名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

東出浩教の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

東出浩教のプロフィール

東出浩教、ひがしで・ひろのり。日本の経営学者。神奈川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、鹿島建設に入社。ロンドン大学インペリアルカレッジでMBAを取得。同大学で博士号を取得。早稲田大学ビジネススクール教授などを務めた。

東出浩教の名言 一覧

部下のやる気を引き出すには褒めることが大切。褒めるコツは、個人ではなく、グループを褒めること。


上司は、どこに部下が不満足を感じているのかを把握して、それを潰してあげるような行動を取る必要があります。


現在のように不確実な時代に結果を出しているのは、メンバーがお互いを高め合うカルチャーを持つ組織が多い。上司が「俺が監視しているから、ちゃんと働けよ」と上から管理する時代は終わったと考えるべきです。


ある大手企業の社内報を分析したとき、個々の社員の業績を紹介する記事を掲載していた時期に比べ、チーム単位の業績を紹介していた時期のほうが、会社全体の業績が圧倒的に伸びていたという結果が出ました。「みんなから褒められるチームにいるのだから、自分もメンバーとして恥ずかしくないように頑張ろう」という意識が働くからだと考えられます。


モチベーションアップのセオリーは「個人の達成願望×コミットメント」です。「自分はこれを成し遂げたい」という願望と、どれだけ自分が関与するかの掛け算によって、その人のモチベーションの高さが決まる。ですから上司は、「チームでこんな夢を実現しよう」とビジョンを語り、そのために自分は何ができるかを部下一人ひとりに考えさせることが必要です。


人の資質や適性は、7割以上の部分が後天的に作られると言われています。リーダーシップについても、基本的なセオリーとコミュニケーションのスキルを学び、それらを実際に使ってみて、振り返りをする習慣を続ければ、自分で育てることが可能です。


東出浩教の経歴・略歴

東出浩教、ひがしで・ひろのり。日本の経営学者。神奈川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、鹿島建設に入社。ロンドン大学インペリアルカレッジでMBAを取得。同大学で博士号を取得。早稲田大学ビジネススクール教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

郭台銘(テリー・ゴウ)

ライバル社に移籍しても構うものか。腐ったタマゴを産むニワトリは、場所や飼い主を替えても決してよいタマゴを産まないのだ。


延岡健太郎

米アップルの製品に象徴されるように、最近は「機能」だけではなく、デザインなどの「意味」が重要です。両方を備えた「統合的価値」がなければ、モノは売れません。大企業にも、統合的価値を分かる人はいるでしょう。しかし残念ながら、日本の企業はコンセンサス(合意形成)を重視するので、合意しやすい数字やスペックの話になり、結局その人の意見が潰されたり、角が取れて丸くなったりしてしまいます。イノベーションを生み出すには、やはり統合的価値を分かる人に大胆に任せる経営が必要でしょう。


井上達彦

フランスの作家、シャトーブリアンは「独自な作家とは、誰をも模倣しない者ではなく、誰にも模倣できない者である」と言っています。ピカソもゴッホも模倣が上手い芸術家でした。彼らは模倣から始めて、やがて自分だけの独創性を生み出し、誰にも真似できない画風を確立したのです。


小阪裕司

価値創造型の企業というのは、組織の構成員が持つ創造力=クリエイティビティこそが資本ですから。産み出すべき価値から逆算した人数、場所、マネジメントの考え方まで異なってくるのは当然なんですよね。


小田與之彦

東京から近ければ、いつでもお客様に来ていただける、と甘えていたかもしれません。私たちの旅館は不便なところにありますから、サービスを磨き続けるしかありませんでした。


貝原益軒

体気弱く、飲食少なく、家に病多くして、短命ならんと思う人、かえって長生きする人多し。これ弱きをおそれて、つつしむによれり。


アルバート・アインシュタイン

宗教なき科学は不完全であり、科学なき宗教にも欠陥がある。


瀬戸健

ライザップ事業を始めるにあたっては、「やせるためにはどうすればいいか」を徹底的に、科学的に追求しました。国内外のあらゆる文献を読み漁りましたし、大学とも提携して研究や分析を進めています。ここまで「やせる」ことにこだわった会社はないと思っています。


藤田寛之

今日よりも明日、明日よりも明後日。積み重ね、繰り返せば、成長していく。


松本幸夫

お礼や謝罪といった相手の感情に関わることは、早ければ早いほど相手への誠意を表すことになるので、朝一番が鉄則です。


団野村

嘘をつく人は、ついた嘘の内容を覚えていない。あとからそこを突かれ、足元をすくわれます。


鈴木敏文

僕は大衆の立場に立ってコンビニエンスストアは何かというものを追求してきた。