名言DB

9413 人 / 110706 名言

松井知敬の名言

twitter Facebook はてブ

松井知敬のプロフィール

松井知敬、まつい・ともひろ。日本の経営者。「オヤノミカタ」社長。京都大学工学部卒業後、広告代理店、フリーランス、専業主夫を経てオヤノミカタSTOREを設立。子育て支援の活動を行った。

松井知敬の名言 一覧

「この案件をしたい人がいますか?」と聞いて手を挙げた人に仕事を任せるようにしているのですが、手を挙げる人がいなかったら、それでいいと思っています。


仕事脳を捨てるなんて僕の人生を全部否定するようなもの。でもそうでもしなければ親の味方が必要だという発想も生まれなかったと思います。


主夫をしてしばらく経って、子育ては「旅」のようなものだと考えるようになりました。旅は目的地に到着することが目的ではなく、道中も楽しみの一つですよね。子育てもプロセスを楽しもうと変わって、楽になりましたし、家族の関係も変わってきました。


「オヤノミカタSTORE」で扱っているのは、たとえばオーガニックの離乳食。お出かけに持っていくにも便利で創業当初からの定番商品です。育児中にストレスをためる「親の味方」になろうと思ったのは、子供3人の面倒を見る専業主夫だった頃です。「育児とIT」で起業するつもりで育児経験から事業アイデアを考えようという下心があったんですが、やってみると育児の当事者というのがいかに大変かよく分かりました。


基本的に仕事って生きていくための手段だと思いますが、私の場合、人生の生きがいとして仕事で成功したいという想いが強いです。成功したいという想いを持つ人は多いと思いますし、人によって領域はいろいろあるかと思いますが、私の場合は仕事で成功したい。それが自分の中の「なりたい自分」です。自分の価値を世の中に提供するための手段といえば聞こえはいいのですが、結局は自分の心の満足のためなのではないかと思います。起業して会社やサービスを継続できるということは、人に必要とされているということですから、やっぱり嬉しいですよね。それが、私の心の満足。


いざ自分がやってみると、育児書を読んで勉強して試してみるけど結果が出ない。ついには長男が学校に行きたくないと言ったり、長女も受験へのストレスからか当たり散らすようになって。やっと子育ての難しさに気づいた。「これじゃいけない」と思い、それから毎日のように妻と腹を割って話すようになりました。そうすると子育てのことだけではなく、仕事のことや生活のこと、自分のことを俯瞰できるようになったんです。私にとって主夫生活は、心の奥底にあって意識したこともなかった「信念」に触れ、それを一度打ち壊して構築し直した時期でした。主夫として子供を育てるため、そうせざるを得なかったというのが実情ではありますが、これほど生き方を変えることになった経験はありませんし、この先もないと思います。


仕事外で、IT系の集まりに顔を出すようになり、そこで出会う人たちが「自分のサービスで世界を変えるんだ」とギラギラしていて。それを見て羨ましく思ったんですね。もともと、学生の頃から「起業したい」と思っていたんです。自分にしかできないこと、人と違うことをしたい。自分なりの価値を追究していった結果、起業にいきつきました。


育児をして気がついたのは、自分がいかに仕事脳だったかということ。仕事脳で育児をするとイライラして仕方がない。起業準備を進めたいのに子供が保育園から帰ってくると中断される、食事をさせるにも寝かしつけるにも時間が惜しい。家庭がみるみる荒んでいきました。近所に響き渡るぐらいの声で怒鳴りつけた時、はっと我に帰りました。俺、何してんのやろ。反対にできるだけ優しく話を聞くようにしたこともありますが、逆効果。親子の信頼関係がないのに甘やかすと好き放題やるんです。結局、仕事第一の頭を家庭第一の頭に切り替えるしかなかった。働いている妻にも分担してもらうと、起業準備を進める余裕もできました。


