名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

東山彰良の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

東山彰良のプロフィール

東山彰良、ひがしやま・あきら。台湾・台北市出身の小説家、中国語講師。西南学院大学経済学部経済学科卒業、西南学院大学大学院経済学研究科修士課程修了。『逃亡作法 TURD ON THE RUN』で「このミステリーがすごい!」大賞銀賞・読者賞を受賞しデビュー。『路傍』で大藪春彦賞、『流』で直木賞、『罪の終わり』で中央公論文芸賞、『僕が殺した人と僕を殺した人』で織田作之助賞・読売文学賞・渡辺淳一文学賞を受賞。

東山彰良の名言 一覧

僕はこだわるというよりも、「こだわりつつも、いつでもそのこだわりを捨てられるような自分でありたい」という感じです。


一発逆転を狙って書き続けているわけではないんです。書くことに取り憑かれてしまっている以上、書き続けるしかない。そして、それは決して幸せなことではない(苦笑)。


キューバのレイナルド・アレナスという作家が本の中で「書くことは呪いのようなものだ」と書いているんですが、書くことに呪われてしまった人間は、書くことでしか心の平穏を取り戻すことができないと思います。だから若い人たちに作家になることをオススメできるかというと、微妙です(笑)。ただ、もしもなりたいという人がいるのであれば、「才能があるかないかは関係ない。とにかく書け!」と言いたいですね。


最初にあったのは、冒頭できっかけとなる事件が起こり、最後で解決をするっていう縦糸だけで。書きたかったのは、その間にあるしっちゃかめっちゃかな青春物語なんです。しっちゃかめっちゃかなものを読ませるための動力として、ミステリーの要素があるっていう書き方で。


僕はテキーラ・マエストロの資格を持っています。テキーラって味もおいしくって瓶もかわいらしいものが多いんですけど、ときどき瓶もよくて味もいい、一口すすった瞬間ビビッと「ひとめぼれ」するものと出合うんですよ。年を取ると自分の中で好きなものって凝り固まってきて、つい新しいものに手を出さなくなる傾向があるんですが、それじゃあいけないなって思わせてくれるのが、僕にとってはテキーラなんです。


渾身の力作と思って出した『ブラックライダー』。これで世界をひっくり返してやるぐらいの勢いだったんですけど、思ったほどひつくり返りもせずっていうか、世界はびくともせずで(苦笑)。次は能天気に、ただ自分が楽しむためだけに書いてやろうと思ったのが『流』なんです。もしかしたら、その開き直りが良かったのかもしれないです。


チャールズ・ブコウスキーの作品は、間違いなく、作家としての僕の原点ですね。ブコウスキーの本を読んでいると、書くことを運命づけられた人間は延々とそれをやり続けるしかない、たとえ結果がついてこなかったとしても、そこでやめるという選択肢が出てくるわけではなくて、とにかくやるしかないって運命のようなものを感じるんですよ。いまでも気分が落ち込んだときは、ブコウスキーの本を読み返します。


作家はたぶん、内側に自分でも処理できないドロドロしたものをいっぱい抱えているんだと思います。それはもしかしたら、友達付き合いで解消したり、結婚をして好きな人と暮らすことで一部分は解消したりもするんですけれど、それだけでは絶対に解消できない部分がある。文章を書くのは、それを解消するすごくいい方法なんです、僕にとっては。だから、書いていると癒やされるんですよ。書いていないと、どんどんそれが溜まっていってドローっとした感じになるんですよね。ただ、今の話は作家に限らないことかもしれない。ドロドロしたものを解消できる方法が、僕にとっては書くことだったという感じです。


東山彰良の経歴・略歴

東山彰良、ひがしやま・あきら。台湾・台北市出身の小説家、中国語講師。西南学院大学経済学部経済学科卒業、西南学院大学大学院経済学研究科修士課程修了。『逃亡作法 TURD ON THE RUN』で「このミステリーがすごい!」大賞銀賞・読者賞を受賞しデビュー。『路傍』で大藪春彦賞、『流』で直木賞、『罪の終わり』で中央公論文芸賞、『僕が殺した人と僕を殺した人』で織田作之助賞・読売文学賞・渡辺淳一文学賞を受賞。

