名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

東出浩教の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

東出浩教のプロフィール

東出浩教、ひがしで・ひろのり。日本の経営学者。神奈川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、鹿島建設に入社。ロンドン大学インペリアルカレッジでMBAを取得。同大学で博士号を取得。早稲田大学ビジネススクール教授などを務めた。

東出浩教の名言 一覧

部下のやる気を引き出すには褒めることが大切。褒めるコツは、個人ではなく、グループを褒めること。


上司は、どこに部下が不満足を感じているのかを把握して、それを潰してあげるような行動を取る必要があります。


現在のように不確実な時代に結果を出しているのは、メンバーがお互いを高め合うカルチャーを持つ組織が多い。上司が「俺が監視しているから、ちゃんと働けよ」と上から管理する時代は終わったと考えるべきです。


ある大手企業の社内報を分析したとき、個々の社員の業績を紹介する記事を掲載していた時期に比べ、チーム単位の業績を紹介していた時期のほうが、会社全体の業績が圧倒的に伸びていたという結果が出ました。「みんなから褒められるチームにいるのだから、自分もメンバーとして恥ずかしくないように頑張ろう」という意識が働くからだと考えられます。


モチベーションアップのセオリーは「個人の達成願望×コミットメント」です。「自分はこれを成し遂げたい」という願望と、どれだけ自分が関与するかの掛け算によって、その人のモチベーションの高さが決まる。ですから上司は、「チームでこんな夢を実現しよう」とビジョンを語り、そのために自分は何ができるかを部下一人ひとりに考えさせることが必要です。


人の資質や適性は、7割以上の部分が後天的に作られると言われています。リーダーシップについても、基本的なセオリーとコミュニケーションのスキルを学び、それらを実際に使ってみて、振り返りをする習慣を続ければ、自分で育てることが可能です。


東出浩教の経歴・略歴

東出浩教、ひがしで・ひろのり。日本の経営学者。神奈川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、鹿島建設に入社。ロンドン大学インペリアルカレッジでMBAを取得。同大学で博士号を取得。早稲田大学ビジネススクール教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

兒玉義則

お店ではいろいろなことが起こります。お客様から感謝されることもあれば、クレームをいただくこともある。クレームというものがどれだけ深刻な事態なのか、逆に感謝されることがどれほど嬉しいのか、(店頭に立つことで)身をもって感じることができました。


深田晶恵

着実に貯蓄を増やすには、必ず給料から「先取り」して積み立てる仕組みを作ろう。「残ったら貯める」方法だと、支出が少し増えただけで貯蓄のペースが乱れ、せっかく立てた計画が破綻してしまう。


浅野茂太郎

欧米の会社なら(リストラを)やるかもしれないけど、うちはやりません。余裕の出た人材には新しい事業をやってもらいます。
【覚え書き|明治乳業と明治製菓の合併時の発言】


新田次郎

正しいと思ったことを言えなくて、なんで真理の探求ができるんだ。


青野慶久

私のストレス解消法はバットの素振りです。ストレス解消法には、「やっている最中に無心になれること」を選ぶことが大事です。


草野仁

従来のやり方というものは、今まで続いてきたからには、正しい部分がかなりあるのだと思います。しかし、100%正しいわけではない。常に疑う姿勢を忘れてはいけません。


小田與之彦

東京から近ければ、いつでもお客様に来ていただける、と甘えていたかもしれません。私たちの旅館は不便なところにありますから、サービスを磨き続けるしかありませんでした。


幸田真音

安倍(晋三)首相は一億総括役時代を提唱し、反発も受けていますが、実はこの考え方はとても大切。自分は何が貢献できるか、何がしたいのか誰もが考えるべきでしょう。一人一人が自分にできることを見つけて行動を起こせば、力を結集することで国家行事も成功するし、一時代が築かれていくんです。


林田正光

お客様に尽くすことで精神的な満足が得られ、それが経済的な満足につながるようにしなければならない。


ジェイ・エイブラハム

社員の成長や成功を会社が全力で応援すること。会社が応援してくれていると思えば、その社員から最大限のパフォーマンスを引き出すことができる。


島津源蔵(2代目)

事業の邪魔になる人

  1. 自己の職務に精進することが忠義である事を知らぬ人。
  2. 共同一致の融和心なき人。
  3. 長上(目上)の教えや他人の忠告を耳にとめぬ人。
  4. 恩を受けても感謝する心のない人。
  5. 自分のためのみ思い、他人の事を考えぬ人。
  6. 金銭でなければ動かぬ人。
  7. 艱難(かんなん)に堪えずして途中で屈伏する人。
  8. 自分の行いについいて反省しない人。
  9. 注意を怠り知識を磨かぬ人。
  10. 熱心足らず実力なきに威張り外見を飾る人。
  11. 夫婦睦まじく和合せぬ人。
  12. 物事の軽重緩急の区別の出来ぬ人。
  13. 何事を行うにも工夫をせぬ人。
  14. 国家社会の犠牲となる心掛のない人。
  15. 仕事を明日に延ばす人。

吉川浩伸

我々のお店はワンプレートスタイルでインド料理を提供する定食屋です。だから競合するのは「大戸屋」や「やよい軒」なんです。レストランは本物のインド料理を食べたいという方を対象にしていますが、我々は初めての方や初心者をターゲットにしています。だから同じインド料理のお店でも、全然コンセプトが違うんです。定食屋であることが伝わるように、屋号やメニューには「定食」と入れていますし、価格も定食屋らしく、昼・夜問わず1000円前後に設定しています。安いものだと1000円以下で食べられますから、最近は女子高生が一人で来ることもあります。こんなこと普通のインド料理屋ではなかなかありませんよ。