名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

村山静江の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

村山静江のプロフィール

村山静江、むらやま・しずえ。日本の経営者。エステサロン「健康やせ専門イヴ」などを展開する「村山」社長・会長。新潟県出身。高等理容美容学校卒業。美容師を経て村山を設立。

村山静江の名言 一覧

自分のためではなく、人のためになら頑張れる。そんな優しさを私は母から学びました。母は、我慢の人で、子供たちの世話や父の世話など、自分の人生を人のために尽くして生きてきた人でした。


苦労もありましたが、素晴らしい仕事をしているエステティシャンの地位を向上させたいとの思いで仕事をしてきました。そのためにも、利益が出るからと医師法違反にあたるような施術は一切せず、地道に、正々堂々と事業を手掛け、「健康やせ」のリーディングカンパニーを目指してきました。


他のエステと異なるのは、「健康であってこそ本物の美しさは形づくられる」をコンセプトに「健康やせ」を追求してきたことです。実は、私は産後25キロも太ってしまい、あらゆるダイエットを試したものの、食事制限のダイエットで虚弱体質になってしまい、子育てする体力もなくしてしまったことがありました。子育てへの悪影響を反省し、健康になるための食事、運動、生活を始めると、自然と身体が引き締まり、痩せることができました。この経験を皆さんに共有したいと思ったのが、エステサロンを始めたきっかけです。


村山静江の経歴・略歴

村山静江、むらやま・しずえ。日本の経営者。エステサロン「健康やせ専門イヴ」などを展開する「村山」社長・会長。新潟県出身。高等理容美容学校卒業。美容師を経て村山を設立。

他の記事も読んでみる

後藤亘

既にニューヨークでは、出勤前にニューヨーカーが見ているのは、大手のネットワーク局ではなく、「NY1」という、報道専門のケーブルテレビです。MXとも姉妹局提携して深い交流があります。ネット時代における放送と通信の融合という観点で見れば、仕事の段取りひとつでも学ぶべきところは多い。何より、あちらでは地上波であるとか、CATVだとか、衛星、ネットといった伝送路は全く関係なくなっています。大事なものはコンテンツなんです。


芦田昭充

私は単純に負けたくない、ナンバーワンになりたい、一等賞がいいという気持ちは強いです。


岩倉信弥

無我夢中でやると、意外にも壁を乗り越えられてしまう。


村上太一

若いということは、成長の余地があるということ。これからも変わり続けたい。


前川孝雄

管理職になりたてのころは、上司はこうあるべきだという理想に縛られて力が入りがちです。しかし、課長になったからといって、すぐにマネジメントが上手くなるわけはありません。上司としての自分に自信がないなら、正直に部下に打ちかけるのがいい。「初めての管理職で至らない点があるかもしれないが、そのときは遠慮なく言って欲しい」と。部下も心を開きやすくなり、コミュニケーションもスムーズにいくはずです。


池上彰

自分が持っている知識だけでとりあえず考えてみるけれど、もっと違う知識が、もっと違う事実があるかもしれない。その事実を知ったら、今の自分の事実認識は大きく変わるかもしれないわけです。そういう恐れを持っていれば、事実に対して自然と謙虚になりますよね。


茂木健一郎

楽しみながら取り組んだほうがドーパミンは分泌されやすいので、自分が好きで熱中できるものがいいでしょう。たとえば、私は今コーヒーにハマっていて、よりおいしいコーヒーを求めていろいろな知識を吸収しています。コーヒー豆の種類や淹れ方などを調べていると、次々と「そうだったのか!」という発見が得られる。たとえば世の中には、ジャコウネコの糞から取り出した未消化のコーヒー豆などというものがあり、香りが良くて非常においしい。こうして楽しみながら学んでいくたびに、どんどん脳が強化されていくのです。


大野直竹

尊敬する人は織田信長です。あの人だけが戦国の世にあって、日本を統一し平和にして、今までの悪い点を改革して新しい世をつくろうというビジョンを持っていた。本当に今までの世の中を変えたいと思ったリーダーであることは間違いない。


藤井孝一

普段と違う行動をすることで新たな発見や気づきが生まれ、それがビジネスのヒントになることも少なくありません。未来の自分への投資といってもいいでしょう。


泉谷直木

入社して最初の職場は、博多工場の倉庫担当でした。他の同期が背広を着て、ネクタイを締めて仕事をしている。一時は気持ちがぐらぐらっとしました。ただ、そのときに父親から言われた言葉を思い出したんです。「サラリーマンは10年は修行だ」と。そして、「とにかく言われたことを積み上げて、それからものを言え」と怒られ、「それまでにケツを割ることは許さん」と。これは効きましたね。


フィル ナイト

エモーショナル・タイ(Emotional Tie=感動の絆)が重要である。エモーショナル・タイを作りだすのが、スポーツマーケティングである。


田岡信夫

自社と占拠率が伯仲している、あるいは自社よりも若干上であるといったような競争相手は、すなわち競争目標である。それに対して自社よりも低いシェアを持つ敵は、完全に攻撃目標だということである。攻撃目標は「下を向いて歩こう」であり、競争目標は逆に「上を向いて歩こう」ということになる。おそらく我が国の企業で最も多い戦略ミスは、競争目標と攻撃目標を混同してしまうというミスであろう。つまり、競争目標と攻撃目標が同じになってしまうのである。