名言DB

9425 人 / 110833 名言

村形聡の名言

twitter Facebook はてブ

村形聡のプロフィール

村形聡、むらかた・さとし。日本の公認会計士、税理士。税理士法人「ゼニックス・コンサルティング」CEO(最高経営責任者)。慶應義塾大学経済学部卒業。監査法人中央会計事務所を経て尾立村形会計事務所、ゼニックス・コンサルティングを設立。

村形聡の名言 一覧

「何事も失敗から始まる」。数々の中小企業の経営者と一緒に仕事をし、私自身の体験を踏まえるとこんなことを感じます。


当社でも仕事のルールをマニュアル化した途端、社員が辞めなくなりました。これも最初の失敗があったから学べたことだと思っています。


自分に「特技」があるということは、つくづく素晴らしいこと。


仕事の場面でも「自分を信じる」ってことは、物凄く大事なことだと思っていますが、趣味の世界とはいえ、自信をもって取り組めることがあるということが、どれほど仕事に役立っているか、本当に計り知れない効果があると思っています。


最初は順調に業容を拡大していたのですが、社員が15人になったとき、突然、人が辞め出したのです。どんなに補充してもすぐに辞めてしまう。クライアントでも同じような症状が出ている中小企業がありました。そして、悩みぬいた結論として、大企業のように仕事のルールが、きちんと定められていないことが原因だとわかりました。


自分なりにバンド活動から学ぶことは多かったと思います。まず、なんと言っても、バンドのメンバーは取替えがきかないってことです。スポーツのように控え選手というのがいませんから、一人ひとりが自分の持ち場に責任を持ち、バンドの足を引っ張らないように必死で練習しなければいけないですし、バンド内の人間関係を大切にすることも重要です。一個人が頑張ればどうにかなるってもんでも無いんです。


僕が、楽器を始めたのは今から34年も前の話です。女の子にモテたいとか、そういうよこしまな気持ちから、最初はギターを手にしましたが、これが笑っちゃうほど上達しなかったんです。しかも、高校生にもなるとギターを弾ける奴っていうのは結構な数がいて、下手くそなギタリストには声がかかりません。僕も、なかなかバンドが組めず、初めて巡ってきたチャンスが「お前、ベース弾けよ」という無情なオファーだったんです。でも、人生には転機ってものがありますね。渋々と手に取ったベースでしたが、これが面白いように上達するんです。やっぱり、向き不向きなんでしょうか。とにかく、あっという間に弾けるようになって、それから30年以上ベースを弾き続け、50歳を目の前にした今でも、5つほどのバンドを掛け持ちしています。


ビジネスの現場は厳しい競争の世界です。毎日、努力していても、上には上がいるもので、そういう優れた経営者を仰ぎ見るときに、敗北感にも似た物悲しさを感じることがあります。そんなとき、自分を励ましてくれるのが「特技」です。僕の場合はエレキ・ベースの演奏で、自分で言うのもなんですが、まずまず上手い方です。「あの経営者は、僕には、とても真似のできないほど素晴らしい。でも、少なくともベースは僕の方が上手い」。完全に話をすり替えているわけですが、こんなふうに思えるかどうかが運命の分かれ道だと思います。


中小企業の中には、社員の就労時間や働き方を自由にする会社などがありますが、これは自由である反面、ルーズだとも言えます。そういった会社では、時間を守ってコツコツ真面目に働く社員は逆に愛想を尽かしてしまうということです。このときは本当に大企業のようなルールが必要なのだと痛感しました。一見面倒な大企業のルールは、大勢のスタッフがスムーズに仕事をするために、必要不可欠な仕組みだったことに気がつきました。


村形聡の経歴・略歴

村形聡、むらかた・さとし。日本の公認会計士、税理士。税理士法人「ゼニックス・コンサルティング」CEO(最高経営責任者)。慶應義塾大学経済学部卒業。監査法人中央会計事務所を経て尾立村形会計事務所、ゼニックス・コンサルティングを設立。

他の記事も読んでみる

大江英樹

私は「定年起業」を提唱しています。起業といっても、大きな事業を成せ、と言うわけではありません。月3万円でも5万円でも、好きなことで収入を得る仕事を作るだけ。本業で生計を立てなければならないプレッシャーがないため、心にゆとりが生まれ、楽しく働くことができます。社会とのつながりもできるので、定年後に孤立するリスクも減らせるでしょう。


樋口武男

派閥ができると小さい山がたくさんできて、会社の力が分割されてしまう。


橘フクシマ咲江

相手に理解してもらえる話し方をすることが非常に重要です。実は、これが一番難しいのです。社長をしているとき、この点でとても苦労しました。わかりやすく話しているつもりでも、部下がさらにその部下へと話を伝えるプロセスで、内容がどんどん変わっていくのです。


冨田智夫

本社から派遣されている外国人社員はゼロです。外資系といいながら、西洋人が一人もいない企業は珍しいと思います。もちろん、毎週、アメリカと電話会議は行っています。頻繁に本社から人も訪ねてきています。ただ、前任の林(喜弘)も私も日本人です。ニューバランスジャパンはずっと日本人が社長を務めてきました。これは日本だけではなく、中国も同じです。ニューバランスチャイナは、うちのほぼ倍の売り上げになっています。他の同業他社ならば役員、社員の多くは外国人でしょうけれど、ニューバランスチャイナは全部中国人。いわゆるローカルスタッフでやっているんです。


田村久美子(女将)

「有り難う」という言葉は自分の幸せな現状を知るだけでなく、新たな幸せを作り出す力を持っている。


関正生

英語を真剣に勉強しようと思うなら、「覚悟」と「自分への甘やかし」が必須。語学の習得はものすごく時間がかかるもの。コツコツが苦手なら、一気にやる。三日坊主になるなら、三日で終わらせる。勉強するといったら真面目に机に向かって……となりがちですが、お気に入りの椅子に座って、ケーキを食べながらやるとか、勉強こそ一番お金をかけて楽しく学ぶ。お金を使えることが大人の武器だからです。


谷原誠

私もかつてはマイナス思考でしたが、司法試験の勉強中に「絶対に受かる。そのためにはどうすればいいか」とHOWの質問を習慣づけてきたことがきっかけで、プラス思考に切り替わりました。自分に対する適切な質問は人生を変える力もあるのです。


ジョン・キム(法学者)

5年先の目標を決めるのは無駄です。時代は激しく変化します。自分は5年先の時代を予測する能力を持っているのか。そう問うたとき、ほとんどの人は自分の無力さに気づくはずです。


玉木剛

ペーパーレス化を推進し、デスクの上にはモノを置かないよう呼び掛けています。デスクが雑然と散らかっている人は頭の中も雑然としている。我々は同時進行でいくつもの仕事をやっています。その中で優先順位を決め、効率よくこなしていくことが求められます。そのためには、頭の中もデスクの上もきちんと整理されていなければなりません。


小堺一機

部下や後輩が困っているなら、もっと人の力を借りればいいんだよってことを伝えてあげてほしい。僕なんか本当に、周りの人の力に乗ってきただけですから。