名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

松井利夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松井利夫のプロフィール

松井利夫、まつい・としお。日本の起業家。東証一部上場の技術者派遣事業会社アルプス技研創業者。多摩大学大学院経営情報研究科を修了しMBA取得。25歳でアルプス技研を創業。そのほか、さがみはら産業創造センター社長、NPO法人ふれあい自然塾理事長、財団法人起業家支援財団理事長なども務めた経営者。

松井利夫の名言 一覧

会社とは、自己実現のための人生道場です。


人を育てる力のある会社は倒産しないと信じてやってきました。人材育成が間違えていれば、会社はつぶれます。だからこそまずは、(セミナーや研修を)私自身が参加して体験してみるのです。


気がついたら三流経営者になっていました。三流経営者から脱皮して本物の経営者にならればと思い、必死で勉強を始め、さまざまなセミナーや研修にも参加しました。
【覚書き|アルプス技研創業10年目頃を振り返っての発言】


大学院を卒業したのが3月。株式公開したのが同年の6月。修士論文を書いているころには、株式公開の準備も最終段階に入っていたのです。これはきつかった。株式公開準備の最後の半年くらいは毎日のようにビタミン剤を飲みながら、こらえにこらえ、耐えに耐え、大量の申請書類と格闘しました。しかし、上場してみれば、これもやってよかったなと、自分の成長になったなと思っています。
【覚書き|50歳で経営大学院卒業と上場を同時に経験した当時を振り返っての発言】


社長がトイレ掃除をやらずして社員にやらせようとしても、それはうまくいきません。私自身、社長時代にトイレ掃除をしたし、いまもし私が社長であれば、社員が週1回だとしたら、役員には「週3回しろ」と指示しますね。トイレ掃除も、その奥にある意味を見つけることが大事なのです。ある銀行出身者が涙を流しながら、トイレ掃除がこんなに勉強になるとは思わなかったと私に語ったことがあります。銀行勤務のときは業者がしていたそうで、「いままで自分は人に掃除をしてもらいながら、こんなにありがたいものだと気づいていなかった。人のためにしている掃除だと実感した」と言っていました。


内観を実践していると、カン違いに気づくということはすごくあります。たとえば、「やさしくする」「親切にする」ことと「甘やかす」こととは、言葉のうえでは別物です。しかし、現実には一緒になっていたりする。「忙しい」と「忙しがっている」もそう。また、「オレは人に親切だ、人を褒めて上手に使っているんだ」と思いこんでいても、たんにおだててお世辞を言って、自分の言いなりに人をうまく手の上でコロコロと転がそうとしているだけのことだったりする。「ほめる」と「おだてる」は違う。こういうとんでもないカン違いに、少しずつ気づくようになりました。


事業が拡大して社員の数が増えてくると、経営理念や長期事業基本計画などが次々とでき上がってきました。ただ、そういうかたちはできても、そもそも会社って何なのか、社長って何をすべきなのか、といった根本的な疑問が生じ始めたのです。こういうことが分からないと、この先、何も進まないのではないか。行きづまりですね。


責任ある立場にいる者は、小さく嫌われることを避けようとしてはいけません。


私は自他ともに認める厳しさをもって経営にあたってきました。中には、厳しさに耐えかねて辞める社員もいました。彼らは口々にこう言っていました。「アルプス技研はうるさい、おっかない、寿命が縮む」。ただ、私は理不尽な厳しさは徹底的に排除するようにしてきました。あくまで会社が存続し、発展していくうえで各人が追わなければならない責任をまっとうすることを求めたのです。


仮に全社員の給料を3割増やしたら、「我々のことを考えてくれている素晴らしい経営者だ」と社員から絶賛されるでしょう。そして、何年か後に高コスト構造を抱えたまま会社が倒産し、職を失った社員から怨嗟の声が上がるのは間違いありません。無能な経営者のせいで、我々は職を失ってしまったと。


当社には、他社に転職した後、出戻ってきた社員が60人以上もいます。彼らは経営における厳しさの本質を理解してくれたのでしょう。


企業間取引においても、小さく好かれようとする会社は、いずれ大きく嫌われることになります。創業まもないころ、当社のお客さんだったある会社は、通常より2割くらい高い見積もりであっさり通してくれました。発注担当者が、出入りの業者にいい顔をしたかったんでしょう。しかし、数年後にその会社は倒産してしまいました。似たような状況に何度も遭遇しました。そこで、発注時の姿勢に甘さがみられる会社には、細心の注意を払うようにしました。手形は受け取らず、毎月現金で払ってもらう。仮にその会社が倒産して、最期の一か月分の債権が焦げついても、それ以前の累積利益でカバーできるようにしておくわけです。


