村尾和俊の名言

村尾和俊のプロフィール

村尾和俊、むらお・かずとし。日本の経営者。NTT西日本社長。京都大学法学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。西日本電信電話京都支店長、みやこ支店長、取締役経営企画部長、常務取締役経営企画部長、関西事業本部副本部長、営業本部長、経営企画部長、関西事業本部長、営業本部長、営業本部マーケティング部長、副社長、などを経て社長に就任。

村尾和俊の名言 一覧

危機感と大局観を持って、行動していくことが大事。


現在も数多くの困難がありますが、戦後の混乱期を考えたら今はどんなに恵まれていることか。


私のデスクは社内の誰よりもきれいだと自信があります。きれいというよりも、物がありません。我が社の幹部の中には、山のように書類を積み上げて仕事をしているふりをしている人もいますが、そういう人に限って仕事は遅いと思われます。


書類ケースの中にある書類も四半期に1回は整理して捨てます。捨てないとどんどん陳腐化していき、引き出しの開け閉めがスムーズでなくなります。引き出しをすっきりさせておくと頭の中もクリアになるから不思議ですね。


細かな報告書やデータなどは各部署にあるから電話で問い合わせればいい。自分では持たず、「外部脳」を活用します。


書類整理のルールをうまく機能させるコツは、書類を捨てることです。社長という立場上、1日外出していると各部署からの報告などの書類が机に10センチもたまります。ほとんどは読んで捨てています。ただ、担当者が一生懸命作った書類だから目の前で捨てるのは気の毒ですので、2~3日置いておく場所も確保しています(笑)。


耳障りな問題であっても、将来世代に課題を先送りするのではなく、我々が解決策を示して、政治に対して発信し、自ら行動していくことが大事。


村尾和俊の経歴・略歴

村尾和俊、むらお・かずとし。日本の経営者。NTT西日本社長。京都大学法学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。西日本電信電話京都支店長、みやこ支店長、取締役経営企画部長、常務取締役経営企画部長、関西事業本部副本部長、営業本部長、経営企画部長、関西事業本部長、営業本部長、営業本部マーケティング部長、副社長、などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

山本梁介

いまでは、自分の感性と人間力を磨こうという姿勢が会社の芯となっています。それが外部機関の調査で満足度1位という評価につながっているのだと思います。


平井伯昌

どん底の状態に陥った時は、開き直りが大事です。それは投げやりとは違います。底辺にいる状態を事実として受け入れられた時、やるしかないというシンプルな思考に変わる。


吉田たかよし

記憶する勉強は、むしろ細切れの時間の方が適しています。たとえば、英単語を暗記する場合、脳は記憶したあと、10分弱の時間をかけて記憶の定着を行います。ですから、60分間ずっと暗記を続けるよりも、「5分間暗記して、しばらく時間を置き、また暗記する」というやり方を12回繰り返す方が、記憶の定着率は高くなるのです。


石井てる美

マッキンゼー時代、思い返せば、仕事が遅いというか、すべての仕事を抱え込み、効率的に処理できていなかった。


松井道夫

読みが間違っているようなら、どんどん軌道修正すればよい。臨機応変が何よりも大事です。そのためには身軽な組織でないとダメで、規模は極力小さくしたほうがいいに決まっています。当社のような装置産業ではないビジネスは、会社規模と売上が比例しません。だったらコストが少ない小規模のほうが、利益は相乗的に増えます。一人当たりに換算すれば、もっとすごいことになる。


南原清隆

演出などに関していえば、みんなの意見を聞きつつ、自分の意見をしっかり言ことをう心がけています。否定しないで受け止めながら、「こういうのはどうかな?」というスタンスです。


前澤友作

僕は競争が嫌いです。うちの基本給とボーナスは、全従業員一律。成果報酬にして仲間同士で競い合うより、楽しく働けますから。


佐々木かをり

くずかごに紙を捨てるとき、紙をくしゃくしゃに丸めて捨てると、かさばって、すぐにくずかごがいっぱいになってしまいますよね。時間管理もそれと同じで、行き当たりばったりで予定を入れていくと、どうしても、のりしろの部分が多くなって、きちんと収まらなくなってしまうんです。一方、紙をきれいに畳んでくずかごに入れると、かなり多くの紙を捨てることができます。同じように仕事も30分ごとにキレイに整理して計画すると、意外に多くの仕事を仕上げることができるんです。


齋藤正勝

まず、「真面目にがんばっている人」というブランド感を獲得することが大事。そこでおすすめしたいのが「早出(はやで)」です。私の知る限り、課長・部長など管理職クラスの人は始業時間よりも早く出社していることが多い。毎朝気持ちよく挨拶する部下がいれば、あいつは他の若手と違ってマジメだと印象に残る。


福井泰代

核は地域密着のキラーコンテンツを作ろうということで、アイデアが勝負。仕事としては在庫が要らないため、いろいろなことができるところがいいですね。


小西正行

夢を人に語ると叶えないと格好悪い。ノートに書いても自己満足で終わったら意味がない。


森川亮

目標は高ければ高いほどいい。高い目標を目指して頑張れば、仮に目標まで到達しなかったとしても、低い目標を立てた場合よりは高い地点まで行ける可能性がある。同時に、それが達成できると思えるような具体的なプランを作ることが必須。


吉永泰之

コモディティー競争に巻き込まれる新興市場に参入することは考えていません。中国には6万台ほど売っています。ただし、相手はあくまでも富裕層で、中国でもコモディティー競争に参入するつもりはないのです。新興国だろうと先進国だろうと、「スバルがあるから人生が豊かになる」と思ってくださるお客様に売っていきたいわけです。たんなる移動手段を提供するのが自動車メーカーであるならば、スバルが存在しなくたって人類は困りませんよ。(笑)


井上ゆかり(経営者)

社長になって改めて思ったことは、社員の士気をいかに高めていくか、ということの大切さでした。ビジョンを作り、人々を鼓舞し、モチベートして、結果を出す。これこそまさに経営者の仕事です。


松村幸治

当社では社員の仕事も完全マニュアル化してあります。ですから、新卒社員を採用すると、研修等々もやりますが、業務内容が与えられ、作業の手順も基準も全てが決まっているので、あっという間にその業務に精通した人材へと育っていきます。そして、最終成果物もピカピカのプロが作ったかのような商品に仕上がります。


ページの先頭へ