名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

松原弘典の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松原弘典のプロフィール

松原弘典、まつばら・ひろのり。日本の建築家。東京都出身。東京芸術大学美術学部建築科卒業、東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了。伊東豊雄建築設計事務所、瀋陽市規劃設計研究院、北京非常建築研究所などを経て北京松原弘典建築設計諮詢有限公司設立。著書に『中国でつくる 松原弘典の建築』。

松原弘典の名言 一覧

仕事でひどい目に遭ったとき、心の整理はつきませんよ。だから、すぐ次のプロジェクトの方を向きます。


学部卒で22歳、大学院を出たって、まだ24、25歳ですよね。30歳ぐらいまで組織で働いて、自分なりの武器を手にして、その次に海外にもっと大きな場所を見つける、というプランでいいと思いますね。


日本ではひと世代前の建築家の典型的なキャリアパスが崩壊していましたから、私は独自の展開をするしかなかった。その意味で、多少荒っぽくても、チャンスのある海外にまず拠点を作っちゃえ、と。それでだんだんとうまくいったら、また日本に帰ってもよかろう、みたいな考え方でしたね。


中国では日本人って、ものすごく信頼されているんです。これは日本社会が戦後60年以上かけて作ってきたもので、私はそのことに随分助けられました。


やみくもに海外を目指せと言っているわけではないんです。私が勧めるのは、日本で実務経験を積んでから、海外に出る道です。私自身、伊東(豊雄)さんの事務所で4年間働き、1つの大きなプロジェクトに関わったことが、その後の大きな土台になりました。


実際に学生たちの就活を見ていると、採用される側は目立ちすぎないように画一化のレールに自分から乗っているし、企業の側も効率を口実に、システム化された採用をしている。こういう状態がいいとは思えない。みんなが同じ方向を向く、今の日本のシステムに飼い慣らされてはいけない、と強く感じます。


ひと世代前には、「身内の住宅を設計→商業店舗→コンペに当選して公共の仕事」というストーリーがありましたが、ほとんどの人がそういうストーリーには乗れなくなっていましたね。僕にしたって、家の設計を任せてくれる親類なんていませんでしたし。だから普通のやり方ではムリだと思いました。


誰か1人が儲けるのではなく、みんながハッピーになれる形を経験の中から探っていきたい。それは途上国支援だけでなく、東日本大震災の復興ともつながる21世紀のビジネスのやり方だと思います。「アーキテクト」という職業や言葉に、「どう作るか」だけでなく、「何を作るか」が問われている時代なのでしょう。


毎日朝から晩まで働いて、建築のことばかり考える。でも、だから身についたし自信になる。学校を卒業して、いきなり海外に行ったって、現地の人にただ使われるだけ。建築業界に限らず、日本の企業社会には、優れた仕事を学べる環境があるのだから、まずはそれを吸収して、そこから自分なりの道を切り開いていくのがいいと思います。


最初は中国で働く当てはありませんでした。語学留学気分で中国語を勉強して、うまくしたら仕事もあるだろう、ぐらい。だって建物がいっぱい建っていましたからね(笑)。で、そういうことを周囲に言っていたら、大学でお世話になった先生から「松原くん、中国に行きたいんだったら、私のツテがあるから」と声をかけてくださったんです。


確かに上の世代の人たちは、中国で仕事をすると、人間関係があまりに分からなかったり、資金回収ができなかったりで、中国で仕事をする人は限られていました。だからこそ私のような駆け出しにチャンスがあった。それと当時愛読していた「日経ビジネス」で、中国が「世界の工場」として大きくクローズアップされていたことにも興味を惹かれまして。日本のメーカーの人が「すごく大変でアグリー(醜悪)な場所だけど、可能性はある」と語っていて、それは建築でも同じじゃないか、と。で、ここは思い切って行ってしまえ、と決断したんですね。


もともと大学時代からいろいろなところを旅行して、建物を見て回ることが好きだったんです。私は大学には修士を合わせて8年間籍を置いたのですが、そのうち2年は休学して、バイトをしては海外に出かける、ということを繰り返していました。横浜から船に乗ってナホトカに行き、シベリア鉄道でロシアを抜けてフィンランドまで行って、ヨーロッパからアフリカに渡る、みたいな旅です。その中で一番印象的だったのが、ロシアと中国だったんです。とりわけ中国は、建物がたくさん建っているけど、いい建物は1つもない、という状態でした。

【覚え書き|中国に渡った理由について】


松原弘典の経歴・略歴

松原弘典、まつばら・ひろのり。日本の建築家。東京都出身。東京芸術大学美術学部建築科卒業、東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了。伊東豊雄建築設計事務所、瀋陽市規劃設計研究院、北京非常建築研究所などを経て北京松原弘典建築設計諮詢有限公司設立。著書に『中国でつくる 松原弘典の建築』。

他の記事も読んでみる

片田珠美

精神科医も面談では必ず具体的に質問していく。心の中では「この人のわがままが問題だ」と思っていても、絶対に自分からは言わない。やり取りのなかでわがままである事実を浮き彫りにし、本人に気付いてもらう。


野坂英吾

他社との小さな違いを1000個つくることが大きな差別化になり、強さになる。


辻本憲三

ゲームを作る才能がある人間が必ずしも経営の才能があるわけではない。


南雲吉則

告知義務違反で訴えられては困るなどと考えると、「麻酔事故や出血多量で死ぬ場合もあります」といった、最悪の場合の話から始めてしまうことになります。しかし、これでは告知義務というより、たんなる医者の保身にすぎません。自分が保身に走れば、相手の心に寄り添うことなどできませんし、本当に自分のことを考えてくれているのだろうかと、相手を不安にさせるだけです。


橘俊夫

人というのは知らず知らず言葉にものすごく影響を受けている。


西多昌規

結局のところ、集中力を最も左右するのは、健康状態と体力。生活習慣が乱れていたら集中力どころではありません。


江崎利一

家業に専念してから一年余りたった年の春、かねて商売の勉強にはぜひ一度大阪へ行ってみたいという念願がようやく叶うときが来た。佐賀の田舎では旧正月の1か月間は農閑期で、温泉場で遊んで過ごすのが習慣であったが、私はこの機会に大阪の初見物を実行することにした。休養と視察とそして商売を兼ねた旅行だったが、予想以上の収穫を得ることができた。


IKKO

数え切れないほどのコンプレックスに向かい合ってきたからこそ、生まれついての女性以上に、美について研究しようと頑張って、努力できたんじゃないでしょうか。


ネルソン・マンデラ

私は民主的で自由な社会の実現のために生きている。しかし、もし必要あらば、その理想のために私は死ぬことも覚悟している。


吉永泰之

私は若い頃から、「部長が課長の仕事をするのはおかしい」と思い続けていました。課長は課長の仕事を、部長は部長の仕事を残さずやってほしい。そのためには、部長が課長の仕事をやってはいけないんです。


小路明善

私は、「意思決定のスピード化と最適化」「課題解決型営業」を営業部隊に掲げています。特に、今年1月、店頭販促を行うアサヒフィールドマーケティングの酒類部門をアサヒに統合しました。量販チェーンなどお客様のニーズを我々経営層まで素早く汲み上げ、一方で本社の決定を瞬時に現場へ伝えるためです。


和田完二

家に家憲があり、国に憲法があるとしたら、会社にも社憲があっても不思議ではない。かねがね私は「団結」と「大和」を説いてきた。よし、この精神をもとに社憲をつくろう。と思っても、前例がないので苦心した。やっと出来上がったが、それも押しつけでは意味がない。重役諸君にはかり、異議なしということで社憲を発表した。