名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

松岡浩(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松岡浩(経営者)のプロフィール

松岡浩、まつおか・ひろし。日本の経営者。殺虫剤メーカー「タニサケ」会長。岐阜県出身。商業高校卒業後、イビデン勤務、家業の食品スーパー経営などを経て谷酒生物公害研究所(のちのタニサケ)を共同創業。

松岡浩(経営者)の名言 一覧

改善は苦しい、だが、その実は甘い。


社員からの提案には、いろいろな創意工夫のアイデアがあり、いわば宝のようなものが埋まっていると思うんですね。社員は今でも積極的に提案をしてくれます。


大切なことは、社員に仕事をやらせることではなく、仕事をやりたいと思わせること。だから、トップは部下の誰よりも損をして、努力する。そういう気持ちで経営に取り組むことが大事。社員の成長が会社の成長につながる。


物事は何でも自発的に取り組んでこそ意味がある。社員が自発的にやりたいと言ってきたときは嬉しかった。


社員から改善提案を募集し始めたのは創業6年目のこと。社員たちにこの会社で働くことの意識を高めてもらおうと考えて始めました。毎月1件知恵を出すというのが、当初、私が社員に唯一の命令として強制したことです。だから最初は「何でもいいからアイディアを出したら1件500円の報奨金を差し上げます」と。そしたら一気に1か月で500件近く出たので、知恵をつのれば改善というのはこんなにも出るものなのかと思いました。


年商は8億3000万円、経常利益率は20%超あり、31年間ずっと無借金で経営をしています。当社がこれだけ利益率が高いのはきちんとした理由があって、一つは社員の能力を生かして、いい商品をつくっているということ。もう一つは「日本一の知恵工場」といって、社員が日本一知恵を出す。毎月150件を超える改善提案が社員から出されるので、常により良いものをつくろうという意欲が高いのです。


20数年前から「タニサケ塾」といって経営者のための勉強会を開いています。毎月1回、無料で全国から18名の中小企業経営者を受け入れ、トイレ掃除を中心とした1泊2日の体験研修を主宰しています。これは自分の体験や取り組みを紹介することで、少しでも中小企業の経営者の参考になればと志したことなのです。経営者自らがトイレ掃除をすることによって、身体ごと奉仕するという精神を伝えています。あとは宿舎に向かうバスの中で約1時間、成長や進化することの重要性を伝え、社員が知恵を出したら人生も会社も良くなるということをお話ししています。


私は例えば、お客様が来社された時に笑顔で明るく挨拶をするとか、工場の床がピカピカできれいだなと感じるような心地良さのある会社を目指してきました。会社が磨かれれば、心も磨かれるということです。しかも、それをやらされるのではなくて、自発的に社員がやろうと思える環境をつくることが大事だと思っています。「やらされる掃除」から「やる掃除」に変えた時、苦しみが喜びに変わるのです。それが成長につながります。


私は「長たる者、部下の誰よりも損をする覚悟」で、一番早く出社し、一番汚い仕事をするのは当然だと思っています。だから、もう73歳になりましたけど、今でも毎朝6時半には出社して会社周辺の県道のゴミ拾いを1時間弱しています。以前は社内のトイレ掃除をやっていたのですが、10年ほど続けていたら社員の方から「やらせてください」と言ってきたので、私はもっと辛い外のゴミ拾いをするようになりました。こうした掃除というのは決して社員に押しつけているわけではありません。ですが、上に立つ者が率先してやっていると、いつかは自分もやってみようと思う社員が現れるものです。


兄から家業である食品スーパーを継いだんですが、この時、店を徘徊するゴキブリに悩まされていたんです。その時に「ゴキブリだんご(のちのゴキブリキャップ)」を発明した谷酒茂雄さんと知り合いました。谷酒さんに教えられたやり方で「ゴキブリだんご」をつくり、店に置いたら、1か月後にはゴキブリが完全に姿を消したのです。「ゴキブリだんご」が殺虫剤として市販される前のことです。そこで谷酒さんの自宅に「株式会社谷酒生物公害研究所(のちのタニサケ)」を設立することになりました。おかげさまで発売当初から話題になり、メディアにも取り上げられたりして事業を拡大することができました。


