名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

村形聡の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

村形聡のプロフィール

村形聡、むらかた・さとし。日本の公認会計士、税理士。税理士法人「ゼニックス・コンサルティング」CEO(最高経営責任者)。慶應義塾大学経済学部卒業。監査法人中央会計事務所を経て尾立村形会計事務所、ゼニックス・コンサルティングを設立。

村形聡の名言 一覧

「何事も失敗から始まる」。数々の中小企業の経営者と一緒に仕事をし、私自身の体験を踏まえるとこんなことを感じます。


当社でも仕事のルールをマニュアル化した途端、社員が辞めなくなりました。これも最初の失敗があったから学べたことだと思っています。


自分に「特技」があるということは、つくづく素晴らしいこと。


仕事の場面でも「自分を信じる」ってことは、物凄く大事なことだと思っていますが、趣味の世界とはいえ、自信をもって取り組めることがあるということが、どれほど仕事に役立っているか、本当に計り知れない効果があると思っています。


最初は順調に業容を拡大していたのですが、社員が15人になったとき、突然、人が辞め出したのです。どんなに補充してもすぐに辞めてしまう。クライアントでも同じような症状が出ている中小企業がありました。そして、悩みぬいた結論として、大企業のように仕事のルールが、きちんと定められていないことが原因だとわかりました。


自分なりにバンド活動から学ぶことは多かったと思います。まず、なんと言っても、バンドのメンバーは取替えがきかないってことです。スポーツのように控え選手というのがいませんから、一人ひとりが自分の持ち場に責任を持ち、バンドの足を引っ張らないように必死で練習しなければいけないですし、バンド内の人間関係を大切にすることも重要です。一個人が頑張ればどうにかなるってもんでも無いんです。


僕が、楽器を始めたのは今から34年も前の話です。女の子にモテたいとか、そういうよこしまな気持ちから、最初はギターを手にしましたが、これが笑っちゃうほど上達しなかったんです。しかも、高校生にもなるとギターを弾ける奴っていうのは結構な数がいて、下手くそなギタリストには声がかかりません。僕も、なかなかバンドが組めず、初めて巡ってきたチャンスが「お前、ベース弾けよ」という無情なオファーだったんです。でも、人生には転機ってものがありますね。渋々と手に取ったベースでしたが、これが面白いように上達するんです。やっぱり、向き不向きなんでしょうか。とにかく、あっという間に弾けるようになって、それから30年以上ベースを弾き続け、50歳を目の前にした今でも、5つほどのバンドを掛け持ちしています。


ビジネスの現場は厳しい競争の世界です。毎日、努力していても、上には上がいるもので、そういう優れた経営者を仰ぎ見るときに、敗北感にも似た物悲しさを感じることがあります。そんなとき、自分を励ましてくれるのが「特技」です。僕の場合はエレキ・ベースの演奏で、自分で言うのもなんですが、まずまず上手い方です。「あの経営者は、僕には、とても真似のできないほど素晴らしい。でも、少なくともベースは僕の方が上手い」。完全に話をすり替えているわけですが、こんなふうに思えるかどうかが運命の分かれ道だと思います。


中小企業の中には、社員の就労時間や働き方を自由にする会社などがありますが、これは自由である反面、ルーズだとも言えます。そういった会社では、時間を守ってコツコツ真面目に働く社員は逆に愛想を尽かしてしまうということです。このときは本当に大企業のようなルールが必要なのだと痛感しました。一見面倒な大企業のルールは、大勢のスタッフがスムーズに仕事をするために、必要不可欠な仕組みだったことに気がつきました。


村形聡の経歴・略歴

村形聡、むらかた・さとし。日本の公認会計士、税理士。税理士法人「ゼニックス・コンサルティング」CEO(最高経営責任者)。慶應義塾大学経済学部卒業。監査法人中央会計事務所を経て尾立村形会計事務所、ゼニックス・コンサルティングを設立。

他の記事も読んでみる

久野康成

欲求が明確でないときは、やりたいことは何かを明らかにしなくてはいけません。やりたいことが明確になれば、それを実現するための問題点や課題も見つかり、解決策を提案することができるようになります。


松本幸夫

締め切りに遅れる癖は、完璧主義が原因になっていることがあります。アウトラインを示して代行してもらうこともときには必要です。仕事を「一人でやるもの」から「チームでやるもの」に発想を転換することが必要でしょう。


むのたけじ

眠るなら目をつぶりなさい。考えるなら目を開けなさい。目をつぶって考える中身は大概くだらない。決断に向かって思考するとき、目は必ず見開かれて輝いている。


荒川静香

失ったものを悔やむより、得られたものを探してエネルギーを注ぐことの方がよっぽど建設的。


野本弘文

高齢化は困ることではない。その時の街づくりをイメージすれば、いくらでもできることがある。高齢者が元気で活躍できる仕組みを街づくりにつなげていきたい。


茂木健一郎

好きなことに熱中していると、ときには時間が経つのも忘れてその物事に没入する「フロー状態」に入ることもあるでしょう。これまた、脳の成長にとっては非常に重要な状態です。先日、解剖学者の養老孟司氏とお話しする機会がありました。そのとき養老氏は、「茂木君、僕なんか大好きな昆虫採集をしているときには、いつもフローだよ」とおっしゃっていました。だから、80歳になった今でも、あれだけ頭脳明晰なのです。


ゲーテ

自己の誤りから脱することは困難である。往々にして偉大な精神や才能の人においてさえ不可能である。


柳井正

人の気持ちがわかる人、人の心をつかめる人、実行できる人、自分が言ったことには責任を持って最後までやる人。そういう人にしか経営はできない。


長谷川滋利

人を紹介してもらう時に遠慮は不要です。「自分よりずっと上の立場の人を紹介してもらうのは失礼じゃないか……」と心配になる人もいると思いますが、アメリカには社員と会社のトップが気軽に挨拶を交わすような習慣が根づいているので問題ありません。むしろその積極性が評価されるかもしれません。


森下篤史

大事なのは仕事の「本当の目的」を理解したうえで、行動に移すことができるか。それさえ理解できれば、すべきことが見えてくる。


マイケル・オン

私はこれまで、自分の会社の人間を「従業員」と呼んだことは一度もありません。同じ目標を掲げて働くチームメンバーだと思っています。


押味至一

私が現場第一主義を掲げるのは、利益の源泉が施工現場にあるからにほかならない。現場こそ我々の生業そのものといっていい。