名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

松原弘典の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松原弘典のプロフィール

松原弘典、まつばら・ひろのり。日本の建築家。東京都出身。東京芸術大学美術学部建築科卒業、東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了。伊東豊雄建築設計事務所、瀋陽市規劃設計研究院、北京非常建築研究所などを経て北京松原弘典建築設計諮詢有限公司設立。著書に『中国でつくる 松原弘典の建築』。

松原弘典の名言 一覧

仕事でひどい目に遭ったとき、心の整理はつきませんよ。だから、すぐ次のプロジェクトの方を向きます。


学部卒で22歳、大学院を出たって、まだ24、25歳ですよね。30歳ぐらいまで組織で働いて、自分なりの武器を手にして、その次に海外にもっと大きな場所を見つける、というプランでいいと思いますね。


日本ではひと世代前の建築家の典型的なキャリアパスが崩壊していましたから、私は独自の展開をするしかなかった。その意味で、多少荒っぽくても、チャンスのある海外にまず拠点を作っちゃえ、と。それでだんだんとうまくいったら、また日本に帰ってもよかろう、みたいな考え方でしたね。


中国では日本人って、ものすごく信頼されているんです。これは日本社会が戦後60年以上かけて作ってきたもので、私はそのことに随分助けられました。


やみくもに海外を目指せと言っているわけではないんです。私が勧めるのは、日本で実務経験を積んでから、海外に出る道です。私自身、伊東(豊雄)さんの事務所で4年間働き、1つの大きなプロジェクトに関わったことが、その後の大きな土台になりました。


実際に学生たちの就活を見ていると、採用される側は目立ちすぎないように画一化のレールに自分から乗っているし、企業の側も効率を口実に、システム化された採用をしている。こういう状態がいいとは思えない。みんなが同じ方向を向く、今の日本のシステムに飼い慣らされてはいけない、と強く感じます。


ひと世代前には、「身内の住宅を設計→商業店舗→コンペに当選して公共の仕事」というストーリーがありましたが、ほとんどの人がそういうストーリーには乗れなくなっていましたね。僕にしたって、家の設計を任せてくれる親類なんていませんでしたし。だから普通のやり方ではムリだと思いました。


誰か1人が儲けるのではなく、みんながハッピーになれる形を経験の中から探っていきたい。それは途上国支援だけでなく、東日本大震災の復興ともつながる21世紀のビジネスのやり方だと思います。「アーキテクト」という職業や言葉に、「どう作るか」だけでなく、「何を作るか」が問われている時代なのでしょう。


毎日朝から晩まで働いて、建築のことばかり考える。でも、だから身についたし自信になる。学校を卒業して、いきなり海外に行ったって、現地の人にただ使われるだけ。建築業界に限らず、日本の企業社会には、優れた仕事を学べる環境があるのだから、まずはそれを吸収して、そこから自分なりの道を切り開いていくのがいいと思います。


最初は中国で働く当てはありませんでした。語学留学気分で中国語を勉強して、うまくしたら仕事もあるだろう、ぐらい。だって建物がいっぱい建っていましたからね(笑)。で、そういうことを周囲に言っていたら、大学でお世話になった先生から「松原くん、中国に行きたいんだったら、私のツテがあるから」と声をかけてくださったんです。


確かに上の世代の人たちは、中国で仕事をすると、人間関係があまりに分からなかったり、資金回収ができなかったりで、中国で仕事をする人は限られていました。だからこそ私のような駆け出しにチャンスがあった。それと当時愛読していた「日経ビジネス」で、中国が「世界の工場」として大きくクローズアップされていたことにも興味を惹かれまして。日本のメーカーの人が「すごく大変でアグリー(醜悪)な場所だけど、可能性はある」と語っていて、それは建築でも同じじゃないか、と。で、ここは思い切って行ってしまえ、と決断したんですね。


もともと大学時代からいろいろなところを旅行して、建物を見て回ることが好きだったんです。私は大学には修士を合わせて8年間籍を置いたのですが、そのうち2年は休学して、バイトをしては海外に出かける、ということを繰り返していました。横浜から船に乗ってナホトカに行き、シベリア鉄道でロシアを抜けてフィンランドまで行って、ヨーロッパからアフリカに渡る、みたいな旅です。その中で一番印象的だったのが、ロシアと中国だったんです。とりわけ中国は、建物がたくさん建っているけど、いい建物は1つもない、という状態でした。

【覚え書き|中国に渡った理由について】


松原弘典の経歴・略歴

松原弘典、まつばら・ひろのり。日本の建築家。東京都出身。東京芸術大学美術学部建築科卒業、東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了。伊東豊雄建築設計事務所、瀋陽市規劃設計研究院、北京非常建築研究所などを経て北京松原弘典建築設計諮詢有限公司設立。著書に『中国でつくる 松原弘典の建築』。

