名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

村尾隆介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

村尾隆介のプロフィール

村尾隆介、むらお・りゅうすけ。日本の経営コンサルタント。14歳で単身渡米し、ネバダ州立大学教養学部政治学科を卒業後、本田技研工業に入社。汎用事業本部で中近東・北アフリカのマーケティング・営業担当となる。同社退社後、食品輸入販売ビジネスで起業し、成功したのち共同経営者に事業を売却。その後はブランドコンサルタントとして中小企業のマーケティングを助けている。主な著書に『小さな会社のブランド戦略』『営業部は今日で解散します。「伝える力」のアイデア帳』『安売りしない会社はどこで努力をしているか?』『ビジネスは、毎日がプレゼン』など。

村尾隆介の名言 一覧

十分な準備を整える習慣も、余裕の源となります。準備を万全にして不安の源を断てば、自信をもって本番に臨めるからです。


日常生活のあちらこちらにトレーニングの種は落ちているものです。それらを有効に活用し、楽しみながら向上を目指してください。


私は友人たちと「アゲアゲ会」なるものを結成しています。食事をする間、ひたすら相手のいいところを褒めあうだけなのですが、観察力が磨かれるうえ、モチベーションアップにも役立ちます。


日ごろの周囲と交わす会話も、プレゼンのいいトレーニングの機会です。コミュニケーション力が上がれば、プレゼン力もアップするからです。


話術をアップさせたいなら、お笑いのDVDがお勧めです。DVDには、テレビでの芸よりも練り込まれたテクニックがあります。間のとり方や呼吸、緻密な構成の技を学べることでしょう。


プレゼンの準備の中で最も大事なのは「構成」です。導入をどうするか。何をどのタイミングで話せばビビッド(鮮やか)に伝わるか。これらを考え抜いてつくり込むことが肝心です。


よいプレゼンを行うには、心に余裕を持つことが不可欠です。大事な場面で心を整えるために、自分なりのルーティンを持つことが大切です。私の周囲のプレゼンの名人たちも、例外なく独自のルーティンを持っています。本番前に洗面所で顔を洗うもよし、ストレッチをして体をほぐすもよし。「これで心が整う」というルーティンをぜひ身につけましょう。


スターブランドが掲げているテーマに「むやみに拡大しない勇気」というのがあるんです。もちろん僕らも、ある程度のサイズは必要だと思っていますけど、むやみに組織を大きくしてしまうと、時代の変化に対応できなくなってしまうので。売れる商品やサービスのスパンが、極端に短いですし。


「生活が悪いのは会社のせい」「業績が悪いのは国のせい」と、なんでも責任を自分以外に転嫁しがちな時代ですが、そこを「すべては自分の責任」「この仕事を通じて、自分は人間として成長できる」「仕事が面白くなければ、人生そのものが面白くないのと同じ」と発想できる人じゃないと、この先、ずっと不安を抱えながらの生活をすることになってしまいます。「ファンがいる会社」「ファンがいる人」って、僕が知る限り、いろんなことを「人のせい」にしたりしていません。


働き方と生き方が、全く別になっている人は、これからは精神的に苦しくなっていくと思います。「生産性を高める」とか、「ワークライフバランス」とか「時短」とかってテーマとしては流行っていますけど、もっと本質的な部分、つまり「働きがい」「やりがい」をしっかり考える時期に、日本はきています。


シートベルトって、あの3点式のタイプってボルボの特許なんですけど、安全な車を他のメーカーにも作って欲しいという考えで、その 特許を放棄したらしんです。こういう、ボルボ=安全性というキーワードと、その裏にはストーリーがあるんですよ。戦略上それが外に発信できているし、本気で、そう思ってやってる。たとえ、小さなお饅頭屋さんでも、「自分たちは、こういう思でこのお饅頭を作っています」という風に、自分たちの言葉で伝えることができたら、もっとよくなりますよね。


経営者ばかりが、セミナーとかでブランディングについて勉強 していても、それと同じレベルで社員も勉強しないと、チームと してはうまくいかないですね。会社のロゴとか印刷物だけを変えてブランドらしく仕上げることはできても、中身が変わらないですしね。社員の意識とか組織体制、あとはそれこそ社長の性格とか。


一般的に会社のブランディングってロゴを変えたりとか、印刷物をきれいにするとか思われているみたいですけど、それはちょっと違います。それだけでは足りないです。もちろん、それだけで会社のプレゼンテーションの仕方も、随分変わってはくるんですけど。社員さんがそれについてこない。そういうケースは多々あります。


「仕事は遊びの延長であり、遊びも仕事の延長であり」みたいな。そこをうまくミックスできている人が、社会人として伸びていると実感として思うんです。仕事は仕事、プライベートはプライベートと、区切っている人達よりも、良い意味で公私混同している人の方が、「伸びしろ」があるな、と特に、僕と同世代の社会人に関しては思います。


労務的な問題はクリアする事が大前提ですが。定時以降はさっさと帰るだけとか、土日は会社の事は関係ないという人より、週末でも色々な物を見て、 これってうちの会社にないから買っていって、プロジェクトに生かせないかとか、良い意味で「仕事にのめりこんでいる人」が、これからは輝く時代だと思います。


僕は、ブランドづくりで一番大切なものは究極的にはマナーだと思うんですね。広義の意味でです。ここで言うマナーっていうのは、その人が持つ「雰囲気」です。単純にポジティブマインドっていうような浅いものではなくて。一緒にいると、なんか楽しそうだなと思えるような雰囲気って、服装とか、持ち物よりも、遥かに大切だと思います。ブランディングは「ブランド物を持つ」ということではなくて。姿勢一つ、話し方一つ、身振り手振りで印象が作られる。それが結局、会社が持っている空気にもつながります。いわば「会社のマナー」です。これが今、すごく大切です。


