名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

松尾正彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松尾正彦のプロフィール

松尾正彦、まつお・まさひこ。日本の経営者。「明治ホールディングス(明治HD)」社長。福岡県出身。慶応大学経済学部卒業後、明治製菓(のちの明治HD)に入社。執行役員薬品国際事業本部長、取締役薬品生産本部長、専務、医薬品メーカー「Meiji Seikaファルマ」社長などを経て明治HD社長に就任。

松尾正彦の名言 一覧

事業の拡大はあまり拙速にしないように心がけています。拡大のタイミングを待つことが大切です。


準備はしておいた上で、タイミングを見て一気に乗り出す。忍耐は必要ですが、それが経営者の肝ですね。


海外でパートナーを選ぶ場合は会社や経営者の信頼性が一番。人間を見ることが必要だ。それがあれば、立ち上がりが悪くても、取り戻すことができる。


当社は赤ちゃんからお年寄りまで、幅広い年齢の人に商品を提供しています。つまり、一人が生まれてから亡くなるまで、明治というブランドにお付き合いいただくわけです。そのために必要なのは、信頼される会社であり続けること。自分の担当する商品のお客さんが、次には社内の別のグループのお客さんになるという意識を持つことが重要です。


松尾正彦の経歴・略歴

松尾正彦、まつお・まさひこ。日本の経営者。「明治ホールディングス(明治HD)」社長。福岡県出身。慶応大学経済学部卒業後、明治製菓(のちの明治HD)に入社。執行役員薬品国際事業本部長、取締役薬品生産本部長、専務、医薬品メーカー「Meiji Seikaファルマ」社長などを経て明治HD社長に就任。

他の記事も読んでみる

吉田敬(お笑い芸人)

人はシュートを打って外して、シーンとなるのが一番怖いんです。だから、僕が外したら、リバウンドだけは頼むわっていうのは(相方に)言うてます。でも、仮に小杉がリバウンドを捕ろうとしてうまくいかなかっても、一人じゃないと思えるから次も打てる。売れた秘訣があるとしたら、そういうとこなんやと思います。


小形真訓

他人の欠点に目が行ったときは、自分と他人を比べるのではなく、自分とキリストを比べるのです。自分はキリストに何ひとつかなうところはない。キリストに比べれば何もかも不完全だと気がつけば、少しは謙虚になれるし、他人に対する期待過剰もなくなるのではないでしょうか。


ルー大柴

外国の人は年をとっても、結構派手な洋服を上手く着こなして、それが実にカッコいいじゃないですか。あの心意気ですよ。「これはインポッシブル」とか「トゥーマッチじゃないか」とか、臆病にならずに、まずはトライすることです。それを続けていけば、いずれは慣れて着こなしていけるようになるんです。


豊島俊弘

重要なことは、日本は何ができて、何ができなかったのか、原因を突き詰めること。


木村大作

さぼっている奴が働くようになれば、他の連中は2倍働くようになるから不思議ですよ。


岩井俊憲

アドラー心理学で重要視するのは「自己肯定感」や「自己受容感」。自分を受け入れ、いまの自分でOKだという気持ちです。自分はダメ人間だとか、価値がないと思っている人で、運が強いという人はいないでしょう?


布施一樹

大切にしているのは、優れたソフトウエアをつくれる人材と技術力、そしてその技術をソリューションにつなげられる人材。いずれも人ありき、と考えています。


天外伺朗(土井利忠)

以前は管理型の監督だった岡田(岡田武史)さんは、選手の自主性を重視し、自分で考えさせるマネジメント法に変わりました。叱責や命令ではなく、選手が自分のプレーをビデオで確認しているときに、「いいドリブルだ」などとそばでつぶやいて、選手の深層心理にポジティブなメッセージをすりこんで、選手のモチベーションを高めるような工夫をしていました。


石田純一

自分という資源を生かすことが大事。人との時間の使い方を大事にすれば、お金はいつかついてくる。


谷本有香

「ビジネスは浮き沈みが激しいものだ」と言われますが、浮いたり沈んだりするのは愛される成功者のみができること。周囲の引き立てがあるから、巻き返すことができるのです。利己的な人は、急浮上しても「沈んだまま戻ってこられない」ケースのほうが多いというのが私の実感です。


西内啓

記憶にせよ勉強にせよ、「なぜ自分がそれをやるのか」という目的、つまりゴールを明確にする必要があります。それが大前提であって「何となく、やらなきゃ」という漠然とした焦りからスタートすると、せっかくの努力も報われないと思います。


常見陽平

サラリーマン道で大事なのは、どんな地味な仕事にもやりがいを見つけること。やりがいは企業に期待するのではなく自分でつくることが大事です。