名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

松尾泰一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松尾泰一郎のプロフィール

松尾泰一郎、まつお・たいいちろう。丸紅会長。東大経済学部卒業後、商工省(現:経済産業省)入省。通産省通商局長を経て、丸紅飯田に入社。常務、専務、副社長を歴任し社長、会長。経団連常任理事・経済協力委員会委員長。東京商工会議所国際経済委員会委員長。通産省貿易会議議員などでも活躍。英国から大英勲章。日本政府から内閣総理大臣貿易表彰を受ける。

松尾泰一郎の名言 一覧

戦国時代の城は、外敵よりも内部の敵、つまり場内の武士が士気旺盛で、一致団結しているときは、なかなか落ちない。しかし、その団結が緩んだり、場内に不和が起こるとき、崩壊してしまう。全社員の一致団結によって丸紅の防衛を図らなければならない。全員が他人事視せず、お互いの不平不満を捨てて裸になり、一枚岩になってもらいたい。


管理職、一般男子女子社員に至るまで、全社員がいかに頭と体を駆使して能率的に活動するか否かが、商社の業績を左右するのである。社内における上下左右の連絡、注意疎通はもちろんのこと、売り買い両面にわたる取引先との緊密な連携も重要である。これらの連携がコーディネーター、あるいはオルガナイザーの役割を果たすこととなる。


俺が俺がのエリート意識を捨てて、威張らず、謙虚に、誠実に、また明るく対応することが必要なのではなかろうか。常に凡庸、平凡、中庸の精神を持って行動することが必要である。全社員の団結によって業績を上げていかなければならない商社にあって、平時でも非常時でも平凡の精神を持って、常に謙虚に、自己中心のエリート意識を捨てて、手を取り合って団結しあうことが、あらゆる面での業績向上の上で大切ではなかろうか。


戦後の日本経済の復興発展に当たって、各種企業が大いなる貢献をしたことは申すまでもない。このような企業社会の中における商社について一言触れるなら、商社、とくに総合商社はその本質として流通部門を担当し、その取扱い範囲は誠に広範囲である。これらを担当する社員は多種多様の専門家である。商社において一番必要なのは人材であり、これが宝である。


松尾泰一郎の経歴・略歴

松尾泰一郎、まつお・たいいちろう。丸紅会長。東大経済学部卒業後、商工省(現:経済産業省)入省。通産省通商局長を経て、丸紅飯田に入社。常務、専務、副社長を歴任し社長、会長。経団連常任理事・経済協力委員会委員長。東京商工会議所国際経済委員会委員長。通産省貿易会議議員などでも活躍。英国から大英勲章。日本政府から内閣総理大臣貿易表彰を受ける。

他の記事も読んでみる

松沢幸一

私はドイツ語だけでなく40代になってから一念発起して英語もマスターしました。まず最初から大上段に「勉強しよう」と構えるのではなく、努力の結果が出ると人生が楽しくなるというイメージを持つようにしました。たとえビジネスに役立たなくても、外国人が困ってうろうろしているとき、声をかけてあげられたら気分がいいでしょう。海外からのお客様が来て、2時間も黙って下を向いているより、会話できた方が絶対に楽しい。


横山進一(経営者)

道元は「自分を習うことは、自分を忘れることだ」と言っています。なかなか自分を捨てることができないのが人間です。しかし、自分を捨てる覚悟がなければ社長は務まりません。住友生命には5万人の職員がいるわけですから、軽微なことまで含めれば、社内には常に何か問題が起こっているのです。禅の精神はそういう時に役に立ちます。


武田信繁

それぞれその者に対して、その能力に応じて使うようにしなくてはならない。古語にも、「良工は使用の材料を選ばず、良将はいかなる部下をも適材適所に置く」とある。


川端裕

上司の立場を理解したうえでこの提案をしているんだ、ということが上司に伝わる提案をすれば、「こいつ、よく俺の立場をわかっているな」となります。


塚越寛

競争相手が多いところでは価格競争に巻き込まれてしまいますが、新しく用途開発したところは、同業他社が追いつくまでは全部うちのシェアですから収益性も高い。中小企業の生きる道は、開発型企業になることだと、従業員の1割以上を開発要員にあてています。


森雅彦

最低限の言語として英語は必要ですが、我が社のような工作機械メーカーなら、この業界で働く人独特の性格やタイプというのがあり、国籍や言語を超えて、わかりあえると感じることはよくあります。ですから、もし入社した会社が外資に買収されたら、来る者は拒まずの精神で挑んでみてはいかがでしょうか。


澤田秀雄

HS証券の失敗から、私は企業買収を成功させるために必要なことをいくつも学びました。その中でも、特に重要なのは買収契約を結ぶ前に、相手先を徹底的に調査するということでしょう。ハウステンボス買収ではこの時の経験が生きました。


澤上篤人

投資はいつも早め早めの行動を心掛けること。これが、なかなかできない。よくいるじゃない、底値で買おうとか、大底を打ったのを確認してから買いに入ろうなんて言っている投資家が。そんなもの、ヘボ投資家のザレ言にすぎない。相場を追っかけていて、どこが底なのか分かるわけがないのに。また、相場が大底を打ったのを見てから買いに行ったら、自分の買値を押し上げるだけ。わざわざ高値を買うこともあるまい。なので、暴落相場ときたら、さっさと買いを入れることだ。そんな時は売りが集中しているから、いくらでも好きなだけ買える。買いそびれるなんてこともない。とにかく安値は買っておこう。買わないと、投資にならないのだから。


中原淳

部下が成長を実感させるのに大切なのは、本人の行動や仕事の成果について、自ら振り返る機会をいかに与えるかということです。上司のものの見方や考えを押し付けるのではなく、「あのとき、君はこういう判断を下したけれど、別の選択肢もあったんじゃないか」「結果はこうなったけど、違うやり方をしたら、業績はもっと伸びたかもしれないよ」という「問いかけ」を行うのです。必要なのは上司のあなたの答えではなく、良質な問いかけです。


溝畑宏

私も何度か失敗して叩かれたことがありますが、失敗すると本当に悔しいから、「絶対次は成功してやる」と思います。


河上和雄

34年間、検事として刑事事件の捜査に携わってきた弊害なのかもしれないけど、どうしても人間というものに対して性善説はとれない。大多数の人間は、後天的な教育によって、かろうじて踏みとどまっているんじゃないですか。言いかえると、誰でも育つ環境、この環境というのは家庭と学校、それに近隣社会の3つなんですけどね。この環境次第で犯罪者にもなるし、立派な人間にもなれると。


岩佐大輝

私の目標は「10年、100社、1万人」です。10年で東北地方に100社、1万人の雇用を生み出すことです。