名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

松﨑正年(松崎正年)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松﨑正年(松崎正年)のプロフィール

松崎正年、まつざき・まさとし。日本の経営者。コニカミノルタ社長。東京出身。東京工業大学大学院総合理工学研究科電子化学専攻修了後、小西六写真工業(のちのコニカミノルタ)に入社。情報機器事業本部機器開発グループ部長、情報機器事業本部システム開発統括部長、コニカミノルタビジネステクノロジーズ取締役制御開発本部長、コニカミノルタホールディングス執行役員、コニカミノルタテクノロジーセンター社長、コニカミノルタホールディングス常務などを経て社長に就任。

松﨑正年(松崎正年)の名言 一覧

適切な企業統治システムは経営者の自立的な行動を促す。


今後、複合機を売って、トナーなど消耗品で稼ぐというビジネスモデルへの依存度は減っていくだろう。そのためにも、事務機器事業ではITサービスや印刷関連のコンサルティングなど、顧客に対して当社が提供できるサービスを増やしていくための施策を行っているところだ。


かつて、ある買収案件があった際、検討したものの財務面で見送って、結果的に競合他社が買収した。そのとき、勝負をかけたくても、利益の蓄積によってどこまでリスクを取れるかが決まってしまうと痛感した。現在は実質無借金で財務体質もよくなり、以前よりリスクを取ることができるようになっている。


これまでも、社内外で、収益規模の拡大がなければリスクを取ることができなくなると言ってきた。


掲げた目標にはこだわっていく。とくに大切なのは営業利益だ。過年度に利益率8%は最低限実現したい。


当社の場合、事務機器の生産は中国がほぼ100%となっている。そのような状態は、リスク管理上よくないと考えている。


収益規模を拡大し、リスクを取って成長していく。そうしたサイクルを健全に回していきたい。


米国では2年ほど前から、当社の販売拠点とシナジー効果が期待できる地域で、IT環境の構築、インフラ管理を提供する現地企業の買収を行ってきた。複合機とITサービスをそろえることで、社内にITの専門部署を持っていない顧客に対しても、ネットワーク機能の進化した最新の複合機を提供することができる。実際、米国では複合機の売り上げの50%以上は、このようなITサービスが付随したものとなっている。


外部環境の好転を待つのではなく、どんな環境下でも結果を出していくための方策の一つとして、事業会社制でひとつの会社として運営していくほうがいいと判断した。とくに、全社の売り上げの7割を占める事務機器が安定した成長を実現することが大切だ。そのためには、いまのホールディングスの経営陣が現場と一体となり、事業を見ていく必要がある。
【覚書き|持ち株会社制を解消したことについて語った言葉】


『葉隠』に「武士道と云ふは死ぬ事と見付けたり」という言葉があります。私は社長を務めた5年間、常にそういう心境でした。もし問題が起きたら、指名委員会などに指摘される前に自ら腹を切ろうと決めていました。


国内には委員会設置会社というシステムを取る企業は、いくつもありますが、機能していないケースは数多い。なぜか。それは「監督される側」が作ったシステムだからです。執行側に都合のいい仕組みを作ると、監督機能が不十分になってしまう。


私は社長時代に2度、役員報酬を自主返上しています。隠していたわけではありません。対外的に開示が求められるケースではないため、発表していないだけです。自分の意思決定が原因で「しまった」という結果になったため、あえて報酬を返上しました。


松﨑正年(松崎正年)の経歴・略歴

松崎正年、まつざき・まさとし。日本の経営者。コニカミノルタ社長。東京出身。東京工業大学大学院総合理工学研究科電子化学専攻修了後、小西六写真工業(のちのコニカミノルタ)に入社。情報機器事業本部機器開発グループ部長、情報機器事業本部システム開発統括部長、コニカミノルタビジネステクノロジーズ取締役制御開発本部長、コニカミノルタホールディングス執行役員、コニカミノルタテクノロジーセンター社長、コニカミノルタホールディングス常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

高原豪久

リーダーにとって最も大切なもの、普遍的に大切なものは構想力じゃないでしょうか。イメージする力、仮説構想力と言ってもいいかもしれません。


澤田秀雄

私はグループ会社などの経営を人に任せたら一切、口を出しません。私が手を出すと頼ってきますからね。その代わり結果で評価します。経営は大変だけど楽しい。だから自分がやるときは100%自分でやります。


