名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

村田恒夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

村田恒夫のプロフィール

村田恒夫、むらた・つねお。日本の経営者。「村田製作所」社長。同志社大学経済学部卒業後、村田製作所に入社。取締役、常務取締役、専務取締役、取締副社長などを経て社長に就任。

村田恒夫の名言 一覧

お客さまへのサービスや提供価値を創造していくために、全員が同じ思い、目的を共有していくことが重要。


当社では、従業員一人ひとりがお客様の声に耳を傾け、お客様に感動を与えられる価値創造を目指す「全員マーケティング」をかかげています。


長きにわたる経験こそ、我々の強みです。


異なる価値観を持つ人たちが、緊密に連携してお客様へサービスするためには、全員が同じ思い、目的を常に共有していることが重要です。当社では今、改めて理念を共有する取り組みを強化しているところです。


M&Aに関しては我々にない技術や市場を補完できる企業や事業を中心に行っています。


楽観視はしていません。導入される技術が変わるということは大きな変化が出てきて、主役も代わってくる可能性があります。我々としてはスマホを中心とする通信関連の「一本足」にならぬように、うまく成長のバランスを取っていくことが重要です。


我々が手掛けるコンデンサーのような部品は、原材料から部品になるまで非常に多くの工程があります。我々はこれを市販ではなく、ほぼすべてを自前で開発した設備で作っています。装置を含めた形でガードしていますので、半導体や液晶に比べて技術が流出する危険性は低いと見ています。


アジア勢が力をつけているのは確かで、シェアも拡大しているので警戒すべきだと思っています。ですが、我々が高機能部品を矢継ぎ早に商品化しているので、すぐに追い付かれるとは考えていません。


オーナー企業のメリットは、すぐに経営トップが交代せず、何事も長期的ビジョンで進められること。我々の場合も2代目の兄は16年、私自身も既に7年社長を務めています。現場への権限委譲の体制作りも父の時代から少しずつ進めてきたもので、今に始まった話ではありません。


創業者である父はやはりカリスマ性のある人物でしたが、私はそういうタイプではありません。能力のある人材が働きがいのある会社にすることこそが私自身の務めだと思っています。


村田製作所では私自身が何かを決めるのではなく、現場への権限委譲をかなり進めています。事業本部長以下の決定に関して、私はあくまでも最終承認をする立場です。


業績目標はあまり気にしていません。景気にも左右されますしね。それよりも我々が目指すべきビジネスの目標に向けて着実に歩を進めていくことが重要だと考えています。


最新技術の動向を誰よりも早くつかみ、他社に先駆けて最先端部品を開発できたことが競合他社との差異化につながりました。顧客である端末メーカーの目まぐるしい変化にも、うまく対応できたことで、好循環を作り出すことができたと自負しています。


村田恒夫の経歴・略歴

村田恒夫、むらた・つねお。日本の経営者。「村田製作所」社長。同志社大学経済学部卒業後、村田製作所に入社。取締役、常務取締役、専務取締役、取締副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

伊藤羊一

相手を迷子にさせないというか、きちんとガイドするというのは重要ですね。セミナーで話すときに、だらだら喋りだすか、大事なのが3点ありましてと始めるかで、聴衆の反応は全然違う。大事なことが3点ありますって言うと、みんなペンをとって1って書くんですよ(笑)。


豊田昌洋

「黒字はリスクだ。将来性があるかないかと考えなさい」と話しています。その観点でグループ内の全社を見直しています。常に事業の形を変えて、一歩前へというのが私の信条です。


堀江薫雄

横浜正金銀行(のちの東京銀行)は上下の信頼感が強く、四季の儀礼的な挨拶や贈答などは一切しないでよいことになっていた。その半面、頭取や重役の門戸は行員のためにいつも解放され、下の者が上役を役名で呼ばず、たとえ頭取でも井上さん、児玉さん、大久保さんなどと呼んだ。


大久保幸夫

自分自身が成長し、出世の階段を上がっていくためには、社内派閥の人間関係を観察して、力関係を知っておく一方で、ルース・カップリング(緩い人間関係)を保つのがベストだろう。それぞれの派閥に深入りした場合、コウモリ人間と思われかねないので、等距離を保って緩い関係を維持することだ。


豊島逸夫

「落ち着いて行動せよ」などと言っても虚しい。プロの私でも今回(の暴落)はかなり動揺した。NYの、私の古巣元スイス銀行軍団のヘッジファンド連中も、言葉を失っていた。ただし、彼らは、慌てて余計なことは一切しない。異常な状態は持続しないと確信しているから、ポートフォリオをいじることは控える。そして、パワープレーで相場の抵抗線などが突破されると、新たなレンジ入りとドライに割り切り、損切りあるいは新たなポジション形成に動く。


米田功

もし私がシドニー五輪代表に落選していなけれは、お祭り気分のキャプテンだったでしょう。「カッコよく勝とうぜ」といって、みんなの気持ちを理解しようとしないで終わったかもしれません。


細谷功

調べた数字やデータをそのまま報告する人も少なからずいますが、こういう人も思考が停止していると言わざるを得ません。今後は、「数字上ではこのような結果になりましたが、私はこう思います」というようにしましょう。そもそも、上司が本当に知りたいのは数字やデータそのものではなく、そこから何か読み取れるかということです。「私はこう思います」と自分なりの考察を付け加える癖をつければ、思考が働くようになるだけでなく、上司からの評価も高まります。


桜井博志

本当に成功しようと思ったら、自分が正しいと思うことを推し進めていくことです。どうしたらいいかを常に考え、ちょっとした工夫を凝らす。実行してみて思うような結果が出なかったら、小さな修正・改善を重ねていく。すると少しずつ状況が動き、良い兆しが表れ始めます。この繰り返しが、成功へと導いてくれるはずです。


夏原武

おかしな話ですが、詐欺は信頼が命です。いかに人を説得して、信用してもらうかが勝負となります。そこで説得に利用されるのが、私が「三種の神器」と呼ぶ3つの仕掛けです。

  1. 既存の金融商品とどことなく似ていて、かつわかりやすいシステム。
  2. 芸能人などの派手な広告等。
  3. セレブ感たっぷりな会場などの舞台装置。

山本強(経営者)

成功も失敗も縄のように表裏をなして繰り返される――。ベンチャー企業に限らず、経営者であれば誰しもその感覚を持たれているのではないでしょうか。


山口勉(経営者)

ただ単に売り上げを上げるだとか、お客様の数を増やすということが目標であれば、それはとてもつらいことかもしれません。しかし、ヤマグチにおいては、粗利率の高さはお客様の満足の証。社員は、お客様に満足していただくためにも精一杯働こうと考えてくれるのです。


清宮俊之

単純に売り上げだけを考えるのであれば、路面で「一風堂」を出すのが最も手っ取り早いと思いますが、それでは面白みがありません。非効率であっても色々なチャレンジをすることが力の源グループの特色なのです。