、これが角地だったら、ショーウインドーを2面取ることができるため、価値が高い。このように、銀座という面で考えるのではなく、その中でもどこに位置しているかによって、物件の価値は大きく異なります。ですから我々は価値のある物件を仕入れていく。そうすれば、オフィス需要は減っていったとしても、インバウンド需要を取り込むなど、成長のチャンスはいくらでもあるはずです。


栗山敏昭

社長になると、社員は絶対私に遠慮するでしょう。だから、勉強会に参加したり、自ら主催したりして、遠慮なく文句を言ってくれる仲間を外部に持つようにしています。


古川裕倫

過去の失敗や、叱られた経験を隠さず伝える。上司がまず自己開示することで部下は心を開き、自分の話を受け入れてくれるようになる。全員が、成功談ばかり言ってたら、できない人は立場がない。上司だって優秀な人ばかりではないのだから、部下にだけ厳しくしたらそれは、かわいそうってものですよ。


三島和夫

必要な睡眠時間は個人ごとに大きな差があります。6時間睡眠でばっちりだという人もいれば、8時間でも足りない人もいる。この個人差は相当大きく、必要睡眠量の平均値、中央値すらわかっていません。


ジュール・ルナール

金を持たずに済ませることも、金を儲けるのと同じくらいの苦労と価値がある。


谷厚志

もしお客様からカウンター越しに一方的に怒鳴りつけられたら「す、すみません。お客様の言葉で怖くなってしまい、なんと申し上げていいのか……」と言う。すると暴言を吐いた側は「いや、怖がらせようと思って言ったわけではなくて」と慌ててしまうことがほとんどです。


ハワード・シュルツ

私がスターバックスで成し遂げた最も誇れることを一つ挙げるとすれば、会社で働いている人たちとの間に築いた信頼関係である。それは多くの企業に見られるような口先だけのスローガンではない。我々はパートタイマーを含む総合的な健康保険制度や、全社員を対象とするストックオプションなど画期的な制度を導入してきた。倉庫係も入社したばかりの小売店員も人間として敬意を持って待遇されているのだ。


栗原典裕

過去の中でも若い頃、20歳前後の記憶というのは、誰しも鮮明に残っているものです。もしそこで共通の話題があれば、確実に盛りあがりますね。その頃の質問を、思い切ってこちらからしてみましょう。


羽生善治

感情の起伏を完全になくすのは難しい気がしますが、感情が揺らいだときに自分なりに折り合いをつけることは大事なことでしょう。


梅原大吾

中学生になる頃には、「ゲームにしか打ち込めない。だから、とことんやるしかない」と思い、ゲームセンターに通っては、対戦型格闘技ゲームの修業をしていました。


谷口祥子

褒め言葉は、会話を弾ませる最高の潤滑油です。褒めることによって相手との距離が縮まり、気持ちの良いコミュニケーションを取ることができるのです。


内藤忍

新興国市場となると、右肩上がりの角度も急ですが、途中の下げもさらにキツくなります。さらに政情などのカントリーリスクも考え合わせなければなりません。将来的な成長性を見て、新興国に投資するのはいいですが、下げに耐えられずに途中退場することにならないよう、投資額には配慮すべきです。