名言DB

9412 人 / 110637 名言

松尾静磨の名言

twitter Facebook はてブ

松尾静磨のプロフィール

松尾静磨、まつお・しずま。日本の経営者、官僚。日本航空社長・会長、初代航空保安庁長官。日本の航空産業に尽力した人物。佐賀県出身。九州大学工学部機械工学科卒業後、東京瓦斯電気に入社し、航空エンジンの設計に携わる。その後、逓信省に入省、航空局に配属され、朝鮮総督府蔚山飛行場長、大邱飛行場長、大阪飛行場長、乗員部補給課長、次長などを務めた。太平洋戦争終結後は、航空保安部長、初代航空保安庁長官。日本航空発足時に専務として入社。その後、副社長を経て社長・会長。

松尾静磨の名言 一覧

昔はお客さんが1人か2人しかいないことがあった。それでも当時の社員諸君は1人のお客、1つの貨物や郵便物を心から大事にした。それは、本当にありがたいと思う感謝の気持ちからだ。そうした真心の積み上げが、今日の収益を生み出したのだということを忘れないでくれ。
【覚書き|日航の創業期を知らない若手社員たちに語った言葉】


スパルタ教育だったが、いま考えてもあの当時の厳しいしつけは、ありがたかったと思う。どんなスポーツでも、苦しい訓練を重ねることによって、初めてファイトと忍耐力が養われるのだ。
【覚書き|旧制中学時代を振り返っての発言】


どんな仕事でも3年ぐらいしないと基礎はできない。まして航空事業には10年間のブランクがあり、まったくの無一文から始めたのだから、そんなに早く良くなる方がむしろおかしい。しかし、世間はそう思わないから、我々としても焦る必要はないが、できるだけ早く1銭でもいいから黒字を出すように努力しましょう。
【覚書き|終戦後ゼロからスタートした日航は、3年間で10億円の赤字を出していた。そのため初代社長柳田誠二郎氏に送った言葉。柳田氏は銀行出身者で航空産業は未経験だった】


新人採用にあたって、うちの会社では、なるべく秀才第一主義を避けて、いざというときに不屈の精神力と忍耐力と粘りを発揮できる者を選ぶことにしている。そうなると、どうしてもスポーツマンだ。私はあまり小さいことにはこだわらない性分だが、これは中学時代からやったスポーツのせいだと思っている。


お客さんが飛行機を利用する場合の第一条件は「信頼」ということだ。その信頼は、経験を積むことである。我々は現在の信頼の上に立ってさらにサービスに努め、交通機関の責務はなによりも安全運航だ、ということを肝に銘じて努力しなければならないと思っている。


彼らが職務につくときは、会社の膨大な財産を預かる責任者であるばかりでなく、乗客の尊い生命までを自分の判断だけで守らなければならない。そういう重大な職務につく者が、電車で汗まみれになって飛行場につき、疲れた体と不愉快な気持ちで仕事につくようではならない。だからキャプテン(機長)だけは重役と同様に、車で送り迎えするようにしてもらいたい。
【覚書き|日本航空に初めて日本人機長がでたとき、彼らを車で送迎するのは贅沢だという重役に対して反論した言葉】


スポーツは技術だけでは駄目だ。がっちりと、テコでも動かぬ精神力と粘りを身につけなければ勝てない。
【覚書き|学生時代、テニスを中心にスポーツに没頭したことについて語った言葉】


私は中学時代から長いことテニスの選手生活を送ったが、シングルスでセットオールにでもなると時間を食う。それも、夏のじりじり照る日中の試合は大変だ。ゲームの途中に息切れがしてこれ以上やれるかどうかというヤマが必ずある。だが、自分がくたくたのときは相手もまいっているはずだ。そこで「なにくそ!」という闘志が湧く。それが精神力である。


当今は万事合理主義の時代になって、昔のような厳しい訓練がないので、いざという肝心なときに粘りがない。競技にしても、やれ向かい風が強かっただの、雨が降っていたのとコンディションのせいにするが、自分だけでなく相手も同じ条件でやっているのだ。日ごろの訓練が足りないから、とんでもない泣きごとを言ってしまうのである。


家庭というものは、諸君にとって最も大事なところだ。朝出がけに奥さんと喧嘩して、むかむかした気持ちで貴重な人命や財産を預かる重大な職務についてもらうようなことでは困る。その意味で、キャプテン(機長)は常に健康に留意するとともに、品性を高めることに努力してほしい。諸君は外国に行けば、民間の外交官である。責任は重い。そのためにもまず、家庭第一主義をとってもらいたい。


臆病者と言われる勇気を持て。安全航行こそ、最大の使命であり、責任である。


企業というものは社長一人が優れていても、たいしたことではないんです。全社員がそれぞれの能力を十分に発揮できるような、一人一人が気持ちよく働けるような職場づくりをしなければ業績は上がりません。