木暮栄一

(『Falling in Love』は)僕がデモを作ったんですが、フックがコズミック(宇宙的、神秘的)な感じに仕上がったので歌詞は甘くなってもいいかなと思い、ラブソングになりました。「この4人がどのツラ下げてこの曲を歌うのか」と思う人もいると思いますが(笑)、サウンドはいつも通りなので、感じるままに楽しんでもらえたら。


貞松成

保育と介護を一緒にするメリットの一つは、高齢者と子供が交流できること。子供しかいない町や高齢者しかいない町などありませんから、交流することで活気が出て、普通の社会になると思います。次に、健常者を保育している保育士と障がい者を保育している保育士は、求められる知識が全然違うわけです。そうなると、お互いの保育士が交わり合うことで教え合うことができますから、専門性が高まります。また、子供の世界でも、健常者の自分と障害を持つ子供は違うということが徐々に分かってくる。勉強でも、遊ぶのでも、一緒に縄跳びをすることができない人がいるとか、自分が当たり前のように読めるものが読めないということが分かってくるわけです。そういう社会性を学ぶことは大事なことだと思います。


福沢諭吉

一家の生計を立てるのも学問です。商売をするのも学問です。時代の動きを察知するのもまた学問なのです。和漢洋の書物を読むことだけが学問であるという考え方は正しくありません。


山下勝(経営学者)

いまの上司が嫌だと、同僚に愚痴をこぼし横の関係にばかり依存しても問題は解決しません。上司との関係に悩む部下は、たまには昔の上司と飲みに行って、相談してみてはどうでしょう。いまの部署の上司や先輩と、インフォーマルな関係を築いておくのも将来、役に立つことかもしれません。


佐藤文男(人材コンサルタント)

私の場合は、将来的な起業を考えていたので、若いうちにマネジメント能力を身につけられてよかった。


諌山敏明

怒りっぽい人はグリップ力が弱い。部下や同僚の心をつかむ力が小さい、ということです。グリップ力が弱い人には、みんな、心をさらけ出して話そうとしません。知らないうちにお山の大将になっていることが多いんです。みんなが知っている情報を一人だけ知らないということが起こります。ある企業の係長が、部下が消費者金融に借金をしているのを把握しておらず、大問題になったという事例もあります。


市村清

明治記念館を経営してみて、私が悟ったことがひとつある。それは、「儲ける」と「儲かる」の違いである。儲けるのはどんなに上手くても限度があるが、儲かるということは無限だ。そして道にのっとってやるのが、この「儲かる」ことなのである。明治神宮の名でやるのだから暴利はい絶対にいけない。飲食物も3割以上の利をみてはいかんと言いつけてある。それが大衆の心をとらえたのだ。
【覚書き|戦後、明治神宮の結婚式場を立上げ、経営したときを振り返っての発言】


津賀一宏

意志決定をするために重要なのは情報です。そして情報を社長一人に集めてしまうのが、過去の当社の経営スタイルでした。社長に集まった情報で、社長が最終決断をする。しかし、社長が間違った判断をしてしまう可能性もあり、リスクが高かったのです。そこで、社長一人に集まっていた情報を、より多くの人が共有して、絶えず議論しながら判断をするスタイルに変えたかった。それがグループ戦略会議です。


田崎真也(田崎眞也)

何かの基準をクリアしなければワインや料理が楽しめない、などということはありません。たとえば、「肉に赤ワイン、魚には白ワインを合わせる」とよくいいますが、お客様が魚料理に赤ワインを、それも重めのものをオーダーなさったとしましょう。それならば、魚料理のソースを重いものに変えればいい。本来、料理に関するセオリーはお客様が楽しむためにあるもので、それをお客様に押し付けるようでは主客転倒です。


植木義晴

会話の話題はやはり本から仕入れるよりも、自身の経験に即したものにこそ説得力があります。それでも会話が途切れたらどうするか……、ペットもいいでしょう。例えば猫。わが家にも3匹いますから、相手がその話に乗ってきたらしめたものです。