名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

村井史郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

村井史郎のプロフィール

村井史郎、むらい・しろう。日本の経営者。電子機器受託製造会社「シークス」社長。兵庫県出身。関西学院大学卒業後、阪田商会(のちのサカタインクス)に入社。同社副社長を務めたのち、サカタインクスインターナショナル(のちのシークス)社長に就任。そのほか在大阪スロヴァキア共和国名誉領事などを務めた。

村井史郎の名言 一覧

勝ち抜く秘訣は、価格で勝負しないこと。やはり品質第一。もし品質に問題があってリコールということになれば、巨額の損失が出る。何より顧客の信頼を失う。


昔から、何もないところで成功しようと考えていました。というよりも、何もないからこそ成功できる。


勝負ごとで大事なことは、選択肢をいくつも持つこと。下手な人にかぎって、2つぐらいしか選択肢がない。うまくなればなるほど、何百手も先まで読み、多くの選択肢を用意している。


あらゆる想定をし、備えておけば、何かあっても最善手をすぐに打つことができる。


一番大きいんは、ころころ変わらん。


どんな時代であれ、私は人の信頼を得ることがすべてのベースやと思います。


ゼロから始めれば持たざる強みを最大限発揮することが出来る。何もなければ何のしがらみもない。スクラップ&ビルドなら、まずスクラップしなければなりませんが、ゼロならビルドから始めることができる。


今の人はとても現在に生きている。刻々と変わる周囲とともに価値観も変わっていきよる気がします。ブレが大きい。でも普遍的なものを求めない人ばかりなら、いくら「日本の素晴らしさ」とか言うても、信用ならんでしょう。


人種や国籍が違おうが、名画を見ていいというのは共通なわけですね。普遍の価値というもんはあるんです。私もいろんな事業に手を出しましたが、人間関係さえ作れるのならば、あとは何をしても同じやと思うんですね。


仕事では変わるものに沿ってうまくフォローの風を活用せねばならんですが、変わっていくものを成功に導くものは、人の変わらない部分やと思うんです。


上海に工場をつくったとき、現地の幹部に「なぜ一番コストの高いところへ?」と質問されました。うちは土地もビルも自社で買うんですが、一時でなく根を下ろしたいからと答えました。「長期的には経済合理的」という考えもあるにはある。


大阪の35階建て高層ビルの34階に、ゲストハウスをつくりました。大阪一見晴らしのいいところです。このビルの1階から周りを見ても、向いのビルの正面しか見えません。でも上に登れば、すべてが見える。どこに人が集まるかもすぐ分かる。経営にもそういう視点を持つことが大切。


製造部門を持つようになったのは、今のローランドにつながる楽器メーカーに資本参加し、電子オルガンの生産を始めたのがきっかけです。電子楽器は全く新しいジャンルでしたから競争が一から始まる。新規参入でも勝負ができると考えたのです。


価格だけを考えると、人件費の安いところでつくるべきで、もしそこの人件費が高くなれば工場を移転する。そういう考えの会社もたくさんあります。でも当社は違います。日本国内もそうですが、海外でも工場を自社所有するとともに、終身雇用を基本としています。会社と従業員が信頼し合えば、取引先も信頼してくれる。そういう人間関係ができれば、価格競争にも巻き込まれなくてすむわけです。


アメリカ市場がどうなるかばかりを論じるのではなく、新興国の市場が今後どれだけ伸びていくかを見るべきです。この問題(トランプ大統領が公約に掲げる関税政策について)は、あまり考えてもしかたがないと思います。自分たちだけが規制の対象になるならともかく、メキシコに工場のある企業の条件は同じです。だとしたら、その中の競争に勝てばいい。あるいはアメリカへの輸出ができないなら、他の市場を探せばいい。


村井史郎の経歴・略歴

村井史郎、むらい・しろう。日本の経営者。電子機器受託製造会社「シークス」社長。兵庫県出身。関西学院大学卒業後、阪田商会(のちのサカタインクス)に入社。同社副社長を務めたのち、サカタインクスインターナショナル(のちのシークス)社長に就任。そのほか在大阪スロヴァキア共和国名誉領事などを務めた。