ホンダって、そもそもマーケティング部ってないんです。全員マーケッターであって当たり前という考え方で、営業とマーケティングを常に兼ねるんです。そして、その中でも僕は、いわゆるアラブ諸国の担当でした。イスラム教に詳しかったわけでもないんですけど。あっちって、基本的にお酒を飲まないじゃないですか。僕もお酒を飲まないので、「こいつはイスラム諸国の担当いけそう」と思われたみたいです(笑)。


村尾隆介の経歴・略歴

村尾隆介、むらお・りゅうすけ。日本の経営コンサルタント。14歳で単身渡米し、ネバダ州立大学教養学部政治学科を卒業後、本田技研工業に入社。汎用事業本部で中近東・北アフリカのマーケティング・営業担当となる。同社退社後、食品輸入販売ビジネスで起業し、成功したのち共同経営者に事業を売却。その後はブランドコンサルタントとして中小企業のマーケティングを助けている。主な著書に『小さな会社のブランド戦略』『営業部は今日で解散します。「伝える力」のアイデア帳』『安売りしない会社はどこで努力をしているか?』『ビジネスは、毎日がプレゼン』など。

他の記事も読んでみる

原田曜平

私は長年、若者の研究をしているため、やや若者寄りの立場で発言しているところもあるかもしれません。とはいえ、若者の現状を直視しないと、いい人材を採用できないし、採用できてもすぐに辞められ、育成することもできません。その現実を経営者の皆さんにはぜひ知っていただき、若者の採用と育成こそが最大の経営戦略になることを理解いただきたい。


岡島悦子

私は年収2000万~5000万円レベルの経営人材を日常的に目利きしています。彼らのキャリアを振り返ってみると、30代で勝負の大方はついているように感じます。もちろん、大逆転もありますが、インプットの時期はこの年齢までに終わり、40代になると、もうポテンシャルでは評価してもらえなくなる。


五十嵐茂樹

成長を当面は維持できる業態もあれば、今後は縮小が避けられない業態もあります。そのブランドポートフォリオを見直しながら、資産を入れ替えていくことが、多業態戦略では可能となるのです。


桜井博志

学校と会社は違う。学校は大抵、同じスタートラインから走らなければならないけれど、会社で「できない」と思ったら、その分、事前に準備しておけばいい。


鎌田實

30代は戦いの時代でしたね。自分の感覚を信じて、制度がないならつくればいい、と。『頑張らない』なんて本を書いた本人が、ガムシャラで猛烈な仕事中毒。担当の患者さんが集中治療室に入ると、人に任せられなくて付きっきり。夜、容態が安定したら、ボランティアに出て行く。そんな毎日で、サトさん(奥様)に当時のことを聞くと、「2週間ぐらい家に帰らないこともしょっちゅうだったね」と言われます。家族には迷惑をかけました。でも、あったかな病院が形作られていくことが面白くて仕方なかった。


生月誠

成功というと、とてつもなく大きな成功を想像してしまうのですが、「少しうまくいった経験」や、「なんとか逃げ切った経験」、それらも成功体験です。常にプラス思考で、前向きな人というのは、小さな成功体験を細かく思い出すことができ、日々の「うまくいった」経験を、自分を誉めるくらいに喜ぶことができる。その経験が、自信となり、何を始めるにも「次も大丈夫!」と積極的に取り組むことができているのです。


柳楽幸雄

技術者に「自由に種まきしなさい」と言ったところで、ミスを恐れるのか、なかなか動きません。そこで「多軸ファンド」をつくり、私が決裁できる枠を100億円用意しました。社員が通常の意思決定プロセスを通さずに出してきた提案書を、CFO(最高財務責任者)とCTO(最高技術責任者)が事前審査して、CEO(最高経営責任者)の私が最終判断します。


リンダ・グラットン

仕事に対する古い考え方とは、「私は自分に幸福感をもたらすモノを買うお金を稼ぐために働いている」というもの。一方、仕事に対する新しい考え方はこうです。「私は幸福感を得るために働いている」。我々は働き方についてもっと思慮深くなることが必要です。


田崎ひろみ

当社の財産は何といっても人。人材育成は永遠の課題です。


伊藤雅俊(味の素)

市場の揺籃期や高度成長時代であれば、新しい事業も割と社内の賛同を得やすく、推進しやすいものです。ところが、市場が成熟してくると、新しいことをやりたくてもみんなが賛成してくれるとは限りません。そこで諦めずに反対派・懐疑派にどうしてもやりたいという熱い思いを伝え、論理的にわかりやすく説得して、チャンスを勝ち取っていく必要があります。その強い思いとは、野心といってもいいでしょう。面白いことに、常にそういう強い思いを発信し、野心をもって突き進む人のもとには、必要な情報や知識が自然と集まってきます。


中島平太郎

CD規格化のための懇談会を設立したところ、オランダのフィリップスが独自開発のディスクとプレーヤーを持って日本の音響メーカーを訪ねてきました。ディスクの開発では先を進んでいたフィリップスでしたが、デジタル処理回路の部分では明らかにソニーの方が先を進んでいました。ただ、世界で2社がずば抜けていたのは事実で、共同でCDの標準化に取り組むことを提案しました。


高橋忠仁

理念を具体化する努力も忘れてはなりません。当社ではそれを顧客への技術支援という形で実践しています。我々は、顧客に対して、システムに基づいた提案や技術の提案などを無償で行っていたのです。共生という観点から、顧客への開発支援を惜しまない姿勢が貫けたからこそ実現できたのだといえます。