名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

東哲郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

東哲郎のプロフィール

東哲郎、ひがし・てつろう。日本の経営者。東京エレクトロン会長。東京都出身。国際基督教大学教養学部社会学研究科卒業、東京都立大学大学院社会科学研究科修士課程修了。東京エレクトロン研究所(のちの東京エレクトロン株式会社)入社。モトローラ営業部長、拡散システム部長、SPE2事業部長、取締役、常務などを経て社長に就任。

東哲郎の名言 一覧

いかに10年先を見通せるか、ということも大事。2~3年先だけ見て動いていたら保守的な手しか打てません。


将来に向かって夢や活力を持っていないと、やっていけませんよ。


一歩一歩地道に登ることが肝心。そして頂に立ったとき、ぱっと視野が開ける。


経営陣が年取ると「蓋」になって新しい発想が外に出ていくことを妨げかねない。若い世代が頑張れる会社でなければ生き残れません。


単独で開発費を捻出しながら成長するには、財務基盤を確固たるものにすることが必要。


トップ自らが謙虚になって、相手の長所を学ぼうという姿勢がないとダメだと思う。確かに、過去に同じような経営統合が成功した例はないと思っている。これから新しいものを作っていくという気持ちでやっていくほかない。


提供するソリューション(問題解決)自体が自己都合になっていないか、常に自問すべきです。ソリューションというのは、サポートを受けて製品の効果を出したいという顧客の要望から始まったビジネスです。結果的に、それが顧客の囲い込みを可能にしたのです。単品商売には山谷があるから、安定収入が欲しい。そういった自己都合だけでソリューションを押し付けても、顧客には迷惑です。


米IBMがなぜソリューション企業として生き残ったかといえば、半導体事業は縮小してもサーバーでは一歩も引かず、誰にも追随できない商品と技術を死守したからなのです。


ソリューション(問題解決)型に転換するからといって、単品の強さ、いわゆるコアがなければ、結局は価格競争に巻き込まれてしまいます。コアとは技術だけではありません。セコムはセキュリティであれだけのブランドを確立しました。彼らに電子機器や通信機器の技術があるわけではありません。警備会社から始まって、長い年月をかけて培った安全安心のブランドが彼らのコアなのです。


大きな目的のためには、小さなことは捨てなければならないこともあるだろう。「これがゴールなんだ」という目標を共有していないと、こういう話(経営統合)は途中でおかしくなってしまう。情熱と目標をはっきりさせることが、経営統合を成功に導くカギになるはずだ。


ジョイントベンチャーであれば、失敗したとしてもまた分かれて元に戻るところがある。今回は1社に統合してしまうわけで、後戻りはできない。失敗したらすべてがダメになる。我々もAMATもそう思っている。そういう意味で、真剣そのものだ。


収益性という観点から見ると、米国企業が想定する生産性や利益率は、一般的な日本企業に比べかなり高い。我々は一般の日本企業よりも高い利益率を追求することを前提としているが、それでも現状の利益率は相対的に低いままだ。どういう原因でそういう違いが生まれているのかを謙虚に学んで、相手のいいところは取り入れていかなければならない。


半導体メーカーから我々に対するコスト削減圧力が強いのは確かだが、いたずらにコストを下げろと言っているわけではない。彼らの販売先であるIT(情報技術)業界の各プレーヤーは、アフリカや南米などの新興国を含む全世界で事業を展開しようとしており、半導体についても世界中の人々が購入できるようなコストにしなければ市場が広がらない段階を迎えている。半導体メーカーはそうした要請に応えようとしているのであって、製造装置を供給する我々との間で一時的に「もっと安くしろ」「いや、高くしろ」と言い合っているのではない。


東京エレクトロンとAMATが扱っている装置はほぼすべて補完的な関係にあり、直接競合する製品カテゴリーはごくわずかです。顧客である半導体メーカーの間では、我々が持っている技術と、AMATが持っている技術をつなぎ合わせて最適化することが求められているにもかかわらず、これまでは互いに別会社であったために、相手の技術がどういうものであるのか、聞くことも触ることもできなかった。情報が我々の手の内にない中で、ブレークスルーを起こすのは大変な作業で、費用がかさむ要因にもなっていた。こうした状況下でどのような選択をすれば本当にこの業界が良くなるのかを考えた末に、(AMATと)一緒になろうという結論になった。


