名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

村西とおるの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

村西とおるのプロフィール

村西とおる、むらにし・とおる。日本の映像監督、実業家。福島県出身。高校卒業後上京し、英会話教材・百科事典セールスマン、インベーダーゲームブーム時にゲーム機設置販売業などを経て、裏本の制作販売を行う。北大神田書店グループの会長まで登りつめた。その後、村西とおるの芸名で監督となり、「ナイスですねー」などの独特な村西トークで人気を博した。ダイヤモンド映像を設立。

村西とおるの名言 一覧

「報われない努力がある」というが嘘だ。努力は必ず自分の血となり肉となり骨となって返ってくる。


這いつくばっての人生にも意味がある。


どんな困難でも、挑戦してから自分自身で答えを出す勇気を失うな。


想像力、妄想することは、人をポジティブにするんです。つまり、贅沢ができないから我慢するという発想ではなく、いま許されない贅沢をするにはどうすればいいかと考える。それが大事なんです。妄想をたくましくすると、心が豊かになります。現実的な感性も磨かれます。


苦しいときほど、自分の本当に欲しいもの、やりたいことを考えるナイスなチャンスなのです。不況だ、金融不安だと騒がれますが、マスコミなんぞに惑わされてはなりません。不安を抱えて縮こまるか、不況や金融不安が何ほどのものだと思うかが分かれ目になり差が出てきます。


ビジネスマンの場合、その人の評価は仕事のなかに実質があるわけです。何によって自分が認められたいのかとなったら、高級車や高級ブランを品を持つ満足は、それとは別の話です。


自分はなぜこの贅沢をしたいのか、自分にとって本当の贅沢は何なのかを検証してみることです。高級車や高級ブランド品を持ったとしても、それが自分に対するまわりの評価においてどうなのかと。


私など、前科7犯、50億円の借金を抱える身になって初めてわかったこともございます。会社が倒産した途端、蜘蛛の子を散らすように周囲から人がいなくなりました。ええそりゃもう早いものです。「監督のためなら命を捨てます」「一生ついていきます」といわれていたのに、その世界が一瞬にして消えてしまったんです。すると考えますね。私の何を人は評価していたのかと。私という人間を支えているバックボーンは何なのか、自分は人からどういう人間に見られていたのかと。


切羽詰まっても、追い詰められたと思ったら、そこから立ち直るための発想も生まれなくなっちゃいます。ポジティブにものを考えるというのは、自分の心を救ってやることだと思います。


一時、私も栄華を極めたころがありました。会社が年商100億円。4億円のクルーザーを持ち、1億円のロールスロイスに乗り、10億円の家を建てたりも致しました。それが倒産したら、緑の楽園があっという間に見渡す限りの荒野です。残ったのは50億円の借金だけでした。何カ月もマンションの家賃さえ払えない状態が続きましたから、楽しみは妄想することくらいです。日々、妄想しまくりです。でも、俺がこうだったらこうしてやろうと、あれこれ考えたことが、結局は再起の原動力になりました。


経済的に苦しくて、思うようにならないときは、妄想しましょう。妄想の世界なら、宇宙飛行士にだって、アメリカ大統領にだってなんにでもなれます。オバマになって、ヒラリーを抱き寄せてみるとかね。


人間の業は、しょうがないものでございますよ。もうこれでいいということがないんです。人の欲望は尽きないものです。我慢して我慢しきれるものではありません。あれを食べたい、これが欲しい、これをやらずに死んでたまるかというのは、人の生きる力そのものです。脳外科の偉い先生も言っていますよ。そういう意欲が萎えた途端に人の体は弱ってしまうんだと。


村西とおるの経歴・略歴

村西とおる、むらにし・とおる。日本の映像監督、実業家。福島県出身。高校卒業後上京し、英会話教材・百科事典セールスマン、インベーダーゲームブーム時にゲーム機設置販売業などを経て、裏本の制作販売を行う。北大神田書店グループの会長まで登りつめた。その後、村西とおるの芸名で監督となり、「ナイスですねー」などの独特な村西トークで人気を博した。ダイヤモンド映像を設立。

他の記事も読んでみる

中村友哉(経営者)

運は多くの人に平等にある。それをチャンスとしてつかめるかどうかが分かれ目だ。ビジネスになると思える瞬間が来たらぜひチャレンジしてほしい。


古出眞敏

市場の先頭に立って顧客の要望に応える商品を打ち出し、シェアだけでなく、革新性でもリーディングカンパニーを目指しています。そのために、顧客と直接接する保険代理店と情報交換を密にし、新しいニーズを常に探っています。


佐々木宏

仕事をしていて大切にしていることは……「ダメだと言われてからが仕事、というときもある」ということかな。


南場智子

失敗には2つあるというのが私の考えです。つまり、歴史的な大きな視座で見て、そこから学んで次の発展の礎となる失敗と、学ぶことをせず滅びてしまう失敗。今回(キュレーションサイト問題)の失敗は本当に恥ずべきものでした。だからこそ、この失敗に学んで、より世の中に「デライト(驚きを伴う喜び)」を届けて貢献するのが償いだと思っています。


新将命

長期の目標は「会社の経営を司る人間になりたい」「ゆくゆくは起業したい」といった多少漠然としていても構いません。何年も先のことをいま具体的に決めるのは無理がありますし、外部環境が変わる可能性も大きいからです。短期目標は「なにを」「いつ」「どこで」「どのようにして」を意識して具体的な内容にすることが大切です。「経営知識を身につけるために今年1年で会計を勉強する」「海外でビジネスを行うために英語を勉強し直す」などのアクションプランの形にするとよいでしょう。このような具体的な短期目標をこなしながら、長期目標を目指せば、目標の達成率は格段に上がるはずです。


松尾豊

IT分野は圧倒的に若い人が強いのに、なかなかチャンスが与えられない。闘いは勝たなければ意味がない。世界を相手に日本企業が勝つためには、根本的に意識を変える必要がある。


林成之

相手の話の中から自分の仕事などに関係のある「キー」を意識的に探すように聞くと、そこで面白さが発見でき、脳が「面白い」というレッテルを貼ってくれます。


林厚見

楽しみつつ、社会的意義があることを実行するためには、実行力のあるプロである必要がある。ロマンとそろばんを共に持たないと、本当に面白いことは起こらないと思います。


コリン・アングル

競争相手が市場に参入してきていることは良い傾向だと思っています。市場そのものが大きくなるからです。ですから、我々の知財を侵害しない合法的なライバル製品が出てくることは、今後も歓迎します。


江見朗

ウーバーイーツは競合であり、同時に宅配マーケットを一緒に作っていく仲間だと考えています。宅配代行は魅力的な市場です。しかし、あまりにも大きな市場なので1社でどうにか出来るものではありません。多くの企業が参入した方が競争原理も働くでしょう。

【覚え書き|ウーバーが立ち上げたフードデリバリーサービスについて】


大川隆法

「一定の限界が出た」と思ったら、「それをどうブレイクスルーするか」ということを常に考える必要がある。


前川正

当社には「共創」という考えがあります。お客様のニーズを把握し、当社の技術とすりあわせて一つひとつ、お客様が求める製品を創り上げていきます。