名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

村田恒夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

村田恒夫のプロフィール

村田恒夫、むらた・つねお。日本の経営者。「村田製作所」社長。同志社大学経済学部卒業後、村田製作所に入社。取締役、常務取締役、専務取締役、取締副社長などを経て社長に就任。

村田恒夫の名言 一覧

お客さまへのサービスや提供価値を創造していくために、全員が同じ思い、目的を共有していくことが重要。


当社では、従業員一人ひとりがお客様の声に耳を傾け、お客様に感動を与えられる価値創造を目指す「全員マーケティング」をかかげています。


長きにわたる経験こそ、我々の強みです。


異なる価値観を持つ人たちが、緊密に連携してお客様へサービスするためには、全員が同じ思い、目的を常に共有していることが重要です。当社では今、改めて理念を共有する取り組みを強化しているところです。


M&Aに関しては我々にない技術や市場を補完できる企業や事業を中心に行っています。


楽観視はしていません。導入される技術が変わるということは大きな変化が出てきて、主役も代わってくる可能性があります。我々としてはスマホを中心とする通信関連の「一本足」にならぬように、うまく成長のバランスを取っていくことが重要です。


我々が手掛けるコンデンサーのような部品は、原材料から部品になるまで非常に多くの工程があります。我々はこれを市販ではなく、ほぼすべてを自前で開発した設備で作っています。装置を含めた形でガードしていますので、半導体や液晶に比べて技術が流出する危険性は低いと見ています。


アジア勢が力をつけているのは確かで、シェアも拡大しているので警戒すべきだと思っています。ですが、我々が高機能部品を矢継ぎ早に商品化しているので、すぐに追い付かれるとは考えていません。


オーナー企業のメリットは、すぐに経営トップが交代せず、何事も長期的ビジョンで進められること。我々の場合も2代目の兄は16年、私自身も既に7年社長を務めています。現場への権限委譲の体制作りも父の時代から少しずつ進めてきたもので、今に始まった話ではありません。


創業者である父はやはりカリスマ性のある人物でしたが、私はそういうタイプではありません。能力のある人材が働きがいのある会社にすることこそが私自身の務めだと思っています。


村田製作所では私自身が何かを決めるのではなく、現場への権限委譲をかなり進めています。事業本部長以下の決定に関して、私はあくまでも最終承認をする立場です。


業績目標はあまり気にしていません。景気にも左右されますしね。それよりも我々が目指すべきビジネスの目標に向けて着実に歩を進めていくことが重要だと考えています。


最新技術の動向を誰よりも早くつかみ、他社に先駆けて最先端部品を開発できたことが競合他社との差異化につながりました。顧客である端末メーカーの目まぐるしい変化にも、うまく対応できたことで、好循環を作り出すことができたと自負しています。


村田恒夫の経歴・略歴

村田恒夫、むらた・つねお。日本の経営者。「村田製作所」社長。同志社大学経済学部卒業後、村田製作所に入社。取締役、常務取締役、専務取締役、取締副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

岩井俊憲

「信頼」は、根拠を求めず無条件に相手を信じる態度。それは、忍耐をもって継続的に、相手の行動の背後にある善意を見つけようとするものでなければなりません。


遠藤功

営業活動を行っていれば、現場で発生する問題点や事故、クレームや不良在庫、スケジュールの遅れ、案件の不成立など、悪い情報は必然的に生じてきます。こうした情報は本来見せたくないものであり、心理的な抵抗感があるため、放っておくとまず見えません。しかし、手遅れになる前に手を打つには、悪い情報こそ、できるだけ早く発見、共有しなければなりません。悪い情報の犯人探しをしたり、社員に処罰を与えるのは論外。経営者は「早く提供してくれてありがとう」という気持ちで、社員が安心して情報を提供できる環境づくりを心がけるべきです。


高原良午

納品後の花を、スタッフが定期的にメンテナンスするサービスがあります。花の「賞味期限」を最後まで楽しんでいただきたいという思いから始めました。最後は弊社で花を回収することで、ごみを増やさない努力もしています。お客様には大変好評をいただいています。


神谷一雄

遺伝的なものはどうにもならない、という向きもありますが、私は祖父も父も癌で亡くしましたが祖父と父の亡くなった歳を超える年齢になっています。癌の遺伝的な要素も、自分の努力で、それが表に出てこなくなるのではないかと思います。


藤井一郎

上司や顧客に対して、自分の努力や能力をアピールするだけでは大きな評価は期待できない。相手が知りたいのは、自分にどれだけの利益をもたらすか。


浦沢直樹

描いている本人が意表を突かれたりとか、気がつかされたりとか、そういうことを繰り返しているからこそ、面白い話になってくるんでね。最初からこうするんだって決めて、そこに向かってきっちり計算ずくで入っていく作品なんて、きっと読んだら面白くないんですよ。


滝久雄

一生懸命に坂道を登っていくと、自分が進化していきます。自分が進化すれば、持っていたノウハウも進化して、最終的に描いていた目標も変わっていくはずです。


今川聖

手元にメモを用意して何か思いつくとすぐに書き留めるのは長年の習慣です。以前は手書きのメモパッドを使っていましたが、2年前からすべてスマートフォンでメモを取るようになりました。とくに寝る前、落ち着いてものごとを考えられることから、様々なアイデアが思い浮かびます。忘れないようにスマホを使って自分宛にメールします。


田嶋一雄

皆は一様に「こんな常識はずれの物は売れませんよ」と、すげない態度。「売ってみなければわからないじゃないか」と言ってくれたのは、たったひとりだった。
【覚書き:ヒット商品ミノルタベスト発売当時を振り返っての発言。ミノルタベスト(Minolta BestもしくはMinolta Vest)は一風変わった形をしており現在でもカメラコレクターの間で高い評価を得ている】


林修

私は麻雀から、自分の手牌を考える「縦の視線」と、相手の動きを読む「横の視線」の大切さを学びました。ビジネスも同じことだと思います。自分のことに精一杯で「縦の視線」だけ使っていたら勝てませんよ。ビジネスは人間関係が基本でしょう。それなら、周囲の様子を見る「横の視線」が絶対に必要です。


岩井俊憲

勇気づけは、植物にとっての水と太陽のように、人間の成長に欠かせない養分。


西脇俊二

お金やモノといった刺激は持続力がありません。人を満足させるのは簡単なもので、「賞賛の言葉」で十分。お金よりもはるかに意欲を保てます。ただし、相手のタイプにより、褒める内容やシチュエーションが変わってきます。その人の最重要な価値観に合わせて内容を変えるべきなのです。