部下が「正しい仕事」をしているかどうか検証が十分でなかったり、時間が限られている仕事の進捗管理がおろそかだったりすれば、必ず大きな問題として跳ね返ってきて、会社にも、自分にも、そして部下にも不利益をもたらすことになります。つまり、小さく好かれようとした結果、大きく嫌われることになるのです。


経営トップや中間管理職には、自分の部下に対して適切な指示をしたり、報告を求めたりする責任があります。部下とは立場が異なるわけですから、結果的に部下の意に沿わない命令を下さねばならないことも多いはずです。そんなときに、部下に嫌われたくない一心から、中途半端な命令に終始する人が少なからずいます。


松井利夫の経歴・略歴

松井利夫、まつい・としお。日本の起業家。東証一部上場の技術者派遣事業会社アルプス技研創業者。多摩大学大学院経営情報研究科を修了しMBA取得。25歳でアルプス技研を創業。そのほか、さがみはら産業創造センター社長、NPO法人ふれあい自然塾理事長、財団法人起業家支援財団理事長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

田中稔哉

注意したいのは、若い世代の中にはまだ「自分は何をやりたいのか」という意識が確立していない人も多いということ。まずは、上司が自分の考えを伝える場を作り、「上司である自分は、部下に何を期待しているのか」を示すこと。部下はそれに共感することもあれば、反発することもあるでしょう。でも、それでいいのです。そうした中から、「自分はこれがやりたかつたのだ」という意識が見えてくるからです。


藤田晋

信用は「言ったことはやる」という約束を積み重ねて得ていくもの。言った以上はそれもしっかり守る。仕事の約束はもちろん、普段のつき合いの中で生まれる小さな約束を守っていきましょう。


川名浩一

現場力を高めるために新入社員は文科系も理科系も、部門に配属する前に半年間、海外に出しています。プロジェクトの最前線で、どうやって人を動かしているかを体験させるのです。私も入社2ヶ月目でインドネシアのスマトラ島に派遣され、1年間現地にいました。


石橋信夫

天下の国鉄といえど、昔は駕籠(かご)かきだったではないか。今も日立から部品が入ってこなければ何もできない。日立だって社員40名からスタートしたと聞いている。どんな大きな会社も、小さな時代はあったではないか。
【覚書き|大和ハウス工業を創業したてのころ、国鉄にセールスに行ったときに「そんな小さな会社に天下の国鉄が発注できるか」と言われたときの発言】


中村隆介

4店舗目で初めて手痛い失敗をしました。知人が紹介してくれた高田馬場の物件で、エリアや競合店などの調査を十分にしないで出店したことが原因です。それまでの3店舗が好調で、慢心もあったのでしょう。このとき、現場はやはり自分でしっかり見なくてはいけないなと、痛感しました。


山田淳

雑誌やフリーペーパーの発行には、お金を出してくれるスポンサーの存在が欠かせません。でも、編集者はスポンサーの顔色をうかがうようになりがちです。スポンサーに不利益になる情報は掲載できませんから。でも当社の場合、スポンサーさんから見れば、重要なクライアントでもあるわけです。広告料以上の額の商品を、レンタル事業で使うために当社は購入していますから。五分五分の関係を築けているので、読者のことを第一に考えた誌面が作れます。


佐藤一郎(コンサルタント)

最初から価格交渉をはじめてしまうセールスマンは、その商品の「売り」を知らないからなんです。他社の製品とはどこが違うのか。何が良いのか、買い手のニーズに合わせて説明できれば、価格の話で終始せずに済むのです。


望月靖志

多くの半導体ベンダーがビジネスの拡大を狙っていますので、相手と似たような製品を作ったのでは価格の叩き合いになってしまう。そうではなくて、機能や性能ではるかに上回らないといけない。


野口啓代

実家は茨城県で牧場をやっているんですけど。子供の時から庭で木登りをしたり、家の屋根に上がるのが好きで。最初にグアムのゲームセンターでクライミングを体験した時は、すごく難しい木登りみたいって思ったのを覚えています。完全に遊びの延長。楽しかったですね。


林修

自分が勝てる場所で勝負する。ここだと決めたからには最大限の努力をする。つまり、大して努力しなくても勝てる場所で、誰よりも努力をする。それができれば、もう負けることはないはずです。


むらかみかずこ

私も営業トークが苦手で苦労しました。でも、手紙なら自分のペースで書けますし、後から書き直すことも可能です。話すことに苦手意識があっても、手紙なら自分の弱点を補い、お客さまや仕事仲間を広げていくことができるのではないでしょうか。


寺田千代乃

私どもが理念の大切さや必要性を感じたのは創業当初ではなく、途中からでしたね。自分たちなりの企業理念をつくろうと考えたのは、同友会に入会し、その中の中堅企業委員会の委員長を務めていた時のことです。いろいろな業種の経営者の方々とディスカッションしているうちに、理念の重要性を痛感したのです。