他の記事も読んでみる

亀山郁夫

学生にもよく話しますが、教養は世界共通で、投資の負担も小さい最高のブランドです。仕事における交渉ごとなどでも、業務の知識や技術を持っているのが当たり前だとすれば、次に差となるのは人間性や信頼性です。これを表すのが実は、その人の教養の高さなのです。


石川康晴

会社の成長に必要なのは、売り上げを伸ばす「商品力」が土台にあること。次に、売るための「チャネル」をどうやって増やすか。


佐藤裕久

どの店でも同じという、チェーン店のオペレーションは、運営会社側の都合で考えられたもので、決してお客様のためのものではない。


柳澤康弘

学生の起業は言ってみればノーリスクなんです。失敗しても本人にとってはプラスになりますし、成功すればもっとプラスになる。挑戦する価値は多いにある。


山田邦雄

保守的な社風を変えるために、最初は小さなことから始めることにしました。まず取り組んだのは、社員同士「さん」づけで呼び合うのを基本にしたことです。私自身、若い社員を含め、「邦雄さん」と呼んでもらうようにしました。また、ロートネームという呼び名も作りました。例えばここに同席している広報担当者はそれぞれ嶋ちゃんとカコちゃんと呼ばれています。社員証にもロートネームは入れています。さらに、オフィスの壁をできるだけ取っ払って見通しを良くしたうえで、組織もできるだけフラットにしました。いわゆる鍋ブタ型に変えたのです。


萩本欽一

人生は当たり前のことばかりしていちゃつまらない。運の神様だって、変わったことをしていると面白がって運をくれたりするんです。


山崎照幸

私が社長になったのはいまから40年も前です。それ以来、一貫して4つのことを守ってきました。

  1. どんなに苦しくても新しい技術開発に努力と投資を惜しまないこと。
  2. 生産設備に対しても投資を惜しまず、最新の設備を整えること。
  3. 世界各国にきちんとアフターサービスのできる販売網を築くこと。
  4. 常に損益分岐点を下げる努力を怠らず、健全な財務体質を作ること。

野村克也

決め球をひとつ持つピッチャーはバッターからして怖いんだよ。決め球を警戒しすぎるあまり、他のたいしたことのないボールにまで気が回らなくなり、逆に決め球以外のボールでも抑えられるようになる。一芸に秀でるメリットというのは、そういうところも生み出す。


藤岡頼光

これまで産業の中心は欧米であった。しかし、これからはアジアが中心の時代。まさに今、多くのアジア諸国で多様な産業が急成長を遂げている。そして日本はアジア唯一の先進国。過去に日本で成功したビジネスモデルを改良する、あるいは日本式の高品質のサービスを応用してアジアに参入すれば、もっともっと日本人は大きなビジネスチャンスを手にすることができるはず。


徳川家康

放っておけ。それより書いてある内容が見たい。予のためになるものもあるだろう。【覚書き|天下統一をなし遂げた後、街中に体制批判をするビラがまかれたときの発言。他人の意見をよく聞いて自分の弱点を補った家康の人となりをよくあらわすエピソード】


小川賢太郎

日本企業といえば、やはり実力があり、製品のレベルも高い。しかも、日本の製品は安全で壊れない。食の分野でも美味しい食品がたくさんあって、豊かな文化やバックグランドを持っている国であると、世界の中で共通認識を持っていただいています。これは我が国にとっても無形固定資産だと思うのです。ですから、この無形固定資産をさらに発展させていくべきでしょう。世界を旅行する日本人が年間1000万人を超えたと言われています。日本人が世界中のどこへ行っても現地の人々からリスペクトされ、世界の人々と仲良く調和的にやっていけるという伝統と信頼を踏まえ、さらにこれを活用していく。


藤田幸之助

「シューラルー」の粗利率はだいたい49%くらいになります。サービス業と比べると高いとは言えないかもしれませんが、アパレル小売では収益性はかなり高いと思います。実は「シューラルー」では直営の実績をもとにして毎月、加盟店向けの商品パッケージを作っています。加盟店は商品発注の煩わしさから解放され、さらに、直営270店舗の販売実績がベースになっているので、販売ロスを最小限に抑えることができます。余計な在庫を抱えずに済むため、値引きも少なくて済みます。