名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

松井賚夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松井賚夫のプロフィール

松井賚夫、まつい・たまお。日本の心理学者。立教大学名誉教授。東京大学文学部心理学科卒業後、人事院を経て、明治大学、立教大学、駿河台大学法学部などで、教鞭をとる。専門は産業組織心理学。主な著書に『リーダーシップ』『人間関係管理とリーダーシップ』『モチベーション』など。また、多くの心理学の本を翻訳している。

松井賚夫の名言 一覧

人は成長するには時間がかかります。しかし変化するには一瞬で足りるのです。ある地方都市で、入社5年目でBMWの新車を年間122台売って日本一になったセールスマンがいました。その彼も入社1年目にはたった7台しか売れませんでした。「田舎では新車は売れない。会社を辞めよう」と思ったそのとき、支店長が言いました。「ここで一花咲かせてみろ。いま辞めたらどこに行っても同じことの繰り返しだぞ!」。この一言が彼の迷いを吹き飛ばしました。平凡なセールスマンが凄腕セールスマンに返信した一瞬です。


嫌なことがあれば、それが直接不快を起こさせると長らく信じられてきました。しかし、認知療法の創始者のアーロン・ベックによれば、嫌な出来事そのものが不快な感情を起こさせるのではなく、その出来事の認知、その出来事の受け取り方が不快感情を起こさせるのです。従って、深い感情を解消するには、嫌な出来事に対する認知を変えればよいのです。


部分と全体の間には面白い関係があります。それは、部分が変わると、全体が一変することがあるということです。


ペンシルバニア大学教授で、アメリカ心理学会会長の心理学者マーティン・セリグマン博士は、うつの改善に役立ち、しかも驚くほど簡単なプログラムを提唱しています。それは、スリー・グッド・シングスと言われるものです。「毎日就寝前に、その日にあった良いことを3つ書き出し、これを1週間続ける」というものです。この簡単な方法がうつの改善に驚異的な効果を発揮するのです。


松井賚夫の経歴・略歴

松井賚夫、まつい・たまお。日本の心理学者。立教大学名誉教授。東京大学文学部心理学科卒業後、人事院を経て、明治大学、立教大学、駿河台大学法学部などで、教鞭をとる。専門は産業組織心理学。主な著書に『リーダーシップ』『人間関係管理とリーダーシップ』『モチベーション』など。また、多くの心理学の本を翻訳している。

他の記事も読んでみる

長谷川和廣

駄目な会社に出向くと、そこには見事なまでに共通点があります。多くの社員が利益に関心を持っておらず、真剣なのはほんの一握りの人たちだけということです。しかも、社内には不平、不満が渦巻いている。その原因はトップが役割を果たしていないことや、明確な理念や目標がないことなどです。


赤川次郎

フィクションでしか伝わらないメッセージがある。


植村甲午郎

私の仕事は一口で言えば、国防の基盤になる鉄や石炭、その他重要資源を調査し、これを整理編成することである。私は調査課長を十年近く勤め、その間、資源調査法を立案、同胞は公布された。業務が広範なので仕事は無限にある。だが在勤十年ともなると統計の数字などちょっと見ただけで勘が働き、誤りが発見できる。


西村英俊

なぜ社長が自分自身ひとりになる時間が必要か。それは社長という仕事が、たった一人で考えること、集中すること、決断する時間とエネルギーを要求するからです。


藤原弘治

間接部門を含めた業務の生産性が上がれば、収益構造も変わるでしょう。銀行はメーカーなどの一般企業と比べてまだまだ遅れている。異業種の社外取締役から知見を得る機会も増えました。意見を上手に取り入れて生産性を高めたい。


池野隆光

会社がおかしくならないためにも、商売には「思想」が必要です。ウエルシアの場合は、どうすれば生活の役に立てるかを考えること。調剤や介護を強化することで、高齢社会における生活のプラットフォームを目指します。


橋下徹

小池(百合子)都政が現在、様々な現実的な課題にぶつかって膠着しているのは、具体的な行政実務を役人に任せていないからだろうし、実務において生じる課題を役人に洗い出させていないからであろう。現実の課題がわからなければ対策を講じることもできず、結局物事は進まない。確かに役人に最初から丸投げして任せっきりにしてしまうと、これまでのやり方をそのまま踏襲し現状維持となり、改革などはできない。しかし役人を完全に排除すると、旧民主党が陥ったように実務が滞る。丸投げせずに、排除もしない。この役人との仕事の役割分担、距離感がむちゃくちゃ難しいんだよね。


宮内義彦

アメリカでは日本に比べて気軽に開業し、そして気軽にやめています。日本では開業率も廃業率も年間3から4%くらいですが、アメリカではともに年間12から14%くらいということです。どうして気軽に開廃業できるかというと、アメリカでの企業は株式組織の一番基本的なことに忠実だからです。ほとんどの場合アメリカでは「個人保証をしてまで事業をする」という考え方はないようです。多くの場合、会社が倒産しても、経営者の自宅や不動産はそのままです。このように有限責任の原則が守られている。


上田彩子

「初対面なのになぜか自分のことをぺラペラと話してしまった」。そんな経験が誰にもあるでしょう。「相手が褒め上手で話術に長けていたから」と思うかもしれませんが、その要因は実は相手の表情にあります。相手の言葉や意見を頭で理解して心が動かされるよりも先に、相手の表情を見て自動的に脳が「心を許して大丈夫」「信じていい人だ」と判断することがあります。そのとき相手は、表情で人の心をポジティブに変えたと考えられるのです。


坂東眞理子

常にバランスを保とうとするのではなく、メリハリや緩急をつけることは絶対に必要。それを判断する知恵のようなものを、ぜひ身につけていただきたい。


星野佳路

もし名実ともにナンバーワンになったら、それはもう、いよいよ引退するときです。私にとってライバルの喪失は、やる気の喪失に等しい。一番になれば、思い残すことなく辞められます。


吉田羊

実は私、後悔した経験がありません。反省しても後悔はしないんです。なんか後悔という言葉の持つマイナスのニュアンスが嫌いなんですよ。後悔するって、やるべきことをやってない気がします。だけど反省だったら、やれるだけのことをやった結果、できなかった部分を次に活かすというポジティブさを感じます。