名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

松井賚夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松井賚夫のプロフィール

松井賚夫、まつい・たまお。日本の心理学者。立教大学名誉教授。東京大学文学部心理学科卒業後、人事院を経て、明治大学、立教大学、駿河台大学法学部などで、教鞭をとる。専門は産業組織心理学。主な著書に『リーダーシップ』『人間関係管理とリーダーシップ』『モチベーション』など。また、多くの心理学の本を翻訳している。

松井賚夫の名言 一覧

人は成長するには時間がかかります。しかし変化するには一瞬で足りるのです。ある地方都市で、入社5年目でBMWの新車を年間122台売って日本一になったセールスマンがいました。その彼も入社1年目にはたった7台しか売れませんでした。「田舎では新車は売れない。会社を辞めよう」と思ったそのとき、支店長が言いました。「ここで一花咲かせてみろ。いま辞めたらどこに行っても同じことの繰り返しだぞ!」。この一言が彼の迷いを吹き飛ばしました。平凡なセールスマンが凄腕セールスマンに返信した一瞬です。


嫌なことがあれば、それが直接不快を起こさせると長らく信じられてきました。しかし、認知療法の創始者のアーロン・ベックによれば、嫌な出来事そのものが不快な感情を起こさせるのではなく、その出来事の認知、その出来事の受け取り方が不快感情を起こさせるのです。従って、深い感情を解消するには、嫌な出来事に対する認知を変えればよいのです。


部分と全体の間には面白い関係があります。それは、部分が変わると、全体が一変することがあるということです。


ペンシルバニア大学教授で、アメリカ心理学会会長の心理学者マーティン・セリグマン博士は、うつの改善に役立ち、しかも驚くほど簡単なプログラムを提唱しています。それは、スリー・グッド・シングスと言われるものです。「毎日就寝前に、その日にあった良いことを3つ書き出し、これを1週間続ける」というものです。この簡単な方法がうつの改善に驚異的な効果を発揮するのです。


松井賚夫の経歴・略歴

松井賚夫、まつい・たまお。日本の心理学者。立教大学名誉教授。東京大学文学部心理学科卒業後、人事院を経て、明治大学、立教大学、駿河台大学法学部などで、教鞭をとる。専門は産業組織心理学。主な著書に『リーダーシップ』『人間関係管理とリーダーシップ』『モチベーション』など。また、多くの心理学の本を翻訳している。

他の記事も読んでみる

竹内敏晃

父から子育てを任され、自分も勉強など努力を積み重ねてきた母。だからこそ、私がごまかしたり、嘘をついたときは怒りました。また、やってもいないのに「できません」と言ったり、手を抜いて妥協することも決して許さない女性でした。ただ、頭ごなしに怒るというわけではなくて「絶対できるでしょ?」「何でも努力することが大事なのよ」と諭すような語り口だったことを覚えています。さすがにこちらもそう言われると反省しました。それでも小さい頃は悪ガキだったので、事あるごとに怒られていた記憶の方が多いですが(笑)。


木下慶彦

事業内容も重要だが、感覚が合う企業家と一緒でなければ成功は難しい。


茂木健一郎

年齢を重ねると脳は衰える、というのは大きな誤解。脳は何歳からでも育てることが可能です。キーワードは「達成」。脳は何かを達成するたびに、どんどん成長していくのです。学生時代、一所懸命に考えて問題がやっと解けたときの感覚を思い出してみてください。「できた!」「わかった!」という喜びでいっぱいだったはず。このとき、脳の中ではドーパミンという物質が分泌されています。ドーパミンとは、快感を生み出す脳内物質の一つ。この分泌量が多いほど、大きな喜びを得ることができるのです。脳は、このときの喜びが忘れられず、ことあるごとにその快感を再現しようとします。そして、もっと効率的にドーパミンを分泌するため、脳内では神経細胞がつながりあって、新しい神経回路が生まれる。つまり、脳が成長するのです。そして、快感を生み出す行動がクセになり、再び新しい問題に挑戦する。そのサイクルを、強化学習と言います。これを繰り返すことにより、思考の老化を防ぎ、いつまでも若々しい脳を保つことができるのです。


水谷佑毅

当社が掲げる「世界で一番社会を変える会社を創る」というビジョンに共感してくれる学生がとても多く、優秀な人材が多く集まってきています。しかし、これまでは優秀なプレーヤーこそ多いもののマネジメント層が薄いという課題がありました。そこで幹部育成に力を注いだ結果、すべての部署に優秀な幹部が育ってきました。マネジメント層が確立してきたことで成熟した組織になりつつあり、今ではどの事業部門も人が増えればその分だけ確実に売り上げが伸びる、という環境が整っています。


生田正治

政治家や財界人をはじめ、国民一人ひとりが中・長期の日本国の在り方、この国の「かたち」をどうするか、即ちしっかりとした国家観を持ってそのために必要な行動をとる。これがあるべき姿。


下村朱美

人に必要とされたら人は仕事にやり甲斐を持ち輝いて生きて行けます。そんな幸せなセラピストを育てる教育を学校でやっています。


菅義偉

細い糸で、糸を切られないように大きい魚を釣るのはなかなかおもしろい。太い糸だと、食わないんですよ。
【覚書き|趣味の渓流釣りについて語った言葉】


川村隆

辞めたい人は、辞めた方がいい。今は、「1つの場所」で働く時代ではありません。財務やマーケティングなど「ある分野の専門家」になることが、会社員になる1つの目的になると思います。例えば、日立で財務の仕事をしていても、次は海外の別会社の財務部門で働いてもいい。上司がいい仕事をくれなかったら、パッと辞められるくらいの実力を磨けばいいと思います。


伊藤義剛

施設によって東西南北の向きは違うので、太陽の光の入り方が違います。また、天候や季節、1年のうちでも太陽の付置によって、光の入り方が変わります。どれも、ただ標準的な設備を設置して終わりというわけにはいかず、オーダーメードで作り上げています。また、場所やコンセプトによって、気を付ける点は異なります。例えば高速道路の照明の場合は、ドライバーが夜間運転しやすいか、道路の線形を目で自然に追えるような誘導性も考慮しています。


貫啓二

「串カツ田中の成功の秘訣は何ですか」と聞かれることがよくあるんですが、一言でいえば、「不安経営」をしてきた点にあると思います。おかげさまで今、順調に事業が拡大していますが、ちょっとでもあぐらをかいたら、お客様や社会から、「こんな会社はもういらないよ」と言われかねないと常に思っています。そもそも、串カツ田中が倒産の危機の中で生まれた業態だからです。


西浦三郎

経営には成長性も必要ですが、安全性も欠かせない。社長就任当時は自己資本も少なく、大手と違ってリスクの取り方が限られていました。そこで「やらないこと」を明確にしていきました。


伊藤淳史

目の前の現場で勝負できなければ、次の作品に呼ばれる保証はありません。自分はこうあるべきという理想を決めるよりも、周りの人が求める形を作り込んでいくのが役者の仕事かなと思います。