名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

村石久二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

村石久二のプロフィール

村石久二、むらいし・ひさじ。日本の経営者。「スターツコーポレーション」社長。長野県出身。大和銀行(のちのりそな銀行)を経て千曲不動産(のちのスターツコーポレーション)を創業。同社を成長させた。

村石久二の名言 一覧

出会いというのは力がつけば、相応に巡ってくる。


スターツは、設備に投資するのではなく人材に投資する。


わたし個人ではなく、チームワークで永続していく企業でありたい。


さまざまな切り口・タイミングで、社員同士が刺激し合ったり、活性化を促す場を設けています。


男性は弱い生き物です。女性というお釈迦様の手のひらの中にいる孫悟空のようなものだと思います。


スターツというのは、お客様が必要とする事業を提供しながら、社員が力を発揮できる会社をつくっていこうという形、すなわち足し算で成長してきました。その過程で多くのつながりが生まれ、幾重にもネットワークが形成されてきています。それらを結び付けているのは、仕組みももちろんありますが、やはり、想いであり、心です。


何と言っても、男女区別なく、若手にもどんどん仕事を任せる風土が自然に人を育てているのだと思います。人事部を中心に社員一人ひとりと面談し、把握することで、個々の能力や持ち味を最大限に発揮できるような配置に努め、グループ間の人事異動なども積極的に進めています。


思い切って分社して良かったと思います。彼らが想像以上に力をつけたことで、1事業部だったころには考えられないほどの力強さで各社が成長してきていますし、持ち株会社としてのスターツコーポレーションは、10年先、30年先のことも考えられるようになっています。


村石久二の経歴・略歴

村石久二、むらいし・ひさじ。日本の経営者。「スターツコーポレーション」社長。長野県出身。大和銀行(のちのりそな銀行)を経て千曲不動産(のちのスターツコーポレーション)を創業。同社を成長させた。

他の記事も読んでみる

佐藤正午

最近とても面白い小説を読んだんですよ。とある作家さんによる文庫本の上下巻。体力の衰えてきた最近では一冊読み切るのも時間がかかるのに、興奮のあまり2日で全部読み終えてしまった。そのなかに並木道が登場するんですが、それが欅なのか銀杏なのか、詳細は一切書かれていなかったんです。作中の重要なシーンとして何度も描かれるので、それが少し気になって。というのも、きっと僕なら並木の種類や葉の色づきなど、情景を細かく描写するだろうなと思った。もちろん並木道がどんなものであろうと重要なのはそこで起きる出来事だから、関係ありません。現にその小説は描写がなくても十分に面白いし、その点が物語の質をなんら損ねるものではなかった。だとしたら、僕が積み重ねてきた描写にはなんの意味があったのだろう、もしかして僕の書き方はくどいだけで間違っていたのだろうかなどという思いがふとよぎりました。もちろん正解なんてないんでしょうが、今後も小説を書き続けていくうえで、考えさせられる一件でした。


羽生善治

僕の場合、たとえば難局で苦しんでいるときでも精神状態を極めてリラックスさせ、楽しもうと局面を眺めているとき、無意識にふっとそういう手が生まれるんです。


一瀬邦夫

ペッパーフードサービスには、1997年から発刊している社内報があります。そのタイトルは「馬上行動」。中国語で「すぐに行動する」という意味です。要は、走りながら考える心がけが大切だということですが、これは、何事においても常にスピードを意識し、期日を明確にして行動することをモットーとしている当社にピッタリの言葉だと思います。


大宮久

企業は利益を出すこと、社員を守るために業績を安定させることも重要なこと。しかし、それと同時に企業として社会に役立てることを実践していかなければならない。


佐藤優

理想的な上司なんてものはまずいない。そんなものを探し求めていたら、理想的な女性を探し続けているピーターパンみたいになる人と一緒。


鈴木啓之(牧師)

最近、支援していた元犯罪者が医者になりました。その人は麻薬所持で3度も逮捕されています。猛勉強して資格を得ても、犯罪歴があって当初は病院に雇ってもらえなかった。それでも諦めないでいたら医者になれた。その人、50歳ですよ。3度の犯罪歴がある50歳でも医者になれるんです。人生、いつだってやり直せます。


サミュエル・ジョンソン

困難は大抵の場合、怠惰の娘である。


上村愛子

(里谷)多英さんを勝手にライバル祝するようになり、負けたら1人で悔しがって、勝ったら喜びました(笑)。目の前に金メダリストという目標があったことはラッキーでした。以前なら選択しなかった辛い練習を積極的に選ぶようになり、コーチからの指示はすべて取り組み、自分を限界まで追い込めました。


伊藤肇

人間、貧乏であろうと、少しも慌てることはない。目的をもって生きる、信ずるところに生きる、修養につとめる、そこにおのずから積極的な人生の楽しみが生まれてくるのだ。


岡本欣也

誇張して実感の持てない情報を伝えるよりも、抑制して正確な数字を言う。時には低く見積もる勇気を持つことが、相手に納得感を与える。


伊佐山元

そこは発想を変えるべきです。逆にシリコンバレーに東京をつくってしまえばいい。税金を使ってどんどん人を送り込んでもいいし、私たちのようなやり方で人を送ってもいい。そこで吸収したものを日本に持ち帰ってもらえば、日本にとっても有益です。
【覚え書き|東京にシリコンバレーのような場所をつくるのは無理だろうかと問われての言葉】


平野拓也

自分にとっての転機は海外赴任でした。3年間の刺激的な海外赴任の中で、過去に経験したことがない課題、答えのない問題にどう取り組むか、ということを学びました。