松坂晃太郎の名言

松坂晃太郎のプロフィール

松坂晃太郎、まつさか・こうたろう。日本の経営者。RCヘリコプターメーカー「ヒロボー」社長。広島県出身。関西大学大学院工学研究科修了。在学中に禅に興味を抱き天龍寺で修行を行う。その後、家業のヒロボーに入社。取締役、副社長などを務めたのち父の急逝を期に社長に就任。紡績事業からプラスチック、電気器機、ラジコンヘリ製造などに事業を転換。ラジコンヘリ事業では世界トップシェアを達成。

松坂晃太郎の名言 一覧

チームを構成する個々人の能力の高さよりも、チームワークや助け合いの精神といったものが、仕事の面でも大事。


R&D(研究開発)におカネをかけて新しいことに取り組まなければ、生き残っていけない。


思いやりのある人材を一人でも多く増やし、全社でチームワークを高めていくのが、社長である私の役割。


私は、会社の経営というのはそこで働く人に合わせて変えるものだと思っています。プラスチック成形や電気機器の事業が好調なのも、その事業自体が優れているというよりも、それら事業部門のリーダーの人間力が高いからでしょう。事業よりも人が先にあるということです。


父が社長だった時代、トップダウンで社員を引っ張っていたせいか、指示待ちの風土ができあがっていました。私はそれを変えたくて、能力よりも、やる気や人柄のよさなど、人間力の高い人物を抜擢して仕事を任せることにしたのです。当然、社内には摩擦が生じました。私が抜擢したのは、役員としては若手で実績がない人物だったからです。猛反発を食らいました。それでも、人間性重視の抜擢を続けました。


急遽会社を継ぐことになり、まずは社員たちと顔を合わせたいと思い、毎朝、玄関の掃除を始めました。最初は、誰も私にあいさつしてくれませんでした。でも、続けているうちに、次第に社員たちと顔見知りになり、絆が深まっていったのです。「会社って、私が思っている以上に人間的で温かいところなんだ」と実感しました。


松坂晃太郎の経歴・略歴

松坂晃太郎、まつさか・こうたろう。日本の経営者。RCヘリコプターメーカー「ヒロボー」社長。広島県出身。関西大学大学院工学研究科修了。在学中に禅に興味を抱き天龍寺で修行を行う。その後、家業のヒロボーに入社。取締役、副社長などを務めたのち父の急逝を期に社長に就任。紡績事業からプラスチック、電気器機、ラジコンヘリ製造などに事業を転換。ラジコンヘリ事業では世界トップシェアを達成。

他の記事も読んでみる

小松節子

私の経営者としての使命は、美しいバランスシートを完成させること。そして、お客様への感謝の気持ち、社員への思いやりを忘れることなく、人間を磨き続け、この気持ちを次の後継者へ引き継ぐことです。あらゆる覚悟をもって、努力を惜しまず前進しなければ当社の未来はないと思います。


二木渉

アクティビティー分野は、手間がかかる割に単価が低いので利幅が少ない。ツアー催行会社は膨大にあり、人間関係が決め手になります。このため大手でも参入障壁は高いので、当社とは競合であると同時に、パートナーでもあります。


井筒和幸(映画監督)

丁寧にすべてをこなすということに尽きる。どんな相手にだって丁寧に接していると、自然と感じが良い自分を演出している。その延長上に、本来の性格が見え隠れするんちゃいますか。


真矢みき

新しい表現に挑戦するときは常に、先輩方が構築してきた伝統を壊すことにならないか悩んでいました。背中を押してくださったのは、宝塚を象徴する男役スターとして活躍した故・春日野八千代先生の言葉でした。「何かを始める人間は頭を打たれる。それでも、やりたいかどうか」。こう言って頂き、覚悟が決まりました。


野村均

入社後は、法人仲介事業に約10年、住宅事業とビル事業にそれぞれ約10年と大半を現場で過ごしてきました。会議で報告を受けて分からないことでも、現場に出かけると分かることも多い。これからも現場に出向き、人と話し、様々な情報を得ることを大切にしたいと思います。


佐藤優

綱渡りで仕事するのはリスクが高いという声もあるだろう。だが、たとえ綱渡りでも、落ちなければ問題はない。綱から落ちたときのためにスケジュールにバッファを多めに入れる人もいるが、入れすぎると緊張感が失われるリスクがある。むしろ予定を詰め込んでギリギリの状況に追い込んだほうが、いい仕事ができるはずだ。


飯田亮

役人をはじめとした、いわゆる「専門家」と称する人たちに制度設計を任せてしまったのが間違いものとだったと思います。国の将来を担う若者をどう育てるかという視点で、広く社会にもまれて生きる人々から意見を集めて制度をつくるべきだったのです。


上原好人

私たちは非上場企業という立場になったおかげで、アナリストや銀行の評価を気にする必要がなくなり、いままでと違う大胆な経営方式をとれるようになりました。いまの私たちにとって大切なのは、市場の評価ではなくお客様の評価なのです。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

「睡眠ログ」をとって、ご自身の睡眠を見える化しましょう。基本的には「入眠時間・起床時間・睡眠時間・目覚め感」を3段階で評価したものを記録するだけでOK。その日何をしたか、職場での調子はどうだったかなどをメモするとさらに有用なデータになります。数日分のログが溜まったところで読み返せば、「何時間眠れば調子がいいか」「前日に何をすると疲れが残るか」などの自分の傾向が見えてきます。自分にとっての良い習慣や問題点を見つけたら、こまめにカスタマイズする。それにより、睡眠という「明日への投資」は、大きな成果となって返ってくるでしょう。


三谷幸喜

自分が落ち込んだとき、何を観て気を紛らわすかといったら、やはりコメディなんです。「グレートレース」やビリー・ワイルダーの映画を観て元気になる。くだらないと思いつつ「Mr.ビーン」を観たりね。そういう意味で、喜劇には意義があると思います。


黒川光博

老舗の場合は特に、「昔から変わらない」「ずっと守られてきた味」という点に評価を頂きます。しかし実際のところ、味は時代によって変わるものだと思います。私は社員にも「味は変えていい」と言っています。味は不変ではないのです。


野村克也

弱いチームの選手は点をとられる度に「負け」を意識しだす。「仕方ない」と振り返らない。何も学ばないから進歩しないんだ。


瀬戸欣哉

改革を続行しながら、社会に新しい価値を提供していく。そのホームグラウンドはあくまでも日本だ。日本で価値を提供できなければ、グローバル市場でも勝負できない。


森平茂生

クロックス時代を振り返れば、「靴専門の販売店へは、安易に売らないメーカーになろう」と社員によく言っていました。靴専門の販売店にクロックスを持っていくと、ほかの靴と同様に安く買い叩かれてしまうのがオチです。でも自分たちは手間隙をかけてこのクロックスというブランドを一生懸命育てようとしているわけで、何も考えずに商品を右から左へ流しているわけじゃないと思っていました。要は自分たちの大事なブランドを、小売店さんは適正に評価してくださいというスタンスです。ですから古い商慣習に縛られないセレクトショップや雑貨店へ積極的に営業しました。


黒田暲之助

今日の姿になったのは、企業と社員が共通の目的を持ち続けたからだと思う。現代風に言えば企業理念の共有。私なりの言葉を使うと「共感と共鳴の経営」ということになろうか。【覚書き:それほど先進的商品を取り扱かわず、また大きな宣伝も打っていないのに、文具メーカーとして日本屈指の企業になった秘訣を聞かれての答え】


ページの先頭へ