名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

松下雋の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

松下雋のプロフィール

松下雋、まつした・しゅん。日本の経営者。日本ガイシ社長。三重県出身。名古屋大学経済学部経営学科卒業後、日本碍子(のちの日本ガイシ)に入社。ニューヨーク駐在、デトロイトのNGKロック社へ出向などを経て、本社セラミックス事業本部セラミック事業部長、取締役、常務、専務などを経て社長に就任。中部電力の取締役も務めた経営者。

松下雋の名言 一覧

仕事をすべて自分で処理するという発想自体がおかしいのです。本当に自分にしかできない仕事は残して、それ以外は同僚・部下に渡す必要があります。この見極め能力が、組織では重要な力になります。部長になれば、こういう仕事の割り当て能力は不可欠です。


トップも普段は実務に関わっているわけではないのですから、レポートだけで判断せず、現場からの声に耳をしっかり傾ける必要があります。部下から悪い話が聞こえてこないような会社は、不健全な会社だと疑うくらいの姿勢が重要です。


部下に過剰な負荷がかかっているときこそ、経営陣にきちんと物言いができる上司でありたいものです。私が部長のころ、役員からある水準の成績をあげろと迫られました。しかし、明らかに現場に無理を強いることになるため、「できない」と突っぱねたことがあります。ただ、上司に向かってできないというには大変な勇気が必要です。単に突っぱねるのではなく、「要求水準を達成するためには、こんな状態を整えてもらう必要がある」と論理的に経営陣に説明することが大切です。


いまや日本企業といえども滅私奉公は必ずしも報われない時代です。ヘトヘト社員は、本人と会社の双方にとってもマイナスです。早めに原因を見つけて本人と会社がともにプラスになる手を打つことこそ、上司の腕の見せ所です。


会社では、できる人に仕事が集まりがちです。全部引き受けていては大変なことになるのですが、忙しい忙しいといいながら意外にそれを楽しんでいる人がいるのも事実です。俺しかできないと言いながら抱え込んでしまうのです。こういうタイプは、仕事を他人に任せることが怖いのです。ひとつでも仕事を誰かに渡してしまうと自分のポジションを取られてしまうのではないかという強迫観念から、なかなか手放せません。


部下が多忙でヘトヘトになっていたら、昔なら酒に誘って「最近、仕事が忙しそうだが」と事情を探ることができました。そこで悩みなども話してくれたものです。しかし、最近は無理に誘えばパワハラと言われ、私生活に立ち入ればプライバシー侵害になりかねず、腹を割って話す機会がつくりにくいのも事実です。そういう意味では、部下の悩みを言いやすい環境をつくることも上司の重要なテクニックのひとつといえます。


松下雋の経歴・略歴

松下雋、まつした・しゅん。日本の経営者。日本ガイシ社長。三重県出身。名古屋大学経済学部経営学科卒業後、日本碍子(のちの日本ガイシ)に入社。ニューヨーク駐在、デトロイトのNGKロック社へ出向などを経て、本社セラミックス事業本部セラミック事業部長、取締役、常務、専務などを経て社長に就任。中部電力の取締役も務めた経営者。

他の記事も読んでみる

エマヌエル・スウェーデンボルグ

愛は決して眠ることはできない。


澤田道隆

気になるものがあれば、自分自身で買うように努めています。自分のお金を出すことで、初めてその物が持つ価値を肌身で感じ取れるようになるからです。実際にライバル会社の商品から、自社の商品とは違った良さを発見することもあります。


安田道男

「ノスタルジーは会社を潰す」という言葉をご存じですか? 昔を懐かしみ、「あの頃はあんないいことがあった。あのときのことを思い出してがんばろう」などと考えていると、会社を潰してしまうという意味です。世の中は常に進歩しており、お客様にとってよいもの、便利なものも変化し続けています。


安藤宏基

何かに成功したときに、「やった-」といって長々と達成感に浸っているのが一番幸せな生き方なのかもしれませんが、残念ながら経営者というのは、みんなが浮かれているときには将来の不安を指摘しないといけないし、みんなが落ち込んでいるときには夢のある話をしないといけない。ただ、マクロ的にみて、そうすることがいい結果をもたらすんだと思えばこそ、いつも反対のことばかりいいつつ、反対のことをいっている自分に満足しているというか……。いずれにせよ、経営者というのはあまりいい商売ではありませんね(笑)。


渡辺利夫

「Education」は「教育」と訳されますが、本当は「その人が持っている力を引き出すこと」。


三浦惺

日本に限らずどこの国でも固定電話が衰退して、携帯電話が伸びているのです。したがって、ドコモの収益が(NTT)全体の4割だから悪いといったことはありません。それに将来、固定とか携帯といった概念が変わることもあり得ます。


大石昌明

客の数は限られると自覚していましたから、とにかく失敗しないよう、いろいろと調査をして、現地の中国系の人たちに何度も試食してもらいました。


石橋善一郎

インテルは開発関連の予算を3か月に1回見直ししています。私はいわゆるゼロベース予算というやり方で、3か月ごとにプロジェクトに優先順位をつけて、見込みの薄い事業は基本的に中止して撤退しました。
【覚書き|米国インテルで財務担当をしていたとき、インテルショックと呼ばれた株価下落が起こりその対処をした当時を振り返っての発言】


茂木健一郎

僕の読書は「積ん読」が多いのです。積ん読に対して罪悪感を持つ人もいますが、そんな必要はありません。欧米では「TSUNDOKU」という言葉がポジティブなかたちで注目されているくらいです。本は、そこにあるだけで豊かな気持ちになれますし、積ん読の本は、いつか読めるという「お守り」の役割を果たすもの。積ん読でも大丈夫と思えたら、それは自分自身を肯定できていることとも言えるのです。


千本倖生

電電公社が嫌いだから新しい会社をつくったわけではありません。むしろ、感謝しています。ただ、独占的にサービスを提供していては、日本の通信産業は世界に伍していけないものになってしまう。競争していく中で、電電公社もよくなると思ったのです。そこで私は新しい電電公社をつくろうと思いました。


青野慶久

本当にやるべき仕事は何かを見極め、捨てられる仕事は捨てることが大切。長時間働く=生産性が高いわけでもないですし、限られた時間の中で仕事するとわりきって、手に余る仕事は人に任せてしまいます。


井村雅代

私はコーチとしてよく叱ります。基本的には言いたいことは我慢しません。本音をズバズバ言います。嫌われるのは大いに結構。「好き」だなんて言われたら、キツイ練習をしにくくなりますから(笑)。