名言DB

9412 人 / 110637 名言

村井雄司の名言

twitter Facebook はてブ

村井雄司のプロフィール

村井雄司、むらい・ゆうじ。日本の経営者。「モバイルクリエイト」社長。大分県出身。大分レジャー産業勤務、大分日本無線サービス常務などを経て38歳で起業。モバイルクリエイトを設立し、東証一部に上場させた。

村井雄司の名言 一覧

お客様が大変喜ばれる様子を見て、やり甲斐が出てきた。そして仕事にのめりこんでいった。


ものを売るほうだけの満足度でものごとを見ると、やはり、どこかでおかしくなってしまう。


身近な技術を組み合わせることで新たな価値を創造していきたい。これこそが、モバイルクリエイトの創る少し先の未来です。


村井雄司の経歴・略歴

村井雄司、むらい・ゆうじ。日本の経営者。「モバイルクリエイト」社長。大分県出身。大分レジャー産業勤務、大分日本無線サービス常務などを経て38歳で起業。モバイルクリエイトを設立し、東証一部に上場させた。

他の記事も読んでみる

島正博

軍手には縫い目が無いことから、これを応用すれば無縫製のニット製品も作れるのではないかと考えました。そして、まずは通常の手袋から取り掛かり、次はセーター、そしてドレスと、次々に技術を応用していきました。このように新しいものを生み出す時、私は蜘蛛の巣を思い出します。蜘蛛は真ん中に陣取って、獲物を獲っては真ん中に戻ります。獲物がかかった際に真ん中にいると、どこにかかったとしても効率的に動けるからです。ここから着想を得て、何か新しいものを生み出そうと思った時には、原点に戻るようにしています。巣の中央にいる蜘蛛のように、360度を柔軟に見ることで、新しいものを創造しやすくなるのです。


宮内義彦

他社が成功しているからとりあえず当社もやってみよう、という考えでは成功する確率は低くなります。市場経済において「顧客から最も評価されるもの」しか生き残れないわけですから、他社に追従してそれを上回る価値を生み出すことは容易なことではありません。新規事業といえども、自らの持つノウハウや営業ネットワークなどの強みを活かせる分野のほうが、知識や経験を生かせるだけ間違いは小さいはずです。


山﨑潤一(山崎潤一)

経営改革が奏功し、財務体質の強化という目標は達成しました。そして次の3年間で環境整備を含め、もう1度、会社の強みと弱みを振り返りました。それで強くするところは強くし、弱いところや足りないところは少し人並みにしていこうと。


竹中平蔵

私自身、あれだけ強力な総理大臣(小泉純一郎)について5年5ヶ月かけても、世の中はそんな簡単に変わらないと感じました。結局は、一人ひとりが努力して、小さな成功事例をいっぱい作っていくしかありません。


宮本恒靖

ドイツワールドカップの最終予選を戦っている時、チームの調子が悪かったので、選手だけでミーティングを開いたことがあったんです。三浦淳寛さんからワールドカップへの想いを聞いていましたので、その気持ちの部分をみんなに話してもらいました。「アブダビの夜」と言われるエピソードです。技術や戦術の前に、自分たちの原点である、サッカーを始めた頃や、ワールドカップに対する憧れについて話し合ったんですよ。それまで、わだかまりやうまくいかないこともあったんですが、サッカーへの想いという点は皆同じですからね、そこに戻ることで心をひとつにできました。


鈴木幸一(経営者)

サービス競争は望むところですが、その前提として、より公平な競争環境が整備されていくことが重要です。私がよく大手に対して言ってきたのは「共通の通信インフラをどの会社も同じ利用料で使える公平な基盤の上で競争しましょう」ということです。


奥田務

ビジネスモデルが変われば、企業のコアコンピタンスが変わる。それに気づかず、優先順位の低い部門にリソースを割けば、競争力は衰えます。


佐藤綾子(心理学者)

まずは、自分の予定した話の中から、絶対これを主張したいと思う選りすぐりの理念を持つ単語をピックアップしましょう。これを繰り返して伝えていくのです。そうすれば、自然に聞いた人々の心の中に、高揚感と共にその言葉が入っていきます。


イチロー(鈴木一朗)

家の中の空間がどれくらい気持ちよいかというのは、グラウンドに反映されるんです。


藤田晋

「走りながら考える」手法が最も有効なのは、インターネットのような突如現れた新しい分野に挑戦する時です。「どんな行動を取ればいいか分からない」全く新しい分野は、失敗を恐れず、いち早く行動し、知見を蓄えながら前に進んでいった人が勝者になりやすい。どんな市場も「黎明期」は先行者利益を得やすいのです。


アリストテレス

私は敵を倒した者より、自分の欲望を克服した者を勇者と見る。自分に勝つことこそ、もっとも難しいことだからだ。


中畑清

プロに入ったころも、ホント、下手クソでしたね。当時、2軍にいた同期や先輩の誰一人として、僕が1軍でレギュラーを取るなんて思っていなかったでしょう。打たせると、まっすぐしか打てない。守らせてもエラーはするわ、暴投するわ……。こんな危険度の高い選手は、僕が監督だったら使いませんよ(笑)。入団した年の暮れに結婚した女房にも、「3年で駄目だったら、田舎に帰って牛の世話をするからな」って宣言したくらい。


榎本博明

話を聞くことは、相手の存在を認めて尊重しているということ。部下も「自分のことを気にかけてくれている」と信頼を寄せるだろう。それらの時間を使って、自分の価値観を部下と共有することも大切だ。大義や志の共有なく仕事を進めようとすると、部下からは上司が自分の欲のために動いているように見えてしまう。改革の根底には、どのような価値観があるのか。共感を得られれば、部下は手足のように動いてくれる。


北城恪太郎

「重要な仕事が回ってこない」「同期より出世が遅れている」という声を聞きます。そういう時こそ今の仕事をしっかりやるべき。くさらず成果を上げていればチャンスは巡ってくる。


正垣泰彦

火事で焼け死ぬ思いをしたことで、自分は何のために仕事をするのか?という本質を真剣に見つめることができました。真剣といっても、平時の真剣さとは全然次元が違います。土台から全部まるごと考えなおすチャンスになったんです。
【覚書き|大学在学中にオープンしたサイゼリヤ1号店が火事で全焼してしまった当時を振り返っての発言】