名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

松居一代の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松居一代のプロフィール

松居一代、まつい・かずよ。日本の女優、エッセイスト、ライフスタイルアドバイザー。滋賀県出身。テレビ番組『11PM』で芸能界デビュー。その後、多くの映画、テレビドラマに出演。

松居一代の名言 一覧

お金には人格があり、いかにいい関係を築けるかが重要。


シミュレーションやデータは欠かせないもの。しかし、最終的に決断を下すのは自分であり、その際、最も重要なのは直感。


私は人より早く仕込み、値上がりしたら腹7~8分目で売ってしまいます。証券会社の口車に乗って他の大勢の人と同時に買うと高値づかみになって、結果的に逃げられなくなる。売る時も、「まだ上がる、まだ上がる」と欲張って満腹になると、体が重くなって売り損なってしまうから。


日本では、人前でお金の話をするのはタブーだと考えられている。そのため、欧米のように子供たちが教育の場でお金について学ぶ機会もほとんどない。お金には人格があって良好な関係を築いていかなければならないのに、悪しき習慣が邪魔をしてコミュニケーション不足に陥り、結果としてお金に嫌われてしまっている日本人がたくさんいるように思う。


松居一代の経歴・略歴

松居一代、まつい・かずよ。日本の女優、エッセイスト、ライフスタイルアドバイザー。滋賀県出身。テレビ番組『11PM』で芸能界デビュー。その後、多くの映画、テレビドラマに出演。

他の記事も読んでみる

天池源受

本当にもう駄目だと思う度に発注が入り、お客様に何度助けられたことか。お客様は、厳しいことをおっしゃる方も多いのですが、会社を経営していく中で、温かい心で助けて下さる方も多いことが分かりました。また、お客様から「これは素晴らしい! さすが日本人だ!」と言われ、その評価を信じ、ものづくりに力を注いできました。今の天池合繊があるのはお客様のおかげです。その気持ちを常に持ち続けるために、我が社は「お客様に感謝し感動を伝えるものづくりをする」を経営理念に掲げています。


高野孝之

指針としたのは「限界に挑戦する!」という言葉。実際、1日126件の飛び込み営業など、限界に挑戦することで、知識が体系化され、営業の本質や効率的なやり方が見えてきました。


安永竜夫

既に7月は海外3つ、国内2つの出張が入っていましたからスケジュールが空いていたのは海の日の3連休だけでした。土曜に出て海の日の月曜日に帰ってくる強行軍でした。社長の人使いが荒いほうが普通なのですが、当社は社長使いが荒い(笑)。


伊藤直彦

長い人生には予期せぬことが突然身に降りかかることはよくある。くよくよせず、頭を切り替え、新しい道を選択する方が賢明だ。「災い転じて福となす」のたとえではないが、既定路線を歩むよりも素晴らしい人生が待っている方が多い。


森本千賀子

私の場合、子供と一緒に過ごす時間は普通のお母さんの半分程度しかないので、その時間の質をいかに上げるかを考えます。私の母も働いていたのですが、思い返すと母は、授業参観や展覧会などの学校行事は、どんなに忙しくとも必ず来てくれていました。私自身、いまだにそのことを覚えていますから、学校行事には必ず参加しています。


菅下清廣

私は「40代から手っ取り早く資産を増やすには、株式投資しかない」と断言します。株式投資はリスクが怖いという人もいるかもしれませんが、資産を形成しようとする以上、リスクゼロというのは難しいでしょう。それに株式投資は、きちんと勉強すれば誰でもゼロから始められ、手堅い企業の株を買えたら、1年で株価が2~3割上がることも珍しくありません。何より、生活や仕事の中にはたくさんの投資のヒントがあるので、ビジネスパーソンに最適です。


野中正人

2000年以降、トレンドのサイクルが非常に短くなる一方で、しまむらの店舗数は1000点を超えるようになり、2、3か月の遅れでは新商品を投入できなくなりました。こうなると、もはや流行の一番先を走る以外にはありません。情報収集力をつけ、極力アタリハズレのリスクを回避する。これが00年代、最初の10年の方針でした。


黒川茂

計画した数値にこだわり、年々落ち込む数字にまずは歯止めをかけたい。そして、単にITを提供するだけの会社ではなく、お客様の事業変革、事業創造に共に貢献できる会社として成長していける会社にしたい。


荒濱一

「稼げる脳」の持ち主は、時間ではなくアイデアを売ってお金を得ています。そのために、人に任せられる仕事は任せて、事業を考え出す時間を確保するのです。また、ある業界で成功した事業を他業界でも応用するなどしてビジネスを増殖させ、「収入の複線化」を図るケースも多いですね。


高柳健次郎

私のような若造が研究してもうまくいくだろうかと思ったが、これこそ自分の長い間探し求めていたテーマであると確信を持ち、テレビジョンの研究を決意した。
【覚書き|20代中盤にテレビの開発に本気で取り組む決意をした時を振り返っての発言。その後、世界初のテレビ受像実験に成功。ブラウン管に「イ」の字を写しだす。イはいろはのい】


藤井薫(編集者)

事業盛衰のサイクルが短くなり、企業の寿命が短命化している。生涯に3つくらいの会社を渡り歩くことが当たり前になるだろう。


猪瀬直樹

僕は、未体験の物や情報、現象に出会ったとき、「ノー」ではなく、まず「イエス」から入ることを心がけています。人は未知のものに出会うと、否定的な反応を示して、これまで自分が積み重ねてきたものを守ろうとします。しかし、最初から拒絶すると、新しいものに対して正しい評価を下せません。そこで一度、アタマの中のバケツをひっくり返して水をぜんぶ捨て、新しい水を入れてみるのです。そのうえでやはりおかしいと思ったら、否定すればいい。このプロセスを踏まずに「前例がない」「どうせムリ」と思っていると、いつまでたっても固定観念に縛られたままです。