名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

松坂大輔の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松坂大輔のプロフィール

松坂大輔、まつざか・だいすけ。日本人プロ野球選手(投手)。横浜高校で甲子園に出場し、152km/hの剛速球、キレの鋭いスライダー、カーブ、チェンジアップなど校生離れした投球から「平成の怪物」と呼ばれる。高校卒業後、西武ライオンズにドラフト1位指名で入団。ルーキー時代から活躍し、チームの要となる。その後、米メジャーリーグに挑戦し、レッドソックスで活躍した。

松坂大輔の名言 一覧

三球三振で27人のバッターをうちとるのが究極の理想のピッチングです。


メジャーは僕にとって難しい場所であってほしいと願っています。


マウンドに立ってからでないと、どういう球を投げるかわからない。


状況にもよるけど、苦手なコースを攻めてうちとっても、何にも面白くない。強打者が得意とするコースを突いて、それでも三振を取るのが本物のピッチャーです。


球種の追求とかトレーニングの方法、マウンドでの駆け引き、あるいは捕手や野手陣の動かし方など、仮説を立て、実験して、結果を求めて、それを分析して、実際にやれるかどうか見極めるという一連の作業が好きなんだよね。


松坂大輔の経歴・略歴

松坂大輔、まつざか・だいすけ。日本人プロ野球選手(投手)。横浜高校で甲子園に出場し、152km/hの剛速球、キレの鋭いスライダー、カーブ、チェンジアップなど校生離れした投球から「平成の怪物」と呼ばれる。高校卒業後、西武ライオンズにドラフト1位指名で入団。ルーキー時代から活躍し、チームの要となる。その後、米メジャーリーグに挑戦し、レッドソックスで活躍した。

他の記事も読んでみる

茂木健一郎

根拠なき自信を持つことが大切。子供はこの根拠なき自信を持って成長します。赤ん坊がヨチヨチ歩きを始めるときに「僕できるかな?」なんて思わないですよね。自信なんて根拠がある必要はないんですよ。


早川徳次

社会に対してお返しもしない事業を持って、「事業は趣味ではない」などとは言ってもらいたくない。
【覚書き|シャープ創業からの経営哲学を語った言葉。次代の経営者に儲けを出し、しかも社会に貢献する事業を経営してもらいたいという思いを語ったもの】


岡村隆史

モテないコンプレックスはエネルギーになってますね。


古川武士

自分が決めたタスクを実行している状態から1日がスタートすると、達成感・片づいた感が生まれ、自分が時間の主導権を握っている感覚が得られるので、忙しくてもストレスが溜まりづらくなる。


樋口武男

人様に後ろ足で砂をかけるような生き方をすれば運は逃げてしまう。


内藤誼人

年下だからといって尊大に振る舞う人は尊敬されません。ですから部下にも、「仕事をしていただく」という気持ちで接することが大事。


樹なつみ

『マルチェロ物語』は初めて読者を意識して描いた作品なんです。この直前に、「本誌はもう無理だから増刊に移って」って担当さんに言われて。比較的苦労せずデビューできてしまったので、スキルが全然追いついていなかったんですね。お先真っ暗。これはもう、全力で読者に媚びるしかないと(笑)。思いっきり美少年が主人公で、とにかく華やかなお話を描きました。恥ずかしいと避けていた表現も、積極的に取り入れて。そうしたら、一読した担当さんが「絶対、本誌取るから。カラーも付けるから」って。


井上達彦

研究者は学術論文で独自性を打ち出そうとしますが、それは既存の論文との対比によって出すしかありません。そのパターンは3つしかありません。ひとつ目は先行研究へのアンチテーゼ。ふたつ目は先行研究をベースとしつつ、違いを出すこと。三つ目はいくつかの先行研究を組み合わせて新たな知見を提示することです。いずれのパターンにおいても模倣は欠かせません。アンチテーゼも「反転模倣」という一種の模倣です。


勝間和代

ある行動を続けるためには、人生の目標につながっているものを選ぶ、あるいはつながっていないなら、人生の目標自体を書き替える、ぐらいの強い意志が必要。


齋藤孝(教育学者)

お勧めしたいのが「挨拶プラス一言」の習慣化。同じ社内にいる以上、部署は違っても、廊下やエレベーターなどで顔を合わせることはあるだろう。その時、笑顔で軽く挨拶するのは当然として、それだけで別れてはいけない。何か一言、つけ加えることを自らに義務づけてみよう。地道な努力が、やがて豊かな人脈となって実を結ぶはず。


泉谷閑示

注意すべきは低次の欲求を満たすことを「生きる意味」と錯覚してしまうことです。人は物質的・経済的な面でハングリーな状況に直面すると、「それを解決すれば幸せになれる」と考えがちです。しかし、こうした不足感は満たしても満たしきれない側面があります。年収が500万円から800万円になったら1000万円を求め、課長になったら部長とその上の肩書が欲しくなるのです。


鈴木貴子(経営者)

仕事ができる人は、人を動かすことのできる人。言い換えれば、良い意味で「人たらし」であることが大事。そのためには話す内容などももちろん大事ですが、「見た目」も重要。