東出浩教の名言

東出浩教のプロフィール

東出浩教、ひがしで・ひろのり。日本の経営学者。神奈川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、鹿島建設に入社。ロンドン大学インペリアルカレッジでMBAを取得。同大学で博士号を取得。早稲田大学ビジネススクール教授などを務めた。

東出浩教の名言 一覧

部下のやる気を引き出すには褒めることが大切。褒めるコツは、個人ではなく、グループを褒めること。


上司は、どこに部下が不満足を感じているのかを把握して、それを潰してあげるような行動を取る必要があります。


現在のように不確実な時代に結果を出しているのは、メンバーがお互いを高め合うカルチャーを持つ組織が多い。上司が「俺が監視しているから、ちゃんと働けよ」と上から管理する時代は終わったと考えるべきです。


ある大手企業の社内報を分析したとき、個々の社員の業績を紹介する記事を掲載していた時期に比べ、チーム単位の業績を紹介していた時期のほうが、会社全体の業績が圧倒的に伸びていたという結果が出ました。「みんなから褒められるチームにいるのだから、自分もメンバーとして恥ずかしくないように頑張ろう」という意識が働くからだと考えられます。


モチベーションアップのセオリーは「個人の達成願望×コミットメント」です。「自分はこれを成し遂げたい」という願望と、どれだけ自分が関与するかの掛け算によって、その人のモチベーションの高さが決まる。ですから上司は、「チームでこんな夢を実現しよう」とビジョンを語り、そのために自分は何ができるかを部下一人ひとりに考えさせることが必要です。


人の資質や適性は、7割以上の部分が後天的に作られると言われています。リーダーシップについても、基本的なセオリーとコミュニケーションのスキルを学び、それらを実際に使ってみて、振り返りをする習慣を続ければ、自分で育てることが可能です。


東出浩教の経歴・略歴

東出浩教、ひがしで・ひろのり。日本の経営学者。神奈川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、鹿島建設に入社。ロンドン大学インペリアルカレッジでMBAを取得。同大学で博士号を取得。早稲田大学ビジネススクール教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

ロバート・キヨサキ

最近、私は、生まれて初めて、ある人たちに訴えられた。あなたも自ら進んでケンカや裁判に巻きこまれろなどと勧めるつもりはないが、私は、そういう経験からも貴重な教えを学んでいる。裁判に備えて、会社の経営の透明性を高めたので、私のビジネスはますます堅実なものとなり、業績も好調になった。私自身は法律に違反したことはない。だが、法律は、「知らなかった」ではすまされないことを学んだ。


田中邦彦

私自身、新商品の導入など、重要な経営判断をするときには、必ず複数の人の意見を聞くようにしています。自分一人で決めることは絶対にありません。仕事の答えのほとんどは、人との対話の中にあると言っても過言ではありません。


高田旭人

社員には私の顔色を伺うのではなく、現場の役員や部長と想いを共有して仕事に取り組んで欲しい。最後の守るべきところを守るのが私の役目です。


山尾志桜里

今は長寿社会ですから、高齢世代も既に逃げ切れない世代になっています。そうした中で、若年世代に投資することが「老後の将来」を決めるんだ、ということを、若い人にも先輩世代にも本気で語っていくことが大切。


太田伸之

私は海外で日本酒を売る場合は、四合瓶に絞った方がいいと思っています。一升瓶は重いしかさばるので、輸送するにもコストが掛かります。加えて一升瓶や四合瓶が混在して商品棚に陳列されていると、統一感が出ません。見た目は感性の領域と捉えがちですが、実は論理的思考が大きいのです。


松浦元男

守りを固めることこそが最強の攻め。


澤田秀雄

人間は知らないうちに自分の思考に枠をはめてしまうので、視線も興味があるものにしか行きません。その枠を外さなくては、新しいものは見えてきません。


船川淳志

話を聞くとき、あらかじめ相手を「こういう人間」と決めつけてしまうと、それに見合った情報しか入手できません。相手の話に沿って、相手の立場も頭の中で置き換えていく必要があります。


高田純次

なんだかんだ言っても、お偉方というのはたいていはイエスマンしか評価しないものだ。飲みに行くと、「君は若いんだから、もっと生意気なことを言った方がいい」とか言っている人にかぎって、実際に生意気なことを言うと、カーッときてしまう人はよくいるよね。人間は自分の本性をよく知っているから、そこを隠そうとして普段は逆のことを言っていたりすることがある。まあ、そのへんに注意してあくまで相手の立場を立てながら真摯に訴えれば、反論を聞いてくれることもあるだろうけど。


塚越寛

そもそも企業が存在する理由、会社を経営する目的とは、いったい何でしょうか。それは、「人間を幸せにすること」です。私どもが寒天および寒天の成分を生かした健康食品や医薬品などさまざまな製品を開発・販売しているのは、美味しい食べ物や体にいいものを提供することで、人々に幸せになってほしいからです。同時に、適正な料金をいただき、社員たちの幸せを実現するとともに、地域社会の幸せにも貢献していきたいからです。


池上彰

私は子供のころから就職して1~2年目まで、ずっと内気で引っ込み思案でした。それがいまでは、国内外の様々な人に会って取材したり、テレビに出たり。記者になって、存分に仕事をしたいという思いが私を変えていきました。伝える力はいくつになっても伸ばすことができると強調したいです。


大見知靖

集客が増え、売り上げが上がると必要となってくるのが直販体制と販路拡大、そして人材。結果としてネット通販の立ち上げからECサイトの開設、海外進出の支援、求人採用まで新しい依頼が増えています。自社メディアの活用は目的を変えるだけで、様々なニーズにも応用できるので、何か課題があればお気軽に相談していただきたい。


出口治明

思い込みや常識を排し、数字、ファクト、ロジックによって、目標達成に必要な道筋を考え、仕事を組み立てていく。それが当社が必要としている人材であり、私にとって共に仕事がやりやすい相手でもあります。年齢や世代は関係ありません。


小林謙

人は最も生産性の高い時にこそ次の事を考えるべき。


西水美恵子

貧しい村で一晩でも村人と過ごせば、いままで見えなかったことがガンガン見えてきます。最初、自分に対して罪悪感が生じるものです。そこで、一人では精神的に危険と判断して、専門分野の違う人を複数で送り込みました。読み書きができなくても住人はよく地域経済を把握しています。パキスタン北部の僻村の人々は、BBCの短波放送をラジオで聞いています。こうしたことを体験すると、無学と人間の英知は関係ないことがわかります。裕福になる戦略を持っていても、実行に移すための政治やお金がない。そういう「真空状態」が貧困を強いていると気づくと、罪悪感が情熱に一変します。もともと持っている世界銀行職員としての使命感に火が付きます。
【覚書き|世界銀行職員に貧しい村で生活することを課したことについて語った言葉】


ページの先頭へ