名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

松島直也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松島直也のプロフィール

松島直也、まつした・なおや。日本の人材開発コンサルタント、NLPトレーナー。「日本NLP学院」学院長。著書に『2時間でわかるNLP入門』『NLPのことがよくわかり使える本』『あなたの心と体を守るストレスをためない技術』『「やめた!」がなくなる 続けるスイッチの作り方』。

松島直也の名言 一覧

自分の状態を良くするために、自分のいいところを認めるということを日頃からやっておいた方がいい。何かうまくいかなかったことがあると、そればかりで頭が埋まっちゃたりしますから。今日、会社に行けたとか、挨拶ができたとか当たり前のことなんだけど、自分をほめてあげると。


他人の傷つかない方法もあります。それは構えてしまわないこと。構えているとガーンと響きますから。


なるべく質の高い睡眠時間を多く取っておいた方がいいですね。睡眠時間が減ってくると段々ネガティブになっていくんですよ。無意識に守りに入るというか、思考が閉じてしまう。それに睡眠は脳や体の回復を行うのと同時に心理的なダメージを軽減させる働きがあります。


トラウマから立ち直った人の共通点は客観視です。自分を第三者的に観察できるようになると、違う受け止め方ができるようになります。もちろん、訓練は必要です。自分が話している様子を録画して観て、自分で変えられる部分を変えていくような訓練もその1つです。


他人を傷つけてしまう人は、自分自身の状態が崩れているんですよ。「状態」が「気持ち」なんですが、落ち込んだ時に働く神経回路だけが動いている状態。前向きな言葉なんて出てきませんよ。


いまある思考パターンって、これまで積み重ねてきた結果としてあるわけじゃないですか。たとえば人前で話すのが苦手な人の場合、「あなたの話はわかりにくいね」と言われて「自分の話はわかりにくいんだ」と思い込んでプログラミングされている可能性が高い。


トラウマは客観的になれれば解決するんですよ。ある出来事を思い出してみて、そこから離れて自分を観察するということを我々はやっているんですよ。それをもっともっと離れていくと、印象が薄れていきますので。そうやってクールダウンしていくことで、「そうか、あの時はそういう意味で言われたのじゃないかもしれない」と気付きさえすれば、そのトラウマは解決していくんです。


安心感に満たされると心は癒されていきます。そのためには、神経伝達物質であるセロトニンが出るような活動を行ったり、過去に安心できたあるいは充実した場面を思い出したりすることもお勧めです。行動することで、それをバイパスにしてリラックスすることはできます。一番シンプルなのは呼吸ですね。呼吸は普段無意識にしているものですが、意識的に調節することができます。


松島直也の経歴・略歴

松島直也、まつした・なおや。日本の人材開発コンサルタント、NLPトレーナー。「日本NLP学院」学院長。著書に『2時間でわかるNLP入門』『NLPのことがよくわかり使える本』『あなたの心と体を守るストレスをためない技術』『「やめた!」がなくなる 続けるスイッチの作り方』。

他の記事も読んでみる

佐藤大和

私が司法試験受験生時代に重視していたのが、「机に向かわない」勉強法でした。散歩をしながら、テレビを観ながら、音楽を聴きながら、問題集や参考書を見ることなく「今日勉強したこと」「昨日見た問題と解答」を思い出すのです。これを繰り返すことで、思い出す力=アウトプット力が鍛えられ、しかも思い出すことによって記憶も強化されます。


堀内伸浩

眠る前に明日やるべきことをイメージする習慣をつけましょう。事前に最悪の事態をシミュレーションし、その精度を上げていけば、落ち込みやパニックなど、自分の感情に振り回されることもなくなり、迅速にトラブル対処できる力が身につきます。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

加齢による体力の衰えに抵抗しようと、いきなりランニングやジム通いを始める人がしばしばいますが、これは考えものです。適度な運動ならば問題ないのですが、過去の自分を目指し、その頃と同じ体力をつけようと一念発起するのはケガのモト。運動をしすぎて体力が消耗し、仕事に支障が出るリスクもあるので要注意です。


廣瀬元彦

資本主義・デジタル化の進行に伴って、私たちの生活は一昔前から想像できないくらい便利なものになりました。しかし、過度の技術革新は「モノ」や情報の氾濫を誘発し、人々の感性は鈍化しているように感じます。ダンスという人間の原点である身体を用いた「人とのコミュニケーション」の中で感性を呼び覚まし、自分認識を高める点においてダンスには「人の在り方(原点)」に通じる側面があります。


三浦知良

調子がいいときもあれば、悪いときもある。調子が悪いときにこそ、自分を見つめ直して、常に全力を尽くしながらトレーニングをしています。その苦しさが自信に変わっていく。


松本義弘

ホテル業を成功させるには、もちろんハード面も重要ですが、それ以上に大事なのはやはり従業員、「人」の意識です。


大久保尚武(積水化学工業)

この戦いは勝てるものなのか。勝てないとすれば、どこに戦いの場を求めるのか。その判断にこそ、経営者の大きな役割があると考えています。


澤田道隆

昨年は、花王グループが持つ資産を最大活用するということをずっと言い続けました。花王には、非常にシェアの高い商品がたくさんあります。それを時代に合った形に少し伝え方を変えるだけで、よりシェアを高めることができ、広告宣伝費をかけなくても、大きな利益が得られるわけです。


白井一幸

プロ野球の指導者の中には、自分の成功談を語り、選手にも同じようにやれと指導する人がいます。それは、名選手が指導者になるケースが多いためでもあるのですが、これも正しい指導法とはいえません。なぜなら、選手は、やり方は理解しているけれど、それができないがゆえに悩んでいるからです。成功談というのは、自分主体の発想であり、選手の立場に立っていません。それを聞いた選手は、「自分はあなたとは違う」「自分にはできない」と思うだけです。ただ、成功談そのものが悪いわけではなく、それを活かすには失敗談も一緒に伝えることが大切なのです。


中山讓治(中山譲治)

新薬メーカーで行く限り、新薬を出し続けることは生き残るための使命。


吉田博一

市場の競争が活発になれば、原材料費が安くなり、結果として事業が先行している当社の立場が優位になる。


西多昌規

睡眠について、「眠れない」「日中、異常な眠気に襲われる」といった症状が出てきたら要注意です。食欲については、体重が減っていくのがまず心配です。割合としては少ないですが、急激に体重が増えるのもメンタル面から来る過食の可能性があります。睡眠と体重に加えて、「仕事で凡ミスが多くなる」「上司や部下にキレてしまう」といったシグナルがあるようなら、ぜひ一度、精神科を受診してみることをお勧めします。