名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

松坂敬太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松坂敬太郎のプロフィール

松坂敬太郎、まつざか・けいたろう。電子回路、ホビー用・産業用の小型無線航空機、プラスチック部品製造などを行うヒロボーグループの創業者。社名のヒロボーは父から受け継いだ広島紡績を略したもの。受け継いだ会社の事業を変更し大きく育てた経営者

松坂敬太郎の名言 一覧

どれだけの人が共感して、一緒にやろうというかどうかなんです。どんなに辛くても、想いが通るまで、執拗に語り続けるとはじめて周囲が動いてくれる。人は夢を与えられると倍働くものなんです。夢を語ることこそが経営者の唯一の仕事ではないでしょうか。


間違いなく将来俺はこうなると言う想い、何が何でもここまでやってやるという夢を持ち続ければ、必ずやまわりは動いてくれます。思いを強く持った人だけが大きな仕事をなし遂げられるんです。


僕は新しく事業をやろうとしている人たちに、こう言っているんです。銀行が貸し渋りだ、助けてくれんと言いますが、あなたは単に銀行に助けてくれと言っているだけじゃないですかと。この世の中、誰が助けてくれますかと言いたいんです。銀行に行って、説得してみたというけれど、あなたは銀行から借りたお金を使って、ちゃんと銀行に恩返しをするといいましたか?どんなにあきれ返られ、馬鹿にされても、夢や思いを語り続けなければ何事も始まらないんです。


消費者には欲求があります。しかしその欲求は本人たちには言葉でも形でも説明ができません。でも、気持ちの中では必ず何かを欲しいと思っている。それを形にするのが、モノづくりの会社の使命なんです。


私が「売れない物を作れ」と言っているのは、そっちの方が楽しいからです。売れているものはもうすでにあるものです。今あるものをいくら安く作っても、仕方がないでしょう。売れないものは、今は誰も売れると思っていないものです。今売れているものというのは、すなわち競争社会にある。これからは競争というものはあまり経済を活性化する要因ではないと思います。それは、競争は経済を無駄にする可能性があるからです。


消費が伸びているときというのは、競争はよりいいものを作ったんです。しかし、消費が止まってしまったらどうなりますか?余りが出てしまったら、誰かが負担しなければならないでしょう。余分に作って赤字を作ったらどうなりますか?リストラをして、会社を再編しなければならなくなります。こういう安定成長の時には、競争ではなく、新しい価値を創造するモノづくりでなければいけないんです。


松坂敬太郎の経歴・略歴

松坂敬太郎、まつざか・けいたろう。電子回路、ホビー用・産業用の小型無線航空機、プラスチック部品製造などを行うヒロボーグループの創業者。社名のヒロボーは父から受け継いだ広島紡績を略したもの。受け継いだ会社の事業を変更し大きく育てた経営者

他の記事も読んでみる

大工富明

初対面の相手を笑わせるには、当たり前に聞こえますが、まず内容以前に「元気よくハッキリ声を出す」ことが大切。話が聞きとりにくいのは致命的です。その後は「素早く共通の話題を探す」ことでしょう。自分だけが知ってるマイナーな話をされても、その絵が思い浮かばなければ笑えません。全く知らない相手でも、国民的アニメなり、学校でよくある出来事、場合によっては世代や地方色など、お互いが共有できることはありますし、そこから笑いは生まれます。


久米豊(経営者)

うちでは「主管」というポストにいる者に、車の企画段階から、最後の値付けまで、つまりインプットからアウトプットまで、全部任せきっているんです。これが良かったと思います。バラバラにやるとどうしても寄せ集めで、一貫性に欠けてしまいますから。


安田隆夫

現場は、仮説と検証の繰り返しだが、予測には当たり外れがある。商品を安く仕入れても、売れなければすぐに撤去する。


妹島和世

新しい視点を得るには、快適さに安住してはいけない。


成宮雄三

ビジネスマンは、業界に詳しくなればなるほど、専門家視点になりがちです。しかしそれでは、消費者が本当に求めているものと、こちらがいいと思っているものにズレが生じてしまいます。電車内での女子中高生の生の会話を聞いたり中吊り広告を見たりすることは、凝り固まった頭をほぐして、改めて消費者サイドから時代を見る重要な手段のひとつなんです。


サシン・シャー

お客様との長期的な信頼関係は非常に大切。現在、日本のビジネスを持続可能で長期的に成長させるための取り組みを続けています。


野村克也

知識欲というのかな。「なぜだろう?」「どうすればいい?」と自分を磨き上げるために貪欲に知識を得ようとするのは、野球選手はもとより、人としても極めて大事なこと。


今田洋輔

そりゃあ、これまでに比べたら厳しいですよ。リーマンショックからこっち、金融業のお客様なんかはサーっと綺麗に来なくなっちゃいましたね。ただね、私も長いこと経営やってますけど、こういう波は必ずやって来ますから。そのために体力を温存しておくわけです。


岩瀬大輔

僕は保険業界でのキャリアがないので、「生命保険ってこういうもの」という固定観念がなかった。


森章(経営者)

基本的には自然体で。ただし、投資余力は十分あるので、いわば「攻撃的自然体」で臨んでいきたい。


平井伯昌

考えることを怠り、情報やマニュアルに全面的に頼ることで安心を得る人がいます。でもそれは、自分の価値観を人に委ねていることと同じ。いつまでも自信はつかないし、達成感や満足感を得られません。


立川談慶

人間は無茶ぶりでしか進歩しない。