他の記事も読んでみる

高橋尚子

新しいものを手に入れるためには、今データが手に入ることをやっていたのでは打ち破ることはできません。「非常識の領域に行ってみよう」。その決断を下す度胸を持てたことがよかったわけです。


吉田正樹(経営者)

そのブログが自分と合うかどうかを見極めるには、そこで勧めているものを積極的に試してみることでしょう。その人が褒めた店に行ってみたり、本を読んでみたりすれば、「なんだ、この程度のものをあんなに褒めちぎっていたのか」と思うかもしれません。逆にまだ知られていない、いいものを紹介していたら相当な目利きだとわかります。


山本梁介

部屋に電話を置かず、冷蔵庫の中に飲み物を入れるのを止めたのも、100人中1人しか困らない程度のサービスはあえて切り捨てるという、徹底した無駄の削減を行なったからです。


野口健

登山家に限らず、アスリートや芸能などの世界では、スポンサーの支援で生活できる人もいます。私は違って、講演や著作など様々な活動から生活費や遠征費を稼ぎ出せないといけません。でも、その方がよかったと思います。我々は様々な利害が絡み合う現実の中で生きています。登山という狭い世界に閉じ籠もっていれば、そんなことも知らずにいたかもしれません。


藤原和博

現在、幅広く活動できているのは、私のキャリアに「希少価値」があるからだと思っています。とくに40代で経験を積んだ「民間人校長」のキャリアは大きい。40歳時点での私のスキルは、20代で培った営業力と、30代で身につけたマネジメント力の2本柱でした。リクルートから離れたとき、コンサルタントに転身していたら、私の希少価値はそれほど高くなかったでしょう。でも、営業とマネジメントの世界とはまるで無関係に見える、「民間人校長」という3つめの要素が加わることで、他にない存在になれました。


橋谷能理子

「サンデーモーニング」では、話の要点を図表で表したフリップを使って説明することがあります。説明文はディレクターが作ってくれるのですが、原稿をそのまま読んだら自分の言葉になりません。一度自分の中に取り込んで、咀嚼してから話すようにしています。このとき私は、「フリップの内容を5秒で伝えるなら、何と言えばいいだろう」と考えます。図表から読み取れる多くの情報をそぎ落とし、まず、5秒で言ってみる。そこから、わかりやすく伝えるために必要な情報を肉付けする。そうすると内容が理解できて、自分の言葉で説明できるようになります。


渡瀬謙

営業マンがいきなり「この商品を欲しいですか?」と尋ねたらお客に警戒されるように、相手のことを質問する際は、相手が答えやすい順序で聞いていかなくてはいけません。コツは「過去→現在→未来」の順で聞いていくこと。「この商品はご存知でしたか?」は過去に関する質問で、これは答えやすい。「いまもご利用ですか?」という現在に関する質問に関して、「いまは使っていない」という答えが返ってきたら、「値段が高い」「品質が悪い」など、「使っていない理由」を聞きましょう。そうして、不満や問題点を明らかにし、それに合わせた説明をすることで初めて、相手に伝わる説明になるのです。


松本南海雄

当社は現在、全国を7ブロックに分けています。例えばマツモトキヨシ九州販売など各地に運営会社を置いているわけですが、この体制であれば各地でチェーンを買収した時などに、買収した会社をその地域の運営会社にくっつける形にして人件費をそれまでと同じ水準に保つことができます。関東と一緒にしてしまったら大変ですよ。コストが高くて成り立ちません。


松沼光男

スズキのような強い相手がいるから、我々も知恵を出し合えます。でも、今年、いや来月、そして今日、勝たせてもらいます。
【覚書き|スズキとダイハツはともに軽自動車が主力で、メイン顧客が女性というライバル同士】


蛭子能収

人から信用されるためには、どんな仕事であっても、誠実に自分のできることを精一杯やるっていうことが必要じゃないでしょうか。そうして人からもらった信用さえあれば、どんなに厳しい状況でもなんとかなるんじゃないかと思います。


三輪豊明

時代の変化に適応しながら、よりよい学習のあり方を追求することに常にワクワクと挑戦できるのは、私が惚れ込んだことを仕事にしたからにほかならないと思います。


村上太一

最近は、これまであまり興味のなかった場所にも、意図的に足を運ぶようにしています。先日は、ももいろクローバーZのライブに行きました。正直、アイドルには興味がなく、ももクロも一人も名前がわからないんですけどね。また、今週は、先輩経営者の方に歌舞伎に連れて行っていただく予定もあります。なぜ行くかと言えば、自分では想像がつかない顧客ニーズや心理を知りたいからです。今後、当社が新たな市場に参入することが考えられますが、その市場のニーズを理解しておかないと、参入して成功するかどうか判断がつきません。だから、未知の領域にこそ足を運んで、少しでも理解しておきたいのです。