名言DB

9412 人 / 110637 名言

松岡浩(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

松岡浩(経営者)のプロフィール

松岡浩、まつおか・ひろし。日本の経営者。殺虫剤メーカー「タニサケ」会長。岐阜県出身。商業高校卒業後、イビデン勤務、家業の食品スーパー経営などを経て谷酒生物公害研究所(のちのタニサケ)を共同創業。

松岡浩(経営者)の名言 一覧

改善は苦しい、だが、その実は甘い。


社員からの提案には、いろいろな創意工夫のアイデアがあり、いわば宝のようなものが埋まっていると思うんですね。社員は今でも積極的に提案をしてくれます。


大切なことは、社員に仕事をやらせることではなく、仕事をやりたいと思わせること。だから、トップは部下の誰よりも損をして、努力する。そういう気持ちで経営に取り組むことが大事。社員の成長が会社の成長につながる。


物事は何でも自発的に取り組んでこそ意味がある。社員が自発的にやりたいと言ってきたときは嬉しかった。


社員から改善提案を募集し始めたのは創業6年目のこと。社員たちにこの会社で働くことの意識を高めてもらおうと考えて始めました。毎月1件知恵を出すというのが、当初、私が社員に唯一の命令として強制したことです。だから最初は「何でもいいからアイディアを出したら1件500円の報奨金を差し上げます」と。そしたら一気に1か月で500件近く出たので、知恵をつのれば改善というのはこんなにも出るものなのかと思いました。


年商は8億3000万円、経常利益率は20%超あり、31年間ずっと無借金で経営をしています。当社がこれだけ利益率が高いのはきちんとした理由があって、一つは社員の能力を生かして、いい商品をつくっているということ。もう一つは「日本一の知恵工場」といって、社員が日本一知恵を出す。毎月150件を超える改善提案が社員から出されるので、常により良いものをつくろうという意欲が高いのです。


20数年前から「タニサケ塾」といって経営者のための勉強会を開いています。毎月1回、無料で全国から18名の中小企業経営者を受け入れ、トイレ掃除を中心とした1泊2日の体験研修を主宰しています。これは自分の体験や取り組みを紹介することで、少しでも中小企業の経営者の参考になればと志したことなのです。経営者自らがトイレ掃除をすることによって、身体ごと奉仕するという精神を伝えています。あとは宿舎に向かうバスの中で約1時間、成長や進化することの重要性を伝え、社員が知恵を出したら人生も会社も良くなるということをお話ししています。


私は例えば、お客様が来社された時に笑顔で明るく挨拶をするとか、工場の床がピカピカできれいだなと感じるような心地良さのある会社を目指してきました。会社が磨かれれば、心も磨かれるということです。しかも、それをやらされるのではなくて、自発的に社員がやろうと思える環境をつくることが大事だと思っています。「やらされる掃除」から「やる掃除」に変えた時、苦しみが喜びに変わるのです。それが成長につながります。


私は「長たる者、部下の誰よりも損をする覚悟」で、一番早く出社し、一番汚い仕事をするのは当然だと思っています。だから、もう73歳になりましたけど、今でも毎朝6時半には出社して会社周辺の県道のゴミ拾いを1時間弱しています。以前は社内のトイレ掃除をやっていたのですが、10年ほど続けていたら社員の方から「やらせてください」と言ってきたので、私はもっと辛い外のゴミ拾いをするようになりました。こうした掃除というのは決して社員に押しつけているわけではありません。ですが、上に立つ者が率先してやっていると、いつかは自分もやってみようと思う社員が現れるものです。


兄から家業である食品スーパーを継いだんですが、この時、店を徘徊するゴキブリに悩まされていたんです。その時に「ゴキブリだんご(のちのゴキブリキャップ)」を発明した谷酒茂雄さんと知り合いました。谷酒さんに教えられたやり方で「ゴキブリだんご」をつくり、店に置いたら、1か月後にはゴキブリが完全に姿を消したのです。「ゴキブリだんご」が殺虫剤として市販される前のことです。そこで谷酒さんの自宅に「株式会社谷酒生物公害研究所(のちのタニサケ)」を設立することになりました。おかげさまで発売当初から話題になり、メディアにも取り上げられたりして事業を拡大することができました。


我々の主力商品の特徴は、化学合成の殺虫成分を使わず、天然素材が由来のものばかりです。ですから、当社は環境にも人にもやさしい殺虫・虫除け製品をつくることで人が安心して暮らせる環境をつくる。言ってみれば、環境企業だと思います。たとえば虫除けスプレー「ナチュラルハーブバリア」は忌避成分にディートなどの化学合成の成分は使わず、植物由来の忌避成分のみからできております。エタノール・防腐剤も無添加で、子供から大人まで使える、自然派志向の商品です。


松岡浩(経営者)の経歴・略歴

松岡浩、まつおか・ひろし。日本の経営者。殺虫剤メーカー「タニサケ」会長。岐阜県出身。商業高校卒業後、イビデン勤務、家業の食品スーパー経営などを経て谷酒生物公害研究所(のちのタニサケ)を共同創業。

