名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

松坂晃太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松坂晃太郎のプロフィール

松坂晃太郎、まつさか・こうたろう。日本の経営者。RCヘリコプターメーカー「ヒロボー」社長。広島県出身。関西大学大学院工学研究科修了。在学中に禅に興味を抱き天龍寺で修行を行う。その後、家業のヒロボーに入社。取締役、副社長などを務めたのち父の急逝を期に社長に就任。紡績事業からプラスチック、電気器機、ラジコンヘリ製造などに事業を転換。ラジコンヘリ事業では世界トップシェアを達成。

松坂晃太郎の名言 一覧

チームを構成する個々人の能力の高さよりも、チームワークや助け合いの精神といったものが、仕事の面でも大事。


R&D(研究開発)におカネをかけて新しいことに取り組まなければ、生き残っていけない。


思いやりのある人材を一人でも多く増やし、全社でチームワークを高めていくのが、社長である私の役割。


私は、会社の経営というのはそこで働く人に合わせて変えるものだと思っています。プラスチック成形や電気機器の事業が好調なのも、その事業自体が優れているというよりも、それら事業部門のリーダーの人間力が高いからでしょう。事業よりも人が先にあるということです。


父が社長だった時代、トップダウンで社員を引っ張っていたせいか、指示待ちの風土ができあがっていました。私はそれを変えたくて、能力よりも、やる気や人柄のよさなど、人間力の高い人物を抜擢して仕事を任せることにしたのです。当然、社内には摩擦が生じました。私が抜擢したのは、役員としては若手で実績がない人物だったからです。猛反発を食らいました。それでも、人間性重視の抜擢を続けました。


急遽会社を継ぐことになり、まずは社員たちと顔を合わせたいと思い、毎朝、玄関の掃除を始めました。最初は、誰も私にあいさつしてくれませんでした。でも、続けているうちに、次第に社員たちと顔見知りになり、絆が深まっていったのです。「会社って、私が思っている以上に人間的で温かいところなんだ」と実感しました。


松坂晃太郎の経歴・略歴

松坂晃太郎、まつさか・こうたろう。日本の経営者。RCヘリコプターメーカー「ヒロボー」社長。広島県出身。関西大学大学院工学研究科修了。在学中に禅に興味を抱き天龍寺で修行を行う。その後、家業のヒロボーに入社。取締役、副社長などを務めたのち父の急逝を期に社長に就任。紡績事業からプラスチック、電気器機、ラジコンヘリ製造などに事業を転換。ラジコンヘリ事業では世界トップシェアを達成。

他の記事も読んでみる

魚谷雅彦

大事なのはコスト削減ではなく、効率的な運営を体質化すること。そのためにもプロセスを変えていく。人員削減ではなく、今いる人が活性化していくことが大切。


野口吉昭

愚直に繰り返すというと精神論に聞こえるかもしれませんが、習慣をマネジメントするポイントさえつかめれば、誰でも正しい努力を継続させることができます。習慣化するための条件として欠かせないのは、手段そのものを好きになることです。


笹氣健治

毎年のように英語の勉強を始めようと決意しては、そのたびに挫折しているビジネスパーソンって、ものすごく多いのではないでしょうか。答えは簡単です。やるべきことの中で、優先順位が低いからです。もっと言ってしまえば、心の底から勉強したかったのかどうかということです。


西辻一真

後継者不足などで使われていない農地(休耕地)を、農業を体験できる「貸し農園」に変えて提供しています。利用者は手軽に農業を楽しめて、それが農家の方を助けることにつながる仕組みです。


遠藤弘満

Knotの時計がどういう人たちの思いによって生み出されているのか、丁寧に説明することでしか不信感を拭えないと考えていましたが、これを克服する際にはインターネットやSNSの発達が大きな助けになりました。


榎本博明

「そろそろ取りかかったほうがいい」「今日はここまで進めなさい」と上司がすべて指示すると、部下は自律的に時間を管理する力が身につきません。一週間などとスパンを決め、そのあいだは本人に仕事の進め方を任せ、上司が進捗の確認や指示出しをするのは週に一度の打ち合わせだけにする、といったやり方が適切でしょう。


寺畠正道

どんどん新しいことにチャレンジし、世界で活躍してみたいと思っている人は大歓迎です。私の経験から見ても、日本の中だけで仕事をしているといずれ限界がくる。日本にいるとどうしても世界が見えづらくなるのです。自分で情報を取りにいくバイタリティがあり、チャレンジングな精神を持った人にぜひ来てほしいですね。最近は外務省から我が社に来てくださる方もいらっしゃいますね。


上西京一郎

パーク内のパレード。当初は皆さんが沿道で静粛に見ていたのが、この30年で、見るだけじゃ物足りない、自分も参加したいという欲求が、若い人から高まってきました。また、ゲストに水をかける夏のイベント。開業当初に行っていたら、顰蹙(ひんしゅく)を買っていたと思います。日本人の楽しみ方が変わる中、原点は崩さず、お客様の期待をキャッチアップし、具現化することを繰り返してきたことが今につながっているのです。


森内俊之

将棋には無限の可能性があって、終わりがありません。いつまでも挑戦し続けることの楽しさを感じていたい。それが今の正直な気持ちです。


白川修一郎

アンケート結果を見ると大多数の人が睡眠不足。しかもそれが蓄積され、大きな睡眠負債を抱えています。心身を病むリスクが高くなり、仕事や生活における活動の質を低下させてしまいます。理想の睡眠時間は7~9時間。最低でも6時間は必要。


上川徹

「こういうことをやりたいな」「こうなったらいいな」という気持ちをどうか大切にしてほしい。「やっぱり無理かも」と諦めてしまう人が多い中で、なんとか実現させようと頑張っている人は輝いて見えるし、そういう人の周りには、自然と色々な人間の力やサポートが集まってくるものだから。


大野直竹

オーナー(創業者・石橋信夫)は創業百周年で売り上げ10兆円という夢があった。そういう夢というのは、僕らに立ち止まってはいけないよということを教えていると思うんです。