名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

松坂敬太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松坂敬太郎のプロフィール

松坂敬太郎、まつざか・けいたろう。電子回路、ホビー用・産業用の小型無線航空機、プラスチック部品製造などを行うヒロボーグループの創業者。社名のヒロボーは父から受け継いだ広島紡績を略したもの。受け継いだ会社の事業を変更し大きく育てた経営者

松坂敬太郎の名言 一覧

どれだけの人が共感して、一緒にやろうというかどうかなんです。どんなに辛くても、想いが通るまで、執拗に語り続けるとはじめて周囲が動いてくれる。人は夢を与えられると倍働くものなんです。夢を語ることこそが経営者の唯一の仕事ではないでしょうか。


間違いなく将来俺はこうなると言う想い、何が何でもここまでやってやるという夢を持ち続ければ、必ずやまわりは動いてくれます。思いを強く持った人だけが大きな仕事をなし遂げられるんです。


僕は新しく事業をやろうとしている人たちに、こう言っているんです。銀行が貸し渋りだ、助けてくれんと言いますが、あなたは単に銀行に助けてくれと言っているだけじゃないですかと。この世の中、誰が助けてくれますかと言いたいんです。銀行に行って、説得してみたというけれど、あなたは銀行から借りたお金を使って、ちゃんと銀行に恩返しをするといいましたか?どんなにあきれ返られ、馬鹿にされても、夢や思いを語り続けなければ何事も始まらないんです。


消費者には欲求があります。しかしその欲求は本人たちには言葉でも形でも説明ができません。でも、気持ちの中では必ず何かを欲しいと思っている。それを形にするのが、モノづくりの会社の使命なんです。


私が「売れない物を作れ」と言っているのは、そっちの方が楽しいからです。売れているものはもうすでにあるものです。今あるものをいくら安く作っても、仕方がないでしょう。売れないものは、今は誰も売れると思っていないものです。今売れているものというのは、すなわち競争社会にある。これからは競争というものはあまり経済を活性化する要因ではないと思います。それは、競争は経済を無駄にする可能性があるからです。


消費が伸びているときというのは、競争はよりいいものを作ったんです。しかし、消費が止まってしまったらどうなりますか?余りが出てしまったら、誰かが負担しなければならないでしょう。余分に作って赤字を作ったらどうなりますか?リストラをして、会社を再編しなければならなくなります。こういう安定成長の時には、競争ではなく、新しい価値を創造するモノづくりでなければいけないんです。


松坂敬太郎の経歴・略歴

松坂敬太郎、まつざか・けいたろう。電子回路、ホビー用・産業用の小型無線航空機、プラスチック部品製造などを行うヒロボーグループの創業者。社名のヒロボーは父から受け継いだ広島紡績を略したもの。受け継いだ会社の事業を変更し大きく育てた経営者

他の記事も読んでみる

澤口俊之

部下を褒めるときは成果ではなく努力を褒めること。努力を褒めれば成果に関わらず努力を続けますが、成果を褒めると成果が落ちたときに不安になり、失敗したくないので言われたことしかやらなくなってしまいます。


田中稔哉

相手が話しているときは、あら探しをしないでしっかり聞くことも大切。部下や後輩があなたの言動を苦痛に感じるのは、彼らの考え方を知ろうとすることなく、頭ごなしに否定しているから。「君の考え方もわかるが」と部下たちの考え方を汲み取ったうえで指導すれば、聞く耳を持ってくれるものです。お互いが少しでも相手のことをわかろうと歩み寄れば、事態は好転に向かうものです。


佐伯弘文

経営の改革は前任者の否定から始まります。改革を断行するには、有能な人材の抜擢と登用が欠かせません。失敗が許されない改革では、どんなに都合の悪い話でもリーダーは耳を傾けなければいけません。


岩井俊二

僕も自分がピュアじゃないから、映画ぐらいピュアなものを観たいんだと思う。


櫻井英明

数字だけで物事を判断するのは稟議書投資が中心の機関投資家。彼らには決算だけでも事足りるでしょう。しかし会社は機械ではなく生き物。日々の業務姿勢や世相の動向、そして発表されるプレスの行間を読み解く技術を磨くことは、機関投資家の一歩先を歩んで「谷間のゆり」のようにひっそりとしているものの着実に咲き始めた銘柄を見つけるコツだと思います。


中村靖(経営者)

きちんとした使命感を持つ企業でないと命の水は扱えません。仕事の意義を常に社員に問いかけ、「もうけ」と「社会貢献」を両立させていきます。


水田信二

今後「和牛」に関わってくれる皆さん、「和牛」は褒めてチヤホヤして認めて持ち上げてそのまま持ち上げ続けといてほしいです。駄目な部分はね、自分で見つけますから。自分で駄目なとこ見つけるのは多分得意なんです。根がネガティブですから。「根がティブ」ですね。


江崎勝久

商品・カテゴリーごとにブランドマネージャー制を導入して、収益性を見極めて施策を打つ。収支管理を明確にして、1品ずつ全てが利益を上げるのが原則。


武内彰

私は、それまで赴任したどの学校でも、授業の中で、生徒がきらりと目を輝かせる瞬間を何度も見てきました。この経験をすると、子供たちはがらりと変わり、自ら伸びていくのです。それを日比谷でもやっていこう。結果は後から付いてくると。


大西洋

百貨店が駄目になっているという意識がみなさんあまりにも希薄です。もう危機的な状態なんですよ。かつては業界全体で8兆~9兆円あった市場規模が、今後は5兆円を切ると全日本百貨店協会会長が言うぐらいですから。それだけ厳しいなら、いまの構造を変えなきゃいけない。クリアランス(バーゲン)の後ろ倒しはそのワン・オブ・ゼム。百貨店の商売の在り方そのものを変えようとしているんです。


川野幸夫

経営において重要なのはライバルとの差異化です。問題点を見つけ出して進化しないとお客様に見放される。どうすれば、違いを出せるのかを考え抜きました。


三浦しをん

私自身は土壇場での粘りに欠ける人間だと思っているんです。だからこそ(粘り強い人に)憧れるのかもしれません。何かをやろうとしてうまくいかなかったとき、あまり悲壮にならず試行錯誤できる苦難の過程すらも楽しみながら続けるって、すごく難しいことだから。そうありたいと願うから、はたから見たら「なんで?」って思うくらい一つのことをずっとやり続けちゃう人のことを、よきものとして書いてしまうんだと思います。私にとっては一種の理想なんですよね。