名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

松岡浩(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松岡浩(経営者)のプロフィール

松岡浩、まつおか・ひろし。日本の経営者。殺虫剤メーカー「タニサケ」会長。岐阜県出身。商業高校卒業後、イビデン勤務、家業の食品スーパー経営などを経て谷酒生物公害研究所(のちのタニサケ)を共同創業。

松岡浩(経営者)の名言 一覧

改善は苦しい、だが、その実は甘い。


社員からの提案には、いろいろな創意工夫のアイデアがあり、いわば宝のようなものが埋まっていると思うんですね。社員は今でも積極的に提案をしてくれます。


大切なことは、社員に仕事をやらせることではなく、仕事をやりたいと思わせること。だから、トップは部下の誰よりも損をして、努力する。そういう気持ちで経営に取り組むことが大事。社員の成長が会社の成長につながる。


物事は何でも自発的に取り組んでこそ意味がある。社員が自発的にやりたいと言ってきたときは嬉しかった。


社員から改善提案を募集し始めたのは創業6年目のこと。社員たちにこの会社で働くことの意識を高めてもらおうと考えて始めました。毎月1件知恵を出すというのが、当初、私が社員に唯一の命令として強制したことです。だから最初は「何でもいいからアイディアを出したら1件500円の報奨金を差し上げます」と。そしたら一気に1か月で500件近く出たので、知恵をつのれば改善というのはこんなにも出るものなのかと思いました。


年商は8億3000万円、経常利益率は20%超あり、31年間ずっと無借金で経営をしています。当社がこれだけ利益率が高いのはきちんとした理由があって、一つは社員の能力を生かして、いい商品をつくっているということ。もう一つは「日本一の知恵工場」といって、社員が日本一知恵を出す。毎月150件を超える改善提案が社員から出されるので、常により良いものをつくろうという意欲が高いのです。


20数年前から「タニサケ塾」といって経営者のための勉強会を開いています。毎月1回、無料で全国から18名の中小企業経営者を受け入れ、トイレ掃除を中心とした1泊2日の体験研修を主宰しています。これは自分の体験や取り組みを紹介することで、少しでも中小企業の経営者の参考になればと志したことなのです。経営者自らがトイレ掃除をすることによって、身体ごと奉仕するという精神を伝えています。あとは宿舎に向かうバスの中で約1時間、成長や進化することの重要性を伝え、社員が知恵を出したら人生も会社も良くなるということをお話ししています。


私は例えば、お客様が来社された時に笑顔で明るく挨拶をするとか、工場の床がピカピカできれいだなと感じるような心地良さのある会社を目指してきました。会社が磨かれれば、心も磨かれるということです。しかも、それをやらされるのではなくて、自発的に社員がやろうと思える環境をつくることが大事だと思っています。「やらされる掃除」から「やる掃除」に変えた時、苦しみが喜びに変わるのです。それが成長につながります。


私は「長たる者、部下の誰よりも損をする覚悟」で、一番早く出社し、一番汚い仕事をするのは当然だと思っています。だから、もう73歳になりましたけど、今でも毎朝6時半には出社して会社周辺の県道のゴミ拾いを1時間弱しています。以前は社内のトイレ掃除をやっていたのですが、10年ほど続けていたら社員の方から「やらせてください」と言ってきたので、私はもっと辛い外のゴミ拾いをするようになりました。こうした掃除というのは決して社員に押しつけているわけではありません。ですが、上に立つ者が率先してやっていると、いつかは自分もやってみようと思う社員が現れるものです。


兄から家業である食品スーパーを継いだんですが、この時、店を徘徊するゴキブリに悩まされていたんです。その時に「ゴキブリだんご(のちのゴキブリキャップ)」を発明した谷酒茂雄さんと知り合いました。谷酒さんに教えられたやり方で「ゴキブリだんご」をつくり、店に置いたら、1か月後にはゴキブリが完全に姿を消したのです。「ゴキブリだんご」が殺虫剤として市販される前のことです。そこで谷酒さんの自宅に「株式会社谷酒生物公害研究所(のちのタニサケ)」を設立することになりました。おかげさまで発売当初から話題になり、メディアにも取り上げられたりして事業を拡大することができました。


我々の主力商品の特徴は、化学合成の殺虫成分を使わず、天然素材が由来のものばかりです。ですから、当社は環境にも人にもやさしい殺虫・虫除け製品をつくることで人が安心して暮らせる環境をつくる。言ってみれば、環境企業だと思います。たとえば虫除けスプレー「ナチュラルハーブバリア」は忌避成分にディートなどの化学合成の成分は使わず、植物由来の忌避成分のみからできております。エタノール・防腐剤も無添加で、子供から大人まで使える、自然派志向の商品です。


