村尾和俊の名言

村尾和俊のプロフィール

村尾和俊、むらお・かずとし。日本の経営者。NTT西日本社長。京都大学法学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。西日本電信電話京都支店長、みやこ支店長、取締役経営企画部長、常務取締役経営企画部長、関西事業本部副本部長、営業本部長、経営企画部長、関西事業本部長、営業本部長、営業本部マーケティング部長、副社長、などを経て社長に就任。

村尾和俊の名言 一覧

危機感と大局観を持って、行動していくことが大事。

村尾和俊の名言|危機感と大局観を持って、行動していくことが大事

現在も数多くの困難がありますが、戦後の混乱期を考えたら今はどんなに恵まれていることか。

村尾和俊の名言|現在も数多くの困難がありますが、戦後の混乱期を考えたら今はどんなに恵まれていることか

私のデスクは社内の誰よりもきれいだと自信があります。きれいというよりも、物がありません。我が社の幹部の中には、山のように書類を積み上げて仕事をしているふりをしている人もいますが、そういう人に限って仕事は遅いと思われます。

村尾和俊の名言|デスクの上はきれいに

書類ケースの中にある書類も四半期に1回は整理して捨てます。捨てないとどんどん陳腐化していき、引き出しの開け閉めがスムーズでなくなります。引き出しをすっきりさせておくと頭の中もクリアになるから不思議ですね。

村尾和俊の名言|引き出しをすっきりさせておくと頭の中もクリアになる

細かな報告書やデータなどは各部署にあるから電話で問い合わせればいい。自分では持たず、「外部脳」を活用します。

村尾和俊の名言|余分な書類は持たず、必要なときは問い合わせればいい

書類整理のルールをうまく機能させるコツは、書類を捨てることです。社長という立場上、1日外出していると各部署からの報告などの書類が机に10センチもたまります。ほとんどは読んで捨てています。ただ、担当者が一生懸命作った書類だから目の前で捨てるのは気の毒ですので、2~3日置いておく場所も確保しています(笑)。

村尾和俊の名言|書類を捨てることの大切さ

耳障りな問題であっても、将来世代に課題を先送りするのではなく、我々が解決策を示して、政治に対して発信し、自ら行動していくことが大事。

村尾和俊の名言|自ら行動していくことが大事

村尾和俊の経歴・略歴

村尾和俊、むらお・かずとし。日本の経営者。NTT西日本社長。京都大学法学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。西日本電信電話京都支店長、みやこ支店長、取締役経営企画部長、常務取締役経営企画部長、関西事業本部副本部長、営業本部長、経営企画部長、関西事業本部長、営業本部長、営業本部マーケティング部長、副社長、などを経て社長に就任。

ページの先頭へ