名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

松原治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松原治のプロフィール

松原治、まつばら・おさむ。紀伊国屋書店社長。東京大学法学部卒業後、満州鉄道に入社。太平洋戦争終結後帰国し、紀伊国屋書店創業者田辺茂一氏と出会い、同社に入社。新宿本店の建設やニューヨーク進出などに尽力した。

松原治の名言 一覧

読むことは考えることであり、知識は忘れたころに知恵となる。


松原治の経歴・略歴

松原治、まつばら・おさむ。紀伊国屋書店社長。東京大学法学部卒業後、満州鉄道に入社。太平洋戦争終結後帰国し、紀伊国屋書店創業者田辺茂一氏と出会い、同社に入社。新宿本店の建設やニューヨーク進出などに尽力した。

他の記事も読んでみる

泉谷直木

組織は組織の長の能力以上に強くなりません。私も社長として同業者の社長よりも力がなければいけない。グローバルで戦うためには、私がグローバル経営者と正面から戦える力を持っている必要があります。これは各部門も同様で、それぞれの部門長が世の中の水準以上でなければなりません。


河原由次

当社の短期人材サービスに登録しているスタッフの数は46万人です。「もちろん、そのすべてが実際に稼働しているわけではありませんが、自社のウェブメディアをはじめ様々な動線を作ることで、人材募集は順調です。今も、毎月約1万人の面接を実施しています。


猪瀬直樹

「負け」を死の宣告のように大げさに捉えて、人生を投げ出す人が多い気がします。負けを重く受け止める人は、人生を甲子園のようなトーナメント戦だと考えているのではないでしょうか。甲子園では一度でも負けたら上に進むことは不可能。それと同じように、一回でも失敗したら、人生という舞台で勝ち昇れないと思い込むのです。しかし、人生は本当にトーナメント戦なのでしょうか。僕はむしろ「リーグ戦」だと思います。たとえるなら大相撲。相撲はたとえ初日で負けても、次の日にまた取り組みがあります。そうやって勝ち負けを繰り返しながら15日間を戦い抜いていきます。人生にも似たところがあります。


久世由美子

「根性、根性、ど根性」。今は流行らない言葉だと思いますが、私たちはこのスタイルでやっています。


北尾吉孝

現在、SBIグループには金融サービス分野、投資分野、さらには健康医療分野のバイオ関連事業まで数多くの企業があり、それぞれが相互のシナジーを発揮することにより、SBIグループの成長の原動力となっています。


阿部譲

会社では毎日生きた素材が、次々と流れてくるでしょう。毎日教室にいるようなもので、やろうと思えばいくらでも勉強できるわけです。個人の努力如何ですよ。


小池百合子

カイロ大学に留学したとき、第四次中東戦争も経験しました。学生運動は平和を訴えるのではなく「早く戦争をしろ」とけしかける。それだけでも日本から来た留学生からすれば、発想の転換を迫られました。大学の入学式の代わりに、軍事訓練から始まりましたし(笑)。日本みたいに平和な内向きの国は極めて特殊なんですよ。世界はあちこちで戦争していて、銃弾が飛び交っています。よく日本みたいな真空地帯ができたなと。ありがたいことです。


川上量生

やっていることが世間の常識と違った場合に、「じゃあ、やめよう」とはならずに、むしろ、やる気が出るのが僕らの特徴。


藤森義明

世界と戦う力は先天性の能力ではない。それらはあくまで、競争という環境によって培われるもの。


小笹芳央

投資であれば、大事なお金をかけるに値する事業や経営者に対して、共感や応援の気持ちを込めて株を買う。そういう長期的な視点からやるのがいいと思います。私は新卒で入社したリクルートで上限枠まで自社株を買い続け、途中リクルート事件などもありましたが、14年後に退社する際にはそれが3500万円まで殖えて、今の会社の起業資金になりました。


小笹芳央

多くの仕事は人を相手にしているので、セールスだろうとリクルーティングだろうと、最終的に顧客に提供するものの本質は同じです。これがわかっていれば、職種が変わっても、やり方を微調整するだけで適応できます。


宮本勝文

ワイルドナイツ監督就任当初、我がチームの選手たちは、口では「勝ちたい」と言いながらも、本心では「どうせ日本一は無理だ。こんなもんだろう」と考えているように見えました。「絶対に勝ってやる」という強い気持ちが薄く、すぐ諦めるような空気がありました。そこで、目標を「日本一あるのみ」へと一気に引き上げました。三洋は一度も日本一になったことがありませんでした。でもそれは言い訳にはなりません。選手たちには「先発メンバー全員が日本代表になれるチームを目指したい。お前たちにはそれができる」と檄を飛ばしました。