村石久二の名言

村石久二のプロフィール

村石久二、むらいし・ひさじ。日本の経営者。「スターツコーポレーション」社長。長野県出身。大和銀行(のちのりそな銀行)を経て千曲不動産(のちのスターツコーポレーション)を創業。同社を成長させた。

村石久二の名言 一覧

出会いというのは力がつけば、相応に巡ってくる。


スターツは、設備に投資するのではなく人材に投資する。


わたし個人ではなく、チームワークで永続していく企業でありたい。


さまざまな切り口・タイミングで、社員同士が刺激し合ったり、活性化を促す場を設けています。


男性は弱い生き物です。女性というお釈迦様の手のひらの中にいる孫悟空のようなものだと思います。


スターツというのは、お客様が必要とする事業を提供しながら、社員が力を発揮できる会社をつくっていこうという形、すなわち足し算で成長してきました。その過程で多くのつながりが生まれ、幾重にもネットワークが形成されてきています。それらを結び付けているのは、仕組みももちろんありますが、やはり、想いであり、心です。


何と言っても、男女区別なく、若手にもどんどん仕事を任せる風土が自然に人を育てているのだと思います。人事部を中心に社員一人ひとりと面談し、把握することで、個々の能力や持ち味を最大限に発揮できるような配置に努め、グループ間の人事異動なども積極的に進めています。


思い切って分社して良かったと思います。彼らが想像以上に力をつけたことで、1事業部だったころには考えられないほどの力強さで各社が成長してきていますし、持ち株会社としてのスターツコーポレーションは、10年先、30年先のことも考えられるようになっています。


村石久二の経歴・略歴

村石久二、むらいし・ひさじ。日本の経営者。「スターツコーポレーション」社長。長野県出身。大和銀行(のちのりそな銀行)を経て千曲不動産(のちのスターツコーポレーション)を創業。同社を成長させた。

他の記事も読んでみる

吉田秀俊

やはり安曇野(長野県)に根付いたVAIOですから、みなさまの支援や見守り方は温かいです。ここでしっかりとモノづくりを継続しなければいけないと思います。また、安曇野は日本の真ん中にあります。そこから世界に発信するという地図を一度描いてみたら、楽しくなりました(笑)。VAIOは安曇野の一企業として、世界にメッセージを発信していきたい。


吉田たかよし

あなたの周りの人の名前を書き出し、その人のいいところ、学べるところを箇条書きで挙げるのです。新たな気付きがあるし、客観的で理性的な脳である前頭前野が活性化し、より成功に近づくことができるはずです。


伊賀泰代

リーダーシップは特殊な能力ではなく、必要な教育や訓練を経ることで鍛えられ、身につけられます。そのためにマッキンゼーで呪文のように繰り返されるのが「バリューを出す」という言葉です。「何らかの成果(付加価値)を生む」という意味なのですが、1年や1カ月といった単位ではなく、ひとつの会議などごく短い時間で「どんなバリューを出したか」が問われます。


立石義雄

創業者である父は「常に大型ベンチャー企業であれ」と説いていました。社会が求めるニーズのいち早い創造にチャレンジすることを最大の社会貢献ととらえ、今後も企業理念の実践に取り組んでまいります。


川上量生

昨年、スタジオジブリのプロデューサーである鈴木敏夫さんのラジオ番組に出演させていただいたんですよ。「面白そうな人だな、この人の下で働いてみたいな」と思ったので弟子入りを鈴木さんに志願したところ、希望がすんなり通っちゃったんです。今年初めからジブリの社員です。


小山昇

私は著書の原稿直しはPDF上では行わず、プリントして手書きで行います。作業によってアナログの方がはるかに効率的なことがある。デジタルとアナログを適宜使い分けているのです。まずは一度デジタルでやってみる。試してみて、効率が悪いようなら、アナログに戻してしまえばいい。


永守重信

必要なのは、失点の少ない人材ではない。当社でいえば、「泣かない、逃げない、やめない」スピリッツを持つ人材である。


古屋大貴

とにかく「やってみる」ことですね。大きな企業にいたら、なかなかやれない。でも結局のところ、やらなきゃわからないじゃないですか。


箱田忠昭

人は話すことで心が癒やされます。相手から信用を得たい、相手の本音を引き出したいと思ったら、自分の発言は控え、聞き役に徹すること。その割合は20対80。


長岡實

昔の旧制高校というのは、専門の学問を教えるよりも、豊かな教育を知らず知らずのうちに身に付けさせてくれた時期だと思うんです。そういう時代がなくなり、今の教育制度は、すべて次の教育機関への受験のためだけに存在しているでしょう。


前野隆司

知識や情報が豊富にあるほど、仕事に役立つことは多いと思われています。しかし現実には、多すぎる知識は、思考や発想を邪魔することも珍しくありません。実際、私のいる研究の世界でも「知識量は豊富だけど発想力に乏しい」という人は多い。むしろ最近は、知識量が決して多くない研究者が、画期的なアイデアを提案するケースが目立ちます。


エラン・カッツ

私は別に天才ではありません。誰でもできる記憶の方法を提示しているだけです。他の人と比べてアドバンテージと呼べるのは、もう15年間も訓練を積んでいることくらいです。


羽鳥兼市

会社なら、将来有望な企業や事業に何百億円もの投資をします。それくらい「投資」というのは重要なものです。なのに、自分自身はケチって投資しないというのは、おかしいですよね。


川邊健太郎

素早くメールを返信する即レスを心がけています。親会社であるソフトバンクの孫(正義)さんが、ヤフーの前社長に井上(雅博)さんを選んだ理由を「あいつが一番メールの返事が早いからだ」と言ったのをよく覚えています。孫さん自身もメールの返事がものすごく早い。


古森重隆

将来的には経営判断もAIが下すようになるという話がある。囲碁では、瞬時に複雑な計算ができるAIにはかなわない。だが、経営判断は違う。数値化できない要素があるからだ。それは、「どうしてもこれをやりたい」という情熱や意欲、使命感、美学、ロマン、直観などだ。


ページの先頭へ