松井知敬の経歴・略歴

松井知敬、まつい・ともひろ。日本の経営者。「オヤノミカタ」社長。京都大学工学部卒業後、広告代理店、フリーランス、専業主夫を経てオヤノミカタSTOREを設立。子育て支援の活動を行った。

他の記事も読んでみる

村上賢太

僕は、世の中に貢献したい経営者、未来をきちんと描けていて世の中を変えたい人をサポートしたい。パラパラ漫画だけでなく将来的にはアトムストーリーがないと困るくらいの存在になりたいですね。それをもっと大きな視点でみれば「思い合う世界」をつくりたいということ。経営者も従業員に歩みよって自分の思いを伝える。そのツールとしてアトムストーリーを使っていただきたい。


ヘンリー・フォード

あなたが「できる」と思おうと「できない」と思おうとどちらも正しい。
Whether you believe you can do a thing or not, you are right.


信太明

たとえば、新商品企画と新規事業案策定など、似たような仕事は一気にやった方が集中しやすいでしょう。


ジェローム・シュシャン

正しいプロセスかどうかの判断基準は、顧客が望んでいるものが提供できているかどうか。顧客が望んでいなければ、どんなに努力をしたところで、売上げや利益には結びつかない。その努力は、正しいプロセスではない。


碓井孝介

暗記の基本は反復。作成した暗記ノートは通勤時間などを利用して何度も読み返します。さらに、記憶の点検日を設け、忘れていないかどうかチェックしましょう。情報をピックアップした問題集のページ数や追加情報などをメモ欄に書き込んでおくと、教材を読み返すときに便利です。


高岡浩三

CMO(最高マーケティング責任者)を任命するだけでは駄目だ。会社の事業の真ん中にマーケティングを置く必要がある。マーケティング出身者が経営トップになるような位置付けにしないといけない。


磯村巌

社員が達成感を得られる創造的な仕事ができて初めて会社は回ります。付加価値を生む人をいかに育てるか。人づくりこそ企業の使命でしょう。


古森重隆

相手の言動に対して、適切に対応し、適切に発信することを「応対辞令」という。これが、グローバルに活躍するビジネスパーソンに求められる。


荒川詔四

スピード経営の反動からか、平日総長は夫婦でゆっくり散歩しています。オフの日はのんびり庭いじりなどをして何も考えず、閑の時間を過ごすのです。オンとオフで緩急の落差をつけることも、オンの時間にスピード感を失わない秘訣かもしれません。


平岩外四

人間は「節目をしっかりつけること」が大事だ。なにか仕事をする、あるいは失敗する、挫折をする、誰もがそういう経験を幾度もするものだ。だが肝心なことは、その「節目」をしっかり認識し、自覚に立って次のスタートをきることだ。


熊谷正寿

グループ各社の経営は、もう起業家精神を持った方にやってもらい、基本的には任せています。権限の委譲というより、権限の分散ということです。グループとしての体裁は保ちながら、各社は任せています。


木南陽介

政策が整ってから参入したのでは遅かった。今ある計画の半分も実現していなかっただろう。


奥田陽一

自分の考えを内外に明確に示すために何か良い手はないものかと考え、年度ごとに漢字2文字のキーワードを考え、毛筆で書をしたためました。半紙に40枚ほど、社長室にこもって書くのが毎年の恒例行事でした。


宮内義彦

僕はオリックスを自分の会社だと思っているから、自分で自分をクビにせざるをえないときがくるのが死ぬより怖かった。でも、突き詰めていくと、最後は会社が残ればいいじゃないかと思えました。


浜田宏

プロの仕事師とは、世界のどこにいっても通用する、正真正銘、プロフェッショナルのビジネスパーソンです。そのためには留学して勉強したい。その貯金ができる収入を求めて、外資系保険会社に転職しました。転職先では毎晩11時まで働いて、月に100時間を超えるほど残業していました。それでも毎日4時間は、留学のために集中して勉強していました。