他の記事も読んでみる

イプセン

この世の中で一番強い人間とは、孤独でただひとりで立つ者なのだ。


江崎利一

結婚すると私は本業の薬屋に専念した。そして(旧制)中学の講義録、さらには商売に欠かせない販売、宣伝広告、薬業などについて独学に励んだ。当時、佐賀市内にあった大坪書店から「商業界」を購読していたが、この本の注文は、私のほかもう一人、玉屋百貨店の前身丸木屋呉服店の支配人ということだった。


宮田拓弥

ベンチャーへの投資は波があります。2001年にネットバブルの崩壊があって、逆に08年のリーマンショックではシリコンバレーからもさっと資金が引きました。直近でいうとピークは15年で、ネットバブル以降で最大の投資額を記録しました。いまはその過熱感からは減速気味ですが、日本のCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)はちょうどそのタイミングでシリコンバレーにやってきた。成果が出ず、「無駄な投資はやめよう」と見直しするところが増えるのではないでしょうか。


桂三枝(6代目桂文枝)

以前、『新婚さんいらっしゃい!』の私の司会を見たある外国の方から「まるで剣術みたいだ」といわれたことがあります。確かに、相手が打ち込んできたらさっとかわし、ひるんだと見るやすかさず打ち込むという、44年間番組をやらせてもらうことで身につけた私のスタイルは、剣術に通じるところがあるのかもしれません。


柳弘之

リーマンショックのとき、EUには工場が4つありましたが、そのうちの2つを閉鎖するという大鉈をふるえたのも、18年間の海外勤務で培った肌感覚で生産現場の規模感を掴めていたからです。


広津崇亮

小さい頃はプロ野球選手に憧れる普通の少年でした。人生の転機になったのは塾の先生の「これからの時代は生物だ」というひと言。日本では頭がいい人は医者になるか弁護士になるけど、私は別に医者になりたいわけじゃなかったので、その先生の言葉で、生物をやってみるのは面白そうだなあと。


陰山英男

大人の勉強を成功させるには、いくつかポイントがあります。まずは、学びの対象をひとつに絞ること。あれもこれもと同時に手を出さず、ひとつのことをずっと考え続ける状態にするのです。そうなれば、実際は勉強していない瞬間でも、常に脳細胞は刺激されている状態になります。


阿部俊則

仕事が楽しい状態とは、やるべきことが明確で人間関係が良好であること。日々達成感があり、自分の立ち位置から次なる目標を目指せる状態。そのために人事評価制度やマネージャーの管理に相当なエネルギーを注いでいます。


石橋貴明

本音では努力って嫌いだけど、やらないとできないからやるしかない。やれば、昨日よりはちょっと上手くなっているし、明日もやれば、もっと上手く動けるようになれるはず。僕にとっては、そうやって積み重ねていくしかない。


田原総一朗

僕は男性と女性を比べると、女性のほうが優秀だと思っています。女性は妊娠して出産できるけど、男性は空っぽでしょう。カマキリだって交尾の後はオスがメスに食べられるし、雪山で遭難しても、だいたい男は死んでしまう。女性のほうが強いんですよ。


村岡恵理

「恥を知る」とは、美学やプライドを持つことであり、そのために少々生きづらかったり、時には損をするような事態に陥る場合もありますが、見えないやせ我慢のひとつひとつがその人の人格を築き、将来、人間的な魅力を創り上げていく気がします。


押切蓮介

とくにありがたかったのは、業界の人たちの多くが「これで押切は終わった」と見捨てるんじゃなくて、本当に応援してくれたことです。時間があれば飲みに誘ってくれて騒動のことを根掘り葉掘り聞くでもなく、黙って僕の話をずっと聞いてくれて。こういう人たちに恩を返すためにも頑張らなくちゃいけないなと思いました。それと『HaHa』にも描いたことですが、母からも「マンガ家は良いことも悪いことも表現できる」「ピンチこそチャンス」と励ましてもらい、この時期に『HaHa』を描けたことはいろいろな意味で大きかったです。


斎藤広達

破綻企業に「儲ける力」が残されているか否か。「儲ける力」の「エンジン(源泉)」は何か。この2つの論点にしっかりと答えが出せるなら、実現可能な再生の青写真が見えてくる。


松下幸之助

24歳の春、私は電灯会社の検査員に昇格した。非常に楽な仕事で、2、3時間もあれば済んでしまう。ところがこの楽な役に回ってみると不思議にいままでのように仕事に熱が入らず、なんとも物足らない気分をもてあますようになった。ちょうどその少し前、私は新しいソケットをつくろうと研究していた。どうにかしてソケットをモノにしたいという気が湧いてきた。何分若いだけに気が早い。主任が止めるのも聞かずにさっそく辞表を出した。
【覚書き|7年勤めた大阪電燈を退社し独立した当時を振り返っての発言】


岩瀬大輔

僕は多くの人と会っているし、ノートに記録する情報量も膨大です。しかし、その場で記録するだけで終わらず、あとで思考を深めるプロセスを欠かさないからこそ、仕事の効率やスピードもどんどん高めていけるのだと思います。