他の記事も読んでみる

荒木香織

嘘でもいいから自信を持って堂々と振る舞うこと。周りからどんな人物だと受け止められたいかキャラクターを作り、そのように振る舞うとそのキャラクター通りの人物になってくる。


朝倉千恵子

私には、消したくても消せない過去があります。でも、いつか子どもたちに会ったときには、恥じない自分でいたい。それがいつになるかは分からなくとも、いつでも胸を張って会えるような生き方をしていたい。そして、一所懸命に生きた証を残したい……。これが、私の仕事に対するモチベーションを支える心の奥底にある思いです。


ジェリー・ドリザス

我々はドイツ本国に本社を置く会社ですが、同時に日本の会社でもあります。ですから、基本的にはほかの日本企業と同じように、日本の会社として振る舞っていこうと考えています。


星﨑尚彦(星崎尚彦)

私が社長に就任した当時、社内の誰もが考えることをやめていた。そこで、トップ自ら、社員に常に問いかけ続けた。問いかけに答えようとする姿勢を根付かせることで、自発的に考え行動するきっかけをつくろうと考えたからです。


尾賀真城

世界には不安定要因がたくさんありますが、課題はありながらも前進していくと。その意味では、私は前向きに捉えています。


茂木健一郎

僕は様々な業界のトップランナーの方にもお会いしてきましたが、何かを成し遂げる人というのは、やはりどこか規格外の人が多いですよ。約束の時間から必ず1時間は遅刻する、会社のパソコンを年に3回なくす、思ったことをいって炎上するなど様々ですが、彼らがそういった面を幼少期から直そうと暮らしてきたら、今ある彼らの成功はあったのかなと思うんです。


宮本武蔵

大将は大工の棟梁として、天下の法や規範をわきまえ、その国の利非・曲直を正し、その家の秩序を保つこと、まさに棟梁の道である。大工の棟梁は堂塔伽藍の寸法を覚え、宮殿や楼閣の設計図を理解し、職人たちをつかって家々を建てる。これは大工の棟梁も武家の棟梁も同じことである。


涌井雅之(涌井史郎)

私は首都高速の大橋ジャンクションの環境プランニングに関わりましたが、ここの屋上部分に緑があふれる公園を整備しました。普通、高さ35mの巨大なジャンクションが隣にあったら、マンションは値段が下がりますよね。ところがここでは値段が上がっています。しかもあんな高さに緑の庭園があるというので、はとバスが訪れる名所にまでなりました。これまでのインフラは、基本的に縦割りで、道路は道路、河川は河川、鉄道は鉄道の役割しか考えてきませんでした。しかしその役割を複合的に捉えることで、新たなライフスタイルを感じさせる空間を生み出せるんです。


阿部祐二

時間はいつも足りないと感じていますが、仕事以外でやりたいことはすべてやっています。どうして時間を有効活用できるのかといえば、空き時間を無駄にしないことを強く意識しているからでしょう。時間ができたとき、漠然とテレビを見たり、ボーッとしていたりすることは絶対にありません。まずは、「今、一番何をすべきか」と自問します。そのうえで、空き時間を考えて、2時間なら2時間の間で何ができるか、瞬間的に予定を立てるのです。そして、一気に行動します。


金光サリィ

「緊張しなくなってから人前で話したい」という人がいますが、それではいつまでたっても克服できません。近い将来に本番があってこそ、臨場感を持って準備に取り組め、その効果が高まります。


山口純史

会社の連中には、「技術の蓄積を否定するわけではないけれど、やり方を変えないと、もう生き残っていけない」という話を、いまずっとしています。


亀井正夫

人事で難しいのは、潜在能力を見抜くことだ。課長で優秀でも部長で優秀とは限らず、部長で優秀でも役員で優秀とは限らない。軍隊でいえば、連隊長は任せられるが、司令官は務まらないということだ。