名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

松山良一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松山良一のプロフィール

松山良一、まつやま・りょういち。日本の経営者、外交官。鹿児島県出身。東京大学経済学部卒業後、三井物産に入社。イタリア法人社長、三井物産広報室長、アメリカ法人副社長、理事九州支社長などを経て駐ボツワナ特命全権大使に就任。また、独立行政法人国際観光振興機構理事長などを務めた。

松山良一の名言 一覧

震災直後は、日本全体の元気がなくなっていました。その時に観光産業の方々の「観光の力で日本を元気にしたい」という共通の想いが、とかくバラバラな旅行業界をひとつにまとめ、業界を盛り上げることができました。業界が一致団結したことが訪日客増加の推進力になったと思います。


一番のポイントは「ありのまま」です。こちらが、これがいいと思うから勧めるのではなく、海外の方の目線を大事にする。きれいな空気とおいしい水が飲めて、安全な国は世界中探してもほかにはありません。日本という国に自信と誇りを持っていけば何も心配することはありません。


松山良一の経歴・略歴

松山良一、まつやま・りょういち。日本の経営者、外交官。鹿児島県出身。東京大学経済学部卒業後、三井物産に入社。イタリア法人社長、三井物産広報室長、アメリカ法人副社長、理事九州支社長などを経て駐ボツワナ特命全権大使に就任。また、独立行政法人国際観光振興機構理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

森秀明

よくあるケースは、「こういうデータがあります」と証拠だけを提示している資料です。「だから、こうしたい」という自分の主張や、「なぜなら、こうだからだ」という保証の部分が欠けている。それでは説得力のない資料になる。


和田秀樹

人間の老化は、感情から始まります。感情のコントロールを司るのは脳の前頭葉。40代以降、前頭葉の萎縮が顕著に表れるため、やる気や集中力が続かなくなるのです。また、最近の研究では、男性ホルモンと集中力が密接に関係していることもわかっています。男性ホルモンは40代頃から減少します。疲れやすくなったり、何事にも意欲が湧かなくなるため、必然的に集中力は落ちていきます。


和田秀樹

チャンスがないと嘆く人が多いけど、機会は何年かに1度は訪れるものです。でも、準備をしてなければせっかくのチャンスに対応できない。


小倉昌男

長い不況の七で、グローバルスタンダードという言葉は、日本社会の悪い流れを好転させる切り札のごとく使われてきた。もういままでのような日本のやり方ではグローバルな競争社会の中で生き残ることができない、というわけだ。しかし、本当にそうだろうか。たしかに現在のビジネス環境はグローバル化しているが、だからといって何でもかんでもアメリカのスタイルを取り入れればいいというものではないだろう。日本とアメリカとでは、前提となる社会構造が異なるからだ。


田中仁(経営者)

人の評価は成果や実績であることが多いですが、それらは本人の力だけではない場合がありますし、チームや人の協力によって得られることのほうが多い。だからこそどれだけクオリティの高い商品・サービスの創造に注力したかと、その人の働く態度(姿勢)を重視しようと評価制度をシフトしているところです。


陰山英男

最近は、自分は何が好きなのかさえわからない人が増えています。しかし、自分の価値観が確立しないと、生き方も確立しません。ぜひ、じっくり自分のことを考える時間を意識的につくってみてください。


堀義人

ビジョンと目的が明確に決まっていれば、判断は比較的簡単で、自分だけでなく社員もみんな簡単になるわけです。そうすると、わかりやすい経営ができると考えています。


田村恵子

生き抜くというプロセスの中にそれぞれの方の死があるため、私たちがケアしているのはそれぞれの人生そのものと思っています。ここには、問いも答えも無限にあるので、やはり、やりがいも誇りもある仕事に就かせてもらっているなと思っていますね。


伊藤真(弁護士)

「いつまでも忘れずにいるためには、覚える時に強く印象に残す」。これが私の持論です。例えば、覚えたいことをノートに「漫然と書く」「自分に印象づけることを意識して書く」。この2つを比べると、後者の方が記憶に残る。


松井道夫

新しい需要を掘り起こすには、新たな事業概念を確立することに尽きます。それが達成できれば、業界の覇者になることが可能でしょう。


俣野成敏

プロフェッショナルになることで、会社の業績低下やリストラの噂に一喜一憂する必要はなくなります。何よりも、毎日が充実して、仕事が面白くなります。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

理想的なのは、年金の範囲内で暮らせるようになること。私の母は年金で生活しているが、支出が少ないので毎月貯金している。このようにわずかでもお金が増えていく生活は気持ちにゆとりを生む。逆に残高が減る一方の生活は、どんなにお金があっても気が滅入るものである。