我々の主力商品の特徴は、化学合成の殺虫成分を使わず、天然素材が由来のものばかりです。ですから、当社は環境にも人にもやさしい殺虫・虫除け製品をつくることで人が安心して暮らせる環境をつくる。言ってみれば、環境企業だと思います。たとえば虫除けスプレー「ナチュラルハーブバリア」は忌避成分にディートなどの化学合成の成分は使わず、植物由来の忌避成分のみからできております。エタノール・防腐剤も無添加で、子供から大人まで使える、自然派志向の商品です。


松岡浩(経営者)の経歴・略歴

松岡浩、まつおか・ひろし。日本の経営者。殺虫剤メーカー「タニサケ」会長。岐阜県出身。商業高校卒業後、イビデン勤務、家業の食品スーパー経営などを経て谷酒生物公害研究所(のちのタニサケ)を共同創業。

他の記事も読んでみる

戸塚隆将

マッキンゼーでは、「成果=バリューを出すこと」と位置づけられています。その提案は、顧客にとって付加価値があるのか。その意見は本当に意味のあるものなのか。ありとあらゆる場面で、「バリューはあるのか」と問われます。大切なのは成果がしっかり定義されていることであり、数値化できなければ評価できないわけではないのです。


近藤太香巳

サービス業というのは、笑顔が大切。これは営業の基本だと思うんです。でも、100軒回って99軒帰れコールをされれば、誰でも落ち込みますよね。そこで、僕は右ポケットに鏡、左ポケットに欲しい車の写真を入れて、落ち込みそうになるとそれを見ました。「笑え、笑え、その顔じゃ契約は取れないぞ。この車が欲しいんだろ?」って。それでいつも笑顔を忘れなかったから結果的に一番になれたんだと思います。


水口和彦

条件付けは行動後60秒で決まる。部下が悪い報告をしてきたら60秒以内に感謝しましょう。これがいい上司。すると「悪い報告は早くしよう」と部下に条件付けられる。間のいい部下が自然にできる。


岡村隆史

養成所に入ってからコンビをみつけたりって人も多かったですけど、僕らは高校時代から一緒やった。それが長く続いている理由かもしれませんね。


市原敬久

山本先生(恩師の山本憲司教授)はよく、「よきテーマを与えれば、人は勝手に成長する」とおっしゃっていましたが、自分たちの徹夜の議論もまさにそのとおりで、勝手にやっていたものでした。先生は経パラも、「これは学生が主体の大会や。きみたちが主役なんやから、すべてきみたちが決めていい」と任せてくれたんです。だからそこで初めて本気で考えるようになったんです。


北方謙三

俺は、懸命に仕事してる。仕事をどう充実させていくかに真剣だし、充実させるための気力を養うのに、どう遊ぶかにも真剣。だから遊びだって懸命に遊ぶよ。


是枝裕和

偉そうなことを言う前に、とりあえずやってみれば。


吉田洋一郎

ミスが出たときに、多くの人は、身体の動きだけに原因を探します。が、実は心の状態を悪くし、それが身体の動きを悪くするという、メンタルのミスも往々にしてあるのです。これに気付いていないと、いつまでもラウンドで実力を出し切れないことになってしまいます。


大河原愛子

企業の競争力を高め、グローバル化が必須な企業においては、ダイバーシティー、特に、女性の視点から商品やサービスや戦略を立てていくことが大変重要。


安達一彦

イスラエルに関しては、日本人とイスラエル人の発想が対極的で面白い。彼らは極めて思想的で、若い頃からディベートで頭を鍛えまくるんです。だから、本当に頭がよくて、日本人が考え付かないような斬新なアイデアが出てきます。ただ、品質のいいものを作るのはあまり得意ではありません。だから、そこは日本人に任せればいいと思います。


穂坂賢

醸造学科設立から数多くの卒業生を輩出してきた当学には、卒業生を中心に強力なネットワークがありまして、業界の様々なことが分かるようになってきました。ただ、かつては酒蔵同士が互いに情報交換をすることはありませんでした。それはお酒が売れていたからです。互いに協力し合わなくても、お酒がよく売れる時代でしたから、情報を共有し合うという発想がなかった。ところが日本酒の出荷量が70年代から右肩下がりを続けたことで、互いに情報交換をしながら切磋琢磨し、業界全体を盛り上げていかなければならなくなりました。そうなったときに、当学のネットワークというのは強力な武器になると考えたのです。


午堂登紀雄

オンとオフの区別をつけないことが大切です。オフィスから出たあとも、アンテナを張りつづけた方が、仕事のアイデアが浮かびます。