松岡浩(経営者)の経歴・略歴

松岡浩、まつおか・ひろし。日本の経営者。殺虫剤メーカー「タニサケ」会長。岐阜県出身。商業高校卒業後、イビデン勤務、家業の食品スーパー経営などを経て谷酒生物公害研究所(のちのタニサケ)を共同創業。

他の記事も読んでみる

ナサニエル・ホーソーン

どんな人にも世の中で果たす役割があり、何らかの点で重要である。本人がそうあろうとしても、しなくても。


佐藤公平

いま香港には兄の佐藤洋治(ダイナムジャパンホールディングス取締役会議長)が転居して定住しています。それで、香港におけるいろいろな人脈が持てるようになりました。


五十嵐久也

昨年、本学の機械工学科准教授の山西陽子さんが「針なし注射器」の開発に成功しました。彼女がコツコツ進めていた研究が認められた形です。研究というのは地道なものです。大学としては、そうした研究者をサポートし、環境を整えることが大事だと考えています。


濱松誠

立ち上げ当初は1社3人以上、いまは1社5人以上の団体で活動していることが参加条件です。結局、1人だと会社に戻ったときに活動として広がりにくいんですよね。1人だと変人かもしれないけど、5人いれば変革の志士になれる。熱を大企業の中で伝えてもらうには、少なくとも5人は必要かと。


泉谷しげる

鍛え続ける。要は、条件の悪いところに自分を追い込む。たとえばアート展の前に絵を描く時は、家族やスタッフの助けを断り、1人で事務所の2階にこもります。栄養を考えながら小さいコンロで自炊して、掃除も全部自分でやってね。年齢を重ねて、いい暮らしにどっぷり浸かると自分を甘やかしちゃうけど、それくらい条件が悪いところへ自分を置くと、人を頼らなくなる。必死だからいろんなアイデアが生まれるし、頑張れるんです。


ケリー・マクゴニガル

「うまくいくべき」と感じる手法を探すのではなく、「どうしたら本当にうまくいくか」を見つけることに集中してください。あなたに合わない生産性向上モデルを自分に押しつけていないか、自分を見つめてください。


むらかみかずこ

「手書き文字に自信がない」という人も多いでしょうが、手書きメッセージの役割は「気持ちを伝える」ことですから、そこはあまり神経質にならなくて良いと思います。ただ、次の三つを押さえて書くと、読みやすい文字が書けます。一つは「大きく」、二つ目は「太く」、そして「青いインク」で書くことです。字に自信がない人は苦手意識から、小さく書く傾向にあります。しかし、小さい文字は読みづらく不親切です。読みやすい大きさの文字を書くには、「太い」ペンを使えばいいのです。標準的なボールペンの芯は0.5ミリですが、0.7や0.8ミリのものをお勧めします。太い芯を使えば自然と大きい文字になります。綺麗な字よりも読みやすい字を書くことこそ相手本意です。インクの色については、黒でももちろん良いのですが、あえて青を使用することで、「元気・爽やか・品の良さ・誠実さ」といった印象を与えられます。


碓井稔

メーカーが利益を最大化するには、やはり自社で価格を決定できる最終商品を扱うしかない。むしろ部品の外販こそ儲からないビジネスだ。


トーマス・クーン

いついかなる分野においても、科学者というのは世の中の動きについての基本的な見方を共有するものだ。その見方はその時点で支配的なパラダイムなのである。ほとんどの実験は、その見方の枠内で行われいくつかの小さな進歩が生まれる。


河村浩明

鳴かす飛ばずと言われていた社員も、機会を与えれば良い仕事をしてくれます。


佐野浩司

仕事のスキルは、同僚に相談するなど本人が働きかけるだけでいくらでも高まるので、そのちょっと手を伸ばす意識が行動に結びつきさえすればいいのです。仕事は教えられるものではなく、自分で学ぶものです。


木村皓一

少子化については以前から予想できていましたし、すでに織り込み済みです。アジアも巻き込まないと企業は成り立ちません。ただ、国外に工場を広げることは考えていません。メード・イン・ジャパンにこだわっています。だから、作れる量が限られている。ここ数年でも3回値上げしました。それでも売り上げは落ちなかった。売り上げを伸ばしたいなら値段を上げる。個数をたくさん作るということはしない。ブランドの価値を上げていくことを考えていきます。