名言DB

9425 人 / 110833 名言

東出浩教の名言

twitter Facebook はてブ

東出浩教のプロフィール

東出浩教、ひがしで・ひろのり。日本の経営学者。神奈川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、鹿島建設に入社。ロンドン大学インペリアルカレッジでMBAを取得。同大学で博士号を取得。早稲田大学ビジネススクール教授などを務めた。

東出浩教の名言 一覧

部下のやる気を引き出すには褒めることが大切。褒めるコツは、個人ではなく、グループを褒めること。


上司は、どこに部下が不満足を感じているのかを把握して、それを潰してあげるような行動を取る必要があります。


現在のように不確実な時代に結果を出しているのは、メンバーがお互いを高め合うカルチャーを持つ組織が多い。上司が「俺が監視しているから、ちゃんと働けよ」と上から管理する時代は終わったと考えるべきです。


ある大手企業の社内報を分析したとき、個々の社員の業績を紹介する記事を掲載していた時期に比べ、チーム単位の業績を紹介していた時期のほうが、会社全体の業績が圧倒的に伸びていたという結果が出ました。「みんなから褒められるチームにいるのだから、自分もメンバーとして恥ずかしくないように頑張ろう」という意識が働くからだと考えられます。


モチベーションアップのセオリーは「個人の達成願望×コミットメント」です。「自分はこれを成し遂げたい」という願望と、どれだけ自分が関与するかの掛け算によって、その人のモチベーションの高さが決まる。ですから上司は、「チームでこんな夢を実現しよう」とビジョンを語り、そのために自分は何ができるかを部下一人ひとりに考えさせることが必要です。


人の資質や適性は、7割以上の部分が後天的に作られると言われています。リーダーシップについても、基本的なセオリーとコミュニケーションのスキルを学び、それらを実際に使ってみて、振り返りをする習慣を続ければ、自分で育てることが可能です。


東出浩教の経歴・略歴

東出浩教、ひがしで・ひろのり。日本の経営学者。神奈川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、鹿島建設に入社。ロンドン大学インペリアルカレッジでMBAを取得。同大学で博士号を取得。早稲田大学ビジネススクール教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

山上晶則

ブルー・オーシャン戦略のポイントは、差別化と低コストを同時に追求し、新しい需要を創出することにある。


永守重信

会議の時間を減らすため、現場に近いレベルの会議はなるべく私抜きで開催するように改めた。会議は基本的に1時間かけていたところを45分で終わらせるようにした。かつては9時から17時か18時までかけていた経営会議も、昼までには終わらせるようにした。出席者を厳選し、先に結論を出すように努めればそれで済む。


小笹芳央

「この仕事は面白くない」という発想は、実に大きな間違いです。仕事の中に最初から面白さが宿っているわけではありません。その仕事に全身で向き合ううちに形成されていくものなのです。だから、まずは数年頑張ってみようと覚悟を決め、その間はとにかく仕事に没頭してみてください。そうすると、あるとき面白さが見えてきます。


佐藤康行

人は、苦しい記憶を後生大事に握りしめて、写真を何度も見返すように「この恨みを忘れてなるものか」「私は不幸だ」と思いがちです。その恨みを外に向ける人は周りとの関係を壊していき、恨みを自分に、つまり「悪いのは自分だ」と思い詰める人は、うつになりやすい傾向があります。思考は現実化するという言葉がありますが、まさにそのとおりなのです。


新藤兼人

かつて人生50年と言いました。医学が進歩し、環境が整備されたいまは、人生80年です。それも枯れ木のように老いた期間が長引いたのではなく、才能や知識、見識、経験が頂点に達した期間が引き伸ばされました。いまの80歳といったら、昔の60歳くらいでしょう。まだまだ能力はあります。しかも、それは挫折と闘い、それを乗り越えてきた能力だから、覚悟とか勇気とか生き方とか若い人にはないものが含まれます。そういう年齢自体がひとつの才能です。


松岡修造

誤解を恐れずに言えば、長く続けるのが必ずしもいいというわけではありません。僕は31歳でテニスをやめましたが、そのことをまったく後悔していないどころか、今のほうが楽しいとすら思っています。結局は「自分が主体」となっているかどうかだと思います。自分が続けたいなら続ければいいし、そうでなければ別の道を探せばいい。


ロバート・キヨサキ

金持ちになることを選んだら、まったく新しいゲームのやり方を学ばなければならない。それは別の考え方と、ファイナンシャル・インテリジェンスが必要だ。


四ツ柳茂樹

起業は誰にでもできます。少ない元手で独立することも可能なんですよ。少ない元手で、サラリーマン時代以上の収入を稼いでいる人たちには、いくつかの共通点があります。それは、好きなこと、得意なことで起業していること。好きなこと、得意なことであれば、労を惜しみません。どうすれば少ないお金で事業を展開できるのか、アイデアも浮かんできやすいと言えるでしょう。


柳川範之

多様な年齢層の多様な経験を持った人が集い、勉強すること自体に大きな意義があることである。様々な経験から出てきた意見のぶつかり合いが、思いがけない気づきや新鮮な発想を学生に与え、学びを促進する。その点でも日本の大学は、もっと様々な年齢層の学生をあふれさせることが必要ではないだろうか。


小宮山宏

ひとつの分野でも突き詰めると、違う分野でもその基本的な考え方が分かるようになる。2つ分かれば相当なことが分かってくる。