松尾静磨の経歴・略歴

松尾静磨、まつお・しずま。日本の経営者、官僚。日本航空社長・会長、初代航空保安庁長官。日本の航空産業に尽力した人物。佐賀県出身。九州大学工学部機械工学科卒業後、東京瓦斯電気に入社し、航空エンジンの設計に携わる。その後、逓信省に入省、航空局に配属され、朝鮮総督府蔚山飛行場長、大邱飛行場長、大阪飛行場長、乗員部補給課長、次長などを務めた。太平洋戦争終結後は、航空保安部長、初代航空保安庁長官。日本航空発足時に専務として入社。その後、副社長を経て社長・会長。

他の記事も読んでみる

笹嶋敏之

当社はニッチな市場で生きてきました。小さな業界ですが、業界内での製品開発力は群を抜いていると自負しています。ナカ工業が常に進化している、面白い会社であると市場に認知させることができれば、建材業界も活性化してくると思います。


田中稔一

担当者に直接電話することで相手も事の重要性を認識し、次の対応も早くなります。同時に、生の声でお互いの微妙なニュアンスも伝わるのです。周囲は迷惑していると思いますが、何事も先延ばしにすると対応がダラダラ遅くなります。当然リスクも大きくなり、タイミングを逸することで問題も深刻になります。


櫻田武(桜田武)

社会にはびこっている「甘えの構造」を叩き直さない限り、21世紀の日本はない。国民が安逸に慣れ、活力を失えば、資源も乏しく、国土も狭い我が国は世界に立ち行かなくなる。【覚書き:日経連名誉会長時の発言】


石橋貴明

秘訣と言うほどのことじゃないかもしれないですけど、ひとつ挙げるとすれば「好きだ」ということですね。僕らはテレビでお笑いをやっていることが好きなんですよ。

【覚え書き|コンビ結成35周年について】


似鳥昭雄

地方から東京や大阪に進出するのは非常に恐いものです。私も津軽海峡を渡るのが最初はとても恐くて、北海道から3年も4年も出ることが出来ませんでした。しかし、社員に「『日本の人々に豊かな住まいを提供する』という目標はどうなったのですか。私たちはそのためにニトリに入社したのです」と背中を押されました。それでやはり「自分はどうなってもいい」という覚悟を持った時に動けました。自分のことを考えると保守的になってなかなかできないのです。ですから、地方の人は自分のためという意識を捨てて、社員のため、日本人のためだとという志を持ち、自分を追い込む勇気がないといけません。初めて東京に足を踏み入れた時は大きなプレッシャーでした。


駒崎弘樹

もちろん会社のために一生懸命働いてもいいと思います。でも僕らは、会社に所属すると同時に、社会の住人でもあるという多元的な所属をするべきだと思います。多元的に所属していれば、会社が社会に対してよろしくないことをしたときにも、迷うことなくいさめたり、内部告発できます。


宗次徳二

ココイチは飲食業界のなかでもかなり細かい部分までマニュアルを定めている方だと思います。しかし、マニュアルだけでは絶対に対応できない細かな部分は当然存在します。それを指導するためには、やはり現場に入ることが大切なのです。


鈴木喬(経営者)

計画してもその通りにいかないのが今の時代。最近の変化の激しい時代に、計画に縛られてしまったら正しい決断はできやしない。朝令暮改、いや朝令「朝」改できる勇気と度胸がないと、今のトップは務まらない。


大隈重信

大隈処世五訓

 何事も楽観的に見よ。
 怒るな。
 貪るな。
 愚痴をこぼすな。
 世の中のために働け。


村瀬治男

「製品」とは工場でつくりだされるモノ、「商品」はお客様が求めている価値を提供するものを意味します。本来、製品は商品であることを念頭につくられるべきで、それがなければお客様に喜んで買っていただけるものにはなりません。


ジョセフ・トリポディ

「正しいと思うならば崖っぷちまで進もう」というのが私の哲学です。奈落の底に落ちそうになれば、引き返せばいいのです。


井上和雄

現代は物質的には非常に恵まれた時代だと思います。ただその中で個々の楽しみや便利さを追求するだけではなく、家族や社会、国のあり方という基本的なことを、原点にたちもどって考えて欲しいです。何らかのかたちで社会から受けている恩恵を、いずれは社会に還元して行くという姿勢を大切に、いろいろと挑戦してみて下さい。


林野宏

消費者は見ていますよ。どこが真剣に消費者のことを考えていて、どこが真似しているだけなのかを。


益子修

部門間のローテーション人事を行い、各部門の苦しみを分かり合おうと考えました。商品開発が販売店に行く。そして、自分の手でクルマを売ってみる。つまり、販売の視点、お客様の視点を取り入れた商品開発ができる仕組みにしました。


宋文洲

この会社を大きくするのは私の仕事ではありません。それはいまの経営陣の仕事です。誰でも正しいと思ったことを発言して、公正な議論で意思決定がされる企業文化をつくりたい。それがいまの日本企業に最も必要とされている内部統制だと思います。