日本メーカーは問題を解決するために製品を開発する点では強いですが、「価値を創造し提案していく」ことは弱い。海外メーカーを見ると、皆そういった思考で動いています。


まあ今回の決定は、言ってみれば天の声ですから。どうしようもないですよ。悔やみ続けているよりも、1社単独でこれからどう生き抜いていくのかと、目線はすぐに新しい成長戦略の策定に移りました。
【覚え書き|米国司法省の反対でアプライドマテリアルズとの経営統合が頓挫したときを振り返っての発言】


東哲郎の経歴・略歴

東哲郎、ひがし・てつろう。日本の経営者。東京エレクトロン会長。東京都出身。国際基督教大学教養学部社会学研究科卒業、東京都立大学大学院社会科学研究科修士課程修了。東京エレクトロン研究所(のちの東京エレクトロン株式会社)入社。モトローラ営業部長、拡散システム部長、SPE2事業部長、取締役、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

松沢卓二

経済大国となった現在の日本で、日本的な特殊事情を強調することはとうてい許されないことであり、日本の国益にも反することになりかねない。ある程度の力を備えた日本の金融界はいまこそ国内の旧態依然たる金融風土を改革し、自己責任の原則、自由企業の原則を確立しなくてはならない。日本経済の中核的分野である金融界は率先垂範しなくてはいけないだろう。


岩田松雄

場合によっては、意思決定をしないことを決定する場合もあり得ます。不十分な情報で自信が持てない場合は、そういう選択肢も用意すべきです。


倉本聰

僕らの仕事を創作という。創も作もつくるという意味だが、本当の意味は違うと思う。僕の定義では「知識と金で前例に倣ってつくるのが作」「金も知識もないが、前例にないものを智恵で零から生み出すのが創」。零から考え直し、もう一度、創から始めようではないか。


石田孝

すでに存在しているルールのために仕事してはいけません。ルールというのは変えるためにあります。


大山健太郎

以前は作れば売れるプロダクトアウトの時代でした。しかし、オイルショックでモノが売れなくなり、プロダクトアウトからマーケットインに変わると今度は業界内の競争が激しくなった。業界の景気や競争に左右されないためにマーケットの先にあるお客様の視点、ユーザーインによる需要創造型企業へと会社を変えてきました。


大塚寿

PDCAは「C(チェック・評価)」から始めるといい。本来あるべき姿と現状とのギャップを検証する「評価」からスタートすれば、現実を踏まえた「計画」を立てることができる。「実行」しやすくなるので、成果も得やすくなる。


澤田秀雄

イベントを毎年進化させていかなければ、「今年も行ってみよう」とお客さんに思ってもらうことはできません。


徳重徹

何か問題が起きた際、「自分のせいではない」と非を認められない人は、反省ができません。でも、どんな問題でも、自分の非がまったくのゼロということはまずありません。普通は6対4くらいの割合で、自分にも4割は責任があるもの。ただ、頭のいい人ほど、その4割の非を認めようとしない。無意識に自分が傷つかないようにしているのでしょう。


小山田浩定

企業という組織には、トップの生きざまがそのまま出てくる。それはもう見事なまでに。


セネカ

怒りは己に対する過大評価から生じる。


広中平祐

コロンビア大学にいたころ、メキシコ出身の数学者がいました。とても真面目な人物でしたが、お世辞にも数学のレベルが高いとは言えません。ところが、あるとき、一流の数学者が束になっても解けなかった超難問を簡単に解いてしまったのです。皆、びっくり。ベテランが気付かなかった盲点を突く見事な着想でした。


斉藤惇

基本は、規制はない方がいいと考えています。本当に害になるようなことに対しては何らかの規制が必要でしょうが、原則は大きな幅をもって考える。たとえば新幹線が1分も遅れずに来るのは美しいですが、2、3分の幅があってもいいくらいの感覚で臨めば、もう少し他の分野でも幅を持った取り組みができるのではないでしょうか。いまは遊びの部分がまったくありません。ガチガチの規制の中でビクビクしながらやっている。